如意 伝 史実。 にょいでん(如懿伝)の史実や時代背景は!?主題歌も調査!

日本放送の中国ドラマ「如懿伝」、サブタイトルが「中二病すぎ」「壮大なネタバレ」とネットで話題 (2019年5月27日)

如意 伝 史実

2018年中国のインターネットドラマランキングで1位、2位となった宮廷ドラマ『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』と『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』。 宮廷や衣装のビジュアルの美しさに加え、史実をベースにして波乱万丈の愛憎劇が繰り広げられるストーリーが日本でも話題となっている人気作だが、実は、この2作は同じ歴史人物をモデルにしながら、それぞれ違う個性的なキャラクターを作り上げている。 そこで、今回は物語の中心となる4人のキャラクターについて深堀りしていきたい。 嫻妃:『如懿伝』悲劇のヒロイン (C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved• 嫻妃:『瓔珞』ラスボスとなる悪役 (C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co.,Ltd.All Rights Reserved 『如懿伝』で嫻妃となるヒロイン・如懿は、後宮の陰謀にさらされながら乾隆(けんりゅう)帝への愛を胸に強く生き抜く女性。 様々な不幸や屈辱にもじっと耐え、正義感と信念を決して失わない姿が観る者の感動を呼び、涙させられるシーンが多数ある。 また、歴史上、謎が残るとされている嫻妃と乾隆帝の劇的な愛の行方にも迫っている。 一方、『瓔珞』の嫻妃も最初は不幸や屈辱にじっと耐えているように見えるのだが、途中からまさかの豹変! 自分を虐げた者たちへの復讐心を胸に隠し、優しい笑みを浮かべながら裏で冷酷無比な事をやってのける恐ろしい女性へと変貌する。 嫻妃は乾隆帝に寵愛され2番目の皇后となったことで歴史に名を残す女性だが、同じキャラクターでもドラマによって描き方が全く異なる。 富察皇后:『如懿伝』裏表がある悪役 (C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved• 富察皇后:『瓔珞』慈愛に満ちた善人 (C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co.,Ltd.All Rights Reserved 『如懿伝』の富察皇后は表向きは品が良く立派な皇后で、『瓔珞』の富察皇后と同じく後宮の尊敬を集める人物に見える。 しかし、『瓔珞』の富察皇后が瓔珞を助ける堂々とした人格者なのとは打って変わって、『如懿伝』の富察皇后は裏では皇后の位を失うのではないかとビクビクしている小心者。 そのため、乾隆帝の寵愛を受ける如懿を恐れ、彼女を失脚させようと考える。 しかも、そのやり口は自分で直接手を汚さずに、妃が次々と陰謀を繰り出すのをバックアップするというもの。 もともと後宮の財政を管理する能力に長けていて、乾隆帝にも信頼されているのに、自ら悪へと堕ちてしまう…。 悪役ではあるがどこか同情もしてしまう、ある意味、人間らしいキャラクターだ。 2018年中国のインターネットドラマランキングで1位、2位となった宮廷ドラマ『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』と『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』。 宮廷や衣装のビジュアルの美しさに加え、史実をベースにして波乱万丈の愛憎劇が繰り広げられるストーリーが日本でも話題となっている人気作だが、実は、この2作は同じ歴史人物をモデルにしながら、それぞれ違う個性的なキャラクターを作り上げている。 そこで、今回は物語の中心となる4人のキャラクターについて深堀りしていきたい。 -クランクイン!は、映画、TVドラマ、海外ドラマ、アニメ、コミック、海外セレブ・ゴシップ、イベントの最新情報をお届けする総合エンタメニュースサイトです。 インタビュー、コラム、特集、体験レポートなどのオリジナルコンテンツも満載。 試写会やグッズのプレゼントもあります。

次の

中国時代劇ドラマと年表。中国時代劇を見て中国の歴史を学ぶ。

如意 伝 史実

乌拉那拉 ウラナラ じゃない 百度の情報を参考にしましたら、乌拉那拉 ウラナラ 氏というのは「清史稿」における誤記が有力とのこと。 最近は 「輝発那拉」 ホイファナラ 氏が正しいとのこと。 参考リンク: 本記事では 乌拉那拉 ウラナラ 氏で進めます。 プロフィール 一等承恩公、佐領納尓布の娘。 乾隆14年に皇貴妃、翌年に皇后に登りながら江南巡幸中に乾隆帝の怒りを買い、 皇后なのに皇貴妃待遇で葬られました。 どのような待遇差をつけられたのかと言えば、棺の材質と葬式の格式。 棺は皇后であれば 楠なのに フツーの妃嬪と同じ、杉の木だったそうです。 棺の位置もここで、純惠皇贵妃と同じところに納められています。 皇后の身分であれば皇帝とともに葬られるのが通常であり、妃园寝には葬られません。 乾隆帝の裕陵の地宮に共に葬られたのは、 孝贤纯皇后、孝仪纯皇后,慧贤皇贵妃、哲悯皇贵妃、淑嘉皇贵妃ということです。 まさに皇后の身分で死ぬなんてとんでもないどころか、一緒に葬られるのもお断り。 死んでも許さんという乾隆帝の意志が反映されています。 ここで私がとても好きな中国の歴史番組、 CCTVの「百家讲论」(百家講論)も参考にしたいと思います。 「百家讲坛」 乾隆帝爱恨交加的三个女人の内容 CCTVの番組で歴史家が講義形式で歴史をひもとく、本当に面白い番組をよくYouTubeで観ています。 日本で言えばNHKスペシャルぽいのですが、乾隆帝の3皇后を追った回を見てみました。 タイトルは 《百家讲坛》清十二帝后宫疑案 6 乾隆帝爱恨交加的三个女人 乾隆帝を巡って愛憎入り混じる3人の女性たちです。 この中では 孝贤皇后(富察氏)は尊敬、乌拉那拉皇后は死んでも恨まれ、孝义皇后は後宮で皇帝の寵愛を勝ち得た人として説明されています。 孝义皇后は「延禧攻略」の主人公、瓔珞、のちの 令妃であります。 孝贤皇后(富察氏)が尊敬された理由 まず 家柄の良いお嬢様であるにも関わらず節約家であり、慎ましい生活を送っていたことが皇帝に尊敬されたということのようです。 文献には、高級な玉や宝石の髪飾りに興味がなく、いわゆる绒花(rong2hua4)ビロードなどで作った花を髪につけていたそうです。 秦嵐演ずる富察皇后がよく髪に挿していましたね。 また 非常に勤勉で努力家。 乾隆帝の母である皇太后にも皇帝にもよく尽くしたとされています。 これらを見ると、延禧攻略の秦嵐演ずる富察容音のキャラに十分その片鱗が見られます。 「如懿伝」の富察皇后は慎ましいですが、頼りない。 あまり賢くもなさそうに見えました。 また皇太后にも叱られていたので、実像とは少々イメージと異なるように思えます。 乌拉那拉 ウラナラ 皇后はいつ怒りを買ったのか 乾隆30年、 第四次南巡で杭州に遊びに出掛けた際に事件は発生しました。 皇太后も後宮の妃嬪たちも引き連れて、本来なら皆で賑やかに楽しく過ごそうというものでした。 この時に具体的なことは書かれていませんが、乾隆帝自らが「她疯了(彼女は気が触れた)」と言ったのです。 13年後の乾隆43年、乾隆帝自らがこの真相について 「髪を切って礼節を欠いた」と言及しています。 髪を切って抗議がそんなにいけないのか? 髪を切るというのは満州族の古い風習で、老人や夫、年齢の上の人が亡くなった際に首飾りを取って耳横の頭髪を切るというものでした。 これは 切った髪を自分の代わりとして殉葬させることが目的とされています。 では宮中ではどうだったのでしょうか。 それは 皇帝や皇太后が亡くなった時のみ行われていました。 したがって、 死んでもないのに髪を切るなんてなんて奴だ、お前さては朕が死ねばいいと思っているな。 といったかどうかは知りませんが、 激しい皇帝の怒りを買ったようです。 ウラナラ氏が髪を切ってまで抗議した原因とは? 原因は、江南の美女と遊びすぎなことをたしなめても知らん顔する皇帝にキレたとする説もありますが、「みんな言ってる。 皇帝は江南で新しい妃を一人擁立したいが那拉皇后が反対し、髪を切った」というような文章が残されています。 この妃については、魏佳氏(「延禧攻略」の瓔珞)の皇貴妃昇進説もあるそうですが、両方とも同時に発生して我慢が限界に来たという説もあるとも読みました。 まあいずれにしても女性関係です。 皇帝は新しい妃に夢中です。 かつては寵愛された乌拉那拉皇后も今は過去の出来事です。 嫉妬で非常に腹が立ったのはわかるにしても、 髪を切ったことはやりすぎました。 髪を切ることで 皇帝と皇太后を呪い、死を願ったことと変わらない状況を作ってしまい、非常に乾隆帝を怒らせてしまいました。 このことで先に京師(北京のこと)にかえされて、その後皇后など全ての封号を取り上げられました。 皇后になるまでの間、妃から皇貴妃のものも全てです。 その後冷宮に入れられました。 もともと10名程の宮女が仕えていましたが、2名しか許しません。 それでも気が済まず、真の意味での廃后を進めました。 つまり、皇后は国母とされていますが、それも否定しました。 大臣たちは皇帝に意見するも、僻地に飛ばされるなどの処罰を受けました。 結局、乌拉那拉皇后は 乾隆31年、冷宮の中で、孤独の中、世を去りました。 冒頭に触れた、 皇帝の地宮に共に葬られることもなく、諡<おくりな>も許されませんでした。 貴人の死後におくられる称号です。 現代人の私たちからすると、なぜこれほど一度は寵愛を与えた人間に対して冷酷になれるのか不思議な部分はありますが、 乾隆帝はいわゆる最強の2代目なんです。 怖いものもないし、賢い。 社会も安定しているため、皇帝の中の皇帝であります。 おじいちゃんの 康熙帝がバラマキ政策で満漢の官僚を上手に懐柔し、金銭的にもうヤバイって時は パパの雍正帝が財布をきっちり締めて 質実剛健を良しとして節約倹約。 ちょうど良いタイミングで皇帝となったのが乾隆帝なのです。 乾隆帝が自称した「十全老人」という言葉は 自分が最強であることをハッキリと主張しているとしか思えません。 康熙帝のおじいちゃまからも溺愛されてましたし、そのおかげで雍正帝は九王奪嫡の争いに勝てたという噂もあります。 お金も十分、外敵の危険もない。 いわば、 我が世の春を謳歌できた非常に幸せな皇帝です。 生まれながらの帝王であることもありながら、乌拉那拉皇后が髪を切って自分に逆らった行為は、ありえない。 さらに髪を切ったことは非常に大切に思っている皇太后に対する不敬にも当たります。 どのような理由であっても、自分に反旗を翻す行為、皇太后を侮辱する行為は、決して許せなかったのではないかと考えられます。 どうでもいいのですが、記事を追記していて 「乾隆帝 外崎」というワードを見つけたので見てみると、 西武ライオンズの外崎選手が乾隆帝に似ているとのことで、両者の顔写真を並べてSNSにシェアされているようです。 どうですか?似ていますか?結構いい線行ってますか笑。 \31日間無料トライアルあり/ 本ページの情報は2020年2月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 北京 古い建てもの見て歩き 地球の歩き方GEM STONE• 関連する記事•

次の

中国ドラマ 如懿伝 DVDあらすじネタバレ

如意 伝 史実

中国時代ドラマ時代と時系列をまとめてみました。 主に私が見たドラマだけを書いています。 紀元前、夏の前は黄河文明の時代とかになります。 製作年があんまり古いのは見たくないので、 なるべく新しいものを見るようにしています。 歴史と言いながら、小説を元に作られたもの、 完全にファンタジーのもの、ある程度、歴史を守って演じられているもの、 同じ時代でもぜんぜん内容が違っていたり。。。 まあいろいろですね。 衣装もそれぞれ時代ごとに代わっています。 新たに見たらまた追加していこうと思います。 ちなみに私はおそらくほとんど日本で放送される前に見ているので、 タイトルが日本で放送されるものと違っているかもしれません。 中国の時代と年表 紀元前からドラマが作られていますが、日本の時代からしたら縄文時代とか弥生時代とかです。 その時代にこんなに高度な政治と綺麗な服を来ていたのかはかなり怪しいと思いますが。。。 スポンサーリンク 時代 西暦 ドラマ、補足 夏 紀元前2070年頃 - 紀元前1600年頃 殷 紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年 周(西周、東周、春秋、戦国) 紀元前1046年頃 - 紀元前256年 凤凰牡丹 中国东周时期的历史朝代 卫国。 卫武王玄浩が出てくることからたぶんこの年代 戦国時代 始皇帝の前の時代、秦を含め7カ国がひしめき合う。 戦国時代に、宣太后となった芈月の物語。 秦 紀元前778年 - 紀元前206年 漢(前漢、新、後漢) 紀元前206年 - 220年 (前漢)武帝時代のドラマ 武帝、衛青、霍去病などが活躍し、武帝時代の漢が栄えて行くドラマ。 漢が絶頂を迎えたところで終了 王珞丹、林峯等が出演 原作は大漠谣 桐华著小说 で漢の霍去病と瑾瑜の物語のようですが、 ドラマでは時代や名前は隠して(変更されている)いますが、実質は漢時代のドラマです。 刘诗诗(リュウ・シーシー)、彭于晏(エディポン)、胡歌(フーガ)などが出演します。 日本では 「風中の縁」という題名のようです。 2015年放送のアンジェラベイビーの云中歌(雲中歌) 「風中の縁」の次の世代のドラマ、武帝の死から始まります。 皇帝になる人たちもたくさん出てきます 武帝 昭帝(劉弗陵、武帝の子) 昌邑王(劉賀、武帝の孫) 宣帝(劉詢「劉病已」、武帝の曾孫(衛子夫のひ孫)) 元帝(劉奭、宣帝の子) 原作者も風中奇縁と同じです(桐華小説、云中歌) Angelababy,陸毅等が出演 三国(魏、呉、蜀) 220年 - 280年 新三国演义(2010年版)(95話) 三国志のドラマは時代時代によって何回も作成されているようです。 はじめは曹操が主役級として書かれています、最後は諸葛亮が死ぬまでです。 とにかく長いドラマです。。。 趙雲子龍が主役のドラマ。 劉備が漢中王になって終了です。 中盤まで趙雲がずっとローカルな地元にいるのでいまいちかもしれません。 晋 265年 - 420年 南北朝 439年 - 589年 南北朝時代群雄割拠の中の北魏を舞台にしたドラマ(2016) 锦绣未央(Princess Weiyoung) 別名では庶女有毒とも言われています 蘭陵王(兰陵王) 南北朝末期の北周と北斉の争い 隋 581年 - 618年 隋唐英雄シーリーズ 隋王朝終わりから、唐時代〜 隋唐英雄1部は581年〜です。 このシリーズとても長いのですが、映像がしょぼいです。 なのであんまり見る気がしません。。。 隋はシリーズ1だけでしょうかね。。 そのあとは唐時代に変わります。 隋唐英雄5は、李治が死んでからの話です。 日本では「則天武后〜美しき謀りの妃」という題名のようです。 このドラマも武則天の物語、ただ美人天下と違って本格歴史ものです。 武媚娘の14歳から80歳まで全て范冰冰が演じます。 この時代の拷問シーンもちょっと強烈ですね。 美人天下で武媚娘役だった张庭はこのドラマでは韦贵妃役で出ています。 薛平贵与王宝钏 京劇にもなっている王宝钏は李漼皇帝時代の宰相王允の娘 (古代の伝説中の人物) 五代十国 907年 - 960年 宋(金) 960年 - 1279年 水滸伝 (水浒传 2011版)(86話) 宋江を主役とした水滸伝のドラマです。 水滸伝は明時代に書かれた小説(架空)のようですが、物語自体は宋なのでここに入れます。 この水滸伝のドラマもたくさん作られています。 水滸伝では梁山泊の重要人物が沢山居すぎて見るのも大変です。 水滸伝は四大奇書の一つでもあるようです。 武松(武松 2013版)(50話) 武松は梁山泊の一人武松に焦点を絞ったドラマです。 四大奇書である『金瓶梅』は、この「武松の物語を詳しく描いた作品だそうです。 後、西遊記もこの辺らしいです。 西遊記のドラマは見たことありませんが、映画ならあります。 また孫悟空が岩山に封印されたいきさつを物語にした映画、 (天竺に旅に出る前500年前?の話)これ結構面白いです。 西游记之大闹天宫 The Monkey King (2013年12月) 射雕英雄传(52話) 有名な金庸の人気小説をドラマにしたものです。 今までたくさんリメイクされています。 時代的には金がモンゴルに滅ぼされる寸前、その後モンゴルVS宋になりそうなところです。 武侠物なので、架空の話ですが、チンギス・ハンなど、実在する人物も出てきます。 元 1271年 - 1368 明 1368年 - 1644年 6代、7代、8代皇帝の時代です。 明時代の女性医師の物語。 2016-02-13日から放送開始。 少年四大名捕 少年四大名捕は明時代のドラマです。 時代劇ですが、歴史関連のことはあまり出てきません。 映画とは全然物語が違います。 映画は出演者が豪華です。 ドラマは張钧甯、何晟铭などが出ています。 木府風雲(木府风云) 雲南省、麗江を舞台にしたドラマ、時代は明時代ですが、明の朝廷はあんまり出てきません。 麗江には今も木府(建物)があります。 怪侠欧陽徳(69話) 怪侠欧陽徳、このドラマはちょっとコメディっぽい部分もあり面白いです。 珍しく皇帝もコミュカルです。 小沈阳、赵本山等が出ています。 延禧攻略 70話 日本でのタイトルは瓔珞(エイラク)というようです。 紫禁城での後宮ドラマです。 清王朝、乾隆時代の話です。 中には清朝の終わりから始まっているドラマもあります。 私が反日ドラマを見る場合の観点として、日本人役の中国人がちゃんと日本語を自分で話している(吹き替えではない)と言うところ。 したがって、ほぼ日本語はめちゃくちゃで、何を言っているかわからないところが多々あります。 日本人が日本人同士でも流暢な中国語で話すドラマは見る気がしません。 大当家 大きな主人 上海が舞台、知的障害の月亮がいろいろ経て銀行の社長になる物語 主役は蘭陵王の太子役だった翟天临が演じています。 台湾の張晨光が父親役です。 向着炮火前进 ハーレに乗って頭はリーゼント、時代錯誤とも言えるドラマです。 その他、古装のドラマではあるが、歴史とはまったく関係ないドラマや、名前をまったく変更した。 があります。 元とか、明、秦時代のドラマってあまり見ないですね。 隋のドラマはあるんですが、なんか見る気がしません。 隋の時代自体が短いということもあるんでしょうけど。 後は時代は判りませんが、神話のものもあります、海神マーズとか白蛇後伝、青蛇外伝、古剣奇譚等、ファンタジーっぽいのも結構楽しめます。 shan1tian2.

次の