タスクバー デュアルディスプレイ。 デュアルディスプレイでサブのタスクバーに時計を表示したい(Windows10)※追記

サブディスプレイのタスクバーを消したい(Windows 10 でマルチモニター)

タスクバー デュアルディスプレイ

OS標準の機能では無理ですね。 下記ソフトを使用すれば、デュアルビューでのセカンドモニター側でもタスクバーは表示できるんですが、スタートメニューやタスクトレイは無理のようですし・・・・。 Multiple Monitor Power Tools 2 >プライマリで開いたアプリケーションはプライマリで これは基本的に各ソフト側での対応に依ります。 例えば、IEは最後に閉じたモニター側の位置を記憶してますので、次回起動時にはそのモニター側で起動します。 逆に、ソルティアなんかは、セカンド側で閉じても次回起動時にはメイン側で起動してしまいます。 マルチモニター対応のウインドウ位置記憶・再現ソフトを使用して、強制的に移動させるかですね。 たしか、GeForceの場合、nView Desktop Managerでもウインドウの位置指定を出来たような気がするが、使ってないので詳細不明。 17型と19型の表示は画素の違いや、PCの機能で難しいのではないでしょうかNo2の方のお話のとおりだと思いますが、 別モニターでも別のデータを出力できる下記のようなアダプターなどを使われたら如何ですか。 USBから簡単に出力が可能です。 各社ともDVI出力を基本としているのでアナログD-sub15ピンの変換アタプタが付属しているものもあります。 BUFFALO 価格 8.5K円 RATOC 価格 12.6K PLANEX 価格 9.8K このほかのメーカーでも販売しておりますので検索してみてください。 現在接続中の2台のディスプレイの表示についての質問ですので、 見当違いの回答ですがこんな事で別々の表示ができると云うことです ので、このような使い方をしたいのではない場合は失礼しました無視してください。 Q 本日、デュアルディスプレイにしました。 17inchのSONY PCVD-17SA1を目の前に、15inchのMitsubishi RDT152X-Lを右に置いています。 メイン プライマリ ディスプレイをRDT152X-Lにし、セカンダリディスプレイをPCVD-17SA1にしました。 理由はスタートやアイコンを15inchに表示させて、ゲームやネットなど、起動させたら17inchの方に表示させようと思ったからです。 しかし、起動させると大体プライマリの方に表示されてしまいます。 そこで、アプリケーション毎にどちらのディスプレイに表示させるか、どうすれば設定できるのか教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー グラフィックボードのドライバをインストールしているはずですが、[コントロールパネル]にグラフィックボードとディスプレイの設定用のアイコンが増えていませんか? グラフィックボードのGPUチップが"nVIDIA"製なら、"nVIDIA nView Desktop Manager"というアイコンがあります。 他のメーカーも何かあるはずですが・・・。 じゃないと、デュアルディスプレイにしても、クローン表示になってしまって、別々に表示することが出来ないのが普通です。 "nVIDIA"製チップ("GeForce"とか)の場合ですと、[コントロールパネル]の"nView Desktop Manager"のアイコンをダブルクリックして、"nView Desktop Manager"を起動します。 [デスクトップの管理]タブの"---nView Desktop Manager---"の右下にある[有効にする]をクリックします。 ([無効にする]になっていたら、既に"nView Desktop Manager"が使える状態です。 ) [ウィンドウ]タブの『次にウィンドウを開く』の所で、通常使用するアプリケーションのウィンドウをどちらのディスプレイに表示するか等の設定が出来、[アプリケーション]タブで特定のアプリケーションを表示するディスプレイを個別に設定できます。 ATI等、他のメーカーのGPUチップを使っているグラフィックボードを使っていないので、詳しい設定方法はわかりませんが、[コントロールパネル]に設定用のアイコンがあるか、『画面のプロパティ』等の[設定]タブの右下にある[詳細]をクリックして表示される[チップ名]タブあたりに設定する所があると思います。 グラフィックボードのドライバをインストールしているはずですが、[コントロールパネル]にグラフィックボードとディスプレイの設定用のアイコンが増えていませんか? グラフィックボードのGPUチップが"nVIDIA"製なら、"nVIDIA nView Desktop Manager"というアイコンがあります。 他のメーカーも何かあるはずですが・・・。 じゃないと、デュアルディスプレイにしても、クローン表示になってしまって、別々に表示することが出来ないのが普通です。 "nVIDIA"製チップ("GeForce"とか)の場合ですと、[コントロー... Q お世話になります。 現在ディアル・ディスプレイの環境下でPCを利用しています。 ちなみに、両モニタとも同じグラフィックボードのDVI、 RGBコネクタに接続しています。 時々プリント・スクリーンを撮りたくなることがあるのですが、 メインのモニタの分だけで構わないのに、この環境下で撮ると 2画面分つながった物ができあがってしまいます。 もしご存じの方がいらっしゃいました、ご教授よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 液晶の話でよいのですよね? 一応、その関係の元・プロです。 18型SXGAまで開発に携わり、開発途中の21型UXGAのデモを見たこともありますが、ちゃんと調整すれば、プロでもデジタル接続(DVI)とアナログ接続(D-sub)の差を見抜くことは非常に難しい・・・というか、ほぼ不可能です。 つまり、同じと見てよいということです。 調整は簡単です。 OSDメニューを表示して、画面の中の文字のにじみが最も少なく見えるように位相を調整するだけです。 また、トラブルの起こりやすさで言えば、デジタルの方が起こりやすいです。 ですので、D-subをおすすめします。 >>>そんなに変わらないのだったら、そのままでいいのかなと思ってます。 それで正しいです。

次の

デュアルモニターをそれぞれ独立したモニタとして使いたいのです...

タスクバー デュアルディスプレイ

Windows10をやるディスプレイにすることのメリットは、ノートPCでこそ最大限に発揮されると考えて良いでしょう。 ノートPCにはモバイル性や省スペース性と言う大きなメリットと引き換えに、モニターは13インチか15インチまでに限定されてしまいます。 最近では、高解像度のモニターを備えるノートPCも出てきていますが、いくら解像度が高くなったとしても、モニターの大きさそのものが小さすぎるので、作業効率はそれほどかわりません。 そこに、外 付けモニターを使ってデュアルディスプレイ仕様にすると、ノートPCでは得ることができなかった大画面の作業スペースを作ることができます。 ノートPCにこそ、画面のマルチモニターを設定するべきだと言えるでしょう。 Windows10のディスプレイの設定を下の方にスクロールします。 すると「マルチディスプレイ」というところがあります。 こちらでデュアルディスプレイの2画面の使い方を設定します。 マルチディスプレイの設定では、2画面のデュアルディスプレイを、1画面だけ使うのか、同じ画面を複製するのか、表示画面を拡張するのか選択できます。 作業効率を上げるためなら「 表示画面を拡張する」を選択します。 プレゼンなどで手元のノートPCを操作しながら、他の人に同じ画面を見せる必要がある場合には「 表示画面を複製する」を選択します。 「 1のみに表示する」「 2のみに表示する」を選択した場合には、選択しなかった方のディスプレイには何も表示されなくなります。 必要に応じてここは切り替えるようにしましょう。 Windows10ではマルチディスプレイでメインに設定しなかったディスプレイのタスクバーをどのように表示するのか設定することができます。 メインではないディスプレイにもタスクバーにアプリのボタンを表示することで、使い勝手を良くしましょう。 タスクバーの設定方法は、Windows10の「 設定」から「 個人用設定」>「 タスクバー」と進みます。 タスクバーの設定画面を下の方にスクロールすると「 マルチディスプレイ」の場合の設定があります。 そちらで「 タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」をオンにすると、メインではないディスプレイにも表示されます。 またすぐ下の「 タスクバーボタンの表示先」もクリックすると、どのようにタスクバーに表示するのか選ぶこともできます。

次の

デュアルディスプレイでサブのタスクバーに時計を表示したい(Windows10)※追記

タスクバー デュアルディスプレイ

その他の方法で個人用設定の画面を開く コントロールパネルから 『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして 『個人用設定』を選択する。 個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから 『タスクバー』を選択して、複数ディスプレイの項目にある 『タスクバーをすべてのディスプレイに表示する』をオンからオフに切り替えよう。 これで、メインディスプレイ以外のタスクバーを非表示にすることが出来たね。 タスクバーボタンの表示先 先ほど設定した、タスクバーをすべてのディスプレイに表示するのすぐ下にある 『タスクバーボタンの表示先』の 『すべてのタスクバー』をクリックすると、タスクバーボタンの表示先を選択することが出来るよ。 メインタスクバーと、開かれているウィンドウのタスクバーを選択すると、タスクバーにピン留めしている中で画面を開いているものだけがタスクバーに表示されるようになる。 文章だけだと分かりにくいから画像で説明しておくね。 すべてのタスクバーにしていると、GoogleChrome、Firefox、Microsoft Edgeなどのアイコンが表示されている。 (ピン留めしたものが全て表示される。 ) 開かれているウィンドウのタスクバーを選択すると、画面を開いているGoogleChromeだけが表示されるようになる。 他にも開いているウィンドウがはあるのに、なぜかGoogleChromeだけ・・・仕様がよく分からない。 と思ったら、メインディプレイ以外で開いているウィンドウだけが対象になるみたいだね。 (最小化は対象外) 俺の環境では、その下の 『開かれているウィンドウのタスクバー』との違いは確認することが出来なかった。 ほとんど同じと考えて良いと思う。 ちなみに、この設定が適用されるのはメインディスプレイ以外のディスプレイのみ。 タスクバーの結合、ラベルの表示、非表示 続いて 『他のタスクバーのボタンを結合します』の部分を見てみよう。 設定を何も弄っていなければ最初は 『常に結合、ラベルを非表示』になっている。 これが常に結合、ラベルを非表示を選択した場合のタスクバーの表示。 ピン留めしたアイコンが綺麗に表示されている状態ね。 タスクバーに入りきらない場合、結合しないを選択すると、上の画像のようにアイコンの横に今開いてるページの詳細が表示されるようになるよ。

次の