じっと 我慢 の 子 で あっ た。 じっと我慢の子!: key&myeおなかぺっこぺこ

じっと我慢の・・・

じっと 我慢 の 子 で あっ た

2017年8月18日(金曜)ポンド円 5分足 チャート画像です 8月18日(金曜)16時35分 140,538円でいつもの30万通貨、売り建てしました。 白丸のところです。 ちょうど一番下のインジケーターも売りサインを発しています。 しばらくして下落のはずが、上昇に転じていくではあーりませんか、え、なんで?どうして???指標発表のせいか何かわかりませんが、MA75付近に到達しました。 ドキドキ、、、ドキキ、、、、心臓の鼓動が高鳴ります、 損失が万単位で増えていきます。 ウー!モー!我慢できーん!!!ストレスに耐えられず損切りしてしまいました、その後、あざ笑うがごとく反転し下落していくのでした、、、、、。 そのまま保持できていれば損はなく暴利のはずでした、、、、、。 後から見れば何のことはない、EMA75をやや超えて戻り下落したのでした。 こわいから後は売買してない、お洒落な自分!以前はそうでしたが、今は違います。 次、トライしました。 7pips 59,100円のマイナスです。 2回目 前回とほぼ同じ価格帯まで落ちてきました。 2回目 18時51分 140,538円、30万通貨売り建てしました。 同じ間違いをする訳にいきません、ふと、昔のTVドラマの台詞、『 大二郎はじっと我慢の子であった』というフレーズが浮かんできました。 しばし、 待つのみです。 しかし我ながら古いですね。 子連れ狼とかわかりますかね? fx トレードもじっと我慢が必要ですね。 一分足に切り替えると、下値のラインを抜けるか反転上昇を繰り返していました。 右端の部分です、安心したのか、139,95円を指値に入れていたのですが急に睡魔が襲ってきました。 午前3時に起きて色々して散歩+ランニング多めにした疲れが一気にきました。 朝、遅くても6時台の散歩+ランニングが鬱な気分をすっ飛ばしてくれています。 人それぞれかかえているものはあります。 139,95円を指値の根拠はありました。 無難なところ、やや高めに指値を設定しました。 拡大してよく見てみて下さいね。 睡魔に負けて 140. 127円 利益確定 43. 6pips +130,800円 マイナス相殺で 30万通貨売買 23. 9pips +71,700円 自分としてはいつもより長いトレードでした。 じっと我慢でいけた事がリベンジを果たす事ができました。 でも相場は、いつも違います。 逆の場合もあり得ます。 じっと我慢して保持続けるよりすぐに決済したほうが良い場合もあり様々です。 だから難しいと思えるのです。 勝ち続けているトレーダーの共通点は、自分のよくわかるパターンの時、より確実性の高い時に売買してそうでない時には決して売買しないそうです。 そこが、数パーセントの選ばれたトレーダーの違いなのかもしれませんね。 売買建てして保持していれば、少しでも利益が出ると早く決済してしまいたくなります。 これは本来の姿というか自然な事です。 逆にマイナスの時は元(プラス)に戻るまで頑張ろうとします。 心理的に解明されていますよね。 私は、やっとこういう俗に言うポジ保持病はもう卒業しました。 収益をあげるには、 fx トレードもじっと我慢が必要!だということですね。 ここまで読んでくれてありがとう! では、また明日か明後日! 免責事項 当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので 何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 全て自己責任でお願いいたします。

次の

じっと我慢の子

じっと 我慢 の 子 で あっ た

じっと我慢の子であった エピソード 『じっと我慢の子であった』 江戸時代のイメージに大きな誤りを与えている元凶が時代劇である。 例えば昔あった『 破れ傘刀舟悪人狩り』。 あんなに毎週老中や奉行を切ってたら、幕閣一人もいなくなるぞ。 『 水戸黄門』だって印籠を見せられて、なんでみんな「はっ、はー」と土下座するんだ?まだ『 暴れん坊将軍』の「ええい、上様のお命頂戴しろ。 」のほうが説得力がある。 えっ、家臣が言う通り将軍を襲うかですって? 当然ですよ。 彼らの主君は悪代官や悪徳奉行であって、将軍じゃないもの。 封建制度とは、あくまで自分の主君と主従関係を結んでいるのです。 『 遠山の金さん』は「遊び人の金さんでぇ」なんて言ってる 自分のことを「さん」付けする厚かましさはおいといて けど、大忙しだった。 月番だから1カ月働いて、1カ月休んでいると思ったら大間違い。 門を閉じて「お白州」をしないのであって、その間に抱え込んだ事件などについて必死で調べたり、事務処理をしていた。 また取り調べで拷問を行う幕吏もほとんどいなかった。 裁判には自白証拠が一番とされていたから、与力以下、幕吏は相手が刀を持っていても、十手で生け捕りにしようとした。 この点は正しい。 しかし拷問をするには上司の許可が必要だった。 しかも、拷問にかけなければ自白を得られないようでは、「取調官として無能」ということになり、出世できなくなった。 そんな誤解の中の最たるものが「 切捨御免」である。 桐原書店の教科書(『 新日本史B』)には「農民や町人が武士に対してはなはだしく無礼なふるまいをしたとき」に許された武士の特権とある。 これはホント。 しかし、時代劇ではちょっとぶつかったぐらいで「この無礼者が!」と切り捨て、「無礼討ちじゃ。 」とかいってるが、そんなに甘いものではなかった。 無礼討ちにした場合、そのままにしておくと100%罪になった。 当然のことだが、届出をしなくてはならない。 (普通は自分の上司。 例えば、 旗本であれば目付。 『近世編1』の 監察機構参照) 斬られた側を管轄する役所( 町人なら町奉行所、 農民なら勘定奉行所になる。 )も取り調べに参加する。 で、被害者側・加害者側双方の言い分を聞き、「これは誰が見ても切られた方が悪い。 」というような事態であったかどうかを吟味する。 武士たるもの、「軽々しく怒ってはならなかった」し、「弱いものをいたわり憐れまねばならかった」から、相手が子どもや老人であった場合はさらに基準は厳しくなった。 この点に関しては『 新日本史B』の、武士は「 為政者としての道徳性をきびしく要求された。 」という記述の通りである。 そして、「何も斬らんでもええじゃないか。 」ということになったら、まず改易、切腹。 よくても蟄居は免れなかった。 まだ、続きがある。 「なるほど、これは武士として斬らねばならなかった。 」ということになっても、次がある。 それは斬る際に「武士として恥ずかしい行為( 士道不覚悟)」がなかったか否かである。 我慢に我慢を重ねた上で、「斬らねばならぬ」と決心するや、一刀のもとに素晴らしく斬ったか。 ためらったり、興奮して刀を振り回したり、剣技が未熟なためにいたずらに苦痛を与えたりすることなく、見事な刀さばきであったかが問われる。 これが出来ていないと、やっぱり切腹となった。 (しかしこんなこと、本当に出来る奴いたのか!?『 剣客商売』か?) かといって、町人になめられたと言って訴えたりしたら、これまた「士道不覚悟」となった。 こうなるともう「何もなかった」ことにして、じっと我慢するほうが無難だということになる。 意外に日本人の「ことなかれ主義」の原因は、こんなところにもあるのかもしれない。 こんな話もある。 ある藩の参勤交代の途中、いわゆる大名行列を子どもが横切った。 当然「無礼者」となるが、切り捨てたりはしない。 その子は連れていかれるわけである。 そして、村役人が、その大名が泊まっている 旅籠( 『近世編5』の 交通・通信参照)へ出向き、丁寧にお詫びをして「よくよく申し聞かせますから」と子どもを引き取るという段取り・・・のはずであった。 ところが、村役人の方も「どうせ殺せっこない。 」とタカをくくっていて、極めて横柄な態度であった。 その余りの無礼さに、とうとう行列を横切られた大名側は、その子どもを切ってしまった。 戻った村役人は、そのことを藩に訴えた。 領民を殺されたことを知った藩主は激怒した。 そして、その大名が自分の領国内を通過することを拒否した。 さらに周辺の藩にも協力を求めた。 大名にも近所付き合いはある。 加害者側の大名は、迂回路をとることも出来ず、参勤交代が出来ない事態に追い込まれてしまった。 この事件は、追い詰められた加害者側の大名が、正式に謝罪することで決着した。 大名が農民の子どもを一人殺してもこの状態である。 江戸時代は、時代劇が描くほど命の軽い、殺伐とした時代ではない。 2003.

次の

じっと我慢の子であった: りきまるダイエット日記

じっと 我慢 の 子 で あっ た

昔「じっと 我慢の子であった」というCMがあった。 調べたら1973年の「ボンカレー」の宣伝だった。 今から36年も前のこと。 「お歳が知れますな~」と笑われそう。 今の時期、この未曾有の大不況の波にさらされている人たちが大勢いらっしゃる。 そういう人たちは「今はじっと 我慢して耐えて、ひたすら景気の好転するのを待つしかない」とおっしゃる。 そう、今年は「 我慢の年」と言ってもよさそうだ。 政府は景気刺激策を予算案に盛り込んで次々と打ち出し発表している。 ホントの景気上昇に結びついてくれればいのだが、選挙目当てのばらまきであっては困る。 巷ではこれで景気は下げ止まりとなり今度は上向きに転じるのではないかという期待が持たれているが、はたしてどうなることか? それにしても、最近は何かにつけて「 我慢、我慢」の連続だ。 この「 我慢」という言葉は言うまでもなく「耐え忍ぶ」ということで、いい意味に使われているが、誰も不思議に思わない。 でも語源を尋ねると、必ずしも好まし意味の言葉ではないのである。 古い仏典に、おごりたかぶる心に七種類有り。 それを「七慢」というと。 その4番目に 「我慢」があり、「己をたのんで心のおごる煩悩」という意味。 この他に「増上慢」という仏法を勉強したことのある人にはすぐ理解出来る言葉もある。 今昔物語では「衆生・・・冥初ヨリ 我慢を発(おこ)ス。 今は、自分自身を抑制し、また耐えるという意味あいで「 我慢する」などと使われ、もともと「我意を張る」などという強情な心意を介した転用で、近世になってから転義して言われるようになったとされている。 あまり 我慢が過ぎると、ストレスの原因にもなると言われている。 過ぎたる 我慢は止めて、「ケ・セラセラ(成るように成る)」くらいの大胆な無責任さが必要かもしれない。

次の