江戸川 区 ドライブ スルー 検査。 都内初の「ドライブスルー検査」 江戸川区

都内初のドライブスルーPCR検査センター 江戸川区に開設 (東京新聞)

江戸川 区 ドライブ スルー 検査

江戸川区PCR検査センター PCR検査センターは、「かかりつけ医」や「お近くの診療所」からの予約が必要です。 まずは、「かかりつけ医」や「お近くの診療所」に電話をしてください。 検査から療養まで、区が一貫して支援します 区は江戸川区医師会と協力し、ドライブスルー方式でPCR検査ができる「江戸川区PCR検査センター」を4月22日開設しました。 「かかりつけ医」や「お近くの診療所」を経由し、必要な方がPCR検査を受けられます。 まずは、「かかりつけ医」や「お近くの診療所」に電話をしてください。 診療の流れ【新型コロナウイルスに感染の疑いのある方】 まずは「かかりつけ医」や「お近くの診療所」にお電話を! ステップ1 連絡 へ 電話やオンラインで相談 ステップ2 検査 かかりつけ医・お近くの診療所から 江戸川区PCR検査センター(ドライブスルー)【地域の医師が共同で運営】へ 紹介・予約• 医師に紹介された方のみ。 ご自身の判断での利用はできません。 タワーホール船堀の「江戸川区医師会医療検査センター」ではありませんのでご注意ください。 中等症:入院治療(中規模病院)• 重症:入院治療(大規模病院) (注)軽症・重症化によって転院も 帰国者・接触者相談センター• 江戸川区帰国者・接触者電話相談センター 電話:03-5661-1124 午前9時~午後5時(土曜・日曜・祝日・休日を除く)• 必要に応じて検査後の療養施設までの移送も行います。 パルスオキシメーターで体調管理をします PCR検査を受ける方や軽症で宿泊施設・自宅で療養中の方には、血液中の酸素濃度を測ることのできる「パルスオキシメーター」をお届けします。 体温計と一緒に使うことで自らの体調の変化に気付けて、かかりつけ医や保健師による健康観察にも役立ちます。 軽症者用療養施設を提供します 軽症の方の受け入れ療養施設として「ホテルシーサイド江戸川」を活用し、看護師が24時間常駐するとともに、医師がすぐに対応できる体制を整備しています。

次の

ドライブスルー式PCR検査、今日から開始へ…東京都

江戸川 区 ドライブ スルー 検査

江戸川区PCR検査センター PCR検査センターは、「かかりつけ医」や「お近くの診療所」からの予約が必要です。 まずは、「かかりつけ医」や「お近くの診療所」に電話をしてください。 検査から療養まで、区が一貫して支援します 区は江戸川区医師会と協力し、ドライブスルー方式でPCR検査ができる「江戸川区PCR検査センター」を4月22日開設しました。 「かかりつけ医」や「お近くの診療所」を経由し、必要な方がPCR検査を受けられます。 まずは、「かかりつけ医」や「お近くの診療所」に電話をしてください。 診療の流れ【新型コロナウイルスに感染の疑いのある方】 まずは「かかりつけ医」や「お近くの診療所」にお電話を! ステップ1 連絡 へ 電話やオンラインで相談 ステップ2 検査 かかりつけ医・お近くの診療所から 江戸川区PCR検査センター(ドライブスルー)【地域の医師が共同で運営】へ 紹介・予約• 医師に紹介された方のみ。 ご自身の判断での利用はできません。 タワーホール船堀の「江戸川区医師会医療検査センター」ではありませんのでご注意ください。 中等症:入院治療(中規模病院)• 重症:入院治療(大規模病院) (注)軽症・重症化によって転院も 帰国者・接触者相談センター• 江戸川区帰国者・接触者電話相談センター 電話:03-5661-1124 午前9時~午後5時(土曜・日曜・祝日・休日を除く)• 必要に応じて検査後の療養施設までの移送も行います。 パルスオキシメーターで体調管理をします PCR検査を受ける方や軽症で宿泊施設・自宅で療養中の方には、血液中の酸素濃度を測ることのできる「パルスオキシメーター」をお届けします。 体温計と一緒に使うことで自らの体調の変化に気付けて、かかりつけ医や保健師による健康観察にも役立ちます。 軽症者用療養施設を提供します 軽症の方の受け入れ療養施設として「ホテルシーサイド江戸川」を活用し、看護師が24時間常駐するとともに、医師がすぐに対応できる体制を整備しています。

次の

江戸川区ドライブスルー検査の場所はどこ?軽症者にホテル隔離場所は「ホテルシーサイド江戸川」を療養施設!|LDs

江戸川 区 ドライブ スルー 検査

スポンサードリンク ドライブスルーPCR検査は江戸川のどこ? ドライブスルーPCR検査は江戸川区のどこで受けられるのでしょうか? その場所は葛西臨海公園内にある区立の宿泊施設 「ホテルシーサイド江戸川(臨海町6丁目)」となっています。 ホテルシーサイド江戸川は 軽症者用の療養施設としても4月22日から開設されています。 水曜と木曜の週2回、午後1時半から3時まで 公立の宿泊施設を療養者の専用施設として 利用するのは全国でも珍しい取り組みとなっています。 検査の結果陽性だったら? 感染が発覚した場合は、 移送用の車両が用意されています。 飛沫感染を防止するために運転席と後部座席を遮断する仕様を施した公用車を2台用意。 ちなみに、 江戸川区の人口695,800人に対し、 江戸川区の感染者数は 4月25日現在 感染者数は 101人 死者数は 3人となっています。 スポンサードリンク ドライブスルーPCR検査の流れ手!続きや所要時間は? ドライブスルーPCR検査を受診できるのは 医師に紹介された方のみとなっています。 検査の流れは、 かかりつけ医が区民からの電話を受け、 各診療所でPCR検査が必要と判断した場合、 江戸川区PCR検査センターに連絡。 検査は地域の開業医らが交代で担います。 疑いのある方は江戸川区PCR検査センターに自家用車などを使って出向き、 駐車場で待機。 防護服を身に着けた医師が乗車したままの患者を検査します。 検査の結果、 陽性となった場合は区医師会が保健所とかかりつけ医に報告。 保健所は、重症者については病院に入院、 軽症者はホテルや自宅などへ患者を振り分け、 かかりつけ医は軽症者の健康観察にあたります。 江戸川区PCR検査センターは週2日から始め、 1日あたり約10~20件の検査を実施することになっています。 詳しくは東京都新型コロナ受診相談窓口に お問い合わせすることをおススメしたます。 電話:03-5320-4592 平日:午後5時~翌午前9時 土曜・日曜・祝日・休日:終日 スポンサードリンク ドライブスルーPCR検査の料金は? 保険適用とされていますので、 今は自己負担はありません。 そして ドライブスルーPCR検査だからといって、 特別にかかるかかることもありません。 かかりつけ医が区民からの電話を受け、 各診療所でPCR検査が必要と判断した場合のみ 受けられるようになっています。 なので、ドライブスルーPCR検査をしたから、 そこでお金を払うという事はないようです。 PCR検査費用の内訳は 検査 1 回当たり 18,000 円 (検体の検査実施機関への搬送を伴わない場合は 13,500円) とされ、これに検査判断料 1,500 円が加わります。 当該検査費用の自己負担分(3割)は 基本的に検査結果に関わらず公費扱いとなり、 残り(7割)は健康保険負担となります。 患者の費用負担は発生しない形となります。

次の