今宮 神社。 【今宮神社】名物『あぶり餅』は絶品!別名『玉の輿神社』 | 京都神社巡り

今宮神社

今宮 神社

由緒 秩父今宮神社は日本有数の古社である。 信州諏訪の勢力が西暦100年前後に秩父に移住、この地に湧き出づる武甲山からの霊泉に「水神」を祀ったのが始原といわれるが、有史時代に入ると、この霊泉に国生みの神である「伊邪那岐・伊邪那美」(イザナギ・イザナミ)の二神が祀られるようになった。 天武天皇元年 西暦672年 の壬申の乱の前後に、秩父の勢力は修験道の開祖「役行者」(えんのぎょうじゃ)の導きで天武帝に協力したと伝えられている。 それを境に秩父は発展を遂げる。 役行者は秩父に修行に訪れ、霊泉の傍に観音菩薩の守護神である「八大龍王」を合祀し、のちにこれが「宮中八神」と習合され、「八大龍王宮」または「八大宮」と呼ばれ、秩父修験の中核となった。 平安時代初期天長2年(825)には空海が来遊して橋立寺の洞窟内部に道場を開き、37日間の護摩秘呪を行う。 橋立寺はのちの今宮坊ゆかりの一寺。 永観2年 984 「大宮山満光寺」、長暦2年 1038 「長岳山正覚院金剛寺」が開山され、さらに平安後期には熊野権現が勧請され、宮中八神と大日如来の習合した「八大権現社」が建立された。 京都の今宮神社から須佐之男大神(スサノオノオオカミ)をこの地に勧請したのは天文4年 1535。 疫病が猛威をふるったため、病魔退散を願って勧請された。 永禄12年 1569 本山派修験聖護院直末二十六寺の一寺となり、諸国先達二十九寺の一寺ともなる。 その頃は広大な敷地 20万坪 に修験道場や神社、仏寺観音堂などが混在していた。 江戸時代には「今宮八大宮」「八大権現社」と呼ばれる神社と「長岳山正覚院金剛寺」「大宮山満光寺」「今宮観音堂 札所十四番 」「橋立観音堂 札所二十八番 」を配下に治め、総称「今宮坊」とされ、神仏習合の一大霊場となった。 明治元年 1868 、明治政府の神仏分離令により修験道は廃止、「今宮坊」も解体を余儀なくされ、今宮神社(八大宮)と今宮観音堂(現・札所十四番)、橋立観音堂(現・札所二十八番)に分離され、独立して管理されるようになったが、御神体、御朱印、社宝、古文書等は謄写に継承されて現在に至っている。

次の

【今宮神社】アクセス・営業時間・料金情報

今宮 神社

平安建都以前より、疫神を祀る社があったといわれる。 正暦五年、都の悪疫退散を祈り御輿を造営し紫野御霊会を営んだのが「今宮神社」の起こりである。 当社地には平安建都以前より疫神を祀る社があったといわれています。 建都ののちに平安京が都市として栄える一方で、人々はうち続く疫病や災厄に悩まされ、これを鎮めるため神泉苑、御霊社、祇園社など各地で盛んに御霊会が営まれました。 今宮社の紫野御霊会もその一つです。 すなわち、一条天皇の御代正暦5年(994)六月、当社地に祀る疫神を二基の神輿に齋いこめて船岡山に安置し、神慮を慰め奉って悪疫退散を祈りました。 これが紫野御霊会であり今宮祭の起源です。 そしてこの時、京中の老若男女は挙って神輿に供し船岡山へ登り、綾傘に風流を施し囃子に合わせて唄い踊り、病魔のよれる人形を難波江に流したといわれます。 のちの夜須礼(やすらい祭)へとつながる人々の安寧への願いです。 長保3年(1001)ご霊夢によって、疫神を鎮め祀るため再び紫野の地に御霊会が修せられ、当社地に新たに設けられた神殿三宇ともども今宮社と名づけられました。 これをもって今宮神社の創祀としています。

次の

今宮神社

今宮 神社

祭神 [ ]• (スサノオノミコト) 歴史 [ ] の代の(長和4年)、同年に流行した疫病を鎮めるために創祀された。 その後一時的に衰退したが、の代の(永承7年)にも疫病が流行したため、を行い、ふたたび当地に神社が造成された。 なお、京都市北区紫野にある同名の(創建)も、疫病を鎮めるための御霊会を起源とする神社(御霊社)である。 の時代にはやのであり 、(寛永21年)にはによって、仁和寺再興の一環として今宮神社の本殿、拝殿、末社が建造された。 本殿は1960年(昭和35年)、1966年(昭和41年)、1978年(昭和53年)に改修されている。 1868年の後には厄除神今宮大明神となった。 文化財 [ ]• 京都市指定 一間社流造本殿(1984年指定) 行事 [ ] 例祭の今宮祭は10月16日であり、の巡行などが行われる。 現地情報 [ ] 所在地• 伊町17 交通アクセス• 最寄駅:(嵯峨野線)から北に300m• 最寄バス停:・ 「花園駅前」または「妙心寺前」から150m 周辺• の北側、の南側に位置しており、北すぐにはが、南西200m先にはがある。 参考文献 [ ]• 『京都・山城寺院神社大事典』平凡社、1997年 脚注 [ ] 出典 [ ] [].

次の