香典 郵送 宛名。 お香典を郵送するときのマナー : お葬式なるほどチャンネル

香典袋の書き方》香典袋の種類/金額/連名/中袋/薄墨/住所/旧姓/包み方/神式

香典 郵送 宛名

事情があって葬儀に参列できないとき、香典はどうすればいいのでしょうか? 駆けつけたい気持ちは山々でも、仕事をどうしても休めない、遠方で間に合わない、親の介護をしていて離れられないなどさまざまな事情がありますよね。 このような場合は、 なるべく早い段階で現金書留で香典を送るようにしましょう。 その際に、お悔やみの気持ちを伝える 「手紙」を添えることもお忘れなく。 とはいえ家族を失った人の悲しみを思うと、かける言葉がなかなか浮かんでこないものですよね。 故人や遺族との関係性によって内容が変わってくるのも難しいところです。 今回は 『お悔やみ状の基本の文例+タイプ別の文例6つ』と手紙を書く上で避けなければならない 『5つのNGマナー』をご紹介します。 1-1 介護の末に母を亡くした友人へ このたびは、お母様のご逝去されたとのことを伺い、心よりお悔やみ申し上げます。 お母様が昨年末に倒れられてから、これまで介護されてきた由美子さんのご苦労と、今回のご不幸を思うと、何と申し上げてよいのか、ことばもわきません。 葬儀に参列させていただきたかったのですが、なにぶんにも遠方のため伺うことができない失礼をお許しください。 同封のものはまことに軽少ではありますが御霊前にお供えください。 季節の変わり目、由美子さんには、お心落としのことなくご自愛のほどを。 必ず記入すべきものではありません。 1-2 母が急逝した親友へ えりちゃん。 お母さんの突然の悲報を聞いて、あふれる涙を止めることができませんでした。 あの優しいお母さんが亡くなられたなんて、とても信じられません。 えりちゃんの気持ちを思うと、なんて声をかけたらいいのか言葉も見つからず・・・ 大きな悲しみに沈むばかりです。 本当ならすぐにでも駆けつけてそばにいたいのに、それもままならずごめんなさい。 帰省の際には、お母さんにお線香をあげさせてください。 えりちゃんのことが心配でなりません。 休めるときには休んで、どうかお体をお大事にしてね。 私でよければいつでも電話してください。 心ばかりものを同封させていただきました。 ご霊前にお供えくださいますようお願いいたします。 遠く離れたこの場所から、お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 2-1 かねてより療養中だった妻(母)を亡くした伯父家族へ 伯母様のご逝去に接し、深く哀悼の意を表します。 皆様のご心痛いかばかりかと拝察いたし、胸が張り裂ける思いです。 かねてよりご療養中とは存じておりながら、お見舞いに伺うこともできず、せめてもう一度お会いしたかったと、心残りでなりません。 聡明でほがらかだった伯母様の面影が目に浮かびます。 わが子のようにかわいがっていただいた伯母様の葬儀。 本来ならば、すぐにでも駆けつけるべきところ、仕事の都合上どうしても伺えません。 どうぞお許しください。 後日、あらためてお線香を上げにお伺いいたします。 些少で恐縮ですが、心ばかりの香料を同封させていただきました。 ご霊前にお供えいただきたくお願い申し上げます。 お嘆きのあまりお体など損ねることのございませんよう、どうぞ御自愛ください。 はるかなる地から、伯母様のご冥福をお祈りいたします。 2-2 夫が急逝した友人の妻へ あまりに突然の悲しい知らせに、しばらくは流れる涙をぬぐうこともできませんでした。 佐藤君とは大学時代からの20年来の友人で、明るく情の厚い彼に、私は何度助けられたことかわかりません。 この前会ったときの別れ際、「また飲みに行こうな」といつもの笑顔で言ってくれたのに、 その約束がもう二度とかなわないなんて、とても信じることができません。 奥様と小さなお子様たちを遺して、急に遠いところへ旅立つことになり、さぞや無念だったろうと思います。 そして、奥様をはじめ、ご家族の皆様がどれほど大きな悲しみに沈んでいらっしゃるのかと思いますと、とても心が痛みます。 「元気を出して」などという安易なお慰めの言葉は、決してかけられません。 ですが、お子様たちのために、お気持ちを強くお持ちになることを願うばかりです。 本来ならばさっそく参上いたしましてお参りさせていただくところでございますが、どうしても仕事の都合がつかず、書中にてお悔やみ申し上げる次第です。 もし、お許しいただけるのであれば、後日お線香を上げに伺いたいと思います。 なお、心ばかりのものを同封いたしましたので、ご霊前にお供えください。 謹んで御主人様のご冥福をお祈りいたします。 3.取引先の会社へ送る、お悔やみの手紙 3-1 社長を亡くした取引先の会社へ 貴社代表取締役社長 青木様のご逝去の由承り、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご生前中には、とりわけご懇意にしていただきましたのに、なんら報いることのできないまま今日に至りましたこと、痛恨の極みでございます。 本日の弊社がございますのは、ひとえに青木社長のお力添えのおかげと、改めて感謝しております。 今はただ暗夜に灯を失った思いでございます。 ご遺族様はもとより、貴社の社員のみなさまのご心痛を拝察致しますと、お慰めの言葉もございません。 どうかお力落としのございませんよう、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 本来なら参上して御焼香いたすところでございますが、遠路につきままならず、書中をもちましてお悔やみ申し上げる次第です。 なお同封いたしましたのは、心ばかりのご香料でございます。 ご霊前にお手向けいただきたく存じます。 はるかなる地から、青木社長のご冥福を衷心より祈っております。 お父様におかれましては、久しくご療養中のところ、沙希さんをはじめ皆様のお心づくしの介護もなく、お亡くなりになったとのこと。 人生の無常さが感じられ、悲しみで胸がつぶれそうな思いです。 お葬儀はすでにご家族で済まされたとのごあいさつ状をいただき、ご冥福を祈るばかりです。 まだご不幸から日が浅く、心にぽかんと穴が開いたような日々を過ごされているのではと心配しています。 私でよければ、気晴らしにいつでも声をおかけください。 なお、心ばかりのものを同封いたします。 ご霊前にお供えくださいますようお願いいたします。 お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 4-2 喪中欠礼のはがきで、友人が姉を亡くしたことを知った場合 本日、欠礼のごあいさつ状をいただきました。 七月にお姉さまが亡くなられたとのこと、なにも存じ上げず、たいへん失礼いたしました。 遅ればせながら、お姉様のご冥福を心よりお祈りいたします。 以前、里美さんが「困ったときは一番に姉に相談するの」お話されていたことを思い出します。 大切なお姉様を失い、さぞやお心落としのこととお察しいたします。 お寂しい年の暮れとなりましたが、今までに過ぎた月日があなたのお心を少しでも慰める助けになっていればと願っております。 なお、お悔やみの気持ちにかえ、心ばかりのものを同封いたしました。 ご霊前にお供えください。 もとよりお返し等のお心遣いをされないようにお願いいたします。 まだご不幸があってから日が浅く、ショックから立ち直れていないとは思いますが、どうかお体をこわされないよう、お大事になさってください。 少し落ち着かれたら、お会いしたいですね。 またご連絡いたします。 「香典のお返し不要」の伝え方 喪中欠礼で訃報を知った場合は、基本的には香典を送る必要はありません。 それでもなお、なんらかの弔意を表したいときには、次のような一文を添えて返礼が不要であることを伝えましょう。 ・ もとよりお返し等のお心づかいをされないようにお願いいたします。 ・本当に気持ちだけですので、お気遣いなくお受け取りくださいますようお願いいたします。 葬儀に参列できない3つの理由と文例 知人の葬儀への参列は、本来何においても優先するべきことです。 やむを得ない事情で参列できない場合には、その理由を端的にまとめて遺族に伝えましょう。 書き方のコツとしては、まず 「本来ならばすぐにでも駆けつけるべきところ」 「本来であれば、お悔やみに伺いたいところでしたが」などの前置きをすることです。 その上で参列できない理由を伝えます。 1.仕事で参列できない場合 実は知らない!「冥福を祈る」の意味 仏教では、死後49日間はあの世へ行く旅路(冥途)をさまよい、生前の行いに対する裁きを受けるとされています。 「冥福を祈る」とは、 「冥途の旅を無事に終え、成仏することを祈る」という意味で使われています。 なお、仏教の中でも 浄土真宗では、亡くなった直後に仏になるという考えなので、冥途をさまようことはないため、「冥福を祈る」は用いません。 香典を郵送する方法は?郵便局で現金書留で送ろう 香典は現金です。 現金を通常の郵便で送付することは禁じられていますので、郵便局の現金書留で送りましょう。 郵便局の窓口で「お香典を郵送したいのですが」と伝えれば、準備してくれます。 まず、 現金書留専用の封筒を購入し、必要事項を記入します。 (住所や金額など) 封筒の中に香典と手紙(添え状)を入れて封をし、窓口で手続きをしましょう。 現金書留について、詳しくはこちらをご参照ください。 郵便局の営業時間はこちら.

次の

友人の親が亡くなった場合香典を郵送しても大丈夫?マナーや手紙・宛名は?

香典 郵送 宛名

しかし、本来香典は故人の霊前にお供えするものであり、一日も早く送る方が良いでしょう。 ただし法事の場合は前もって日程がわかるため、弔電なしで、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。 (1)訃報を後で知った時、あるいは、死亡したことを他の人から聞いた時など ・自分の身の回りでも意外と多いのが、「喪中はがきが届いてから、訃報を初めて知った」というケースです。 特に学生時代の友人(またはその家族)の訃報などは、社会人になってからのお互いの生活の拠点が離れていると知る機会も少なくなってきます。 訃報を知った時点で構いませんので、故人とのおつき合いの深さにより、お悔やみの手紙を出したり、香典を送ったりします。 お花を贈るというのも良いでしょう。 もちろん、直接お悔やみに伺うことができれば、まずはお悔やみの手紙を送り、日を改めてご焼香(焼香は仏教のみ)に伺うのも良いと思います。 なお、香典を送る場合の表書きは、故人が亡くなってからどのくらい経っているのかによって変わってきます。 仏教の場合の御霊前の表書きなどのように、使える時期に制限があるものもあります。 宗教がわからない時には、香典、お花などが無難です。 ・細かいことですが、郵送に使うのし袋は水引きの部分も印刷されているようなフラットなタイプ(平たんなのし袋)の方が使いやすいです。 もちろん、直接香典を持参する場合には、のし袋は中身の金額にふさわしいものを使うのが本来のマナーですが、郵送する際に現金書留用の封筒に入れにくいので注意して下さい。 (もし熨斗袋が大きくて現金書留専用の封筒に入らない場合、現金書留専用の封筒以外でも現金を送ることができますが、中身の補償を受けたいのであれば、窓口に申し出て必要な料金を支払い、所定の封緘(ふうかん)印などを行います。 ) A.仏教の場合の香典の書き方 につづく A.仏教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 香典の書き方 通夜・葬儀 の香典 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御霊前」「御香料」などです。 中でも最も一般的なのは「御霊前」です。 表書き注意ポイント/御霊前はいつまで? 仏教の場合の御霊前という表書きは四十九日(忌明け)より前の法要で用いられます。 [のし袋の選び方と水引き] ・黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとは、左の見本画像のように、結び切りよりも結び目が豪華でアワビのような形になったもの。 あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・社員本人、社員の家族、あるいは取引先の社員にご不幸があった場合、会社として香典を出すことがあります。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] (2)法要の香典袋の書き方 香典の書き方 法事の香典 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御仏前」「御佛前」などです。 「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用される表書きで、仏教以外には用いません。 [のし袋の選び方と水引き] ・黄白、双銀または黒白の水引き ・結び切り(左の画像見本のように、堅く結んで切ったシンプルなもの)またはあわじ結び(あわび結びとも言います。 結び目の形は上記(1)の御霊前の見本画像で紹介しています) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨の場合が多いようです。 最近では黒い墨を用いることもあるようです。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・仏教の場合、通夜、葬儀、初七日は「御霊前」(墨は薄墨)、四十九日以降の法事・法要は「御仏前」です。 ・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・夫の出張中に妻が代理で会葬する場合には、夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。 受付の会葬者名簿にも同じように夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。 三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。 人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。 職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。 会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。 左の見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。 ・会社などにおいて部下が代理で会葬する場合には、上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。 受付の会葬者名簿にも同じように上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。 ・上司の代理で会葬する場合、上司の名刺を預かって行きます。 受付では上司の名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「上司の代わりに会葬させて頂きます。 佐藤一夫」と会葬した人の氏名を書いて受付に渡します。 中央にグループ名が来るように右側に書く社名の配置を考えて書きます。 中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。 同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 C.キリスト教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 通夜・葬儀の香典の書き方 [表書き] ・キリスト教の場合の熨斗の表書きは 「御花料」(プロテスタント) 「 御ミサ料」(カトリック)などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、キリスト教式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたはまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] (2)追悼ミサ、記念ミサなどの香典袋の書き方 香典袋の書き方 ・キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。 カトリックでは、一ヶ月目に「追悼ミサ」一年目に「記念ミサ」など。 プロテスタントでは、一ヶ月目に「昇天記念日」など。 [表書き] 「御花料」(プロテスタント) 「 御ミサ料」(カトリック)などです。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使わないように注意してください。 [墨] ・キリスト教については墨の色に関する細かい規定がありません。 薄墨が無難ですが、なければ黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] D.神道(神式)の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 香典の書き方 [表書き] ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] (2)霊祭、式年祭などの香典袋の書き方 香典袋の書き方 ・神式でも、法事に該当する儀式があります。 主なものは「十日祭」「五十日祭」「百日祭」など。 一年目からは式年祭と呼ばれる儀式があり、「一年祭」「三年祭」…など神職を招いたりして霊祭が行われます。 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・霊祭、式年祭については墨の色に関する細かい規定がありません。 薄墨が無難ですが、なければ黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] 1. 香典袋(熨斗袋)に現金を入れる ・まずは、現金を香典袋に入れます。 この時使うのし袋は、 水引きの部分も印刷されているようなフラットなタイプ(平たんなのし袋)の方が使いやすいです。 もちろん、直接香典を持参する場合には、のし袋は中身の金額にふさわしいものを使うのが本来のマナーですが、郵送する際には水引きが立派なタイプは現金書留用の封筒に入れにくいので注意して下さい。 フラットで厚みのないのし袋の方が一般的に「重量」「厚み」などの項目において郵送料金も安くなる可能性が高いというメリットもあります。 ・ お札は新札は不可です。 あまりシワシワのものや汚れたお札も失礼にあたりますので、もし新札しかない場合には、一度お札を二つ折りにし、開いてから入れます。 また、2枚以上のお札を入れる時には、お金の向きを揃えて入れます。 現金をそのまま入れるサイズのものと、香典袋が入るくらいの(少し大きめの)サイズがあります。 「香典袋が入る大きさのものを」と指定して購入してください。 いずれの大きさの封筒も21円です。 封筒に必要事項を記入する (現金書留封筒では、宛先、差出人、金額欄などが複写式になっているので、ボールペンなどで強く記入します) 宛名・宛先 本来のマナーでは、香典の宛先は喪主あてとなります。 しかし喪主と全く面 識がない場合には、あなたとお付き合いのある友人・知人あてにお悔やみの手紙を添えて送ります。 差出人住所氏名 個人で送る場合には自分の住所氏名となりますが、会社で送る場合には、会社名ではなく、代表者名(社長名など)で送ることになります。 電話番号も忘れずに記載します。 損害要請額 現金書留の場合、50万円まで損害要償額を申し出ることができます。 但し、中身の金額を超えて申し込むことはできません。 (一般書留の場合は500万円まで。 一般書留で送ることができるものは、約款で「貴重品」と定められた貴金属などをさし、現金は「現金書留」で送る必要があります) 損害要償額の申し出がないときは、現金書留の損害要償額は1万円となります。 香典と、お悔やみの手紙を入れて封緘する 封筒に中身を入れて封緘(「封緘」読み方=ふうかん) ・現金書留封筒に、香典と、お悔やみの手紙を入れて封緘します。 ・この場合、香典はのし袋に入れてから同封しますが、手紙の方は簡単にお悔やみの言葉を一言添えるという程度であれば便箋のまま入れても失礼にはあたりません。 もしも手紙を封筒に入れてから同封する場合には、手紙を入れる封筒はシンプルな一重の封筒にします。 二重封筒のタイプはNGです(「重なる」=不幸が重なるとして嫌われます。 ) ・現金封筒(現金書留専用封筒)について…現金書留封筒は二重構造になっています。 中身を入れたのち、最初に内側の袋の封をしたあと、外袋の封をします。 現金書留封筒には、封緘紙がついているものもあります。 [ポイント!] 郵便局に香典と手紙を持って行き、その場で中に入れると、やり方がわからないときには親切に教えてくれます。 封筒などを閉じることをさしますが、封をした証しとして、封緘紙を貼って封をしたり、割り印を押したり、サインをしたりします。 封緘紙とは=ふうかんし。 切手のような大きさの薄い紙で、不正な開封を防ぐために貼るもの。 一度封をしたあとで第三者が不正に剥がすと破れ、開封されたことがわかる。 割り印とは=蓋と本体との両方にかかるように、印鑑を押すことです。 普通 の印鑑で構いません。 料金を支払い、「控え」をもらう。 窓口で支払う料金は、「封筒代」「郵便料金」「書留料金」の合計となります。 (下記の表のA+B+C)です。 もし、速達で送る場合には、更に「速達料金」(表D)が加算されます。 代金を支払うと、引き受け番号を記載した控えを渡してくれます。 香典が届いたというお礼の連絡があるまで、万一の送付事故に備えて、控えを保存しておきましょう。 香典を現金書書留で送る場合に必要な料金 = A + B + C 以下の金額表示は 2017年06月変更以降のもの 2018年1月現在 封筒代 A現金書留封筒 郵便局の窓口で「現金封筒」「現金書留封筒」「現金書留専用風等」として販売しています。

次の

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

香典 郵送 宛名

地元の友達から父親が亡くなった…。 という連絡をもらいました。 その友達は昔はよく遊んでいたし、友人宅の家族とも顔見知りです。 しかし、環境も変わり今は別々の場所で生活をしている…。 友達の両親が亡くなったという知らせを受けたとしても仕事や色んな諸事情があって、葬儀には参列できない。 お香典だけでも友人へ送りたい。 そんな場合、 『失礼のないお香典の送り方はあるのだろうか?』 『香典を郵送するときのマナーなどはあるのだろうか?』 香典って早めに渡した方がいいと思うけど、その送り方がわからなくて戸惑ってしまいますよね…。 ここでは、そんな郵送で香典を送る方法についてを書いています。 良かったら参考にしてくださいね。 次に、香典袋の送り先はどこにした良いのでしょうか? 友人宅?それとも、斎場宛? 香典の入った現金書留はどこへ送る? 香典はどこは送った方がいいのだろうか? 香典は早めに渡した方が良いイメージがあるので、友人宅?斎場?など戸惑ってしまいます。 しかし、郵送する場合は喪主の自宅へ送ります。 斎場宛に送る。 というのも聞きますが、葬儀でバタバタしていたり、もしくはご遺族がいない場合受け取ることが出来ないこともあります。 なので、自宅へ送るのが一番ベスト。 続いて、香典を送るタイミングです。 香典を郵送するタイミングは? 香典はスグに渡した方がいい…。 そんなイメージがあります。 確かに出来るだけ早く送った方が良いのですが、そこまで急がなくても大丈夫。 郵送の場合は葬儀にでる訳ではないので、葬儀後の1週間以内を目安に郵送すると良いです。 逆に、1ヵ月をすぎると、香典返しも終えて落ち着いたときなので、迷惑になる可能性があるのでご注意を。 早く送りたい場合は、 速達もできるので利用してみてください。 次に、香典と一緒に添える手紙についてです。 香典を郵送するときの手紙は? 香典と一緒に手紙も添えることは知っていても、どんな風に書いていいのかわかりません。 もし、失礼があったら…と…マナーも気になる所ですよね…。 香典と一緒に手紙を添える時、こんなふうに悩みませんでしたか? ・どんなデザインの手紙を使っていいの? ・手紙を書くときはボールペンでも大丈夫? ・字に自信がないから印字でもいいかな? どんなデザインの手紙を使っていいの? 手紙でお悔み言葉を送る場合は、 手紙の種類は白無地、縦書きのものを選びます。 その他の色なら、グレーなどの暗い色を選ぶようにします。 黄色・ピンクなどの明るい色は使わないようにしましょう。 手紙を書くときはボールペンでも大丈夫? お香典に使うものは 薄墨という昔からのやり方があります。 薄黒を使うのは、 『急なことでしっかりと墨をすることが出来なかった』 という急いで駆けつけたという意味からです。 薄墨マナーもありますが、私の場合はそこまでしたことがありません。 現代では、筆ペンもあるけど使い慣れていないので上手に書けるか自信がない。 一般的なマナーは薄黒の筆ペンなのでしょうが、私の場合は黒・グレーのボールペンで手紙を書きました。 グレーのボールペン・万年筆でも失礼にはならないそうですよ。 筆ペンで書く自信が無い場合は、ボールペンを使ってくださいね。 字に自信がないから印字でもいいかな? 字に自信がない。 だからこそ、綺麗に書ける印字がいい。 字に自信がないと、そんな風に思いがちです。 しかし、香典に添える手紙は手書きで書いたほうがいいです。 それは、手書きで書いた方が温かみがあるし、想いも伝わりやすいから。 年賀状で例えるとわかりやすいです。 現代は表書きも裏書も印刷が多くなりました、やっぱり手書きで書いてあると温かみを感じますよね。 それと同じで、香典に添える手紙も手書きが良いですよ。 続いて、香典に添える手紙の注意点です。 手紙を書くときの注意点 香典に手紙を添えるのもいいですが、使ってはいけない言葉やマナーなどが気になる所です。 手紙を書くときに使ってはいけない言葉は以下のようなものがあります。 お母様がご逝去されたと聞き、驚いております。 こんなに早いご他界に何と申し上げてよいか言葉もみつかりません。 誠に申し訳ございませんが、遠方であるために葬儀に参列できないことをお許しください。 心ばかりのお香典を同封しました。 御霊前にお供えくださいますよう、お願い申し上げます。 書状にてお悔み申し上げます。 香典のお返しが不要な場合は? 香典のお返しは必要ない。 そもそも、お返しをもらもらおうと思って香典を郵送しているわけではありません。 しかし、遺族側としては香典を頂いた以上はやっぱりお返しを考えてしまいます。 遠方のこともあり、お返しを特にしてもらわなくてもいい。 という場合は、 香典のお礼を辞退することもできます。

次の