金子 眼鏡 大阪。 【レビュー】金子眼鏡店のメガネがコスパ最強の理由。値段はいくら?

大阪でメガネ屋さんを探しているなら、「谷町眼鏡店」を強くオススメします。 │ ビリヤニーズ

金子 眼鏡 大阪

金子眼鏡店(KANEKO OPTICAL) は昭和33年 1958 で福井県鯖江市に本社を置く メイドインジャパンの眼鏡メーカー。 ここ最近積極的な出店を進めていて評判も呼び、ファンを増やしているメーカーさんです。 東京だと新宿や青山、自由が丘、丸の内、銀座、吉祥寺などにショップを構えておりますが、オンラインでの通信販売はまだオフィシャル展開されていないようです(2017年5月現在)。 近視用の眼鏡を購入しようと思い、念願叶って白山眼鏡店で購入した記事を書いたのがちょうど1年前。 それ以降多くのアクセスを頂いたページなのですが、何故か検索ワードの多くを「金子眼鏡」が占めているという現象が続いておりました。 白山眼鏡店の記事は下記よりアクセス下さい。 名前こそ知っていた眼鏡メーカーではあったのですが、今までお店に入ったことがありませんでした。 今回事情があって眼鏡を作りたいと思い、ふらっと覗きに入った金子眼鏡店で見たフレームの美しさに目を奪われ、あれよあれよという間に購入してしまったのです。 今まで金子眼鏡店で購入されたことが無い方に向けて購入レビュー記事をまとめてみましたのでご覧頂きたいと思います。 初入店 初めて訪れたお店は「金子眼鏡店 KITTE丸の内店」。 お店としては比較的こぢんまりしたお店です。 幾つか眺めながら商品を見ていたのですが、気になる眼鏡をひとつ見つけました。 「泰八郎謹製」という、泰八郎という職人さんが全て1人で作ったセルフレームの商品です。 とっても気に入ってしまったので思わず買ってしまいそうになりました。 下の写真の商品をご覧頂きたいと思いますが、重厚な雰囲気を漂わせるセルフレームモデルです。。 モデル名は「Exclussive7」、税込みで34,560円となかなか強気な料金設定です。 初めての訪問だったのでグッと我慢して買わずにお店を失礼しました。 ノー芯という、金属の芯が入っていないセルフレームです。 2回目の訪問〜購入 昨年購入した白山眼鏡店では近視用の眼鏡を購入しましたが、今回は「人生初の老眼用眼鏡」と「PC用のブルーライトカットレンズ」の 兼用眼鏡が欲しい!という明確な目的がありました。 年末が差し迫る中、仕事で使っているパソコンと向き合う時間が長くなったのと、ブログを書き続けているうちに目の疲労が進み、早めに手に入れたいという切羽詰まった状況もありました。 2回目に訪れたのは「金子眼鏡店 東急プラザ銀座店」。 前回より広めの店内で、気に入った泰八郎さんの眼鏡を再度掛けながら、他の眼鏡も試してみました。 サングラスなど幅広く取り扱っておりました。 沢山の眼鏡を試し掛けしてみて「おっ!」と思った眼鏡がこちらの商品。 掛け心地が軽くて、鼻パッドがあるのでフィッティング的にも具合が良く、耳への負担も軽くなる模様です。 まつげも少し長いのでレンズに当たらず快適性に優れ、おまけにデザインも素晴らしくて格好良いという様々なメリット利点に溢れた眼鏡です。 少し悩みましたが、長時間使うことが予想されたので軽くてフィット感の良いこちらの商品に決めました。 「KC-15」というモデルで、細身のウェリントン型眼鏡です。 非常に軽くて付け心地最高でした。 検眼 一番驚いたのは 検眼の丁寧さでした。 白山眼鏡店でも丁寧に検眼してもらいましたが、こちらの金子眼鏡さんでは色んな機械を使って検査項目も沢山有り、検査ごとに丁寧な説明をしてもらい時間を掛けながらチェックして頂きました。 私の場合効き目は左目で両目共に若干の乱視が入っているものの、反対方向の乱視なので矯正すると疲れる見え方になります。 念のため矯正眼鏡で見させてもらいましたが、頭が一瞬クラッとするような心地悪さだったので通常のレンズにして頂きました。 疑似のPCモニターを使いながら見やすさのチェックも行いました。 参考までに・・・、ということで遠近両用レンズでは無くNikon製の「中近両用レンズ」も試してみました。 なるほど、手元も見やすくて中距離の見やすさが向上しました。 これは良いなぁ、と思うも金額を聞いてびっくりしたのでやめました。 もう1本4〜5万の眼鏡が買える金額でした・・・。 レンズ選び 検眼が終わるとカウンターに戻ってレンズ選びへと移ります。 レンズの種類と金額が表になった資料が提示されて説明を頂きました。 東海光学レンズ(TOKAI)とカールツァイス(Carl Zeiss)の2択でした。 カールツァイスはカメラのレンズで親しみを感じていたブランドだったので、ブランド力に惹かれるものがありました。 購入した眼鏡です。 メンテナンス フィッティング時に説明頂いたのは、セルロイドのフレームは汗や経年でくすんだ感じになるということです。 そのため、2年に一回はフレームに磨きを入れた方が良いそうです。 お店では2〜3週間預ければ3240円で磨きの作業を親って頂けるそうです。 また、レンズとフレームの関係も説明頂きました。 最初はレンズが比較的緩くはまっているそうなのですが、時間と共にレンズとフレームの接触面にストレス(圧力)が掛かるようになり、それが原因でレンズにひび割れなどの症状が出てしまうことがあるそうです。 これは素人では判断できないので、お店に行って診てもらうことになるそうです(調整は無料だそうです)。 ギャランティーカードはプラスチック製です。 まとめ ちょうど1年前に白山眼鏡店で購入してからそれほど時間を経過せずに金子眼鏡で眼鏡を作って感じることは、良店共に丁寧な接客、検眼、フィッティングを通じて 「間違いない眼鏡選び」、「満足出来る眼鏡選び」が出来たと言うことです。 キチンとした矯正で正しい見え方を作る、と言う基本的な機能をしっかりと提供してくれて、さらにデザイン性豊かなお気に入りの眼鏡を購入出来たと言うことです。 掛け心地が良くて疲れずに生活を送ることが出来るのは幸せですね。 最も感心したのは店員さんの知識が非常に豊富であると言うことです。 さらに、説明が分かりやすくてユーザー側の私が非常に納得出来る話しをして下さると言う点も大きいと思います。 購入して良かった!と心から思える眼鏡店と感じました。 なお、顧客カードに記入すると、誕生日つきに15%引きのクーポンをもらえるのだそうです。 これは自分で使っても良いですし、友人や家族も一緒に使えるものという話しでした。 安く買い物をしたい時には嬉しいですね!これはオススメの眼鏡店です。 一生モノの眼鏡だとしたら非常に安い買い物だと思います。 あ、ヤフオクやメルカリでの購入には注意ですよ。 偽物が流通しているようです・・・。

次の

親切な眼鏡店のフィッティング

金子 眼鏡 大阪

金子眼鏡店のメガネがコスパ最強な理由 まず、私が愛用しているメガネは、「VINTAGEシリーズのKV-40 BK」というタイプになります。 ウェリントン型のプラスチックリムにメタルのテンプルがコンビネーションされたデザイン。 全体的に細く華奢な印象ですが、テンプルがメタルで無骨な感じが最高にかっこいいですね。 金子眼鏡店のメガネがコスパ最強の理由は5つあります。 日本人に似合う純ジャパブランド• おしゃれで美しいフレーム• フィッティング性が素晴らしい• 圧倒的に軽い• 本革のメガネケースが付いてくる 1. 金子眼鏡店は日本人に似合う純ジャパブランド おしゃれな大人男性に人気があるメガネブランドといえば、海外ブランドであることが多いです。 オリバーピープルズ• レイバン• トムフォード ですが、顔の印象を大きく左右するメガネは、「日本人の顔や感性に合ったメガネを選ぶこと」といいです。 金子眼鏡店は、メガネの聖地と言われる福井県鯖江に本社を置くメイド・イン・ジャパンのメガネメーカー。 職人たちの技術力も高く、美しいフレームと驚異のフィッティング性で評判です。 そのため、日本人は純ジャパブランドである金子眼鏡店のメガネを選ぶことで満足できるでしょう。 金子眼鏡店のメガネはおしゃれで美しいフレーム まずは見てください、このフレームを。 めちゃくちゃ美しくないですか? 控えめにいわなくても最高です。 金子眼鏡店のメガネはとにかくシルエットがきれいでおしゃれ。 サラリーマンの方はシンプルなスーツやジャケパンスタイルがほとんどだと思いますが、そこにワンポイントで洒落たメガネをかけたら一気におしゃれ感が増します。 ちなみにメガネを選ぶときは、眉毛のラインに沿ったリムを選ぶと、顔の印象が変えられていいと言われています。 金子眼鏡店は、細めのフレームだけなく、リムに幅のあるデザインも数多く揃えているので、初心者はそういったデザインを選ぶといいと思います。 金子眼鏡店のカタログは、Flikerで見られます。 メガネカタログ: 3. 金子眼鏡店のメガネのフィッティング性は素晴らしい 金子眼鏡店の魅力の1つでもあるのが、フィッティング性の素晴らしさがあります。 メガネをかけているはずなのに、ほとんど装着感がないレベルです。 日本人の耳や鼻にフィットネスするように計算されたデザインなのでしょう。 本当に顔に吸い付くように収まります。 「ここが私の居場所よ」と言わんばかりに鼻の上で落ち着きます。 デスクワークでパソコンの作業中• 電車通勤で読書する時• 会議で資料を見る時 こういったシーンで、メガネのフィッティングが悪いとメガネがズリ落ちてきて、かなりストレスを感じますよね。 ですが、金子眼鏡店のメガネは、そんなメガネがズリ落ちるストレスから開放してくれます。 また、ショップ店員さんにもフィッティングの技術があり、その人の顔の形に合うようにフレームを絶妙に曲げ、最終の微調整を行ってくれます。 しかも、経年使用によりメガネがズレてきた場合には、店舗にメガネを持ちこめばいつでも無料で再調整してくれるサービスまでついています。 実際、私も何度かお願いしていますが、嫌な顔せず丁寧に対応してくれますね。 金子眼鏡店のメガネは圧倒的に軽い 金子眼鏡店のメガネは、とにかく軽いです。 私は金子眼鏡店のメガネを購入するまでは、Zoffの3,000円のメガネを数年使っていましたが、比較してみるとその差は歴然です。 感覚的ですが、Zoffで購入できるメガネの2倍は軽いんじゃないでしょうか。 ファッティング性の良さに加えてメガネ自体も軽いので、メガネをかけていても非常に疲れにくく、肩こりや目の疲れも減ったと感じています。 そのため、金子眼鏡店のメガネを一度でもかけてしまったら、安価なメガネにはもう戻れません。 もちろんフレームの種類によって重量は変わりますが、メタルフレームで構成されているデザインはとりわけ軽いのでおすすめです。 また、重たいメガネを使っていた時は鼻にノーズパッドの跡がつくことがありましたが、金子眼鏡のメガネに変えてからは跡が残ることは一切なくなりました。 「ふとっ」メガネを外したときにノーズパッドの跡があるのは恥ずかしいので、メガネの着脱も気兼ねなくできるようになりますよ。 金子眼鏡店は本体価格込みでおしゃれなケースが付いてくる 革製品好きにはたまらない高級感のあるメガネケースがなんと、本体価格込みでついてきます。 このメガネケースは、単体で数千円出していいレベルの出来だと思います。 色は黒とブラウンから選べるのですが、持っている財布やカバンの色と合わせるのが得策。 個人的には、革小物はブラウンのほうがこなれた感じがあって好きです。 外出先でメガネを取り出す際に、安いメガネケースだと出すを躊躇しますが、このケースなら堂々と出すことができます。 むしろ外に出したい。 「 もっと見て欲しい」。 そんな感じです。 金子眼鏡店のメガネの値段は他社よりも安いのが魅力 純ジャパブランドでメガネを探していると、以下のブランドが選択肢に入ってきます。 ブランド 本体価格 レンズ価格 Zoff 0. 3万円~ 本体価格込み 金子眼鏡店 3万円~ 1万円~ 白山眼鏡店 3万円~ 1. 5万円~ 999. 9 3万円~ 3万円~ 見ての通り、他のブランドのメガネと比べると、金子眼鏡店のメガネハ比較的安価で購入できます。 メガネ本体や選ぶレンズにもよりますが、金子眼鏡店のメガネは3~5万円ほどで購入できると思っておけばいいです。 とはいえ、ブルーライトカットレンズや薄型レンズにすると当然価格は高くなります。 高価なレンズを選ぶと、それこそ本体と同じくらいの値段もかかることになります。 金子眼鏡店のメガネを安く購入する方法 金子眼鏡店のメガネを安く購入する方法は2つあります。 店舗のセールを狙う• メルカリで購入する 1. 店舗のセールを狙う 金子眼鏡店はネット通販がされていない分、全国の大型ショッピングモールに入っている店舗でセールを行っていることがあります。 タイミングが合えばセール価格で購入できたり、ポイントがついたりしてお得に購入できます。 ただ、セールを待つあまり購入が遅れてしまうのももったいないので、気に入ったメガネがあれば思い切って購入してもいいと思います。 10年とかのレベルで愛用できるので、長期的に見れば誤差になります。 メルカリで購入する 金子眼鏡店のメガネは人気があるので。 中古市場でも多く流通しています。 出品数が特に多いのが、「メルカリ」です。 フレームが1~2万円程度で取引されているので、レンズ代を合わせても3万円前後で手に入ります。 また、逆をいえば、新品で購入した金子眼鏡店のメガネを中古で売ることも容易ということ。 最悪、デザインに飽きてしまってもメルカリで売ることで、実際の負担金額はもっと安くもなります。 メルカリ: 値段の高いメガネのほうが実はコスパがいい 「外では基本コンタクトだから、家でしか使わないメガネに5万円はちょっと・・・」 そんな気持ちも分かります。 ですが、おしゃれで実用性に優れた金子眼鏡店のメガネにお金をかけることは、結果としてコスパは高くります。 シルエットがとにかく美しいメガネなので、かけるだけでもおしゃれに見られます。 サラリーマンにとって「おしゃれに見られる」ってけっこうメリットがありますからね。 また、もし仕事でメガネはあまりかけないという方でも、自宅にいるほとんどの時間はメガネをかけていると思います。 これまで紹介してきた通り、金子眼鏡店のメガネは軽くてフィッティング性もいいです。 そのため、自宅で本を読んでいる時や、家事をしている最中でもメガネのズリ落ちのストレスから解放されます。 そのため、お金を出すだけの価値は十分にあります。 コストだけの話をしても、5万円のメガネを購入しても最低5年は飽きずに使えるはずです。 すると、単純計算で年間で1万円。 月換算では月1,000円もかからない計算になります。 これだけコスパのいいメガネはそうないと思います。 最後に 金子眼鏡店のメガネはコスパ最強の理由を紹介しました。 当記事をまとめます。 長く飽きずに使えるシンプルでスタイリッシュなデザイン• ビジネスファッションでもかけるだけでおしゃれに見られる• 実用性に富んだ「フィッティング性」と「軽さ」が魅力• 5万円程度と手が届く価格帯で、もし飽きても中古で売ることができる 安価なメガネと比べれば金子眼鏡店のメガネは高価ですが、それだけの価値ははあります。 購入に迷っていれば、間違いなく買って損のないメガネだと思いますよ。 ちなみに、せっかく購入したメガネなので普段使いしたいですよね。 UVカット仕様で、潤いも長続きして、1ヶ月分が1,900円と格安です。 私も10年近く2weekのコンタクトを使っていましたが、diconのコンタクトに乗り換えてから生活も快適になり、しかも、コストも下がりました。 関連記事:.

次の

金子眼鏡株式会社(かねこがんきょう)の求人・中途採用情報|【リクナビNEXT】で転職!

金子 眼鏡 大阪

金子眼鏡とKANEKO OPTICALどちらで買ったほうがいいの?店舗の違いは? は、福井県鯖江市に本社を構える老舗眼鏡店です。 金子眼鏡店には 金子眼鏡店とKANEKO OPTICAL(金子オプティカル)があります。 私が購入したのは、ショッピングセンターに入っていたKANEKO OPTICAL店のほう。 どちらの店舗も置いてある眼鏡は大体同じようですが、片方の店舗にしか置いてない眼鏡もあります。 オプチカル店には3万円以内で購入できるお手頃価格の眼鏡もありますよ。 今回、私が購入した眼鏡は両店舗に置いてあるようでした。 3万円以上の眼鏡は、革のおしゃれな眼鏡ケースに入れてくれます。 3万円以下はこちらのカラフルなケースから選びます。 金子眼鏡店の眼鏡フレーム料金は?レンズ代は別にかかる? 金子眼鏡店のフレームは約1万円〜。 人気のセルロイド眼鏡は3万円台が主流のよう。 フレーム代とは別にレンズ代もかかります。 レンズ代は8,640円〜6万超と幅広い品揃え。 一番低価格なレンズはエコノミー非球面レンズ(青枠)です。 私も疲れ目が気になっていたので、人気のCarlZeiss(カールツァイス)にしました。 私はかなり視力が悪いので、カールツァイス(赤枠)の中でもお高めの21,600円のレンズに決まりました。 立派な木箱を開けると、 袋に包まれています。 フレームに合わせて茶色のケース(小)にしてみました。 見てるだけでうっとり〜 長時間かけていても全く痛くなりません。 金子眼鏡のフィッティングはとても丁寧で、さすがメイドインジャパン! 肌への当たり具合など細かい点まで調整してくれたので、つけ心地がよかったです。 やはりリーズナブルな眼鏡にはない質とサービスが魅力だと思ったのでした。 元々持っていたJINSの眼鏡と並べてみました。 デザインはもちろん違うのですが、他の人が気づくほどの見た目の違いはないかもしれませんね。 本人の自己満足かも。 外はコンタクトで眼鏡は家だけだし・・・• 育児中は眼鏡壊れやすいし・・・ 今までメガネなんて安物でも十分と思っていたのですが、やはり良いものはいいのですね。 何より気分が違う!メガネ顔に自信が持てるようになり、メガネをかけて外出する機会が増えました。 おしゃれ人気ブランドと比較したみた。 金子眼鏡店をオススメする理由とは!? 購入する前に「おしゃれ眼鏡 ブランド」などで検索していました。 白山眼鏡店、オリバーピープルズ、アンバレンタインなどを比較したり口コミを見たり。 さすがおしゃれブランドでどれも素敵だな〜なんて思っていたのですが、結果的に金子眼鏡にしてよかったと思っています。 その理由は何と言っても、店舗の多さ。 前述した通り、金子眼鏡店とオプティカル店を展開しているので、店舗数はその他ブランドに比べて圧倒的に多いです。 双方どちらの店舗でも対応してもらえます。 実際に購入から半年経過して眼鏡がずれることが多くなってきました。 店舗に持って行たところ、鼻のあたる部分が少しつぶれていたようですぐに調整してくれましたよ。 カードやレシートもいりませんでしたよ! やはり店舗数が多く、すぐに持っていけるのは便利だなと実感したのでした。 公式オンラインショップはありませんが、やゾゾタウンでも購入可能。 ユナイテッドアローズなど人気ブランドとのコラボアイテムも多数ありますよ。 ちなみに、 フレームはネットで購入して、レンズを金子眼鏡店の実店舗で注文することも可能とのことです。

次の