宇多田 ヒカル taka。 宇多田ヒカル、17日生配信ゲストはワンオクTaka

【音楽】宇多田ヒカル、インスタグラム生番組のゲストにワンオクTAKAが登場

宇多田 ヒカル taka

新型コロナウイルスによる影響で自宅隔離を余儀なくされている宇多田ヒカルが、ロックダウン中のイギリスの自宅から配信する生番組『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』が好評だ。 今回は初の試みとして自身のInstagramアカウントより生配信。 5月3日から31日まで毎週の放送を予定しているという。 5月8日に新曲「Time」(日本テレビ系日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』主題歌)、そして29日には「誰にも言わない」(「サントリー天然水」CMソング)のリリースも控えているなか、10日の第2回には同ドラマの主演を務める俳優の中村倫也がゲスト出演。 彼女の曲作りのテクニックの話などで配信は大きな盛り上がりを見せた。 さらに、17日の第3回にはONE OK ROCKのTakaが出演。 こうした状況の今だからこそ実現したとも思える珍しい組み合わせの配信に、自粛中のストレスをリフレッシュできた者も多いだろう。 宇多田ヒカルは、これまでもネットでの活動に積極的な姿勢を見せてきた。 2003年には20歳の誕生日にストリーミングで『UH LIVE STREAMING 20代はイケイケ! 』を生配信、2016年にはネットイベント『30代はほどほど。 』を開催するなど、定期的にネット上で配信している。 いち早くホームページを作成して日記を公開したり、SNSのアカウントを通して発言するなど、もともと音楽アーティストのなかでもアクティブにインターネットを活用してきた存在でもある。 そのため今回のインスタライブも、その延長線上にある活動のように思える。 宇多田ヒカル — 30代はほどほど。 ライブの数もそれほど多くないタイプのため、人前に現れることが少なかった。 それによって生まれたのが、どこか実在感のない孤高で崇高なアーティストイメージである。 椎名林檎との共演も話題になった。 前述した『30代はほどほど。 』にもKOHHとPUNPEEがゲスト出演するなど、徐々に人との交流が増えている印象がある。 その象徴とも言えるのが今回のインスタライブである。 初対面の中村倫也とのぎこちなくも親密なやり取りや、Takaとの仲睦まじい様子は、コミュニケーションを心から楽しんでいるようで人間味に溢れていた。 昔の彼女のイメージからすれば大きな変化だ。 コロナ禍によって離れ離れになった人びとを励ますための企画だという向きもあるだろう。 しかし、それは表面的な見方だ。 デビューから現在に至るまでの彼女の変遷を考えたとき、インターネットを一貫して使い続けてきた姿勢と、人との交流を重視する復帰後の彼女の意識の変化とが噛み合い、それがちょうど現在の状況によって実を結んでいるように感じるのである。

次の

宇多田ヒカル、インスタライブ企画が象徴した活動変化 中村倫也、ワンオクTaka……人とのつながりを核にした姿勢

宇多田 ヒカル taka

新型コロナウイルスによる影響で自宅隔離を余儀なくされている宇多田ヒカルが、ロックダウン中のイギリスの自宅から配信する生番組『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』が好評だ。 今回は初の試みとして自身のInstagramアカウントより生配信。 5月3日から31日まで毎週の放送を予定しているという。 5月8日に新曲「Time」(日本テレビ系日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』主題歌)、そして29日には「誰にも言わない」(「サントリー天然水」CMソング)のリリースも控えているなか、10日の第2回には同ドラマの主演を務める俳優の中村倫也がゲスト出演。 彼女の曲作りのテクニックの話などで配信は大きな盛り上がりを見せた。 さらに、17日の第3回にはONE OK ROCKのTakaが出演。 こうした状況の今だからこそ実現したとも思える珍しい組み合わせの配信に、自粛中のストレスをリフレッシュできた者も多いだろう。 宇多田ヒカルは、これまでもネットでの活動に積極的な姿勢を見せてきた。 2003年には20歳の誕生日にストリーミングで『UH LIVE STREAMING 20代はイケイケ! 』を生配信、2016年にはネットイベント『30代はほどほど。 』を開催するなど、定期的にネット上で配信している。 いち早くホームページを作成して日記を公開したり、SNSのアカウントを通して発言するなど、もともと音楽アーティストのなかでもアクティブにインターネットを活用してきた存在でもある。 そのため今回のインスタライブも、その延長線上にある活動のように思える。 宇多田ヒカル — 30代はほどほど。 ライブの数もそれほど多くないタイプのため、人前に現れることが少なかった。 それによって生まれたのが、どこか実在感のない孤高で崇高なアーティストイメージである。 椎名林檎との共演も話題になった。 前述した『30代はほどほど。 』にもKOHHとPUNPEEがゲスト出演するなど、徐々に人との交流が増えている印象がある。 その象徴とも言えるのが今回のインスタライブである。 初対面の中村倫也とのぎこちなくも親密なやり取りや、Takaとの仲睦まじい様子は、コミュニケーションを心から楽しんでいるようで人間味に溢れていた。 昔の彼女のイメージからすれば大きな変化だ。 コロナ禍によって離れ離れになった人びとを励ますための企画だという向きもあるだろう。 しかし、それは表面的な見方だ。 デビューから現在に至るまでの彼女の変遷を考えたとき、インターネットを一貫して使い続けてきた姿勢と、人との交流を重視する復帰後の彼女の意識の変化とが噛み合い、それがちょうど現在の状況によって実を結んでいるように感じるのである。

次の

宇多田ヒカル、インスタライブ企画が象徴した活動変化 中村倫也、ワンオクTaka……人とのつながりを核にした姿勢

宇多田 ヒカル taka

まさに夢の共演か。 シンガーソングライターの宇多田ヒカルと、ONE OK ROCKのTakaが初共演することがわかった。 宇多田がInstagramで生配信している番組『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』の5月17日のゲストとして、Takaが登場するという。 Takaといえば、両親である森進一、昌子から受け継いだ歌唱力は誰もが知るところ。 藤圭子の娘である宇多田は、いわずと知れた「日本一売れたアルバム」のアーティスト。 どちらも国内のみにとどまらず、海外で活動を行っている点も似ている。 宇多田といえば、現在放送中の『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)の主題歌「Time」を歌っており、インスタ番組で主演の中村倫也を迎え、トークも展開。 最近は再び、自ら情報発信や表現をする場を増やしている印象だ。 「ネット上でも、すでに『天才と天才じゃないか』『絶対見る』と早くも大きな話題をさらっていますね。 どちらも『大物の二世』『世界レベル』『歌唱力、表現力が圧倒的』など共通項が多く、2人ならではのトークが展開されそうです。 もともと知り合いということもあり、音楽業界の裏話なども聞けるかもしれません」(記者) どのような話題が飛び出すのか、見逃せない放送となりそうだ。

次の