花 の 慶次 漆黒。 CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃 掲示板

CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃

花 の 慶次 漆黒

スポンサーリンク 電サポ止め打ち手順 開放パターンが2パターンあり、パターンに合わせて止め打ちが必要になります。 インターバル止め 8発アタッカーに拾われたのを確認して打ちだしを停止、ラウンドが切り替わらなかったら2発打ちだし 以下繰り返し。 捻り打ち 9発打ちだして一度打ちだし停止、オマケ入賞口に入った分を打ちだし 10発目を弱め打ち 11発目を全開で打ちだす。 見ておかないと行けない釘 右オマケ入賞口 返し3発 電サポ増減や大当たり時の獲得出玉はこのオマケ入賞口によって決まります。 できるだけ無調整以上の台を選びましょう。 真上からみて右に曲がっていないかをチェックしよう。 上がっていれば矢印のルートで玉がこぼれますので、できるだけ無調整を選びましょう。 ワンポイント 電サポ増減ですが、 基本電チュー前の1本が上がっている事がおおいです必ず真横から確認しましょう。 またオマケ入賞口が無調整かつでんちゅー前が無調整なら完璧に電サポタイミングを合わせれば若干の玉増えは見込めます。 ただ どちらかもしくは両方のマイナス調整があった場合は確実に玉減りがしてしまいますので、テンパイ煽りやリーチになったら玉を打ちださずに見守りましょう。 スポンサーリンク.

次の

【CR真・花の慶次2漆黒】オカルト・【必勝法】

花 の 慶次 漆黒

CR真花の慶次2です 花の慶次シリーズは北斗の拳シリーズと並ぶ大ヒット看板機種です。 北斗の拳がSammyなら花の慶次はニューギン パチンコメーカーもそれぞれ大ヒット機種の続編には力を入れている型で、 看板機種と言うのが必ずあります。 まあ 版権と言う関係性がありますので、 他社には作らせない、 ある一定の制限を掛けてる部分があるのですが。 2つの機種の共通点は、、、それは 作者が一緒だということですね。 原作者は違いますが、 漫画家の原哲夫先生です。 勝太も勿論連載中に読破し、 単行本も全巻集めてました。 個人的にはですが原作を読んでいたものがパチンコ台になると大変嬉しく思ってしまいます。 まあパチンコ台の演出に取り入れるといったことをすると、 原作の世界観を崩すといったことが大いに沢山ありますよね。 ある意味宿命ですよね笑 単純確率で320回に1回の割合で勝つんですか? 世紀末救世主は、、、とかですね。 勿論漫画原作のパチンコ、 アニメ原作のパチンコ、 映画とのタイアップのパチンコ台など、 様々な種類のパチンコ台を様々なメーカーが作っております。 その中でもやはり北斗の拳や花の慶次シリーズは大変息が長い機種ですよね。 台の歴史 初代花の慶次が出たのは2007年でしたので約12年前ですね。 当時はMAX機の全盛期で400分の1の機種ばかりでしたので。 当時は突然通常がありましたから、 実質500分の1くらいの大当たり確率になりましたから、 ハマる台はトコトンハマりますし、 一度出玉有りの当たりになればとことん爆発した記憶があります。 そこから斬、愛、焔、 この頃から少しマンネリ化してきましたよね。 そして漢、 角田信明さんの『よっしゃあ漢唄』は変わらずですが、 漢アツイです。 次に琉ときました、 シリーズ初のミドルスペックになりましたが、 やっぱり不人気感がいざめなく、 コケた感じがありましたね。 そこから2015年に真花の慶次シリーズに斬新されます。 バトルスペックの型が廃止されST仕様となった訳ですが大当たり確率も約320分の1。 真と言う名で新しく生まれ変わったかな、 とは思いましたが。 そこが花の慶次2の怖い所でしょうか。 では反対に花の慶次2の、 だがそれがいい、ポイント はどんな所でしょう。 まず第1は右打ちで当たれば全て16R取れると言った爆発力がある所ですね。 漆黒の衝撃ですと2400出るわけですから、 5連チャンすればすぐ万発、万発と、 なかなか夢のあるスペックです。 第2は、演出で言うなら激アツと言う演出が多様な型に変わった所でしょうかね。 慶次と言えばキセル待ちって事が、無くなった様に思います。 5大注目演出と言ったものが大体6割くらいの信頼度とされておりまして、絶妙なバランスだと思います。 6割当たるが、4割はハズレる。 考え方次第ですが、納得の行きやすい演出バランスではないでしょうかね。 第3は、 確変中の演出を3種類選べる所でしょうかね。 大概は慶次と言えばやはり真rush一騎駆! 城門を越えれば大当たり、 勿論ありますよね。 そして真rush西班牙(イスパニア)! カルロスに勝てば大当たり、 いわゆるバトルですね。 大概攻撃を食らって耐えられるかが勝負ですが。 赤系が入ればアツイです。 確変中は プレミアムが頻発する極を入れると6種類の演出が用意されていて、飽きさせ無い工夫がなされてます。 まあ確変中は飽きないですが、、 確変中はとにかくリーチがかかればと、 あとは100回転目の分岐、 それに尽きますね。 花の慶次シリーズも10作を超えましたので、演出やスペック面も出し尽くした感がありますが。 出せば人気がありますので次の新作にも期待を寄せたくなります。 勝てる、勝てないでするとまだまだ勝てる機会は沢山あると思います。 負けてしまって、 『だがそれがいい』とはなりませんよね。 勝ってこその花の慶次、勝ってこそのパチンコであります。 パチンコで勝ちたいと切実に願う方の為、 私、管理人の勝太はパチンコオンラインスクール POS に受講される事をオススメいたします。 きっと記事を読んで頂いておられる方に役立つ、パチンコに勝ちに行くためのオンラインスクールです。 勝ちたいと願う方には多少なりともハードルはありますが、興味がありましたら。 公式LINEの方からお問い合わせ下さい。 私、勝太がお手伝いする事ができると思います。 長文またまた長らくお付き合いありがとうございます。 ブログランキングにも参加しております。 よろしければポチお願いします。

次の

【CR真・花の慶次2漆黒】オカルト・【必勝法】

花 の 慶次 漆黒

花の慶次漆黒 基本スペック 花の慶次漆黒の基本スペックは以下の様になっています。 確変は転落タイプになっており、途中で転落しても電サポは100回転まで継続。 通常大当たり後も時短が100回付いてきます。 各種出玉 ヘソの戻しが4個、電チューは1個。 アタッカーは15個で、右のポケットは3個。 普通入賞口は3or4個になっています。 1ラウンドのカウントは10個なので、実質出玉は 6ラウンド:約840個 16ラウンド:約2240個 ボーダーライン 花の慶次漆黒のボーダーは等価で約19個。 3円台であれば20~22個程度になります。 勝ちを狙うならば等価で21個。 3円台なら24個程度あれば勝負になるでしょう。 ヘソの戻しが4個であることを考えると、 比較的甘めのボーダーラインになっています。 ただ、「ボーダーが甘い=安定して勝てるわけじゃない」という認識は、花の慶次漆黒においても必ず持っておく必要があります。 北斗無双同様に非常に荒れやすい機種なので、かなり多くの試行を重ねないと思った収支を生み出すことは難しいです。 当たりやすい回転数はあるの? 花の慶次漆黒に限らず、現状のパチンコにおいて当たりやすい回転数は存在しません。 そうした事を前面に打ち出しているサイトなどもあります。 信じる信じないは個人の自由ですが、この手の情報で金を要求するような奴らは全て詐欺師なので、絶対に相手にしない様に注意しましょう。 今のパチンコは、法律上当たりやすい回転数などを設けることは出来ません。 好調台の見分け方はあるの? 当たりやすい回転数同様、今のパチンコは台自体に好調、不調の波はありません。 あるのは「あなた自身のその日の運」と「釘の状態」の違いだけ。 それまで順調に右肩上がりで当たっていても、あなたの運がその日悪ければ全然当たらずに負けるでしょう。 この逆もまた然り。 こうした法律上不可能、あり得ないことをデータや統計に弱い人向けに攻略法の様にして提示したり、売りつけたりしている輩が少なからず居ますが、そんなバカなものに金を払わないように気を付けてください。 これは平均連荘数にすると3連荘程度。 連荘する時は10連、20連クラスもありますが、基本的には良くて5連荘程度。 出玉で1万発獲れれば御の字と思っておきましょう。 続かない代わりに、払い出し2,400個あるわけですからね。 潜伏はあるの? 花の慶次漆黒には潜伏確変状態はありませんので、電サポが終わった状態であればいつ止めても問題ありません。 花の慶次漆黒 釘のポイント 花の慶次漆黒で気を付けるべき釘のポイントを解説していきます。 左側 釘のポイント 他のニューギン機種同様、 慶次漆黒もヘソの錯覚が起こりやすい機種です。 パッと見では広く見えても、その実そんなに広くなかった。 となりやすい作りなので、思っている以上に広いぐらいで丁度良いでしょう。 ヨリに関しては玉の勢いが多少落ちやすい作りなので、風車がマイナスになっていると想像以上に生きた玉がヘソに向かわなくなります。 ステージは寝かせの影響を受けるので一概には言えませんが、強めの台もいくつか触ったことがあります。 強い台は6割程度のステージ入賞があったので、ワープのチェックも大切です。 ワープが開いていれば、その台はステージ癖が悪いかも。 と逆説的に考えることも出来ます。 各ポイントごとにしっかりとしたプラス調整がされていなければ、23個を超えてくることは難しい機種です。 右側 釘のポイント 右側で見るべきは3個戻しのポケット。 赤い矢印がマイナス調整です。 花の慶次漆黒 止め打ち・捻り打ちポイント 花の慶次漆黒において、通常時に特別な技術介入ポイントはありません。 ステージ止めやオーバー入賞に気を付けるなど、どの機種に関しても共通する基本的な打ち方をすれば問題なしです。 花の慶次漆黒は右打ち時の止め打ちと捻り打ちで他と大きく差を付け、勝てる台に仕上げるタイプの台になっています。 止め打ち 電チューの開放パターンは3種類あるのですが、途中で釘やポケットの影響を受けるので確実に入賞させていくのは難しいです。 また手順が煩雑になりやすいので、楽しみたい人には向きません。 完璧手順で止め打ちを行い、ポケットの調整が無調整以上であれば、1回転あたり1個程度の玉増えを目指せますが、1日中これをやるとかなり疲れます。 ただ、勝つことにこだわりたいなら非常に大きな差が付く部分でもあるので、現役でパチプロをしている人、目指している人はやってみても良いでしょう。 私はこれをやるほど現役ではないので、現状維持が出来る程度の止め打ちで留めています。 本業に影響が出るのもイヤなのでね。 一応、手順としては以下を参考に。 ランプ点灯パターン 開放パターン 打ち方 左のみ点灯 ロング開放1回 電チュー開放後、3秒待って止め。 2秒待ってから打ち出し再開。 右のみ点灯 ショート開放2回 1回目が閉じたら止め。 1秒待って打ち出し再開。 1秒後に打ち出し再開。 ね、こんな煩雑なことやりたくないでしょ? 昔みたいに玉が1回転当たり5個以上増えるとかならやりますけど。 電チューの戻しは所詮1個なので、大事なのはムダ玉を極力出さないこと。 最悪、電チュー保留が追い付かずにロング変動になってしまっても特段影響はないので、減った保留分だけを埋めていく打ち方を推奨します。 個人的には、左のみと両方点灯時に玉を打つのが良いと思います。 ショート2回はタイミングが合わないことが比較的多いので。 変動が速くなってからは打ちっ放しも可ですが、基本的には2~3発打ちが良いでしょう。 完璧手順で玉が増える様ならボーダーを1個~2個程度、簡易手順で現状維持が出来るならボーダーを0. 5個程度下げても大丈夫です。 捻り打ち 花の慶次漆黒は捻り打ちがしっかりと効くタイプの台です。 ポケットが邪魔ですが、最悪ここに入賞しても3個は賞球を貰えるので、損はしません。 捻り打ちがしやすいゲージになっているので、積極的にチャレンジしましょう。 私は下手くそなので、16ラウンド中平均で4個程度のオーバー入賞ですが、上手い人なら平均8個ぐらいは獲れるでしょう。 私の場合は16ラウンドで平均出玉が2310個程度。 上手い人なら実質出玉で2400個ぐらい獲れます。 私の場合でもボーダーを1個後半、上手い人なら2個~2個後半下げても良いと思います。 この場合は等価20個の台を掴めば十分に日当を得られる計算になるので、台を選ぶ手間が技術介入によって非常に楽になりますよ。 花の慶次漆黒 演出のポイント 基本的に当たっている時は「これでもか!」と言うぐらいに豪華な演出がわんさか絡んできます。 裏を返せば、そうしたお祭り騒ぎになって初めて「当たっているかも」と思えるレベル。 キセルは定番で強い演出ですが、花の慶次 蓮に比べれば絶対に必要という感じでもありません。 とにかく、 どれだけの激熱演出が複合するか?がポイント。 まぁ、どんなに複合しても1つ何か足りなければ外れていることが多いですが。 当たりハズレに演出は一切関係ありませんから、どうでも良い事ですけどね。 転落演出はあるのか? 花の慶次漆黒は転落式の確変タイプですが、100回転以内で転落を告知する演出はありません。 転落していれば100回転目で継続演出に失敗して通常に移行。 転落していなければ、転落か大当たりまで電サポは継続です。 ちなみに、 100回転以降で電サポが終わった場合は、その時点で大当たりか転落のどちらかに当選しています。 予告が弱い時に電サポが終わっていれば転落を引いている可能性が格段に上がるので、そっとハンドルを左に戻しても良いでしょう。

次の