豚 大腸 レシピ。 豚の大腸の栄養とレシピ、食品成分表

豚小腸レシピ&豚ヒモとは

豚 大腸 レシピ

豚ホルモンの中での知名度はさほど高くありませんが、それぞれのホルモンの食感の良いところがぎゅっと集まったようなテッポーは、実はたいへん美味しく、飲食店でお出しする商品としては、かなり潜在能力が高いと言えます。 今回は、そんな『推し食材』であるテッポーの基礎知識や美味しい食べ方を、詳しくお伝えしていきます。 そもそも豚テッポーとは? テッポーとは、豚の直腸のことです。 テッポウと表記されることもあります。 筒状になったものを切って開いた形が鉄砲に似ていることが名前の由来とされていますが、実際はそれほど鉄砲に似ていないと感じる方もいるようです。 大腸であるシロ(シロコロ)よりも肉厚で、さらに弾力が強く存在感のある部位です。 肉厚な分、ジューシーで食べ応えがあり、味わいも濃厚ですが、小腸・大腸よりも1頭から取れる量が少ない希少部位なので、その美味しさのわりにまだまだ一般的に広く知られているとは言えません。 豚の腸部位は、他のホルモンと比べてカロリーやコレステロール値がやや高めと言えますが、テッポーの場合は、小腸や大腸に比べると脂肪分は少ないようです。 また、豚の腸は、ビタミンB群や鉄分・亜鉛といったミネラルを多く含んでいます。 意外と簡単!テッポーの下処理とは? 場所が場所だけに、フレッシュなものを仕入れても、臭みを感じる場合もあるテッポー。 焼肉店や串焼き店の方はそれぞれにベストな下処理方法をお持ちでしょうが、ご家庭や初めてテッポーを仕入れたお店では、適切な下処理がわからないこともあるかもしれませんね。 ここでは、簡単でやりやすいテッポーの下処理方法をご紹介します。 まずは脂の処理と下茹で テッポーは小腸や大腸と比べて脂肪が少ない腸部位ですが、もしも脂が気になるようでしたら、冷蔵庫で冷やしてテッポーの内側の白い脂肪が少しかたくなったところを、つまんでむしり取るようにはがします。 脂は旨味もありますが、あまりたくさん付いたままですと高カロリーになってしまうほか、味もしつこくなってしまうため、ある程度取り除いた方がいいでしょう。 脂の処理をして販売されているものや、脂肪の量が少ないものについては、この工程は省略してください。 不要な脂分を取り除いたら、鍋にたっぷりと湯を沸かし、1~2分、下茹でしましょう。 ぬめりがしつこければ、指先にぬめりを感じなくなるまで洗いましょう。 次はネギや生姜などの香味野菜とともに湯を沸かし、そこへ洗ったテッポーを投入。 やわらかさを感じるまで根気よく茹で、モツ煮や炒め物に使用する時は、茹で終えたテッポーをザルに上げて、水を切ってから使うようにしましょう。 テッポーが活きる!簡単&美味しいレシピ3選 しっかり茹でて、ようやく食べごろになるテッポー。 下処理後には、どんな調理をしたらいちばん素材が活きるのでしょうか。 お店で人気が出そうな簡単メニューのレシピをご紹介します。 材料・調味は目安ですので、各自で調節してくださいね。 テッポーの旨味がダイレクトに伝わる!豚テッポーのシンプル炒め 旨味が濃いテッポーはいろんなレシピで活躍しますが、もっとも味がシンプルに楽しめるレシピです。 材料(1人前) 下処理したテッポー 80g にんにくの芽 1束 食べやすい長さにカットしておく にんにく 小さじ1 (すりおろし) ごま油 大さじ1 塩・こしょう 少々 (焦げ色付け用の醤油 少々) 作り方 ・にんにくの芽以外の材料をジッパー付きの袋にすべて入れ、揉んで15分ほど冷蔵庫で寝かせる ・フライパンを熱し、冷蔵庫から取り出した材料を炒める ・にんにくの芽を入れ、テッポーの表面に焦げ色が出るまで炒める ・なかなか焦げ色がつかなければ、少量の醤油を加える ・味を見て、塩こしょうで整えて完成 やっぱりコレ!テッポーが主役の辛味モツ鍋 味噌味との絡みが良いテッポーは、味噌ベースの鍋にベストマッチ。 辛めに仕上げるとビールが進みます。 材料(1人前) 下処理したテッポー 80g キャベツ 約2枚 ニラ 約4分の1把 木綿豆腐 4分の1丁 えのき茸 4分の1袋 赤唐辛子 1本 調味料 鶏ガラスープの素 大さじ2分の1 酒 大さじ1 みりん 大さじ1 醤油 大さじ1 コチュジャン 大さじ1 味噌 大さじ1 にんにく 1かけ(すりおろしておく) ごま油 少々 水 500cc 作り方 ・コチュジャンと味噌以外の調味料の材料を鍋に入れ、沸かす ・コチュジャンと味噌を溶かし入れ、火を消す ・別の鍋にキャベツ・テッポウ・豆腐・えのき茸を積み重ね、一番上にフタをするようにニラを敷き詰め、赤唐辛子を真ん中に乗せる ・コチュジャンと味噌を溶かし入れた出汁を、具材入りの鍋にそっと注いで中火にかける ・火を弱火にして、野菜に火が通れば完成 ご飯が進むテッパンメニュー!テッポーの味噌味炒め 濃厚な味噌味にも負けない味わいと食感を持つテッポー。 しっかりとタレを絡めて焦げ目が付くほど炒め、白いご飯と一緒に提供したい一品です。 材料 下処理したテッポー 80g 漬け込みダレ 適宜 サンチュ 適宜 作り方 漬け込み用のタレに漬け込んだテッポーを、熱したフライパンで焦げ目がつくまで炒めたら完成。 お皿にサンチュを敷いてキレイに盛りつける つけダレは、各飲食店のオリジナルでももちろん良いでしょう。 ただ、味がもうひとつ決まらないという場合には、既製品を利用するのもおすすめです。 おすすめの漬け込みダレを次にご紹介します。 テッポーの味噌炒めが簡単美味しい!味がきまる漬け込みダレ3選 テッポーの美味しさを活かせるレシピの1つである味噌炒め。 テッポー自体の目利きや仕入れは得意だけれど、漬け込みダレの味がもうひとつ決まらない、という方は意外と多いのではないでしょうか。 そんな時は、無理をせずにタレ作りのプロに頼ってみてください。 ここでは、おすすめの既製ダレをご紹介します。 ひと口食べれば『この味が欲しかった』と安心できる製品ばかりが揃います。 創業1950年の歴史が活かされた『みそホルモン炒めのたれ』は、まるや八丁味噌がしっかりときいたコク深いたれ。 ピリ辛味とにんにくの香りが食欲をそそり、ホルモンの旨味を引き立てるとともに、味噌だれそのものの美味しさも十分楽しめます。 煌(きらめき)・あまからラー油味/キンリューフーズ株式会社(業務用 2kg) 1970年創業、グルメの地・大阪で愛され続ける食品メーカーのキンリューフーズは、焼肉のたれ・すき焼きの割下など肉料理用のたれをはじめ、ドレッシングやスパイスなど、料理の要となる調味に関わる製品を数多く手がける信頼ある企業。 数ある漬け込みダレの中でも、今回テッポーの調味におすすめなのは、煌です。 これは、ベースは甘辛く、かつ数種類の香辛料と味噌のブレンドがしっかりとコクを感じさせる漬け込みダレ。 舌の肥えた大阪の方を納得させる味付けで、お店のテッポー炒めの味を決めてみませんか? ホルモン焼スタミナ味噌だれ/水牛食品株式会社(業務用 2. 05㎏) ソース作りを始めたのは何と昭和5年(1930年)という、驚くべき歴史を誇る水牛食品株式会社。 懐かしい味のカレールウやこだわりのラーメン・うどんスープから、垢抜けたステーキソース、ブイヤベースやパエリアの素に至るまで、調味のノウハウを知り尽くしたこの企業が製造しているのが『ホルモン焼スタミナ味噌だれ』。 香り高い味噌と、リンゴ・タマネギ・ショウガ・ニンニクなど、素材の良さを感じさせる味わい深い調味が重なった、さすがの逸品となっています。 ホイコーローなどにも活用可能。 これはホルモンの中では安価とは言い切れませんが、それはテッポーの希少性に加え、旨味が強く、通好みの部位であるため、安定的にニーズがあることの裏づけと言えるかもしれません。 この美味しさを焼肉店・串焼き店だけでしか提供しないのはもったいない!ビールや焼酎にもぴったりのテッポーは、お酒を扱うあらゆる飲食店でぜひ仕入れをしてみてほしい食材なのです。 この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。 執筆者のモチベーションに繋がります。

次の

骨付き豚バラ肉を使ったレシピ・作り方一覧(16件)

豚 大腸 レシピ

小腸(ヒモ) 大腸といっしょに「モツ」として販売されている、カルシウム豊富な部位。 脂肪が多くついているので、軽くゆでて脂肪を除いたものが売られています。 下ゆでしたものをさらにぬるま湯につけてアクをきれいに除いてから調理します。 煮込みにしたり、串焼きにするとおいしく食べられます、一般的な豚心臓部位知識ではなります。 小腸・大腸それぞれをシロ・シロコロと呼んで区別することもあれば、小腸も大腸も合わせてシロと呼ばれることがあるなど、ホルモンの名称でも紛らわしさがトップクラスの腸。 小腸だけをヒモ、大腸だけをモツと言ったり、どちらも合わせてモツと呼んだりすることもあります。 表面が滑らかで、皮に脂肪の塊がついているのが特徴的で、焼くとプリプリころんとしていて、茹でたり煮たりしてもぷりっとしています。 そういえば、ソーセージのケーシングなどに利用されることもあります。 さて注目のの栄養はどうなっているのでしょう。 こちらも100gあたりでいきます、主要な栄養素はタンパク質14g、脂質11. 9g、炭水化物なし、ミネラル成分は、ナトリウム13mg、カリウム14mg、カルシウム21mg、マグネシウム13mg等、ビタミン類は、ビタミンB群0. 04mgをはじめA・D・E・Kを含み、ナイアシン0. 1mgとなります。 カロリーは100gで171kcalのカロリーとなります。 栄養成分は脂質が少なめで比較的低カロリー。 コレステロールは豚レバー並みに多いです。 こんにゃくは手でちぎり、下ゆでする。 にんじん、ごぼう、大根は乱切りにし、ごぼうは水にさらしてアクを抜き、ねぎは1cm厚さの輪切りにします。 先のかたい部分は小口切りにします。 2 鍋にだし、1)のねぎの小口切りを除くすべて、しょうが、みそ大さじ 1を入れ火にかけます。 煮立ったら弱火で30分煮て(B)残りのみそ、みりん、小口切りのねぎを加え、さらに10分煮ます。 3 器に盛り、七味唐辛子を散ら市、完成です。 A:モツは、下茹でをしたものが売られている場合が多いが、その場合でもさっと茹でておきます。 B;弱火で30分は煮ましょう。 5 しょうゆ 小さじ1. ニンジンは皮をむいて縦半分に切り、斜め薄切りにし、 玉ネギは縦に幅1cmに切り、さらに横半分に切ります。 ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り除き、ひとくち大の乱切りにします。 2 フライパンにサラダ油を強火で熱し、豚モツを白っぽくなるまで炒め、キャベツ、ニンジン、玉ネギ、ピーマンを炒め合わせます。 (下準備をしておけば手早くできますね)•

次の

豚テッポーとは?栄養価は?知名度が上がる美味レシピも公開

豚 大腸 レシピ

がおいしい! ゲストさん 18:24• がおいしい! ゲストさん 18:10• がおいしい! ゲストさん 18:10• がおいしい! ゲストさん 17:57• がおいしい! ゲストさん 17:51• がおいしい! ゲストさん 17:48• がおいしい! ゲストさん 17:44• がおいしい! ゲストさん 17:43• がおいしい! ゲストさん 17:34• がおいしい! ゲストさん 17:32• がおいしい! ゲストさん 17:31• がおいしい! ゲストさん 17:24• がおいしい! ゲストさん 17:17• がおいしい! ゲストさん 17:12• がおいしい! ゲストさん 17:10.

次の