黒 薔薇 ドラマ。 『薔薇の名前』第1回 たくさんの仕掛けが隠されたドラマ

ドラマスペシャル 黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子|テレビ朝日

黒 薔薇 ドラマ

) 12月8日(日)に放送が始まりました。 4Kの絵画のような映像や迫力の音声で、中世の修道院をご堪能いただけましたでしょうか? 今回のドラマ化は、原作者 ウンベルト・エーコの強い希望もあり、企画の初期段階にはエーコ自身も関わったそうです。 今回、このブログではそんな観点から少し読み解いていきたいと思います。 前回のブログでお伝えしましたし、すでにご存知の方も多いと思いますが、 コナン・ドイル原作の名探偵 シャーロック・ホームズシリーズの長編 「バスカヴィル家の犬」を意識したものだとされていますね。 さて、ウィリアムの名推理が最初に冴えたのは、修道院を前にしたところで、山から何やらあわてたようすで降りて来る修道士たちに出会った時。 ウィリアム「捜査を中断させて申し訳ない。 馬はここを通ってあそこを右に。 そう遠くへは行かないでしょう」 修道士レミージョ「見ていたのですか?」 ウィリアム「私はまったく。 見たかアドソ?」「もしブルネリスをお捜しなら、今、お話した場所にいます」 ここに来る道中、見てもいないのに、修道士たちが探しているのが「馬」であることだけでなく、大きさや特徴まで言い当ててしまったのです。 彼の推理の根拠は、道中、馬の足跡があったこと、高さ150センチのところで木の枝が折れていたこと、馬の褐色のタテガミが枝にかかっていたことでした。 そこからブルネリスという名も当てましたね。 ウィリアム「ブルナスはラテン語で」 アドソ「褐色」 ウィリアム「そうだ」 一方、ホームズの「バスカヴィル家の犬」。 ホームズは自分の不在中に訪ねて来た依頼人が忘れて行った、ステッキ1本(医師会会員であることと名前が記してある)だけから、持ち主に会う前に、おおよその年齢、かつて勤めていた病院の名、今は個人で開業していること、さらにはなんと、犬を飼っていること、まで推理してみせます。 バスカヴィルのウィリアムも、「バスカヴィル家の犬」のホームズも、物語の冒頭で、残された「しるし=記号」をたよりに、優れた観察力を使って、推理を楽しむようすが描かれているのです。 原作のウンベルト・エーコは、ボローニャ大学で「記号論」を教え、世界的な「記号論」の学者でした。 ホームズの推理について、記号論の観点から読み解く研究も行っていました。 友人の記号論学者と「三人の記号 デュパン・ホームズ・パース」(ウンベルト・エーコ トマス・A・シービオク編 小池 滋 監訳)という本も表しています。 正しく読まなければならない」。 アドソが初めてウィリアムの姿を見たのは、人々にこんな言葉で説教をしていた時です。 原作では、なぜ馬のことがわかったのかを不思議がるアドソに向かい、ウィリアムが語る場面で、同じような表現が登場します。 「世界が偉大な書物のように、私たちに語りかけてくる証拠を、読み解くよう、教えてきたではないか。 」 ウィリアムはさらに続けて、12世紀の神学者・詩人、 アラヌス・アブ・インスリス(リールのアランとも)のものとされる言葉を引用しています。 「アラヌス・アブ・インスリスも言っている。 この世界のすべての被造物は、まるで書物や絵画のように、私たちの鏡の中で現れる」 この言葉について、エーコは別の著書の中でも、中世にラテン語によって記された文化から、中世ヨーロッパの人たちに世界がどう見えていたのか、その象徴的な言葉のひとつとして、取り上げています。 この言葉をウィリアムに引用させることで、彼が中世の知識人であることを、ありありと描いています。 と同時に、記号論の大家・エーコの宣言のようにも読むことができます。 今回のドラマでウィリアムを演じ、プロデューサーのひとりにも名を連ねた、 ジョン・タトゥーロは公式インタビューで、こんなふうに言っています。 「エーコは記号学の教授でした。 意味の後ろに「意味」が、いつでも隠されているんです」 さて、修道院に着くやいなや、修道士の不審死に出会った、ウィリアム。 アドソと、どんな推理を使って謎を解いていくのでしょうか。 塔から落ちて死んだ装飾師のアデルモは殺されたのか、それとも自殺なのか。 より少ない条件で何もかも説明がつく」 アドソ「なぜ自殺なんか…」 つまり、たくさんの条件がそろわないと起こりえない「他殺」ではなく、より少ない仮説で証明できる「自殺」であると、ウィリアムは考えたのです。 これは「オッカムのかみそり」と呼ばれる原則を使ったのだと考えられます。 「必要以上の余分な仮説をそぎ落とし、仮定条件を出来る限り少なくしたほうが良い」という理論で、21世紀になる今も、欧米の推理ドラマでは頻繁に引用される原則です。 中世14世紀のイングランドの哲学者・神学者「オッカムのウィリアム」なる人物が多用したとされています。 教皇ヨハネ22世と対立した人物でもありました。 原作では、バスカヴィルのウィリアムは、オッカムのウィリアムの友人で、さまざまなことを話し合った仲という設定です。 なぜ、オッカムのウィリアムを引き合いに出したのか。 エーコによると、14世紀のフランシスコ会の修道士は、イギリス人でも清貧論争とは無関係でいられなかった、オッカムのウィリアムと友人や知り合いであれば、なおさらそうであろうとわかったことによる、といっています。 この本によると、当初は、エーコは、主人公を「オッカムのウィリアム」自身にしようとも考えたそうです。 オックスフォード大学で学び、哲学者としては近代合理思想の礎を築いたとされるオッカムのウィリアム。 ドラマのウィリアムも合理的な考えを披露してゆきます。 重ね合わせてみるのも楽しいかもしれません。 オッカムのウィリアムについては、この後も触れることになると思います。 さあ、次回は、豚小屋で見つかったヴェナンツィオの死の謎にウィリアムとアドソが迫ります。 ぜひご覧ください。 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 新着ブログ• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 放送終了番組 開く•

次の

赤・ 黒系の薔薇

黒 薔薇 ドラマ

見出し• 『黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子』のあらすじ&原作 あらすじ ビル清掃会社社長殺害事件の捜査に忙しい東京臨海署刑事課強行犯係に神木(貫地谷しほり)が赴任してきた。 この忙しい時期に新人女性刑事など邪魔なだけ。 主任刑事の折原(岸谷五朗)は煙たがるが、当の神木も密かに「刑事など大変なだけ」と思うなどやる気なし。 ところが、ふと見た捜査資料から犯人像を想像することが楽しくなり、独自に調べてみることに。 一方、偶然知り合った安本(でんでん)という老人から、神木のもとへ孫のリサ(松尾薫)が失踪したと連絡が入った。 安本は甥っ子の義男(阿部進之介)が連れ去ったに違いないというのだが、その義男は安本のノミを盗んで安本の家から出ていったきりだという。 神木の調べで義男が持ち出したノミの刃型と殺人事件の被害者社長の傷跡とがほぼ一致することがわかった。 義男はビル清掃会社の面接を受け、被害者の社長から不合格にされたことを逆恨みしたらしい。 神木の思わぬ才能を認めた折原は、矢野係長(西岡德馬)の指示で神木とコンビで捜査を開始する。 義男が刑務所にいたころの仲間・山野井と潜伏していることがわかった。 瀬名刑事部長(中村俊介)の命令で、折原と神木は捜査一課の刑事たちと拳銃を携行し現場に乗り込む。 そこで義男とリサを見つけた神木らだったが、傍らには山野井の遺体が。 包丁を手にリサを盾に逃亡しようとする義男。 刑事たちと一触即発の状況となるが、折原が義男の足を撃ち逮捕にこぎつける。 義男は素直に社長殺しを自供するが、山野井の殺害に関しては否認。 その一方、折原は逮捕現場での一課の刑事たちの行動に疑念を抱いていた。 彼らはわざと義男を挑発、興奮をさせ正当防衛で義男を殺そうとしたのではないかと神木に告げる。 拳銃を携行せよ、と命令したのは瀬名刑事部長だった…。 神木も折原とともに瀬名に不審を抱く。 におい?そういえばリサが暮らしていた安本の家でも…!神木はおびえるリサを問いただし、安本の家の床下から成人の白骨死体を2体発見する。 遺体は安本の妻と、義男の母親・茂美(野際陽子)の夫だった。 安本は5年前に死亡した義姉の茂美に頼まれ、茂美に暴力を振るう夫を殺害。 その事実を警察に知らせた自分の妻を口封じのために殺害したという。 しかし、茂美はある刑事に色仕掛けをし、犯行を見逃してもらっていた。 その刑事とは…今は亡き神木の父親だった! 安本の思わぬ証言にショックを受ける神木。 一時は辞職を考えるが、折原らに引き止められ捜査に復帰。 一方、折原は当時の神木の父の上司が瀬名刑事部長の父・瀬名英一郎(津川雅彦)だったことを突き止める。 清掃会社社長殺害事件から次々と明らかになっていく意外な事実。 若き刑事部長とその父とどんな関係があるのか?そして、神木の父は…!? (公式ホームページから引用) このドラマは貫地谷しほりと岸谷五朗が共演というだけでも豪華ですが、注目すべきはやはり野際陽子が出演していることですよね。 2017年6月13日に亡くなった野際陽子さん。 品があり聡明で凛とした美しさをもっていた方でした。 人間は歳を重ねるほど、その人の生き方が顔に反映されてくると言われていますが、野際陽子は良い年のとり方をしたと言えますよね。 そんな野際陽子が生前に撮影された貴重なドラマの一つが今回の『黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子』です。 野際陽子に思いを馳せながら視聴するとさらに深みがましてくるかもしれません。 原作は二上剛のミステリー小説 ドラマの原作は二上剛の同名小説。 今回のドラマ化を機に一度は読んでおきたいものですね。 昇任試験には失敗したものの、交番の巡査から刑事として同署へ赴任する。 剣道の全国大会で上位に入るほどの使い手。 本人は、刑事なんて大変なだけ、婦警さんのままでいたかったと思っている。 亡き父も元刑事。 <> <> <> <> <> <> 折原圭作(おりはら・けいさく)/岸谷五朗 東京臨海署刑事課強行犯係主任刑事。 少々気性は荒いが、持ち前の観察力の高さで事件解決へと導く頭脳派でもある。 新任の神木を煙たがるが、その実力を素直に認める懐の深さも持ち合わせる強行犯係の現場リーダー。 <> <> <> <> <> 瀬名靖史(せな・やすふみ)/中村俊介 警視庁刑事部長。 東大法学部卒のキャリア組で、若くして刑事部長に登り詰めた超エリート。 父の英一郎も元刑事。 一介のビル清掃会社社長殺害事件の捜査現場にまで顔を出すなど、些細なことまですべて把握したがる完璧主義者。 <> <> <> <> 矢野順一(やの・じゅんいち)/西岡德馬 東京臨海署刑事課強行犯係係長。 神木や折原らの直属の上司。 新任の神木の世話を折原に押し付ける。 折原ら部下の捜査をしやすいように上司を言葉巧みに煙に巻くなど、なかなかのやり手。 折原らから絶大の信頼を得ている。 <> <> <> <> <> 槙春彦(まき・はるひこ)/吹越満 東京臨海署刑事課強行犯係刑事。 神木らの同僚。 先輩刑事として神木にやさしく接するようだが、腹の底では何を考えているかわからない部分も。 気安く肩を叩くなどして、神木から嫌がられる。 <> <> <> <> <> <> <> <> 安本恒吉(やすもと・つねきち)/でんでん 神木が赴任初日、東京臨海署の玄関前で知り合った老人。 孫娘が殺されると訴えるが、酒に酔っていたため相手にされず、神木が仕方なく名刺を渡す。 自称元大工。 <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> 神木綾子(かみき・あやこ)/丘みつ子 神木恭子の実母。 元刑事の夫を亡くしながらも一人元気に暮らしている。 神木の依頼で安本の孫・リサを預かるが、いきなり自分をおかあさんと呼べと言うなど明るく接しリサの心を開いていく。 <> <> <> 乾茂美(いぬい・しげみ)/野際陽子 安本の妻の姉で清掃会社社長殺害犯・義男の母親。 かつて銀座のクラブのママとして働いており、金目当てにある男と結婚。 暴力を振るわれたことから安本に夫の殺害を依頼。 <> <> <> 瀬名英一郎(せな・えいいちろう)/津川雅彦 瀬名靖史刑事部長の実父。 ノンキャリアながら大規模警察署の署長にまで登り詰めたやり手。 退官後は民間企業への天下りを繰り返し、現在も大手ゼネコンの役員となっている。 かつては神木の父の上司でもあったことがわかる。 <> <> <> <> スポンサードリンク 『黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子』のロケ地&撮影場所まとめ このドラマは2016年10月頃に撮影をしたことがわかっています。 当初は2017年3月14日に放送される予定でしたが、俳優の渡瀬恒彦さんの訃報を受け、追悼番組を実施したことで延期となっていました。 昨年10月、テレ朝サスペンスドラマ「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」 の撮影協力と同時に、野際陽子さんの演技指導をさせていただいた。 凛とした美しさとオーラには本当に圧倒された。 おんとし81歳だったことを今更知った。 残念です。 — 金子朋樹 Kanepon1976 しかし、残念ながら2017年10月頃の目撃情報や具体的な撮影地情報がまったくありませんでした。 新たなロケ地情報がわかったら追加します。

次の

SP(エスピー)

黒 薔薇 ドラマ

主演は。 第2弾『黒薔薇2〜刑事課強行犯係 神木恭子』がに放送。 第1作のラストで辞表を提出するが折原に破り捨てられて黒川署勤務になる。 刑事ではなく内勤の警務課勤務になるが本人は満足している。 折原を陰で「ゴリラ」と呼んでいる。 家族は亡き父の祐介と綾子。 階級は巡査部長。 恭子の提出した辞表を破り捨てる。 第2作で恭子と同じ黒川署勤務になるが恭子が警務課に勤務していることを不満に思い強引に捜査に引っ張り出す。 自らを「正義の味方」と自称し、恭子とのコンビを「正義のコンビ」と呼んでいる。 だが折原に「人には言えないあれやこれ。 」を握られているため、折原に逆らえない。 神木祐介 演 - 恭子の父。 警視庁東京臨海警察署の元刑事。 神大寺義経 演 - バー「メロス」のママ。 神木綾子 演 - 恭子の母。 祐介の妻。 ゲスト [ ] 第1作(2017年)• 警察関係者• 瀬名靖史(警視庁刑事部長・警視長) -• 矢野順一(警視庁東京臨海警察署刑事課強行犯係 係長) -• 槙春彦(警視庁東京臨海警察署刑事課強行犯係 刑事・旧姓「飯田」) -• 尾山隆(警視庁捜査一課 刑事) -• 大野和之(警視庁捜査一課) -• 湊信二(警視庁捜査一課 刑事) -• 警視庁東京臨海警察署 署長 -• 警視庁東京臨海警察署 署員 -• 警視庁捜査一課 刑事 -• 警視庁捜査一課 刑事 -• 警視庁東京臨海警察署 署員 -• その他• 安本恒吉(無職) -• 乾義男(安本の甥・無職・前科者) -• 小谷三郎(老人ホーム事務長) -• 兼崎リサ(安本の孫) -• 安本智美(安本の元妻・茂美の妹・音信不通) -• 川原朋子(山王ビルサービス総務部 社員) -• 良子(明子の姉・英一郎のお手伝い) -• 医師 -• 山野井ユズル(元暴力団構成員・義男の刑務所時代に親しくしていた男) -• 飯田光司(槙の父・警視庁東京臨海警察署 元刑事・40年前死亡) -• 乾泰治(義男の父・茂美の夫・行方不明) -• 家政婦 -• 山王ビルサービス 社員 -• 柏木康正(山王ビルサービス 社長) -• 銀行員 -• 瀬名史子(英一郎の妻・靖史の養母) -• 高宮明子(料亭「桂」女将) -• 乾茂美(義男の母) - (第2作にも回想で出演〈特別出演〉)(若き日:)• 瀬名英一郎(靖史の父・元警察幹部で現建設会社の顧問) - (第2作にも回想で出演〈特別出演〉) 第2作(2019年)• 警察関係者• 島垣雅也(警視庁鑑識課 検視官室係員・巡査部長) -• 舟橋雄三(警視庁黒川警察署刑事課 刑事) -• 小川義久(警視庁黒川警察署 刑事課長) -• 安岡章(警視庁鑑識課検視第一係 検視官・警視) -• 沼健吾(警視庁鑑識課 検視官) -• 松尾隆志(警視庁緑山警察署 刑事・の先輩) -• 西河信子(警視庁黒川警察署地域課 婦警) -• 中村春夫(警視庁黒川警察署刑事課 刑事) - 中薗光博• 鈴木友成(警視庁黒川警察署刑事課 刑事) -• 沖田(警視庁新宿東警察署 刑事) -• 井上(警官) -• 吉田(警官) -• 野際(警視庁鑑識課 検視官) -• 辻井幸則(警視庁捜査一課長・警視正) -• その他• 安岡美幸(安岡の妻) -• 安岡麻衣子(安岡と美幸の娘) -• 西条俊和(情報屋) -• 和田智子(民生委員) - かとうあつき• 吉川大輔(吉川行政書士事務所 所長・蔵元正子の甥) -• 石野洋輔(孤独死した老女の息子) -• ペガサス警備保障 受付 -• 権藤(坂松組 幹部) -• 木田(坂松組 組員) -• 大泉(坂松組 組員) -• 坂松組 組員 -• 班目クレジットサービス 社員 -• 浦辺敏行(警視庁緑山警察署刑事課 元刑事) -• 蔵元正子(2か月前に死亡した資産家) -• 岡田博(変死体) -• 中井優子(洋行商 社員・ビルから転落死) -• 班目淳(班目クレジットサービス 社長) - スタッフ [ ]• 原作 - (講談社刊)• 脚本 -• 監督 -• 音楽 -• ファイティングコーディネーター -• ガンエフェクト - 早川光• 技術協力 - 、• 美術協力 -• 制作 - 、OHC() 放送日程 [ ]• 第1作は当初2017年の『・最終回』にて放送予定だったが、がに死去したことを受け、『32』に差し替えられた。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 1 2017年12月16日 悪魔と言われた女〜40年封印された殺人!! 警察組織の暗闇に二人の刑事が挑む! 「黒薔薇」 春日光蔵 和泉聖治 2 2019年 09月22日 元刑事が描く傑作小説ドラマ化第2弾!! 警察組織の闇を暴く…消えた5億円の遺産! 「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」 「ダーク・リバー 暴力犯係長 葛城みずき」 脚注 [ ] []• テレ朝POST 2017年12月16日. 2018年2月1日閲覧。 2017年2月7日. 2018年2月1日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年2月17日. 2019年2月17日閲覧。 インタビュー. 2018年2月1日閲覧。 - Twitter 2017年12月16日• - ヒラタオフィス• - アジア・ビジネス・パートナーズ• - ぷろじぇくと大和(アーカイブ)• - 宮本大誠 オフィシャルブログ 2019年9月20日• - 舞夢プロ 2019年9月6日• - 中野笑店• - 中野笑店• - 希楽星• 2019年9月22日. インタビュー. 2019年10月17日閲覧。 - ABP inc. - ABP inc. - Twitter 2019年9月22日• - Twitter 2019年9月20日• - d-dash• - d-dash• - 中野笑店• - Instagram• - Twitter 2019年9月27日• 2017年3月16日. 2018年2月1日閲覧。 外部リンク [ ]• - 講談社ノベルス• - 講談社文庫• - 講談社ノベルス• - 講談社文庫• テレビ朝日• テレ朝動画• この項目は、に関連した です。

次の