コルト ローマン。 コルト・ローマン

Colt New Lawmanを復活させる

コルト ローマン

歴史 [ ] 一般的にはコルト社がリボルバー()を開発したとされているが、サミュエル・コルトがリボルバーを開発した以前からリボルバーは存在していた。 ただ従来のリボルバーは、撃鉄を起こし、シリンダーの位置を合わせ、トリガーを引くという原始的な完全手動式機構ものしか存在せず、連射や速射が困難であった。 またコルト以前のリボルバーは、リボルバーとは言っても殆どがシリンダーと銃身が分離していない「」と呼ばれるタイプのもので、高価な上に実用的なものとは言い難かった。 そこでコルトはに、撃鉄を起こすと同時にシリンダーが回転して次弾を定位置に移動し、後は引き金を引くだけで発砲が可能となる「機構」と、撃鉄を自分の手で起こすことなく引き金を引くだけで連射できる「」機構を開発してを得た。 これらの連射メカニズムは、当時としては劇的な連射速度を実現した。 しかし、初期のコルト社の製品は高価な上、撃鉄を起こす度に収納式の引き金が出て来るパタースン・モデルに見られる様に、武器としては凝った造りであり武人の蛮用に耐えなかった。 そのため軍に正式採用されるには時間がかかっただけでなく、民間市場でも旧式でも安価で信頼性が高いやの単発銃や、イーサン・アレン社の雷管式アレン・(皮肉な事にアレン社のペッパーボックスは、コルトのダブルアクション機構の特許に基づいて製造された連発拳銃だった)に敗北。 更には過剰な設備投資が災いし一度倒産している。 その後復活し、数々の傑作を発表していくが、に金属薬莢を使うの特許を売り込んできたローリン・ホワイトを門前払いにして、結果としてこの特許をまで社に独占されたり、ダブルアクション拳銃の製品化に遅れたりと、その経営は保守的で技術的にはむしろ後手に回っている。 ただし個々の製品の完成度そのものは高く、やが米陸軍の制式拳銃となったこともあり、19世紀後半の業績そのものは順調だったと言えるだろう。 1911年から70年以上に渡っての主力拳銃の位置を占め続け、1992年に制式指定こそ解かれたものの、現在でも一部で使用されているという傑作拳銃となっている(ただし、既にM1911の製造パテントは失効しており、現代ではコルト社製以外のレプリカ・コピーモデルも本家以上に出回っている)。 現在でも生産されている拳銃は伝統的な定番商品であるSAAとガバメントのみとなっている。 20世紀の終わりごろに、でをライセンス生産していたを買収し、コルト・カナダ社に社名を変更した。 さらにコルツ・マニュファクチュアリング・カンパニーへの社名変更を経て2002年に軍用銃器専門のコルト・ディフェンスと民生用銃器専門のコルツ・マニュファクチュアリング・カンパニーに分社したが、コルト・ディフェンスの方は2013年にアメリカ陸軍からM4カービンの調達契約を打ち切られた(からの調達に切り替えた)事で業績が悪化し債務超過に陥り、2015年6月15日にデラウェア州連邦倒産裁判所にの適用を申請した。 フレームのサイズは7種類あり「Dフレーム」、「SFフレーム」、「Eフレーム」、「Iフレーム」、「Jフレーム」、「Vフレーム」、「AAフレーム」の順に大きくなっていく。 主にDフレームはや、SFフレームは、Iフレームは、Jフレームはや、Vフレームは、AAフレームはやに採用されている。 製品 [ ] 回転式拳銃 [ ].

次の

コルトローマンは警察用拳銃として、日本で採用されてもいい拳銃ですか

コルト ローマン

特徴 [編集 ] コルト社の高級リボルバーとして知られるとは違い低価格であるが、暴発を防ぐ機構「セーフティ・コネクター」 Mk. 「ローマン」( Lawman:法執行人の意)の名が示す通り、向けの拳銃として設計されており、従来のコルトリボルバーと比較すると銃身の肉厚が増やされている。 弾薬としても使用でき、特に2インチモデルは小型でありながらもマグナム弾の発射が可能な拳銃となっている。 バリエーションとしてはエジェクターロッドシュラウドを持たない前期型とシュラウドを持つ後期型がある。 には「ローマンMk. III」は、基本設計はそのままでメカニズムに改良を加えた「Mk. Vシリーズ」に更新され、「ローマンMk. V」となった。 以降のアメリカにおいては非常にマイナーな機種となっている一方で、日本においては日本のメーカーが製造したがから1980年代のにおいて多く使用されたため、比較的メディアへの露出度が高い拳銃である。 コルト・トルーパー [編集 ] 詳細は「」を参照 登場作品 [編集 ] ローマンは日本のメーカー大手であるからが発売されており、この製品はモデルガンの中でも作動が安定していたことと、当時の日本でモデルガン化されていたリボルバーの中では数少ない短銃身タイプ が充実していた製品であったことから、日本の刑事ドラマでは、および. ただし、製造国であるアメリカにおいてもマイナーな機種ということもあって、日本国外の作品にはほとんど登場していない。 映画・テレビドラマ [編集 ] 『』 会田刑事()がコルト・ローマン2インチのショートバレルを愛用。 『』 登場するほとんどの刑事が使用。 『』 港署の刑事が使用。 大下勇次()がTV『』から映画『』まで使用。 町田透()がTV『あぶない刑事』第1話「暴走」から第30話「黙認」まで使用。 『』 原田刑事()がPART2からPART3前期まで4インチモデルを使用し、PART3後期では2インチモデルを使用した。 『』 一係の多くの刑事が旧ローマン2インチを使用。 『』 真鍋刑事()と風間刑事()が4インチモデルを使用。 『』 刑事課課員のほとんどの刑事が使用。 『』 高見刑事(柴田恭兵)を筆頭に、広域捜査隊のほとんどの刑事が使用。 『』 風間刑事(柴田恭兵)が2インチモデルを使用。 『』 谷川刑事()が4インチモデルを使用。 『』 ルディ・バトラー() が使用。 前半ではパイソン6インチモデルを使用していたが、後半からトルーパー6インチモデルにすり替わっている。 『組織』 ジャック・コーディー()、マイラー()がローマン前期型を使用。 『』 カバコフ少佐()がローマン2インチモデルを使用。 漫画・アニメ [編集 ] 『』 の愛銃。 兄、槇村秀幸の形見の品。 ローマンMkIIIの2インチモデルを使用。 『』 オッチョ 落合長治 が新宿にて調達してきた拳銃の一つとしてMk. 劇中ではモンちゃん 子門真明 が携行した。 脅しのみで発砲はしなかった。 脚注 [編集 ]• 本項で採り上げるローマンとトルーパー、メトロポリタンポリスの3機種を指す• 具体的には、パイソンがリーフスプリング式と呼ばれるのに対して、MkIIIシリーズ(やこれ以降に登場したリボルバー)がコイルスプリング式と呼ばれている。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 本銃をモデルとした日本製のモデルガン。

次の

【個人的Gun備忘録コラム】コルト・ローマンと刑事ドラマが元気だった時代

コルト ローマン

特徴 [ ] コルト社の高級リボルバーとして知られるとは違い低価格であるが、暴発を防ぐ機構「セーフティ・コネクター」 Mk. 「ローマン」( Lawman:法執行人の意)の名が示す通り、向けの拳銃として設計されており、従来のコルトリボルバーと比較すると銃身の肉厚が増やされている。 弾薬としても使用でき、特に2インチモデルは小型でありながらもマグナム弾の発射が可能な拳銃となっている。 バリエーションとしてはエジェクターロッドシュラウドを持たない前期型とシュラウドを持つ後期型がある。 には「ローマンMk. III」は、基本設計はそのままでメカニズムに改良を加えた「Mk. Vシリーズ」に更新され、「ローマンMk. V」となった。 以降のアメリカにおいては非常にマイナーな機種となっている一方で、日本においては日本のメーカーが製造したがから1980年代のにおいて多く使用されたため、比較的メディアへの露出度が高い拳銃である。 コルト・トルーパー [ ] コルト・トルーパー Mk. III に発売されたコルト社のマグナムリボルバー。 ローマンと同様に当時のコルト社のリボルバーらしく、エジェクターロッドハウジングが無く、サイトはフロントが同様のランプタイプで、リアがアジャスタブルタイプとなっている。 グリップは製のチェッカードグリップだが、オプションでターゲットグリップも備わっている。 弾に対応するモデルも存在。 2年後のに同社の傑作であるパイソンが登場したため、地味な存在となってしまったが、ローマンMk. IIIの発売と同時期の1969年に、生産性に長けた焼結金属を多用したパーツに加え、社のを思わせるエジェクターロッドハウジングを持ち、グリップ内にコイルトリガースプリング、セーフティ・コネクターを内蔵した「 トルーパーMk. III」にリニューアルされたことで、アメリカではある程度の知名度を持つようになった。 後にを使用する標準モデルの他に、ユーザーからの要望で. 22LR弾、弾を使用する派生モデルも製造されるようになった。 1980年代には「Mk. Vシリーズ」に更新され、パイソンを思わせるベンチレイテッドリブを持ち、トリガーフィーリング向上のためにトリガーメカニズムをショートアクションタイプとした「 トルーパーMk. V」となった。 このトルーパーMk. Vの銃表面のバフ磨き鏡面仕上げを省略した廉価版として「ピースキーパー」も作られたが、数年後には同社のやにとって代わられることとなった。 詳細は「」を参照 登場作品 [ ] ローマンは日本のメーカー大手であるからが発売されており、この製品はモデルガンの中でも作動が安定していたことと、当時の日本でモデルガン化されていたリボルバーの中では数少ない短銃身タイプ が充実していた製品であったことから、日本の刑事ドラマでは、および. ただし、製造国であるアメリカにおいてもマイナーな機種ということもあって、日本国外の作品にはほとんど登場していない。 映画・テレビドラマ [ ] 『』 会田刑事()がコルト・ローマン2インチのショートバレルを愛用。 『』 登場するほとんどの刑事が使用。 『』 港署の刑事が使用。 大下勇次()がTV『』から映画『』まで使用。 町田透()がTV『あぶない刑事』第1話「暴走」から第30話「黙認」まで使用。 『』 原田刑事()がPART2からPART3前期まで4インチモデルを使用し、PART3後期では2インチモデルを使用した。 『』 一係の多くの刑事が旧ローマン2インチを使用。 『』 真鍋刑事()と風間刑事()が4インチモデルを使用。 『』 刑事課課員のほとんどの刑事が使用。 『』 高見刑事(柴田恭兵)を筆頭に、広域捜査隊のほとんどの刑事が使用。 『』 風間刑事(柴田恭兵)が2インチモデルを使用。 『』 谷川刑事()が4インチモデルを使用。 『』 ルディ・バトラー() が使用。 前半ではパイソン6インチモデルを使用していたが、後半からトルーパー6インチモデルにすり替わっている。 『』 ジャック・コーディー()、マイラー()がローマン前期型を使用。 『』 カバコフ少佐()がローマン2インチモデルを使用。 漫画・アニメ [ ] 『』 の愛銃。 兄、槇村秀幸の形見の品。 ローマンMkIIIの2インチモデルを使用。 『』 オッチョ 落合長治 が新宿にて調達してきた拳銃の一つとしてMk. 劇中ではモンちゃん 子門真明 が携行した。 脅しのみで発砲はしなかった。 『』 ロイ・コールマン刑事が4インチモデルを使用。 脚注 [ ]• 本項で採り上げるローマンとトルーパー、メトロポリタンポリスの3機種を指す• 具体的には、パイソンがリーフスプリング式と呼ばれるのに対して、MkIIIシリーズ(やこれ以降に登場したリボルバー)がコイルスプリング式と呼ばれている。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 本銃をモデルとした日本製のモデルガン。

次の