背景透過 綺麗。 WEBブラウザ上で簡単に透過PNG画像を作成できるツール

【GIMP】画像の背景色を綺麗に消して透明化する

背景透過 綺麗

企画書・提案書・セミナー資料を作成するときに背景が透過されずに上手く 貼り付けが出来なかった経験はありませんか? 今回は簡単に背景を透過させる方法をご紹介します! 現象の確認 今回はイラストやアイコンなどを貼り付ける際に、下記の画像の通りになってしまう 現象を解決します。 背景はとってもきれいなのに、イラストの背景は白で透過処理がされていないため、 とても違和感があります。 ファイル形式のおさらい そもそものファイル形式の説明です。 サクッと透過方法を知りたい方は飛ばしてください。 画像ファイルには様々な形式があり、透過情報を記憶できるファイル形式と 記憶できない形式の2つがあります。 深堀した内容は他の方におまかせして、ざっくりと下記のみ覚えておけば 問題ありません。 ファイル形式(拡張子)について ファイル形式の調べ方はファイルを右クリックし「プロパティ」を見るとわかります。 一般的に使われている画像の形式は下記2つが殆どです。 jpgとpngの両方が素材サイトにあればpngをダウンロードするようにしましょう。 画像の背景を透過する手法 画像の背景を透過する方法は2種類あります。 パワーポイント上で行う。 画像編集ソフトを使用する。 PhotoshopやGIMPなどの画像編集ソフトを使用すると簡単に綺麗にできます。 専門のソフトを使用する方は、そちらの解説サイトをグーグルで検索してください。 今回はあまりパソコンになれていない方で、パワーポイント上で透過させる方法をご紹介します。 そうするとパワーポイントが自動で「背景だと思われるところ(削除するところ)」を 色付けしてくれます。 背景でないところはこのままですと消えてしまいますので、 パワーポイントに「背景ではありません」と教える必要があります。 同じく上部メニューの「保持する領域としてマーク」を選択しましょう。 かなり地道な作業です。 Ctrl+マウスのホイールで拡大・縮小して残したい場所をマークしていきましょう。 残すところを大まかにマークできたら、次は削除する領域をマークしましょう。 削除するところを選択しても「残したい場所」が選択される場合は、 戻るボタンを押して何回かやり直してみましょう。 削除で上手く行かない場合は、最初と同じ様に「保持する領域」を使用してマークしてみましょう。 全てマークが出来ました。 上部メニューの「変更を保持」を押すと背景が削除されイラストが抽出されました。 なぜ「保持する領域」と「削除する領域」で2回行うのか? なぜ「保持する領域」と「削除する領域」で2回行うのか?と 疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。 保持する領域のマークで抽出できればそれだけで良いです。 しかし背景との境界が複雑なイラストなどは2回行わないときれいに抽出することができません。 注意するポイント 拡大すると細かいところが何回やってもマークされません。 パワーポイント上で行うには限界があります。 もっときれいに行いたい方は専門の画像編集ソフトを この機会に覚えるようにしましょう。 私はGIMPという無料ソフトがおすすめです。 日本語化されており、慣れれば上記の作業が2分で完了します。 まとめ 画像の切り抜きなどはとても大変です。 専門のソフトがあれば簡単に出来てしまいます。 しかしながら、会社のパソコンセキュリティなどでインストールできない方も いらっしゃいます。 時間はかかりますが、パワーポイント上で行う方法をご紹介いたしました。 また、当サイト「PPTips. jp」の月額会員になっていただきますと 画像の切り抜きなどは無料でサポートしております。 自分で行うのが面倒だと言う方はご検討頂けまして幸いです。 > 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の

【GIMP】輪郭がなめらかな半透明のPNG画像を作る方法

背景透過 綺麗

2020. 09 2020年7月 利用方法の動画を掲載しました。 オリジナルTシャツをデザインして注文したとき、手持ちの画像の背景に色がついていて、「背景の色に合わせてTシャツの色を選んだら、背景の色も消えるんじゃないの!?」と思い、いざ注文して現物を見たら背景の色がそのままプリントされていて生地の色との差がありかえって目立ったしまいがっかりした(涙) なんて経験はありませんか? 確かに、パソコンやスマホの画面上ではうまくいくと色が見事に重なり、背景の色が消えたように見えますよね?!特に黒色の場合は。 しかし、現実は違います!プリンターは、色をそのままプリントしてしまいます。 だけど、「背景を透明にするのはとても面倒だし、ツールもない。。。 背景透過とは? そもそも、背景透過って何? って方はこちらをお読みください。 (ご存知の方は読み飛ばしてください) 背景透過とは、こちらの写真のように残したい部分以外の背景(この写真では、猫の背景の黒色部分)を透明にしてしまうことです。 左側が背景透過前、右側が背景透過後です。 一般的には、画像編集ツールのAdobe Photoshop(フォトショップ)を用いて行うことが多いです。 透過部分が必要となるため、保存するときの拡張子は「PNG」となります。 しかしながら、有料のツールですし、使い方を習得するまでは時間がかかってしまいますよね。 パソコンを持っていない方にはそもそも扱えません、、、 背景を透過(透明に)するとどうなる? デザインしているとどうしても画像の背景部分が邪魔になるときがありますよね。 背景を透過すると、例えば猫の写真の場合、以下のように猫だけをデザインしてプリントできるようになります。 なので、写真の背景に柄を入れたりしてデザインに変化をつけることもできるようになります。 では、透過した写真に好きな背景の画像を入れてみましょう! いかがでしょう? 随分と印象が変わったはずです。 英語のサイトなので英語が苦手な方は、Google chromeブラウザ等に付いている翻訳機能(右クリックメニューでも出てきます)を使いましょう。 背景透過前 BEFORE 背景透過前の写真がこちら。 髪の毛も細かく綺麗に背景透過できています!手作業でこの背景透過を行ったらと思うと気が遠くなります。。。 いかがでしょう? 知らない方が見たら、まるでプロのデザイナーが時間をかけて丁寧に背景を透過してくれたようにしか見えないはずです。 【ダメな例】 下半身にかけて、脚が背景の闇と草に同化してしまっています。 これは、人の目から見ても境界が曖昧ですよね。 こういった画像は人と同じくAIもあまり得意としません。 【良い例】 背景の芝生と犬が目で見てもきちんと判別できます。 こういった写真は綺麗に透過することができます。 大きいサイズの背景透過は、月に一回だけ 夢のようなツール(フリーソフト)ではありますが、プリントに使えるような大きなサイズの画像や写真の背景透過は、月に一度だけとなっていますのでご注意を。 何度も大きなサイズの画像(写真)を透過したい場合 月に何度も背景を透過する、もしくは複数人の画像の背景を透明にしたい場合は、有料プランへの登録が必要となります。 お得なプランだと、月に40回まで使えて¥990~。 使った分だけ支払うプランが1回~ 用意されています。 例えば、愛車の記念写真をTシャツにデザインするとこんなイメージでしょうか。

次の

画像透過ツール

背景透過 綺麗

輪郭がきれいな透過PNG画像の作り方 GIMPがインストールされていない場合は、下記を参考にインストールを行って下さい。 関連記事 「」 まず、元になる画像を読み込みます。 読込が完了したら、ツールボックスの「ファジー選択」を左クリックします。 透過させたい場所(色)のところにマウスカーソルを移動し、左クリックします。 すると、境目のところに細い点線が表示されます。 拡大するとこんな感じ。 拡大は、拡大したいところにマウスカーソルを移動して、「Ctrl」キーを押しながらマウスホイールを上に回します。 下に回すと縮小します。 ここで注意しなければいけないことがあります。 点線の外側(白い部分)が透過し内側(緑の部分)は透過されないため、内側に色が薄い部分が多く残ってしまうと、透過されずにギザギザが見えてしまいます。 そこで、「ファジー選択」のツールオプションにある「しきい値」を調節して、境目を 透過部分と非透過部分の中間になるようにします。 しきい値は、値が小さいほど境目が外側に、値が大きくなるほど内側に境目が移動します。 しきい値が小さすぎると、境目が外側になるため外側は透過しますが、内側の中間色部分が透過せずにギザギザに見えてしまいます。 透過させたい色と、透過させたくない色のちょうど中間辺りに点線が来るように、しきい値を調節します。 点線が内側過ぎると、透過させたくない部分まで透過してしまうので注意してください。 ちなみに、しきい値を変えただけでは点線位置は反映されないので、透過させたい場所を毎回クリックしてください。 また、しきい値を一気に上げ過ぎると点線が消えてしまいますので、確認しながら徐々に上げると判りやすいと思います。 アルファチャンネルとは 様々な色を表現するための赤、青、緑を「色の三原色」と呼びますが、画像をカラーで表現するために、この三原色に分離したそれぞれの情報をチャンネルと言います。 その赤、青、緑のそれぞれのチャンネルに加え、透過に関する情報をアルファチャンネルと言います。 「Delete Del 」キーを一回押すと、透過部分が市松模様に変わります。 模様が透けて見えるところは、半透明になっている部分です。 もし、透過させたくない部分まで模様が透けている場合は、しきい値を再調節してください。 画像全体を見てみると、周囲は透過していますが目と口が透過していません。 透過させたい場合は、「Shift」キーを押しながら透過させたい部分を左クリックします。 点線が表示されたら、「Delete Del 」キーを押すと、透過部分が追加されます。 後は、画像を保存するだけです。 ファイル名を入力して、「エクスポート」をクリックします。 ファイル名には、必ず拡張子「. png」を付けてください。 最後に「エクスポート」をクリックすれば、保存完了です。 上記の方法で作成した透過画像は、黒や青の背景でも輪郭がきれいに透過します。 まとめ この方法を使って、Webアイコン(ファビコン)もきれいに作ることができます。 しきい値の設定にちょっとコツがいりますが、慣れれば簡単にできると思いますので、輪郭の周囲が残ってしまうという方は、ぜひ試してみてください。 関連記事 「」.

次の