ハムスター 目 が 開か ない。 目の中・目の周りにできる病気 ハムスターの病気

ハムスターの目が開かないのは寿命が近い証拠?考えられる原因は?

ハムスター 目 が 開か ない

目が開かない 二日ほど様子を見ていたら少しずつ目ヤニのようなものが上下に広がり、片目の開きが小さくなってしまいました。 ネットで調べると結膜炎などの情報が・・・! ただちに病院へ連れていきました。 診断「ものもらい」 どうやら原因は ものもらいだったようです。 ものもらいには、 麦粒腫と 霰粒腫というものがあり、麦粒腫の場合は細菌が入ってしまったことが原因なので、 抗生剤を投与し治療をするそうです。 (霰粒腫の場合は細菌が原因ではないので治りが遅いとのことです。 ) 我が家のハムスターは細菌の入ってしまった麦粒腫とのことで、 飲み薬を処方されました。 ネットの情報では目薬を処方されている方が多かったので、てっきり目薬かと思っていましたが、ハムスターに目薬をさすのはなかなか難しいとのことで、ここの病院では飲み薬でした。 1回3滴を1日2回。 どうやらシロップのようで甘いらしく、ハムちゃんも自ら寄ってきて美味しそうに飲んでくれました! 一週間ほどで治ると言われ、ほっとしました。 動物病院にかかった費用 まず動物病院に電話をし、ハムスターの症状を伝え、大体の値段をわかる範囲で教えていただきました。 その時の回答は、 5000円かからないくらいとのこと。 また症状を見て追加で検査などをする場合は上乗せになりますとのことでした。 そして、実際にかかった費用は、 3780円。 思ったより安かったです。 内訳は、 初診料1500円、診察料500円、内服薬処方料300円、薬代1200円でした。 初診料などは各動物病院のホームページなどに記載されていることが多いので、だいたいの目安になるかと思います。 その後の目の具合 そして一週間ほど経ち薬もだいぶ減ってきました。 ハムちゃんの目の周りはだいぶ治ってきました! まだ上瞼の方は目ヤニのようなものが残っているのですが、下瞼に広がった腫れは完全に治り、目もパッチリ開くようになりました。 上瞼の腫れは完全に消えるまでまだ時間がかかりそうですが、ひとまずこれ以上広がらず治ってきているので安心しました。 ちょっとした目ヤニなら湿らせた綿棒で取ってあげるという手段もあるそうですが、放っておくと広がってしまう可能性があるので、気づいた時点で 病院に連れていくことをおすすめします。

次の

ハムスターの目やに・目が開かない時の原因や対策は?

ハムスター 目 が 開か ない

つぶらな瞳が可愛らしい ハムスターですが、 そんな ハムスターの目が 開かない 状態をみたことはありませんか? ハムスターを飼育したことのある方なら 何度か経験のある方もいるかと思います。 ハムスターは視力もあまり良くなく、 意外と自分の目に対して無関心ですが、 そのような状態を見たら、 飼い主は心配になってしまいますよね。 ハムスターの目が開かない場合、 すぐに戻ることもあれば、 実は寿命が近い証拠 の場合 もあるんです。 今回は ハムスターの目が開かない 場合に考えられる原因 についてご紹介していきます。 後半では寿命や病気以外の 考えられる原因についても ご紹介していきます。 ハムスターの目が開かない状態で 心配されている方は ぜひご覧下さい。 ハムスターの目が開かないのは寿命が近い証拠なの? ハムスターはあまり 弱っている部分を 飼い主には見せない動物ですが、 そんなハムスターでも 高齢になると さまざまな 老化現象が起こり始めます。 そして寿命が近づくと、 さらに変化が見られるようになり、 目にも変化が現れます。 目が白く濁り見えにくくなったり、 さらに寿命が近くなってくると、 目が開かなくなることがあります。 一旦そのような症状が軽減しても また少しすると酷くなったり、 目が開かなくなるのは 亡くなる前兆とも言われています。 また同時に目やにが見られる こともありますが、 この場合は何かの感染症の 可能性 もありますよ。 ハムスターは 高齢になると、 抵抗力もなくなってくるので、 病原菌に感染することも多くなります。 このような老化現象が見られたら 他の病気にもなり兼ねませんので、 飼育環境を工夫するなどの 事前の事故防止が大切です。 また寿命が近いと考えられる場合は、 できるだけ落ち着いた環境で過ごせる ような配慮も必要になってくるでしょう。 寿命について こんな記事を見つけましたので 良かったらご覧下さい。 だいたいの寿命を分かっていると いざというときの心構えができますね。 ハムスターの目が開かない原因は何? では実際には何が原因なのでしょうか? 考えられる原因について 詳しくご紹介していきます。 目が閉じているといっても、 完全に閉じているのか 薄目を開けているのか、 また 両方の目が閉じているのか 片目だけなのかなど 症状の出方は様々です。 また涙の有無や瞼の腫れ、 食欲の有無なども 同時に観察してあげましょう。 目が開かない原因を知り 早めに対処してあげることが大切です。 1.角膜炎 目が開かない状態に加えて 目が赤かったり、 涙や目やにが出ている場合は、 角膜炎の可能性もあります。 目の角膜を傷つけてしまい、 そこが炎症を起こす目の病気です。 痒みや目やにが気になり ハムスターが目を気にして掻くので、 放っておくとどんどんひどくなります。 原因としては主に 床材によるアレルギー反応や 細菌による感染です。 またトイレ砂やゴミ、 ホコリが目に入ってしまい 目をこするうちに炎症してしまう こともあります。 アレルギーの原因となる床材や トイレ砂を使用しないなどの 対処が必要になります。 また 清掃の回数を増やしたり、 アルコール消毒など徹底した 消毒をすることが大切でしょう。 角膜炎は病院にて 点眼薬や抗生剤で治療していきます。 2.結膜炎 角膜炎と似た症状ですが、 眼球とまぶたを覆う結膜が 炎症を起こすと結膜炎になります。 こちらも目が開かない状態に加えて 目が赤かったり 涙や目やにが出ている場合があります。 角膜炎ともに細菌の感染を抑える 抗生剤と点眼薬を用いることで 多くの場合症状が改善しますよ。 3.マイボーム腺腫 目の赤みに加えて 目ヤニが酷かったり、 まぶたが腫れて目が開かない場合、 マイボーム腺腫という病気が疑われます。 まぶたの内側にある、 眼球のうるおいを保たせるために 油分をコントロールしているのが マイボーム腺ですが、 その マイボーム腺が詰まったり 機能しなくなり、 膿んでしまう状態がマイボーム腺腫です。 こちらは体質が原因の病気で、 特に予防法もありません。 動物病院に連れて行き 適切な治療をしてもらいましょう。 4.アレルギー症状 何かのアレルギーによって 目が開かなくなっている場合もあります。 目やにやくしゃみや皮膚炎など 他のアレルギー反応が現われていないか チェックしてみましょう 主な原因として多いのは、 床材やえさです。 床材が目や呼吸器に入り、 アレルギー反応を 引き起こしてしまうのです。 しっかりとゲージを清掃するなど 飼育環境の改善が必要です。 エサについても 成分表示をよくチェックして、 着色料や添加物が含まれていないものを 選ぶことも大切です。 ハムスターによって アレルギー物質はさまざまなので、 一番合うものを探してあげてくださいね。 ハムスターの目が開かないのは目の病気だけではない!? ハムスターの目が開かないのは、 目の病気以外の原因も考えられます。 分泌障害• 全身状態の低下• 衰弱や老衰 が原因となっている場合があります。 見えない部分の病気だと、 なかなか飼い主では判断が 難しいと思いますので、 目の異変に気が付いたら 動物病院で見てもらいましょう。 そのときに• 飼育環境• いつから目が開かないのか• 目が開かない頻度・時間• 食欲はどうか• 便秘や下痢はしてないか をしっかりと把握しましょう。 衰弱や老衰が原因の場合は 寿命が近いということです。 老化現象が見られるようになったら、 静かに余生を過ごせるように 環境を整えてあげましょうね。 動物病院に連れて行く際に 気になることはこちらにまとめて ありますので、合わせてご覧下さい。 ハムスターを運ぶ際は、 注意して運んであげましょうね。 ハムスターの目が開かない時に他に注意したい症状 その他に 目が開かない時に注意したい 症状をご紹介します。 ハムスターの目には 症状が表れやすいといっても、 目が開かなくなってからでは 手遅れになる病気もあります。 症状を理解し、 病気の早期発見に繋げましょう。 こちらはハムスターの寿命や 亡くなる前の症状をまとめたものです。 詳しくご紹介していますので ご覧くださいね。 1.目やにの有無・色 ハムスターの目が開かないときは 同時に目やにの状態を確認しましょう。 目やには風邪などの鼻水から きている場合もあります。 また目やにの状態から、 肺炎の可能性まで分かります。 ハムスターの風邪は、 短期間で亡くなる症例が多いようです。 早期発見はもちろんですが、 それ以前に風邪をひかせないよう 気をつけましょう。 2.まぶたに腫れはあるか まぶたが腫れている場合は、 麦粒腫やマイボーム腺腫の可能性 があります。 どちらも早めに病院にて 治療が必要ですので、 まぶたが腫れている場合は 動物病院に連れて行きましょう。 3.食欲は低下していないか 目が開かないのに加えて 食欲が低下していたら、 老衰のサインかもしれません。 ハムスターの老化が始まると、 エサが食べられなくなることが よくあります。 またエサの食べる量が 明らかに減っていきます。 さらに寿命が近くなると、 亡くなる前兆として エサを食べなくなります。 食べようとしても 上手く食べられなかったり、 頬袋に入れることができなくなります。 そのうちエサ箱で倒れて、 そのまま亡くなることもあるのです。 ハムスターにこのような老化現象 が見られるようになったら、 食事に対する配慮が必要です。 食べやすいように 工夫をしてあげましょう。 4.しっかりと歩けているか ハムスターは普段の生活で あまり目を頼りにしていないので、 何かの原因で視界が悪くなっても 意外と平気です。 耳や鼻で補うことができ、 歩行にはそこまで支障はありません。 ですので しっかりと歩けていなかったり ふらふらしているようであれば、 老衰や何かの異常が考えられます。 脳や耳の病気も考えられます。 放っておくと危険ですので、 動物病院で診てもらいましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回はハムスターの目が開かない 場合に考えられる原因について ご紹介してきました。 ハムスターの寿命は 2年~3年くらいといわれています。 大切に飼っていたハムスターが 寿命と言われたら、 とても悲しいですよね。 しかし どんな生き物でも 寿命を迎える日がきます。 ハムスターの寿命が近くなったら 優しく見守りながら、 静かに余生を過ごしてもらえるよう 配慮をしてあげましょう。

次の

ハムスターの病気/マイボーム腺腫(まいぼーむせんしゅ) ハムスターQ&A

ハムスター 目 が 開か ない

そのクリクリした小さな黒目にノックアウトされてハムスターを飼い始めたという方も多いのではないでしょうか? わたしたちにとっても目は非常にデリケートな部分で、涙が出たり、目やにが溜まりやすかったりという症状が現れることがあります。 同じようにハムスターも目に様々な症状が現れることがあります。 しかも少し目が飛び出しているようにも見えるハムスターは、実は目に関するトラブルがとりわけ多い動物でもあるのです。 今回はハムスターの「目やに」に注目して、目やにの種類や目やにに伴う気になる症状、目やにがひどい時の原因と対処法をご紹介します。 スポンサーリンク 目やにの症状 白い目やに 白い目やにはそれ単体の症状なら気にすることはありません。 白い目やにはわたしたちと同じようにハムスターも目やにが出るのは普通のことです。 もしハムスターの目やにが白い目やにで、大量に出ているわけではない時はそれほど心配する必要はないでしょう。 でも、角膜炎や結膜炎の初期症状では白い目やにが出ることがありますので、その後の経過を注意して見守るようにしましょう。 黄色や緑色の目やに 白い目やにが黄色や緑色の目やにに変わってくると、通常の目やにではなく目に膿が溜まっている可能性があります。 目に膿が溜まってしまう病気としてはマイボーム腺腫、または結膜炎、角膜炎が悪化して膿が溜まっている状態が考えられます。 目やにに伴った出血がある 強いかゆみによってハムスターが自分で目をかいてしまい、出血してしまう場合があります。 また、結膜炎などは目が充血して血がにじんだような状態になることがあります。 目やにに伴って下痢をしている 人間も感染するアデノウイルスに感染しているかもしれません。 子どもたちがプールで感染することが多いため、「プール熱」とも呼ばれ、結膜炎などの症状と共に下痢を伴います。 目やにの取り方 目やには放っておくと上記のような病気になってしまうので、取り除き清潔にしてあげましょう。 綿棒を濡らして、目やにの部分をそっとなでるようにして素早く目やにと取り除きます。 濡れティッシュなどは水を含みすぎる、また目にティッシュのカスがついてしまうことがあるのでよくないです。 目の中にゴミが入っているときは、生理食塩水をスポイトで垂らして取り除く方法があります。 このとき、体にかかった水はすぐに拭いて乾かします。 スポンサーリンク 目やにの症状がひどい場合 ハムスターも自然に目やにが出ることはありますが、常に目やにが付いている状態だったり、目が開かないほどに目やにが大量に出ている場合は体の異常サインと考えられます。 ハムスターの目やにの原因としてどのようなことが考えられるでしょうか? 白内障 わたしたち人間と同じようにハムスターも白内障になることがあります。 目やにの原因がこの白内障の場合、目やにという症状に加えて眼球の白濁が見とめられるはずです。 白内障は主に老化によって引き起こされますが、内臓に問題がある場合にも白内障にかかってしまうことがあります。 特にハムスターが糖尿病にかかっているには目に疾患が現れる場合が多く、白内障もその症状の一つです。 老化が原因の白内障への対処法 白内障の原因が老化の場合には、ハムスターの目は小さすぎるため人間と同じように手術を施すことはできません。 飼っているハムスターが年齢を重ねて目が見えなくなってしまうのは悲しいことですが、もともとハムスターは視覚よりも嗅覚や聴覚に頼って生活している動物のため、もし白内障によって目が見えなくなってしまっても生活に大きな支障がでることはありません。 それでも、周囲の事柄に気付きにくくなったり、障害物にぶつかりやすくなったりしてしまうかもしれません。 それで老化による白内障の場合は、聴覚や嗅覚に頼って生活ができるように注意してあげましょう。 私の場合も飼っていたハムスターが2歳くらいになって動きが鈍くなり、目が見えていないのかな?と感じる行動をとっていた事がありました。 そのような時には掃除の際にゲージ内や巣箱の匂いを決まった場所に残してあげるようにし、エサをあげる際にも決まった声掛けをするなどの工夫をしていました。 たとえ老化によって目が見えなくなったとしても、少しの工夫でさらに長くハムスターと生活することができます。 老化以外が原因の白内障への対処法 一方、白内障になるには若すぎる(ハムスターは生後1年でおおよそ人間の30代半ばくらい)、または飼育ゲージ内が匂うなどの症状がある場合、老化による白内障ではなく、糖尿病を発症している可能性が高くなります。 原因が糖尿病の場合、お薬による治療が必要になりますので早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。 家庭でできる対処法としては、人間の食べているものを決して与えない、エサはナッツ、ミルワームなど高脂質なものを控えるようにすることが有効です。 角膜炎 角膜炎は目の表面にある角膜が傷つき炎症を起こした状態を言います。 症状としては目やにの他に、目の表面に薄い膜が張ったように見えたり、常に目を気にするような行動をとるようになります。 少し目が飛び出ているように見えるハムスターは特に目の表面を傷付けてしまうことが多く、角膜炎はハムスターの目に関連して、とても起きやすい病気のひとつです。 角膜炎は目の角膜が傷ついて起こる病気ですので、飼育ゲージ内の床材や遊び道具、複数飼育している場合にはケンカなどによって角膜が傷つき、発症します。 角膜炎への対処法 角膜炎をそのままにしておくと、角膜の傷ついた部分から細菌が目に入り込み最悪の場合失明してしまう可能性もあります。 たしかにハムスターは目にあまり頼らない生活をしていますが、角膜炎の場合すぐに動物病院で治療を受ければ、点眼などのそれほど大掛かりではない治療で治るので、早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。 いったん角膜炎が治ったとしても、角膜を傷つける原因となるものを取り除かなければ再び同じ病気にかかってしまうかもしれません。 ハムスターの行動を観察して、目を傷つける原因になっているものが何か無いか注意するようにしましょう。 具体的にはチップの中に含まれている硬い棒状の木くずや、プラスチック製の巣箱や回し車などの出っ張った部分などでも目を傷付けてしまうことがあります。 気になるものが見つかったら新しいものと交換したり、やすりなどを使って出っ張りを無くすようにしましょう。 結膜炎 結膜炎はたいてい目を擦ったり、汚れたものが目に触れることで発症します。 角膜炎とは炎症を起こす場所が違うだけで症状としては似ています。 しかし、かゆみが伴うので目を擦りすぎて目が充血したり、出血したりすることもあります。 結膜炎はウイルスや細菌が原因で炎症を起こすことがほとんどのため、トイレが定期的に交換されず不衛生な状態だったり、角膜炎と同じように目を傷つけてしまい、その傷に細菌が入って発症してしまいます。 結膜炎への対処法 ゲージ内のホコリやごみには細菌やダニが発生しやすい条件がそろっています。 ハムスターがその中を歩き、その手足で目を擦ると結膜炎になってしまうのです。 それで、飼育ゲージ内はいつも清潔な状態を保つようにしましょう。 また、ハムスターを触る際にもわたしたちがしっかりと手を洗ってから触るようにしましょう。 ハムスターからわたしたちが病気をもらってしまうこともありますが、実は逆にわたしたちからハムスターに移してしまう病気も多いのです。 結膜炎も角膜炎と同じように点眼薬などで治療することができます。 でも、ハムスターに点眼薬をしてあげるのは結構難しいです。 わたしも挑戦しましたが、断念しました。 動物病院の先生の指導の下に行いましょう。 マイボーム腺腫 マイボーム腺という目の内側にある分泌腺に膿が溜まる病気です。 マイボーム腺腫への対処法 分泌物が膿のように溜まっているだけならそのまま取れて無くなることもあるようです。 綿棒に点眼薬を少し付けてやさしく拭くようにして、目やにを取り除いてあげましょう。 基本的には体質によって分泌物が溜まってしまう病気なので、繰り返しかかってしまう病気かもしれません。 脂質の高い食べ物を避けるようにして、分泌物が過剰に出ないようにしてあげましょう。 プール熱(アデノウイルス) 結膜炎のような症状に、下痢や発熱など風邪のような症状がでます。 水によってウイルスが感染することもありますが、そのほかにも飛沫感染や接触感染もする病気です。 アデノウイルスへの対処法 感染しないようにするのが一番の対処法です。 わたしたち人間との接触によって感染することが多い病気ですので、ハムスターに触れる前には必ず手を洗うようにしましょう。 また、飛沫感染もするためお子さんなどに同じような症状が出ている場合、ハムスターの飼育ゲージを隔離するようにしましょう。 下痢が続く場合には、次第に衰弱してしまいますので早めに動物病院へ連れていき抗生剤などで細菌を体から除くようにしましょう。 まとめ ハムスターの体の中でも特に弱い器官である目。 目に関してハムスターが感染する病気や症状もさまざまです。 わたしたちからも異常がすぐに確認できる部分でもありますので、何か異常を見つけたらすぐに対処するようにしましょう。 スポンサーリンク - , , , , , , ,.

次の