スーパー オーガニズム 和訳。 スーパーオーガニズム (バンド)

星野源の新作『Same Thing』初コラボ曲の狙いとは?

スーパー オーガニズム 和訳

スーパーオーガニズムは、アメリカのハイスクールに通っていた日本人のオロノ(ヴォーカル)が、ニュージーランドのジ・エヴァーソンズというバンドのメンバーと交流を重ねるなかで、2017年に結成されたバンドだ。 彼らは凄まじいスピードで注目を集めていったが、その過程で音楽性についてはあまり語られてこなかった。 イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、韓国、日本という様々なバックボーンを持つ8人が集結した多国籍バンドであること、あるいはフランク・オーシャンやエズラ・クーニグ(ヴァンパイア・ウィークエンド)のラジオ番組で曲がプレイされたなど、いわゆる周辺情報が先行していたように思う。 そんな彼らの音楽の全容を知る意味でも、デビュー・アルバム『Superorganism』はとても楽しみにしていた。 本作のレコーディングやプロデュースは彼ら自身が担い、作業はメンバー全員で共同生活を送るイーストロンドンの自宅でおこなわれたという。 さっそく聴いてみると、ほのかにサイケデリックで、どこか気だるさも感じるローファイ・ポップといったサウンドが耳に入ってきた。 サンプリングを多用した音作りはヒップホップ的だが、ダークな感情も顔を覗かせる歌詞に、ポジティヴなフィーリングをまとった音が乗るという形は、筆者からすると『Oracular Spectacular』期のMGMTを連想させるものだった。 しかし、曲のディテールは凝ってる。 ポップ・ソングにおいては王道とされるヴァース/コーラス形式にとらわれない曲も多く、それでいてキャッチーというのがなんとも面白い。 歌詞も興味深いものが多い。 こうした様々な事象を自然に受け止め、それらに関する素朴な気持ちを歌う感性は、自分自身をさらけ出したり、何かしらの主張をすることに抵抗感がないSNS以降の若者たちによく見られる傾向と重なる。 そんな本作を聴いていると、強迫的にオリジナリティーを求めるより、自分たちが良いと思える曲を作ることに重きを置く8人の姿が目に浮かんでくる。 膨大な量の情報が行き交う現在においては、かたくなに新しさを求めずとも、自分の好きなものを詰め込めば、自ずと独自の音楽を作れるということを彼らは理解している。 ただ、その感覚自体は最近のものではない。 そこには新しさよりも、やりたいことをやるという姿勢がラディカルな形で示されていた。 もっと遡れば、「僕らは自分たちの好きなものすべてを採り込もうとしている。 適切だろうがそうじゃなかろうが、ね。 そして、独創的なものを作りたいと思う」とライアーズを生みだした、2000年代前半のNYポスト・パンク・シーンにその萌芽を見ることもできる。 そう考えるとスーパーオーガニズムは、2000年代以降のポップ・ミュージックが生み出した果実と言えるだろう。

次の

星野源「Same Thing」歌詞(和訳)の意味は??コラボしているSuperorganismってだれ??

スーパー オーガニズム 和訳

タップできる 目次• 2010年代ロックの名曲ベスト3 1.The Sound/The 1975 2010年代のロックの覇者といえば、2013年にデビューしたマンチェスター出身の4人組バンドThe1975をおいて、他にはいないでしょう。 1stから最新作まで全ての作品が全英1位。 『The Sound』収録の2ndアルバム『君が寝てる姿が好きなんだ。 なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。 』はアメリカでも大ヒット、見事全米1位に輝きました。 超絶ポップ&ドキャッチーなサウンドと英国人らしいウェットでシニカルな詞、ロックスターらしい華やかなルックス。 そしてカリスマの塊のようなヴォーカル、マシュー・ヒーリーの圧倒的存在感。 2.R U Mine? /Arctic Monkeys 2006年に10代で鮮烈なデビューを果たした少年たちも、今や大人の色気漂う格好良い30代に。 デビュー以降6作連続全英1位、そしてこの楽曲が収録されている『AM』はアメリカでも大ヒット。 まさに現在のukロックを代表するバンドへと上り詰めました。 地を這う重低音と戦車のようなゴリゴリのギターリフ、ボーカルアレックスターナー の伊達男感、格好悪いわけがない。 3.Sixteen Saltines/Jack White ホワイトストライプスとして00年代のロックシーンを牽引し続けた唯一無二の天才ジャックホワイトは、ソロになってもその才能が枯れることはありません。 2010年代ロックの名曲ベスト4ー10 4.Hold Back The River/James Bay 顔良し、歌良し、ギター良し、おまけにスタイル抜群、まるで少年漫画の主人公のような超スペック。 イギリス出身、新時代のシンガーソングライター、ジェイムスベイのデビューシングル。 『Hold Back The River』、川の流れをせき止めて… 「忙しい日々の中でも自分のペースを取り戻して、大切な人たちの時間を大切にしよう。 」 言うことまでイケメン。 5.Bamboo/HINDS 2016年1月、スペインはマドリードからとんでもないガールズバンドが現れました。 リバティーンズ、プライマルスクリームのボビー・ギレスピー…ロック界の錚々たる顔ぶれが恋に落ちたそのバンドの名前は、ハインズ。 たとえ楽器がうまく演奏できなくても、誰の真似でもない、自分たちの出したい音を出して歌いたいことを歌う、本当の意味での音楽。 それがハインズの魅力です。 『Bamboo』は、スペインの太陽のような陽気さと鼻歌のようにラフでルーズな空気感、そして、気の合った仲間と集まって好きなことを好きなように楽しむ姿が目に見えるような一曲。 バンドの紅一点、ボーカルのエリー・ロウゼルが男よりもカッコいい。 7.Out Of The Black/Royal Blood 圧倒的な音圧と、鋼のように強靭なグルーヴ。 そして生き物のようにうねり狂う無敵のベースリフ。 ドラムとベースの変則編成、たった2人で鳴らされる音像だとは到底思えません。 大編成のロックバンドにすら引けを取らない迫力。 ロイヤルブラッド、王家の血。 大層なバンド名は自信の表れか、2014年のリリースしたデビューアルバムではいきなり1位を奪取、瞬く間にトップアーテイストの仲間入り。 新人バンドの1stアルバムの1曲目がこれって、たしかにヤバイです。 かっこいい曲が聴きたい方はぜひ。 8.Hold On/Alabama Shakes グラミー賞にも輝いたバンド名の通り、アメリカはアラバマ出身の4人組ロックバンド、アラバマシェイクス。 『Hold On』の何がすごいって、ルーツミュージックを独自解釈して、オーセンティックでありながら、絶妙な新しさを鳴らすサウンドセンスももちろんですが、とにかくボーカル ヴリタニーの、リスナーの魂揺さぶる圧倒的な歌声。 何かが煮えたぎるのを感じます。 9.Strike Your Light/Vintage Trouble ジャズの名門ブルーノート・レーベルと史上初の契約を交わしたロックバンド、ヴィンテージトラブルの熱い魂がほとばしる1曲。 ヴィンテージトラブルは、例えるならばジェームズ・ブラウンfeaturingレッドツェッペリン。 ツェッペリンのボーカルをJBが担当しているような聴きごたえです。 もちろんロバート・プラントも最高 オーセンティックでストレートなロックンロール。 漂う古き良きロック感。 けれど決して古臭くない、ヴィンテージではないサウンド。 本物のロックに魂揺さぶられたい方におすすめ。 10.In Undertow/Alvvays 胸を締め付けるように切なくてロマンチックなメロディと瑞々しくも儚げなドリーミーでポップなサウンド。 キュートなのに何処か憂いを帯びたモリーの歌声。 今時の言葉で言えば「エモい」です。 昔何処かで見たことがあるような、会ったことがあるような、ノスタルジックなあたたかさ。 Alvvysの楽曲からは、たしかに体温を感じます。 2010年代ロックの名曲ベスト11ー20 11.Something For Your M. /Superorganism ロンドンを拠点に活動を行っているバンド、スーパーオーガニズム。 メンバーは、イギリス人、オーストラリア人、日本人、韓国人…と、スーパー多国籍。 同曲はソフトバンクのcmに大抜擢され、来日公演も全公演ソールドアウト。 今後がさらに楽しみなバンドです。 12.bad guy/Billie Eilish 2010年代を総括するかのような存在。 ごく稀に登場するんですよね、時代の変わり目、節目に現れるとんでもなくヤバいやつ。 17歳が歌う『bad guy』に、何万人もの観客が歌い、熱狂する光景はまさに宗教そのもののようでした。 13.Miracle Aligner/The Last Shadow Puppets 余分なものは削り取って、よりシンプルでよりミニマルなものこそ良いとされる時代。 でも、余分なものにこそ旨みや美しさが詰まってたりしますよね。 ラストシャドウパペッツの『Miracle Aligner』は、まさにそんな奇跡の一曲。 この時代に逆らうかのようにとことんゴージャスでとことん贅沢。 素晴らしい一曲です。 14.Shelter Song/Temples 一度聴いたら忘れられない夢見心地な極彩色サウンドと、ヴォーカルのフワフワヘア。 気怠くて暑い真夏日にクーラーガンガンの室内で聴きたくなります。 60年代中期のビートルズやピンク・フロイドの古典的サイケロックのサウンドを下敷きに、現代の感覚で味付けされたウォールサウンドに日本の昭和歌謡やグループ・サウンズと言ってもいいような哀愁漂うメロディ。 サイケロックではありますが、ギターロックとしてもシンプルにカッコいいです。 15.The Less I Know The Better/Tame Impala 世界最大級の音楽フェスティバル Coachella2019のヘッドライナーも務めたオーストラリア発の世界的バンド テーム・インパラ。 間違いなく新世代サイケロックバンドの最高峰。 60年代後半のサイケロックをベースに、シンセやエレクトリックサウンドで現代的に味付けされた『The Less I Know The Better』は、2010年代を代表するモダンロックの最優秀楽曲の1つとして、今後も聴き継がれていくでしょう。 16.Leave A Trace/CHVRCHES 大天使ローレン・メイビリー擁するグラスゴー出身組の3何組エレクトロポップロックバンド、チャーチズ。 ローレン・メイビリーの人間離れしたチャーミングな歌声と、80s風レトロフューチャーなエレクトロ・ポップの融合=チャーチズの魅力。 が、余すことなく詰め込まれた『Leave A Trace』は、まるで人間の血が通った美しいロボットのようで最高です。 17.New York/St. Vincent 2014年にグラミー賞を受賞以降、全世界の音楽ファンの熱い視線を一身に集めるSt. Vincentことアニー・クラーク。 2017年にリリースされた『MASSEDUCTION』の先行シングル『New York』は、革新的なギタープレイとダンスミュージックのリズム、ビビッドでエッジの効いたポップサウンドが混ざり合った新時代のポップスターの代表曲として相応しい一曲です。 18.Elevator Operator/Courtney Barnett オーストラリア メルボルン出身のシンガーソングライターのコートニーバーネットは、サウスポー。 ノンストップ、底抜けに明るい真夏の太陽のようなギターポップソング。 なんとなくオーストラリアを感じます。 左利きで叙情的な死を歌うことから、カートコバーンも引き合いに出されることが多いコートニー、例えば『Elevator Operator』は、まるで星新一のショートショートの広場のような世界観。 気になる方はぜひ歌詞を調べてみてください。 19.Charlemagne/Blossoms ルックス良し曲良し、UKロックバンドのお手本のような五人組、ブロッサムズ。 ハイクオリティなメロディラインとインディロックバンドらしいDIY感や歪さが共存する『Charlemagne』はUK新時代のアンセムです。 2010年代ロックの名曲ベスト21ー39 21.Longshot/Catfish and the Bottlemen とにかくカッコいい良いUKロックバンドの、とにかくカッコいい一曲。 日本でいえばミッシェルやザ・バースデイのような、何処をどう切り分けてもカッコいいという言葉以外思い浮かばない格好良いバンド、それがCatfish and the Bottlemen。 「ギターロックなんて時代遅れだ」と、言われる現代の音楽シーンの中で、カッコいいギターロックの道をひたすらに突き進んだその先で手に入れた、キャリア史上最もカッコいい曲が『Longshot』であり、彼らの2010年代最後の曲です。 22.T-Shirt Weather/Circa Waves ブリティッシュロックの聖地、リヴァプール出身の4人組ロックバンド サーカウェーブス。 2nd、3rdと作品をリリースするたびに世界観を変容させるバンドですが、1st時の突き抜けるような爽快感とボーイズバンドならではの青さと荒さが詰まった彼らのアンセム『T-Shirt Weather』がやっぱり最高です。 23.Get Into It/The Strypes 平均年齢16歳という若さで鮮烈なデビューを果たしたアイルランド出身の4人組、ストライプス。 デビュー当時の『Blue Collar Jane』や『Mystery Man』も文句なしにカッコいいですが、若さという粗々しさと世界を回って磨きをかけた演奏力、2つの要素が高い次元で合わさった2ndアルバムこそストライプスの最高傑作だと思っています。 そんな作品のリード曲であり1曲目を飾るのが、この『Get Into It』。 当時18歳の少年たちによるパーフェクトなロックンロール ソング。 24.Put Your Money On Me/The Struts フレディ・マーキュリーを彷彿とさせる超人的なボーカルと、まるでローリングストーンズのようにロックンロールど真ん中な楽器隊。 まさに夢のようなコラボレーションを現実のものにした『Put Your Money On Me』は、きっと世界中のロックファンな待ちわびていた一曲でしょう。 25.If You Wanna/The Vaccines シンプル、キャッチー、メロディック、3拍子揃った王道ど真ん中ストレートのロックンロール。 荒々しいガレージロックサウンドと迸る熱量が最高な、2010年代のukロックアンセムです。 まどろっこしいことは一切なし、楽曲の質だけで勝負するこの男気ともいえる、絶対的な自信と勢い。 ロックンロールバンドはこうでなくては。 26.Machine/The Horrors ガレージロックを下敷きにしたゴシックパンクの初期、シューゲイザーを取り入れた2nd、シンセ多用のサイケロックやダンスロックでリスナーを驚かせ、そして歓喜させた3rd〜4thを経て、ついに辿り着いたホラーズの新境地であり最高傑作の『ヴィ』。 そのリード曲でもある『Machine』は、ダークネスでヘヴィなグルーヴと荒いノイズを撒き散らすギターサウンドののコンビネーションが病みつきになる、底なし沼のような楽曲です。 27.medicine/Bring Me The Horizon メタルコアとデスコアの双方を併せ持った音楽性から「デスコア」とも形容されたデビュー当時以降、多様な進化を続けてきた、Bring Me The Horizon。 最新作『amo』では、多様な音楽性を見事に融合させ世界中のロックファンを沸かせました。 特にリード曲の『medicine』は、彼らしい実験精神とUKロックを背負う存在となった彼らの覚悟が感じられて感涙ものです。 28.Highway Tune/Greta Van Fleet 「まるでツェッペリンのような」とか「2010年代に蘇ったまさにレッドツェッペリン」とか、そんな使い古された形容詞や謳い文句がここまでピタリとハマるバンドは彼らを除いて他にはいないでしょう。 170年代ハードロックを存分に感じさせつつも懐古的では全くない、どころか、新鮮そのもの。 当時をリアルタイムで経験していない10代の少年たちが鳴らすからこその、現代っぽさ。 アメリカの人口2000人ほどの田舎町の少年たちは、今や世界中のロックファンを虜に、ロックンロールドリームです。 29.Shape of You/Ed Sheeran もはや説明不要。 ギター一本、己の歌声だけで世界中の人々を惹きつけて止まない2010年代音楽シーン最大の存在、エド・シーランの音楽史に輝く名曲。 30.Treat Me Like Your Mother/The Dead Weather 「カッコいい人たちが集まって作った曲はそりゃカッコいいに決まってますよね、ハハハ。 」と、思わず笑ってしまいそうになるくらいにカッコいい楽曲。 ちなみにのメンバーはドラムがジャックホワイトでボーカルはザ・キルズのアリソン・モシャート。 ギターはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのディーン・ファーティタで、ベースはザ・ラカンターズのジャック・ローレンスという、全ロックファンが歓喜する一流のミュージシャンが集結したスーパーバンドです。 31.WHAT YOU KNOW/TWO DOOR CINEMA CLUB 2010年代を代表するダンスロックバンド。 彼らの代表曲『WHAT YOU KNOW』の、一度聴いたら耳にこびりついて離れないほどドキャッチーなギターリフは、まさに「TWO DOOR CINEMA CLUB節」全開で、とにかく踊れます。 ノれます。 嫌なことは忘れて今この瞬間を楽しみましょう。 踊りましょう。 32.Bright Lights/Gary Clark Jr. 新世代のギターヒーローとして音楽ファンはもちろん世界中のミュージシャンからも多くの支持を得ている、Gary Clark Jr. このアウトローな伊達男感、カッコよすぎる。 33.Gunga Din/The Libertines 11年ぶりの新作で奇跡の復活を遂げたワーキングクラスヒーロー、リバティーンズ。 いまだ輝き続ける二人の才能を世界に示しました。 34.Wall Of Glass/Liam Gallagher 伝説的ロックバンド オアシスの元メンバー、リアムギャラガー。 オアシス解散後、ビーディ・アイでの活動を経てついに辿り着いた、いや、還ってきた、リアムギャラガーが還ってきた。 最強のロックボーカリストの帰還を祝福するかのように、ただひたすらに、圧倒的に、完璧に正しい完全無欠のロックソング。 リアムが良い曲を歌う、その事実があるだけでロックは死なない。 世界でもトップクラスの知名度を誇るオアシスを兄弟喧嘩の末に解散させ、別々の道を行った兄弟。 オアシスのほぼ全ての作詞作曲を担当していた不世出のメロディメイカー、兄ノエルはいち早くソロになり新曲をリリース。 それがこの『In The Heat Of The Moment』。 オアシスをやめても神懸かり的な作詞作曲の才能は健在。 ただただ良い曲を書く、もはや職人の域に。 36.Doom And Gloom/The Rolling Stones 1963年にデビューした世界最強のロックバンド、ローリングストーンズは2010年代になっても転がり続けます。 バンド結成50周年を記念してリリースされたベスト盤『GRRR! 』のために制作された『Doom And Gloom』は現時点ではストーンズの最新オリジナル楽曲。 僕はこの曲を聴いてストーンズの格好良さに気づきました。 全然古臭くない。 めちゃくちゃに格好良い。 なんだろう、60を超えたジジイが鳴らしてる音だとは云々とか、結成50年にして未だに若々しく云々とか、そういうことではなくて、もうシンプルに王道的に、一つのロックソングとしてただただ格好良いです。 37.Come On To Me/Paul McCartney 75歳を超えても尚、これほど若々しく楽しげなロックソングを作ることができるミュージシャンは、ポールマッカートニー の他にいないでしょう。 『Come On To Me』、世界中のドームやスタジアムで歌い継がれていくであろう、ポールマッカートニーの新たな代表曲の誕生です。 38.Lonesome Street/Blur 2003年の『シンクタンク』からおよそ12年ぶりにリリースされた『ザ・マジック・ウィップ』 新作をリリースしてくれたというだけでファンとしては感涙ものですが、肝心の楽曲も最高に良い。 ブラーは本当に安定して良い曲を量産します。 ドキュメンタリー映画『ニュー・ワールド・タワーズ』も是非あわせてご覧ください。 39.The Hunter/Slaves もうなんか色々ぶっ飛んでて最高なパンクロックデュオ、スレイヴス。 直立不動で太鼓を打ち鳴らすドラムと、弦が切れてもそのまま搔き鳴らし続けるギター、を聴いていただけば分かると思いますが、この二人、アホです。 もちろん褒めてる あとがき 約10,000字で紹介した『2010年代を代表するロックの名曲ベスト39』。 主観的&個人的なランキングにお付き合いいただき、ありがとうございます。 間違いなくカッコいい曲しか紹介していませんので、是非お聴きください。

次の

[UK🇬🇧]Superorganism

スーパー オーガニズム 和訳

歌手に俳優だけではなく、執筆活動にラジオと様々な活動で知られるアーティストの星野源さん。 底抜けに明るい楽曲の中でありながら、 どこか考えさせられるような歌詞が多く星野源ワールドから抜けられなくなっている人も続出です。 今回はそんな日本を代表するポップスターの星野源さんの「Same Thing」の歌詞の意味などについてお伝えしていきたいと思います。 星野源「Same Thing」ってどんな曲?? 「Same Thing」は2019年10月14日に配信リリースをした、 ミニアルバムの表題曲になっている楽曲です。 「Same Thing」に収録されている楽曲は、• Same Thing(feat. Superorganism)• さらしもの(feat. PANPEE)• 私 の4曲です。 Same Thing(feat. Superorganism)は聞き心地がよくおしゃれな楽曲です。 この楽曲は海外アーティストのSuperorganism(スーパーオーガニズム)とコラボ楽曲でもあります。 ついに世界の星野源になってきましたね!! しかし星野源さん曰く、音楽に国境はなく音楽を中心として集まってきているからだそうです。 アルバムタイトルにもなっている「Same Thing」を直訳すると『同じこと』という意味になります。 いろんな意味で使われる言葉ですよね。 星野源さんの楽曲ではどのような意味合いになるのかも楽しみですね。 星野源「Same Thing」のMVはどんなの?? すごく楽しそうなPVですね。 このPVはオーストラリアのんシドニーで撮影されたようです。 シドニーの大高原での撮影は星野源さんのネクストステップを思わせるものがあります。 MVのメイキングも公開されており仲が良く楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。 Superorganismってどんな人たち?? イギリスロンドンを拠点とする多国籍インディー・ポップバンドです。 韓国、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの4ヶ国。 メンバーはリードヴォーカリストのOrono Noguchi、Emily、Harry、Tucan、Robert Strange、Ruby、B、Soulの8人で構成されています。 星野源さんとの出会いはラジオ 『星野源のオールナイトニッポン 』の2019年4月2日放送分において、Superorganismの オロノがゲスト出演しそこから親交を深めたものと思われます。 星野源「Same Thing」の歌詞の意味は?? それでは星野源さんの「Same Thing」の歌詞の意味について考えていきたいと思います。 気分が落ち込んだり楽しいことがあったりと様々な感情を持つのが人間です。 そのどちらの感情もあるのが人だということ。 愛しているとクソ喰らえも反対のような意味ですが表裏一体です。 愛らしいと思う反面憎たらしいと思うこともあると思います。 それは相手に対し関わりが深くなればなるほど出てくる感情です。 好きは嫌いになり嫌いは好きになる、 愛情の反対語は無関心とも言われており嫌いと思うことは好きの裏返しでもあるんです。 I hope you know what I mean 引用: Same Thing feat. 毎日を過ごしているといい人も嫌な人もいます。 しかしその人たちも世界にとっては必要な人たちなのです。 一人の人間に置き換えてもいい部分も悪い部分もある。 それが世界の成り立ちなのです。 普通であれば罵倒を浴びせる言葉ですが、続く歌詞に心から愛を込めてというのがあり、 心からクソみたいな世界を愛しているという星野源さんらしい世界観が出ています。 感情は二面性を秘めています。 それは世界にとっても同じことです。 世界を見てみると本当にクソみたいな事件がたくさん起きています。 そんな中でも素敵なことはある。 それがファックユーという歌詞に込められた思いではないでしょうか。 自分の思うやり方でいい」 1番のAメロと同じく対照的な歌詞です。 楽しいと思ったことの中にも嫌なことはあります。 楽しいと思った時間も嫌だなと思った時間も同じであり、 それを踏まえて大丈夫と言っています。 自分のやるべきことをやっていけばいいというメッセージだと思います。 それは家庭のことであっても例外ではありません。 愛情の反対派無関心であるため、 好きや嫌いがあってこそ素晴らしい家庭を築けるのです。 私たちが今あるのは過去の過ちや愛によって成り立っているもの。 嬉しいことも悲しいことも生きている中では必要不可欠なことなのです。 東京を舞台にした映画で、作中でも夜の東京で若者たちと話して盛り上がり、 スカーレットとビルのカラオケのシーンがあります。 東京という異国の地でロキシー・ミュージックの「 More than This」、プリテンダーズ「 Brass in Pocket」などイカしている歌を歌っている外国人 星野源さんと海外アーティストとのコラボのことをいっている様にも思います。 映画の世界観ともマッチしてます。 Wabi sabi Make it messy 引用: Same Thing feat. 「messy」=むちゃくちゃ このことから派手にやっていこう、自分の個性を大事にしよう、 そんな意味合いの様にも聞こえます。 星野源「Same Thing」歌詞(和訳)の意味は??コラボしているSuperorganismってだれ??まとめ いかがだったでしょうか。 星野源さんの「Same Thing」の歌詞の意味やコラボしているSuperorganismについてお伝えしていきました。 星野源さんは世界進出と思われるのは古い考えだと言っていますが、 実際には世界へ目を向けているようにも感じました。 星野源さんの軸は変わらないですが、日本語が英語になるだけでこれだけ洋楽っぽい雰囲気になったことには驚きです。 星野源さんは今まで編曲を担当することも多かったのですが、 新たな境地にたったのかもしれませんね。

次の