枝豆 の ゆで 時間。 枝豆の美味しい茹で方・ゆで時間!【裏ワザあり】

枝豆の茹で方!時間は4分!人気1位の簡単な茹で方

枝豆 の ゆで 時間

収穫する前に、すぐ茹でられる準備をしてから畑に出ます。 枝豆はできるだけ早く茹でることで美味しさをキープできます。 直売所などで買ってきた枝豆も、できるだけ早く茹でます。 枝豆は収穫後時間が経つほど、糖分が減っていくそうです。 甘みが失われてしまうので、できるだけすぐ茹でることで甘い枝豆に。 枝付きで売られているものがあったら、そのほうが鮮度が落ちていない可能性高いです。 自分で枝から外す手間がかかりますが、それはお湯を沸かしている間にできる作業なので、美味しさを考えたら枝付きが一番。 茹でる前に塩もみ 枝から外した枝豆は、土がついていることもあるので水洗いします。 それから枝豆の産毛をとるのに塩でもみます。 枝豆は新鮮なものほど、産毛が固くてチクチクします。 食べるときに口の中でイガイガしたりしないように、しっかりこすって産毛を取ることが必要です。 あら塩がおすすめ。 ボウルの中の枝豆に塩を大さじ2ほど振りかけて、両手でザクザクと混ぜたり、お米を研ぐときのような感じで枝豆同士を押し付けるようにしてこすったりします。 一度に茹でる量が多いので、全部カットなんてできない! そのかわり、塩はすこし多めに入れます。 枝豆のゆで時間は5分弱 沸騰したお湯に塩もみした塩つきのまま投入します。 ボウルに残った塩も全部入れます。 さらにしっかり味が付いているほうがいい場合、1Lのお湯につきさらに塩を大さじ1プラスして茹でます。 (塩もみ分を含む塩の量は、1リットルのお湯に対し大さじ3。 ) お湯が増えたら塩も増やします。 大体4%の塩分量がいいとされているのですが、私はちょっぴり多めにしています。 枝豆がすっかり隠れるくらいのお湯の量が必要です。 茹でるときはかき混ぜてむらなく茹で上がるようにします。 茹で時間は5分弱です。 おうちのコンロの火力によっても多少異なるので(うちのIHコンロだとゆで時間4分半がベスト)、途中で味見します。 4分たったら1個食べてみて、もう少し茹でるかどうか決めるといいです。 ただ、お湯から上げてからも余熱で若干火が通るので、その分も考えます。 私はまだガリッとするようならあと1分、でも「ちょっと固めかなあ、でもいいかな?」と迷うくらいなら火を止めちゃいます。 余熱でちょうどよくなる感じです。 私はきもち固めの方が、豆の甘さが際立って美味しいから気に入っていますが、そこはお好みですね。 3分くらいでもうあげてしまうという人もいますよ。 特に、茹でてから冷凍保存したいという場合などは、茹で時間は短めがいいようです。 茹で上がったら水をかけない 火を止めたらザルにあげますが、すぐ冷やそうと水をかけたりしたら台無しです。 緑の野菜を茹でた後なんかは、色をきれいに出すために色留めで冷水をかけますが、枝豆はだめ。 塩味も流れてしまうし、さやと豆の間に水が残ってしまったりして食感が悪くなるからです。 私はうっかり一度ざっと水をかけてしまったことがあり、そのときはべちゃべちゃに濡れてしまって味も薄くなるし大失敗。

次の

枝豆の茹で方と下ごしらえと茹で時間!レンジを使う方法や美味しい食べ方

枝豆 の ゆで 時間

枝豆は、お酒のおつまみやおやつにすると、とてもおいしいですよね。 子供たちにも人気が高く、お弁当の彩りや隙間を埋めるのにも大活躍してくれます。 旬の時期は6~8月、この季節になるとスーパーで枝付きの枝豆が売られていますね。 また、海外でも非常に注目されている食材で、北欧やヨーロッパでも親しまれています。 ニューヨークの居酒屋では、日本と同じくおつまみで提供されており、スタジアムの売店でも売られていたりするほどメジャーな食べ物になっています。 日本と同じで「EDAMAME」と呼ばれているのですよ。 家庭菜園でも育てる事のできる枝豆は、4月下旬ごろに種を購入して植えつけると夏には大きく育ちます。 自宅で栽培すると、大量に獲れすぎて困ることもあるようです。 そんなときには、冷凍保存をすると旬が過ぎても食べられます。 これからご紹介する冷凍保存方法で、枝豆の食感を落とさず長くおいしく食べることができますよ。 枝豆の状態別保存方法と冷凍枝豆の簡単おすすめレシピもご紹介しますから、今年の夏は枝豆をたくさん食べましょう。 枝豆を少し固めに茹でたら、うちわなどで扇いで冷ましましょう。 この時、 ゆであがった枝豆を水にさらさないのがコツです。 水にさらしてしまうと、枝豆が水っぽくなりおいしくいただけません。 また、自然に冷めるまで置いておくと、予熱で柔らかくなり、歯ごたえの無い枝豆になってしまいます。 うちわや扇風機で一気に素早く冷ますとおいしい枝豆になりますよ。 そして、 水気を拭きとって冷凍しましょう。 ジップ付き保存袋になるべく平らに入れて、急速冷凍がおすすめです。 この時、枝豆を大量に保存袋に詰め込みすぎると、解凍するときに小出しにできません。 なるべくトレイなどで平らに冷凍してから、大きな保存袋へ移しましょう。 面倒な方は、1回分を小分けにして冷凍するとラクですよ。

次の

便利な『茹で時間・茹で方早見表』|卵、野菜(オクラ、枝豆等)、魚(蟹、蛸等)肉(鶏ささみ等)

枝豆 の ゆで 時間

この冷凍枝豆、いつも通り茹でるとぶよぶよになってちっともおいしくないな~でも流水解凍してる暇もないなぁ~ というあなたへ向けて記事を書いています。 冷凍枝豆ってメーカーによって、当たり外れが激しいですよね? うわ・・この枝豆ゆでてみたら全然おいしくない・・なんてことありませんか? 私、昔から生協で冷凍枝豆を買っていました。 ですが、引っ越しの際に生協をやめて、スーパーの枝豆を買うようになったら、ぶよぶよで味もよくなくて食えたものじゃない・・・ このままでは、私のガーリック枝豆ライフがと必死に試行錯誤してたどり着いた枝豆の解凍方法を教えます。 1時間2時間も置く必要はありません。 茹でるのと時間は変わりません。 自然解凍 1~2時間 流水解凍 4~5分 電子レンジ解凍 3分~5分 茹で解凍 30秒 冷凍枝豆の自然解凍のやり方 1~2時間ほど常温で放置します。 食べたいときにすぐ解凍できないので、使えない解凍方法ではあります。 ですが、一番王道で、うま味も硬さもベストの状態で解凍することができます。 冷凍枝豆の流水解凍のやり方 流しっぱなしの水を、4~5分あてる解凍方法です。 ボールに張った水などで解凍する方法もありますが、凍った枝豆が水を冷たくするので解凍時間が遅くなります。 またそのまま枝豆に水を充てると、枝豆のうま味や塩分まで水と流れてしまいおいしくありません。 袋に入れて、直接水に当てないようにするのがおすすめです。 冷凍枝豆の電子レンジ解凍のやり方 さらに枝豆を平らに盛り、ラップをかけて電子レンジで解凍します。 なるべく枝豆同士が重ならないように、盛り付けます。 ですが、電子レンジ解凍は、 熱い部分と冷たい部分ができてしまい、出来上がりにばらつきがあります。 あまりお勧めはしません。 解凍しすぎることが多々あるので、ぶよぶよのおいしくない枝豆さんが出来上がってしまいます。 冷凍枝豆のゆで解凍のやり方 一番、多くの人が手を付けそうな解凍方法ですが、私はおすすめしていません。 なぜなら、枝豆の ビタミンCは茹でることによって5割ほど流れ出しているからです。 (参考:) それに、冷凍の枝豆は一度茹でられています。 それをもう一度茹でて。 ベストな硬さにもっっていくのは至難の業です。 茹で時間は30秒で十分です。 茹でるというより、氷を解かすというイメージのほうが近いかもしれません。 出来上がりの速さはピカイチですが、市販の冷凍枝豆ではあまりおいしく出来上がりません。 これらすべてを克服した、冷凍枝豆の解凍方法・・ それは「 焼く」です。 枝豆の周りについた霜を蒸発させるように焼いていきます。 これなら水溶性のビタミンなどが溶け出す心配もありません。 焼き時間の目安は 弱火で3分ほどです。 枝豆のさやが、水分の蒸発によって乾いてきたら、最後に強火で枝豆をしっかり温めます。 最後に塩を絡めて完成です。 もし、みずみずしく味わいたいなら「 蒸し焼き」にするといいでしょう。 うまみよーし。 硬さよーし。 時間よーし。 解凍界の革命児 冷凍枝豆解凍後の賞味期限や再冷凍 冷凍枝豆は解党後急速に傷み始めます。 解凍後の賞味期限は2~3日でしょう。 冷凍枝豆のメーカーも、おそらくその場で食べることを想定しているので、そこまで日持ちしないことは覚悟してください。 解凍した後の再冷凍はできますが、おすすめはしません。 解凍すれば、うまみが多く溶け出しています。 それをもう一度冷凍するとなると、ガクッとうまみが落ちた枝豆になってしまうわけです。 なんか緑がない!!って日に枝豆入れるとなんか安心するの私だけ? ガーリック枝豆 王道、神か? ガーリックオイルと一緒に炒めるだけで神の食べ物。 ちなみに、おすすめのにんにくは【桃屋のきざみにんにく】。 枝豆ポテトサラダ いつものポテサラに入れるだけでも、おいしさ倍増。 居酒屋で出されてもおかしくない味。 枝豆チーズのホットケーキ 枝豆チーズパンみたいな、やみつきの味。 枝豆を蒸し焼きにしたフライパンでそのままホットケーキが焼けるので、うれしい。 まとめ 今回は以上です。 お役に立てましたでしょうか? ハイブリット解凍・・是非お試しください・・ 本当に枝豆ってメーカーによって当たり外れが激しいですよね。 そんな時の救済にこの解凍方法を使っていただければと思います。 では!.

次の