スーモ cm 俳優。 SUUMO(スーモ)CM 子役の女の子は誰?両親の女優と俳優は?BGMを歌っているのは?

スーモCM俳優は誰?タイシがイケメン!(2020年1月より)

スーモ cm 俳優

このたび、ドラマなどで活躍中の俳優、中川大志さんが出演する『SUUMO(スーモ)』の新CMが完成しました。 転職が決まり、仲間たちと一緒に新天地での住まいを探す中川さん。 たくさんの物件の中から希望通りの物件が絞り込めて、全身で喜びを表現する中川さんの姿が見どころのCMに是非ご注目ください。 [CMのあらすじ] 転職が決まったタイシ、望みの物件に「キター!」と雄叫び 中川大志さん演じる転職が決まったタイシ。 そんなタイシを送り出そうと送別会を開いてくれたのは、大学時代の同級生たち。 そんな中、新居が決まっていないタイシは皆と一緒に物件を探すことになります。 SUUMOで「バス・トイレ別」「宅配ボックス」など、希望の検索条件にチェックを入れて理想の住まいを絞り込み、見事に理想の条件にかなった物件を発見。 タイシは立ち上がって「キター!」と雄叫びをあげます。 住まい探しの喜びを、中川さんが全身で表現した、テンポの良い楽しい作品となりました。 手慣れた様子でSUUMOを操作していたことについて伺うと「実はSUUMOを日常的に見るほど、物件を探すのが好きなんです。 」と、SUUMOのヘビーユーザーであることが発覚。 引っ越す予定がなくても物件の間取りや写真を見ているそうで「この間取りならどういう家具が置けるかなどを妄想して楽しんでいます」と意外な一面を教えてくれました。 また役として演じた、物件が絞り込めた時の「キター!」というセリフについても「特別な役作りなどせず、僕が普段、実際に理想の物件を見つけた時の嬉しい感覚をそのまま表現しました。 だからあの喜びは演技ではなくリアルな僕なんです」と、もはや趣味は住まい探しと言っても過言ではなさそうな中川さんでした。 さらに「昔から内見が好きで一人暮らしする時も、部屋の端から端まで寸法を測って、家具の配置を想像するのが楽しかったです」と部屋選びの楽しさを熱弁してくれました。 またCM同様、物件選びで外せない条件について伺うと「宅配ボックスはマストで欲しいですね。 通販が大好きでしょっちゅう注文するので」と、忙しい中川さんならではのこだわりも明かしてくれました。 今年も「公私ともにさらに充実を目指したい」と意気込み 2019年は「すごく充実していました」と振り返った中川さん。 人気ドラマや映画に数多く出演された仕事面だけでなく、プライべートでも趣味が増えたり、新たな出会いがあったりと、良い1年になったそうです。 そして2020年の目標について伺うと「2019年は仕事の充実度とプライベートの充実度がとても深い関係性にあると感じた1年でした。 楽しく遊ぶために仕事を頑張り、遊んだらまた仕事も頑張れる。 そして出会った仲間は大切にするという好循環を2020年もさらにパワーアップして継続していきたいです」と決意を語ってくれました。 2020年もさらなる活躍が期待される中川さんから目が離せません。 東京都出身。 第42回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。 主な代表作は映画「坂道のアポロン」、NHK大河ドラマ「真田丸」、TBSドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」、NHK連続テレビ小説「なつぞら」、TBSドラマ「G線上のあなたと私」など。

次の

スーモ(SUUMO)CMの女優は誰?荷造りをする女性の涙にもらい泣き!

スーモ cm 俳優

dwango. 中川大志 紹介 中川大志さんは、ひごろからSUUMO スーモ で日常的に物件を見ているそうです。 本人の話では、物件を見るのが好きなんだとか・・・ 最近は、お仕事を増えてお金にも余裕が出来、もう少しいい物件に引っ越しをしようと考えているかも知れませんね。 「Be Ambitious! 」#83 — いぬくん koinu812 物件を見るのが好きと言っていますから、住宅サイトSUUMO(スーモ)のCMの話が来た時は、嬉しかったでしょう。 もしかしたら、良い物件を紹介してくれるのかな?と思ってたりして・・・ CMで「キター!」の喜びは、役作りはせずに素直な気持ちで表現したと言っていました。 中川大志プロフィール 中川大志さんは、子供の頃からジャズダンスをしていた様です。 現在も相当なイケメンですが、小学校でも相当持てたようですね。 小学4年生の時に原宿でスカウトされ、小学5年生で芸能活動を開始しています。 2009年 NHK「わたしが子どもだったころ」で子役としてデビューを果たし、2010年10月「半次郎」で映画にも出演しています。 トントン拍子で芸能界の階段をのぼり初めた感じですね。 その後も、2011年9月号のnicola(ニコラ)からメンズモデルとして活躍しています。 ニコラは10代向けのファッション雑誌で多くのイケメン俳優を輩出していますね。 今、大活躍の横浜流星さんもニコラの出身です。 どんな性格 中川大志さんは、自分のことを感受性が豊かと言っています。 保育園や小学校での卒業式ではすぐ泣いてしまうんだとか! 芸能界に入っては、ドラマや映画の長い撮影が終わってクランクアップの瞬間から涙が止まらないなんて、言っています。 とても感動屋さんで、涙腺が敏感かもしれませんね。 何事にも一生懸命で妥協をしないカンバリ屋さんだと思います。 性格は、明るくて、面白い、楽しい人と言われています。 この様な性格で、イケメンですから、多くの女性は黙っていませんよね! とても羨ましすぎます。 まとめ SUUMO スーモ 」の新しいCM、スーツ姿でイケメンのタイシ役は中川大志さんでした。 「タイシさんの転職決まった」篇で、スマホで新しい住まいを探し、希望にマッチした物件を見つけ出した時の表情は、とてもうれしそうです。 多くの若手イケメン俳優がいますが、中川大志さんも負けてはいません。 テレビドラマ、映画、舞台、CMなどで大活躍されています。 2020年も更に活躍されるのは間違いないのでこれから目が離せませんね!.

次の

SUUMO(スーモ)の新CMに出演しているかっこいい俳優は?中川大志さん!

スーモ cm 俳優

このたび、ドラマなどで活躍中の俳優、中川大志さんが出演する『SUUMO(スーモ)』の新CMが完成しました。 転職が決まり、仲間たちと一緒に新天地での住まいを探す中川さん。 たくさんの物件の中から希望通りの物件が絞り込めて、全身で喜びを表現する中川さんの姿が見どころのCMに是非ご注目ください。 [CMのあらすじ] 転職が決まったタイシ、望みの物件に「キター!」と雄叫び 中川大志さん演じる転職が決まったタイシ。 そんなタイシを送り出そうと送別会を開いてくれたのは、大学時代の同級生たち。 そんな中、新居が決まっていないタイシは皆と一緒に物件を探すことになります。 SUUMOで「バス・トイレ別」「宅配ボックス」など、希望の検索条件にチェックを入れて理想の住まいを絞り込み、見事に理想の条件にかなった物件を発見。 タイシは立ち上がって「キター!」と雄叫びをあげます。 住まい探しの喜びを、中川さんが全身で表現した、テンポの良い楽しい作品となりました。 手慣れた様子でSUUMOを操作していたことについて伺うと「実はSUUMOを日常的に見るほど、物件を探すのが好きなんです。 」と、SUUMOのヘビーユーザーであることが発覚。 引っ越す予定がなくても物件の間取りや写真を見ているそうで「この間取りならどういう家具が置けるかなどを妄想して楽しんでいます」と意外な一面を教えてくれました。 また役として演じた、物件が絞り込めた時の「キター!」というセリフについても「特別な役作りなどせず、僕が普段、実際に理想の物件を見つけた時の嬉しい感覚をそのまま表現しました。 だからあの喜びは演技ではなくリアルな僕なんです」と、もはや趣味は住まい探しと言っても過言ではなさそうな中川さんでした。 さらに「昔から内見が好きで一人暮らしする時も、部屋の端から端まで寸法を測って、家具の配置を想像するのが楽しかったです」と部屋選びの楽しさを熱弁してくれました。 またCM同様、物件選びで外せない条件について伺うと「宅配ボックスはマストで欲しいですね。 通販が大好きでしょっちゅう注文するので」と、忙しい中川さんならではのこだわりも明かしてくれました。 今年も「公私ともにさらに充実を目指したい」と意気込み 2019年は「すごく充実していました」と振り返った中川さん。 人気ドラマや映画に数多く出演された仕事面だけでなく、プライべートでも趣味が増えたり、新たな出会いがあったりと、良い1年になったそうです。 そして2020年の目標について伺うと「2019年は仕事の充実度とプライベートの充実度がとても深い関係性にあると感じた1年でした。 楽しく遊ぶために仕事を頑張り、遊んだらまた仕事も頑張れる。 そして出会った仲間は大切にするという好循環を2020年もさらにパワーアップして継続していきたいです」と決意を語ってくれました。 2020年もさらなる活躍が期待される中川さんから目が離せません。 東京都出身。 第42回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。 主な代表作は映画「坂道のアポロン」、NHK大河ドラマ「真田丸」、TBSドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」、NHK連続テレビ小説「なつぞら」、TBSドラマ「G線上のあなたと私」など。

次の