新聞屋 バイト。 新聞配達のアルバイト・バイト求人特集

ラーメン250円、安すぎて客来ない 閉店後はバイトへ:朝日新聞デジタル

新聞屋 バイト

新聞配達のバイトとは? 出勤時間、仕事内容、メリット・デメリット 昔から存在する定番のアルバイトの一つに「新聞配達」があります。 新聞配達というと、「朝が早くて大変そう」という印象を持つ人がいるかもしれませんが、新聞配達には「時間を有効活用しやすい」「メリハリのきいた生活習慣が身に付く」など、他のアルバイトにはないメリットがたくさんあります。 今回は、新聞配達のバイトの仕事内容やメリット・デメリット、給料などについてご紹介します。 【目次】 新聞配達のバイトの仕事内容 新聞配達といっても、勤務時間内には配達以外の業務も行います。 どのような作業があるのかを知っておきましょう。 トラックからの荷下ろし 印刷所からトラックで到着した新聞を荷台から下ろし、新聞販売店の中まで運ぶ作業です。 新聞は束になっていてたくさんの量が届くため、販売店のスタッフが総出で行います。 新聞内へのチラシ広告の折り込み 折り込み用にセットされたチラシを、新聞の中に折り込んでいく作業です。 機械で行うところが多いですが、一部ずつ手作業で折り込む販売店もあります。 中には、折り込み作業のみを行うスタッフを募集しているところもあります。 朝刊・夕刊の配達 配達用バイクや電動自転車、自転車などに新聞を積み込み、配達スタッフがそれぞれに割り当てられた担当区域の家庭に新聞を届けます。 朝刊・夕刊の両方を配達する場合もあれば、朝刊だけ、夕刊だけを配達する勤務形態もあります。 また、新聞代金の集金や、新聞購読の勧誘を行う新規開拓、契約更新などの営業活動は、基本的に販売店の社員やセールススタッフらが行いますが、一部業務をバイトが担当するところもあります。 新聞配達のバイトの勤務時間 配達スタッフが行う一日の仕事の流れを見てみましょう。 勤務時間自体は短いので、学業と両立させながらバイトしたい大学生も大勢働いています。 販売店によって異なりますが、新聞配達員の1回あたりの実働時間は、4~5時間程度が目安です。 朝刊配達は深夜から早朝勤務となるため、自宅から徒歩、または自転車などで出勤できる距離にある販売店を選ぶのが一般的です。 また、バイク・自動車通勤が可能な新聞販売店もあります。 新聞配達のバイトのメリット・デメリット 新聞配達のバイトには、ほかのバイトにはない良さや苦労があります。 新聞配達のバイトを始める前に具体的なメリット・デメリットを見てみましょう。 シフトが入っていない日と新聞休刊日以外、その働き方がずっと続くので、規則正しい生活習慣が身に付きます。 学業やサークル、趣味などと両立しやすいバイトといえるでしょう。 また、時間に余裕がある人は、日中に別のバイトと掛け持ちすることも可能です。 最初は先輩スタッフと一緒に担当区域を回って、配達する家や配達の順番、配達方法に関する注意点などを覚えます。 次に、先輩スタッフの担当区域の中から一部を割り当てられるので、その区域を自分の担当として一人で配達を行います。 配達には販売店が所有する原付バイク、電動自転車、自転車などを利用します。 このバイトを長期間続けられれば、就活の際に「責任感が強い」「途中で投げ出さずに、最後までやり切る力がある」などと自己PRするときの根拠として使えるでしょう。 「人と話すのはあまり得意ではなく、一人でコツコツ働きたい」という人にとって、新聞配達は長く続けやすいバイトといえるでしょう。 屋外中心の仕事なので、四季の移ろいや「新しいお店がオープンした」など、街のちょっとした変化を感じられる点も新聞配達の楽しみです。 新聞配達バイトのデメリット 早起きがつらいときがある 新聞配達の仕事は、早寝早起きが基本です。 睡眠時間を確保するために飲み会への参加を見合わせるなど、夜遅くまで遊びづらくなる点をデメリットに感じる大学生もいるでしょう。 また、早起きが苦手な人にとって、寒い冬の早朝は特に、布団から出るのがつらいときもあります。 他のバイトに比べると休みを取りづらく、旅行など長期休暇の予定を立てにくい点は否めません。 ただ、販売店によっては、週3日程度の勤務を認めているところもあります。 「週6日の勤務は難しい」という場合は、自宅近くで休みが取りやすい販売店を探したり、出勤日数を相談してみると良いでしょう。 台風や大雪の日でも楽しみに待っている読者のもとに届けるのが新聞配達の仕事です。 悪天候の日はいつもより配達時間や手間がかかりますが、一方で「雨の中、ご苦労さま」という読者の声を聞くと、疲れも吹き飛ぶという人も少なくありません。 ただ、何か問題が起きた際にクレームが入る可能性があるという点は、他のアルバイトとも変わりません。 新聞配達のバイトの給料 バイトを探すときに気になるのが時給や給料。 新聞配達のバイトは、新聞社、地域、販売店によって給与形態が異なります。 時給制 1 時間あたり1000~1500円くらいが目安です。 例えば時給が1000円で一日の勤務時間が5時間なら、1日あたり5000円。 週6日勤務の場合、月に12万円が額面の給料になります。 販売店によっては、時給にプラスして早朝手当や皆勤手当などが付くところもあります。 完全歩合制 配った部数や配達した戸数に応じて計算する給与形態です。 金額は出勤日数や部数、販売店により異なりますが、1カ月あたり数万円~十数万円が目安です。 歩合制を採用する理由は、時給制にすると、仕事ができる人が「配達が遅い人や配達数が少ない人と、なぜ同じ給料なのか?」という不満を感じることがあるためです。 時給制+歩合制(配達部数) 時給に加えて、配達部数に応じたインセンティブが支払われる給与形態です。 日給制 バイトの日給は朝刊と夕刊を合わせて4000~5000円くらいが一般的です。 勤続年数が増えれば、昇給する可能性があります。 月給制 時給換算ではなく、出勤日数に応じて月給を支払う給与形態です。 バイトの月給の目安は数万円~十数万円です。 コツコツ&効率よく続けられる新聞配達のバイト 早朝に起床する点など大変なこともありますが、それは24時間オープンの小売店で早朝勤務する場合も同じこと。 どのバイトにもメリット・デメリットがあり、新聞配達にも他のバイトでは得られない魅力や面白さがあります。 作業内容は毎回ほとんど同じで、勤務時間も短いため、「コツコツ長く続けられるバイトがしたい」「短時間で効率よく働きたい」という人におすすめです。

次の

新聞配達のバイトを辞めたいなら退職してしまおう!

新聞屋 バイト

夜中の電話当番のとき 0:00 出社 0:10 諸紙到着、折込広告入れる 0:20 本紙到着、折込広告入れる 2:00〜4:30 朝刊配達 終了時間は配達区域による 4:30〜8:00 電話当番 8:00〜15:00 自由時間 15:00 出社 15:00〜17:00 営業、集金 17:00〜17:10 ミーティング 17:10〜終わるまで 平均21:30帰宅 営業 ざっくり書くとこんな感じ! 見て頂くとわかると思うのですが 勤務時間が長いですよね。 1日平均14時間ぐらいの労働をして、休憩はほぼゼロ。 昼休憩中でもお客様からの連絡があれば都度対応しなければいけません。 飯ぐらいゆっくり食わせてくれ! 新聞屋の休日や有給はどんな感じ? これは販売店によって多少変動はありますが、 基本的には週休1日です。 有給はありません 年間休日は60日ぐらいですかね… 新聞屋の休日日数は違法じゃないのかと思うぐらい少ないです。 ちなみにうちの販売店は夏冬に3日ぐらいの連休はもらえます。 有給は基本的に使えません。 風邪をひいたりして休むと日割り給料が引かれます。 つらい。 慶弔休暇はあることはありますが、多くの販売店は人数を超ギリギリで回してるので、休暇の申請をするのはかなりの勇気が必要です。 陰口言われるのは当たり前。 結論から言いましょう。 新聞屋は残念ながら安月給です! 具体的な金額を言っちゃうと、 僕の場合は税引き前の月収で35万円前後です。 収入晒すのって恥ずかしいですね… 前後という表現をしたのは、新聞屋は営業歩合がもらえるので月によって変動があります。 営業歩合に関しては平均すると5万円~7万円ぐらいですかね。 昔はもっともらえてたのに… この金額は、数字だけ見ればたしかに悪くないです。 でも、休日日数や拘束時間、労働環境などから考えると明らかに割にあいません。 これが新聞屋の実態だ! ブラックな面を紹介! ここまでは基本的な業務や給料など当たり障りのないことについて書いてきましたが、ここからが本題です。 新聞屋のブラックな一面を語りつくしていきます! 集金不良の立替は当たり前 お客さん側の事情によって新聞代が払えないケースがあったとします。 そんなとき、普通の企業なら会社の損金として会計処理されると思うんですよ。 新聞屋にそんな常識が通じることはなく、 集金不良が発生した場合は全額契約者の責任になるのが業界の風習です。 人によっては集金不良が多すぎて給料日に封筒にお金が入ってないなんてこともありました。 会社にお金が残りさえすれば、社員の生活なんてどうでもいいと思ってるんでしょうね。 時代が読めない経営者からの異常なノルマ 新聞屋って結構シビアなノルマを課されるんですよ。 この新聞離れの時代に新規読者を月に10件獲得してこい!なんてことを平気で言われます。 今の新聞販売店の経営者が現役の販売員だった時代は、どの家庭にも何らかの新聞があるのが当たり前の時代でした。 それが今では新聞がないのが当たり前の時代です。 現場をよく知らない社長は精神論を押し付けてきますが、無理なものは無理。 誰だってゴミになるものに毎月4000円近くのお金は払いません。 今まで読んでた人に再度お願いしてみるならまだ可能性はありますが、生まれてから一度も新聞を読んだことがない人に毎月4000円近くする金額を払わせるのってそりゃもう大変な仕事です。 それが今では新聞がないのが当たり前の時代です。 現場をよく知らない社長は精神論を押し付けてきますが無理なものは無理。 誰だってゴミになるものに毎月4000円近くのお金は払いません。 休日の時間が短い 新聞屋の休日は一般的な企業より短いんです。 その理由が、 休日明けの朝刊配達です。 0時に出社するため、日曜日は実質無いようなものです。 一般的な企業とちがって休日終わりからすぐに仕事になってしまうのが新聞屋。 これじゃ休みの日に遊びに行こうにも行けないんです。 友だちと飲みに行けるタイミングなんて休刊日ぐらいしかありません。 家庭がある人はどんなに仕事がなかったとしても、新聞屋だけは選ばない方がいいですよ! 家族サービスはおろか、日常的なコミニケーションすらまともにとれなくなります。 新聞屋はかなりの確率で離婚経験者か独身者です。 まとめ:都合の良い求人にご注意を 集金不良の立替などは業界的には割とタブーだったかもしれません。 それでも、少しでも多くの人に新聞業界のことについて知ってもらいたいという気持ちがあって、今回の記事を書きました。 もうひとつだけ言うと、新聞屋の求人広告は大半が嘘で塗り固められてます。 都合よく書かれた求人内容に飛びついて面接を受けにくる人がうちの販売店にも多いのですが、ほとんどの人が仕事がつらいといって一カ月も持たずに辞めていきます。 僕が今の販売店で働き始めて2年ちょっとになりますが、その間だけでも10人以上の人が入社してはすぐに辞めていきました。 新聞屋に面接いけばほとんどの確率で採用されます。 ですが貴重な自分の時間は確実に会社に搾取されます。 仕事がどうしても見つからなくて困ってるそこのあなた。 この記事をもう一度読んでみてください。 それでもあなたは新聞屋を選びますか?.

次の

新聞配達のバイト!給料はいくら?初心者の配る数は?

新聞屋 バイト

都内だと 1,500円以上で募集しており、しかも販売所によっては「無料の寮」や「新聞奨学生制度」まで用意してくれる新聞配達のアルバイト。 面倒な接客もなく、身体一つあればすぐに働くことができるので、お金に困っている学生さんにおすすめです。 しかし、これから応募する人からしたら、 「具体的な仕事内容や職場の雰囲気を知りたい!」 「天候や気温に左右されるって聞いたけど….。 何かデメリットもあるはず!」 など、不安なことが多くて応募できずにいる人も少なくないはず。 そこで!ここでは、バイト経験者のインタビューを元に新聞配達バイトの仕事内容やメリット、デメリットを中心に新聞配達の実態を紹介していきます。 印刷所から販売店に新聞が届く• 自分が配る分の新聞をうけとる• 新聞にチラシをいれていく• 発送の準備。 バイクに新聞を詰め込んでいく• 配送 束になった大量の新聞紙が印刷所から届くので、販売所に運び解いていきます。 次に新聞の中にチラシを折り込んでいきます。 手作業で行う販売所と機械で行う販売所があるので、気になる方は応募の際に確認しましょう。 その後は、 自分のバイクや自転車に新聞を積み、朝刊、夕刊と時間に合わせて宅配し、配り終わった時点で終了です。 ちなみに、それぞれ配る区間は決まっており、 また「朝刊だけのシフト」や「朝刊と夕刊両方のシフト」など、自由に働くことができます。 また、夕刊にかんしてはチラシがないので、朝刊よりも作業は楽になります。 【新聞配達バイトは辛い!】現役バイトが語る5つのメリット 今回は、関東近郊の新聞販売所で働く大学生のY君にお話を聞いてきました。 メリット1 時給が高い ——1番のメリットは何ですか? Y君:時給が高いことですかね。 ぼくは関東近郊の販売所で働いているのですが、 時給は1,200円とかなり高いです。 都内だと1,500円で募集している店舗もあるので、金欠でにおすすめですね。 【 チェックポイント!】 ちなみに、お金がなくて困っている方は から申し込むことをおすすめします。 「アルバイトEX」の求人数は業界トップの80万件を誇るため、自分好みの求人をすぐに見つけることができます。 メリット2 住み込みの寮や新聞奨学生がある ——寮完備や新聞奨学生があると聞きました。 Y君:ぼくはこっちにきてお金がなかったので、 住み込みの寮で暮らしながら働いています。 寮といっても普通のアパートで、冷暖房完備、それで家賃2万円なのでかなり助かっています。 家賃無料の寮もあり また、 大手新聞社の系列販売所では「新聞奨学生」という制度があり、学費の一部を借りることができます。 ただ、新聞奨学生は拘束時間が長く、細かいルールもあるので、ぼくは受け取っていません。 【新聞奨学生の注意点】 新聞奨学生の多くは、系列の新聞奨学会からまとまったお金を借りて大学や専門学校に学費を納めるので、奨学会からは借金をしていることになります。 奨学生には、返済不要の奨学金が毎月支給されると考えるかもしれませんが、そうではなく、借金の総額から奨学金相当額が毎月減らされていくとイメージしてください。 引用: メリット3 身体一つあればすぐに働くことができる ——身体一つあればすぐに働けるのは本当ですか? Y君:新聞配達のアルバイトは、 特別なスキルや経験は一切必要ありません。 それに、 ユニフォームやバイクなどの備品も販売所が全部用意してくれるので、ぼくらが用意するものは何もありません。 面接をうければ、次の日からすぐに働けるので、本当にお金に困った時は新聞配達のバイトをおすすめします。 メリット4 自分のペースで黙々と作業できる ——自分のペースで仕事ができると聞きました。 Y君:もちろん時間制限はありますが、 新聞配達のアルバイトは自分のペースで仕事ができます。 深夜に配るので誰にも合わないし、ひたすら黙々と新聞をポストに入れていくだけなので、気持ち的にはかなり楽です。 常にバイクで移動するので飽きることもありませんしね。 メリット5 就活で有利 ——就活に有利なのは本当ですか? Y君:先輩によると、 新聞配達のアルバイトは勤勉で苦労人のイメージをもたれるらしく、就活での評価が高くなると聞きました。 たしかに、ぼくも周りに新聞配達のアルバイトをしていると言うと「偉いね!」と言われることがあるので、世間の評価は高いみたいです。 【新聞配達バイトは辛い!】現役バイトが語る2つのデメリット デメリット1 天候や気温に左右される ——1番のデメリットは何ですか? Y君:天候や気温に左右されることですかね。 とくに雨と雪の日は本当につらくて、風は強いし、寒いし、濡れるわで本当に大変です。 バイクに乗っているので、より天候の影響を受けやすいですからね。 なので、新聞配達のバイトを始めるなら4月~5月、7月~10月がベストですね。 この時期は深夜の気温も穏やかだし、雨も雪もほとんどないので、働きやすいです。 デメリット2 朝が早く、休みが少ない ——朝が早くて、休みが少ないのできついと聞きました。 Y君:朝が早いどころか午前2~3時には起きなくてはいけないので、夜遊びは厳禁です。 それに、丸一日休める日は2週間に1回程度で、あとは基本的に朝刊を配って、そのまま学校に行くライフスタイルが続きます。 健康的な生活ですが、友達との予定が合わせづらいのはデメリットですね。 新聞配達バイトの職場の雰囲気・服装・シフト構成・時給• 職場の雰囲気:学生、フリーターが多い 男女比は8:2• 身だしなみ:• シフト構成:自己申告制• 時給:全国平均、都内平均 職場の雰囲気 新聞配達のアルバイトは学生やフリーターなど、若い人が多く活気があります。 男女比は男性の方が多いですが、最近は女性を募集している販売所もあります。 服装・身だしなみ 服装は販売所から制服が支給されるので、 自分で用意するのはベルトと靴くらいです。 身だしなみは比較的自由で、金髪でピアスをつけていても文句は言われません。 ただ、 大手新聞社系列の販売所は身だしなみのルールが厳しいので、応募の際に確認しましょう。 シフト構成 シフト構成は他のアルバイト同様、自己申告制で、提出期間はお店によって異なります。 ただ、 固定シフトを設けている販売所も多いので、こちらも応募の際にきちんと確認しましょう。 時給 時給は全国平均が950円、都内平均は1,200円となっています。 時給はとても高く、しかも住み込みの寮や新聞奨学生制度など、福利厚生が充実している販売所は多いです。 また、自分で用意する物もほとんどなく、 身体一つあれば次の日からすぐに働けるので、今すぐお金が欲しい方に強くおすすめします。 ヒゲ:綺麗に剃っていく• カバン:トートバック、リュックなど 上半身 最近は身だしなみに厳しい販売所も増えてきたので、男女ともに清楚できれいめの服装を心掛けましょう。 髪色は基本的に黒で、前髪は目にかからない程度まで切りましょう。 帽子はNGです。 目を見て話すと話さないでは印象がガラリと変わります。 襟のついたYシャツが一番好ましく、色も白やブルー系統の爽やかな色を意識しましょう。 また、春でも少し肌寒い時はニットやテーラードジャケットなどを上に着用しましょう。 下半身 ジーンズやパーカーは清潔感がないので、NGです。 靴は革靴かスニーカー、色は黒や茶色、紺色など抑えめの色にしましょう。 カバンはトートバックやリュックなど、履歴書が入る大きめのものを用意してください。 志望動機・応募理由はなんですか?• 今までどのようなアルバイトをしてきまきたか?• 週にどれくらい働けますか?• 冬は大変だけど長期間働けますか?• 最後に質問はありますか? とくに、3、4の質問はかなり重要です。 3のシフトに関しては、なるべく多めに入れることを伝えましょう。 アルバイトを募集しているお店は人手が足りません。 とくに繁忙期や土日に積極的にシフトに入れることを伝えると、未経験者でも受かる確率がアップします。 また、 4の質問はあなたのやる気を見ています。 とくに 住み込みで働きたい場合は、長期間働けるという熱意を見せましょう。 新聞配達はすぐに辞めてしまう人が多いので、長期間働ける人は重宝されます。 面接のマナーや服装、コツ、模範解答など、面接についてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。 採用されるとお祝い金が"必ず"もらえる 最大10,000円• お祝い金は最短翌日振込• 上場企業「株式会社リブセンス」がサイトを運営してるから安心!• 求人案件が25万件• 約3分の簡単な無料登録で応募できる 「 」は、 アルバイトに 応募して採用されるだけで最大 10,000円のお祝い金が貰えます。 最低でも5,000円は貰えるので、アルバイトが確定するだけで日雇いバイトの給料を"必ず"もらうことができます。 しかも、 他のアルバイトサイトのように祝い金の振り込みに数ヶ月後待たされることはなく、アルバイトの採用が確定してから最短で翌日に振り込まれます。 これだけ充実した「お祝い金制度」はマッハバイトだけ! 人気の求人はすぐに埋まってしまうので、応募はお早めに。

次の