オタクに恋は難しい実写化。 『ヲタクに恋は難しい』映画実写版・DVDの発売日やレンタル・動画配信はいつ?|*るなわんメモ*

内田真礼:映画「ヲタクに恋は難しい」で本人役 賀来賢人が熱狂する声優アイドルに オリジナル楽曲披露

オタクに恋は難しい実写化

(C)ふじた/一迅社 (C)2020 映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会 2020年2月7日より全国劇場公開され、興行成績13億円超えの大ヒットを記録した映画『ヲタクに恋は難しい』が、ファン待望のBlu-ray&DVDとなって2020年8月19日に発売されることが決定した。 本作は、数々のWebマンガランキングで1位を獲得し、単行本化&TVアニメ化され、累計発行部数900万部を突破する大人気漫画の実写映画化。 隠れ腐女子のOLと重度のゲームオタク(ヲタク)の幼なじみが繰り広げる不器用なラブストーリー。 監督は、「勇者ヨシヒコ」『銀魂』シリーズ、そして「今日から俺は!!」を手掛ける超ヒットメーカー・福田雄一。 主演には、共に福田組経験者である高畑充希と山﨑賢人の初共演が実現し、思わず応援したくなる不器用すぎるヲタクカップルを演じ切った。 また、菜々緒、斎藤工のほかに、福田作品には欠かせない賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗など、個性豊かな俳優陣が脇を支えた。 Blu-rayとDVDのスペシャル・エディションには、福田作品ならではのアドリブ満載の撮影風景を収めたメイキング映像や、泣く泣くカットされた主演2人のダンスシーンや禁断のBL妄想シーンの未公開映像などの映像特典のほか、作品をより楽しめる仕様となっている特製しおりが封入されるなど、特典盛りだくさんな内容になっている。 発売決定に際し、高畑、山﨑、福田の3名よりコメントが届いている。 <桃瀬成海役:高畑充希コメント> 歌ありダンスありコント(?)ありの、楽しい映画になっています。 撮影中は、みんなで汗だくでダンス練習したり、普段出来ないようなコスプレをさせてもらえたり。 その裏側が、たっぷり特典映像で覗ける…はず!です。 笑 個人的にはやっぱり、コスプレのコスチュームを身体に合わせて作っていただけたことに感激してしまって、とても印象に残っています。 バイオハザードのリサトレヴァーとか。 凄かったな、、。 いま、おうちで過ごす時間が増えている方も多いと思いますが、ヲタ恋を観て、笑って、おうち時間を少しでも明るく楽しいものにしていただけたらとっても嬉しいです。 そして、一緒に踊って歌ってくれたら、尚更嬉しい! おうち版の応援上映、のような。 私には振り付けが難しすぎる曲もあったりして、私自身はヒーヒー言いながら練習していましたが、もし良かったらおうちで振りを覚えて一緒に踊ってみてくださいね。 <二藤宏嵩役:山﨑賢人コメント> ダンスは昔から苦手意識が強く、福田監督にも「ダンサーの血が流れていない!」と言われたので、とにかく練習に励みました。 ライブでのヲタクダンスがとても難しかったのですが、ダンサーの人達全員との間に連帯感が生まれ、ダンサーズハイになりました(笑)。 歌はボイトレにも定期的に通い、喉の筋肉を使うことや色んな発見があって感動しました。 レコーディングでは、鷺巣さんがすごくシンプルにわかりやくす指導してくださり、歌だけじゃなくて色んなことにも今後活かせそうです。 共演した高畑さんには助けてもらいながら楽しく演じることができました。 ミュージカルシーンは安定感も抜群で本当にすごいです!福田監督には毎回新しい扉を開けてもらっている気がしていて、前作では初のコメディで、今回はミュージカルとヲタクの世界に導いてもらいました。 ぜひに、楽しんでもらえればと思います! <福田雄一監督コメント> 「ヲタクに恋は難しい」はまさに制作陣にとっても難しい映画でしたね。 なんといっても今まで全く知らなかったジャンルに飛び込んでいかないといけない。 ヲタク同士がヲタク同士であるがゆえになかなか恋の行方が定まらない・・・というコンセプトが面白い!! ということでお受けしてしまった仕事だったので、その後、あれだけ大変な作業が待っているとは思いませんでした。 僕もそこそこヲタクだと思っているのですが、踏み込んでみると、深い深い!!スタッフみんなでアニメイトに通って資料探しに明け暮れました。 やはりこの映画、ヲタクでない人にも観て欲しいですが、ヲタクの皆さんに認めてもらわないと何も始まらないと思ったので、そこのリサーチはしっかりやったつもりです。 高畑充希ちゃん演じる隠れ腐女子にはBLという専門分野が山﨑賢人くん演じるゲーヲタには、もちろんゲームの専門知識が必要。 制作陣も頑張りましたし、役者さんたちもとても頑張ってくれたと思います。 高畑、山﨑、斎藤工くん、菜々緒ちゃんの4人には特に役作りを頑張ってもらったと思います。 で!!ヲタクではない人たちに観てもらうための策として「ミュージカル要素」を取り入れました。 なんかヲタクとミュージカルって、アニメみたいなもので通じると思ったんですよね。 だから僕らはこの映画を2.5次元ミュージカル映画と呼んでました。 本格的ではないけど、どこかアニメと通じるミュージカル映画・・。 楽しんで頂ければと思います。 ヲタクワールドとミュージカルのカオスっっ!!! きっと登場するヲタクたちが可愛らしく見えてくるはずです・・・。 内田真礼 ・次回予告風 「三大神、降臨!? ヲタク大ピンチ!! 内田真礼 ・次回予告風 「三大神、降臨!? ヲタク大ピンチ!! 内田真礼 ・次回予告風 「三大神、降臨!? ヲタク大ピンチ!! 内田真礼 ・次回予告風 「三大神、降臨!? ヲタク大ピンチ!! ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は廃人クラスの重度のゲームヲタク。 そして成海もまた、マンガ・アニメ・BLをこよなく愛する隠れ腐女子であった。 周りの人々にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を何よりも恐れている成海はその本性を隠しており、真実の自分をさらけ出せるのはヲタク友達の宏嵩の前だけ。 会社が終われば2人はいつもの居酒屋でヲタ話に花を咲かす。 男を見る目がない事を嘆く成海に対して宏嵩は「ヲタク同士で付き合えば快適なのでは?」と交際を提案。 こうして2人はお付き合いすることに。 お互い充実したヲタクカップルライフを始めるはずだったが、時に恋愛とは我慢、妥協、歩み寄りが必要なもの。 19(水) ブルーレイ&DVD 発売!.

次の

菜々緒『ヲタクに恋は難しい』で男装コスプレに挑戦

オタクに恋は難しい実写化

映画『ヲタ恋』のあらすじ 主人公・桃瀬成海は26歳のOL。 漫画やBLが大好きな腐女子ですが、会社ではヲタクであることを秘密にしています。 そんな中、成海は転職先で 二藤宏嵩と再会します。 宏嵩は幼馴染であり、廃人クラスのゲームヲタク。 成海が腐女子であることを知る、数少ない人物です。 ヲタバレを恐れて恋愛ができない成海に、宏嵩は「ヲタク同士で付き合えば快適じゃない?」と提案。 そこから2人のヲタクカップルライフが始まるはずだったのですが… そこには数々の困難が待ち受けていたのです。 実写キャストについての口コミ 『ヲタ恋』のメインキャストは高畑充希・山崎賢人・菜々緒・斎藤工の4名。 役柄は以下のとおりです。 画面が華やか。 とても豪華なキャストですが、このキャストについては 賛否両論ありました。 漫画の実写化なので、いつものごとく「俳優とキャラのイメージが合ってない」という意見があったワケですよ。 「ヲタクに恋は難しい」のビジュアルが出たけど、やっぱりダメだわ。 実写化反対勢なんだけど、再度ダメだ。 菜々緒ちゃんだけ有りかな。 管理人としては、花子=菜々緒がイメージ通りだったので嬉しいですけどね。 映画の評判は?面白いかつまらないか 次に『ヲタ恋』のストーリーや全体的な評判について、ネット上の口コミをまとめました。 結論から言うと、賛否両論です。 ラ・ラ・ランド風のミュージカル映画なので、内容的には一般人が見ても楽しめます。 福田監督ならではの小ネタも多いので、クスっと笑えるシーンが多数。 そして高畑充希と山崎賢人の出番が多いので、2人のファンなら楽しめるでしょう。 ただし口コミを見たところ、原作ファンからは厳しい評価が多いようです。 その理由ですが、まずストーリーが『ヲタ恋』の原作とかけ離れていること。 そもそもキャラが違うので、違和感がありました。 そして 花子&樺倉カップルの共演シーンが2~3分しか無いのもマイナス点。 かくいう管理人も、菜々緒さんの出番が少なくて絶望しました。 花子&樺倉のわちゃわちゃが見たかったので、かなりショックでした… 以下、口コミの感想をまとめたので参考にしてみてくださいね。 こんなこと言っていいのか分からないけど、本音を言うともっと面白くないかと思ってた(超小声)。 悪かった点、原作どこいった?ヲタの気持ち悪さをデフォルメして笑いにしてて笑えなかった。 原作好きな人には…うーん…。 オタク的な小ネタはいろいろ有り。 オタクなのでぼくはその辺厳しいよ。 ちなみにぼくか一番好きなオタク用語は悪いオタクが使う「悲しいことがありました」です。

次の

【最新予想】ヲタクに恋は難しい実写キャストを原作キャラと比較してみた。

オタクに恋は難しい実写化

CONTENTS• 長編映画化に合わせて大胆に取り込まれたミュージカルパートは『シン・ゴジラ』『新世紀エヴァンゲリオン』などの音楽を担当してきた鷺巣詩郎を起用する本格仕様です。 映画『ヲタクに恋は難しい』のあらすじとネタバレ 26歳のOL桃瀬成海は、転職先のIT系企業で幼馴染の二藤宏嵩と再会します。 軽い挨拶だけでやりすごそうとうした成海ですが、宏嵩は何気ない様子でコミケにはいくのか?と聞いていきます。 その場を何とかしのいだ成海は、夜に宏嵩を呼び出します。 実は、成海はBL大好きな隠れ腐女子でした。 一方の宏嵩は極度のゲーヲタですが、そのことを職場で隠す気もなく周囲の人間にも知られていまが、仕事がデキるので、あまり問題視されていません。 そこで、宏嵩はヲタク同士で付き合えば、ヲタバレなどの余計な気遣いもしないで済むし、フォローもしあえるから自分と付合えばいいのではと提案します。 ヲタバレを気にしないで良いという言葉に飛びついて交際を始めることにした成海。 気軽にヲタクライフを過ごすことができると思っていたものの、そんなことよりもはるかに難しい恋という障害に悪戦苦闘することになります。 それはやがて、先輩社員カップルの樺倉太郎と小柳花子を巻き込んでいきます。 微妙に溝ができてしまう二人。 そして、宏嵩が成海にも知らせずに溜まっていた有給休暇を使って社内から姿を消します。 メールの返信もなく気を揉む一方の成海…。 ある時、急に宏嵩に呼び出された成海が駆けつけた場所は、なんと声優アイドルのライブ会場。 同僚で古参声優ドルヲタの坂元と、おそろいの法被姿でヲタ芸に挑む宏嵩の姿を見た成海は、戸惑いを隠せません。 さらに、その後訪れた宏嵩の部屋は全体に萌えキャラのグッズで溢れかえっていました。 突然の宏嵩のキャラ変に加えて、仕事で顔も言動も怖い樺倉太郎のサポート役をすることになった成海は、公私で忙しさと混乱に巻き込まれてしまいます。 しかし、成海は冷静になって思い返してみると、それは自分の守備範囲ではないジャンルにも必死に手を伸ばして、成海と趣味を共有しようとする宏嵩の努力だったことに気が付きます。 とてつもなく不器用な宏嵩の愛情表現に苦笑いをしながらも嬉しさも感じる成海。 結果的に恋人としても少し距離が詰まった二人は手を繋いでゲームセンターに向かうのでした。 福田福田雄一監督は、 原作の短いエピソードの中から主役二人の恋物語のエピソードを抽出して、大きな物語の縦軸を作ったうえで、ミュージカルパートをふんだんに盛り込み右に左に話を踊らせています。 入口こそ特殊ですが、そこを超えればシンプルな恋に不器用な者たちのラブストーリーとなっていて、とても楽しめ、多幸感に溢れた映画になっています。 高畑充希と山崎賢人のキャラクターへの寄せ具合も絶妙です。 先輩カップルも含めて役者の実年齢で見るとちょっとちぐはぐな感じもあるのですが、再現度が高くてあまり気になりません。 主役2人に焦点を合わせた結果、 先輩カップルの出番の短さが少し物足りなくも感じるので、早くも続きが欲しくなります。 まとめ 「銀魂」シリーズや「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督のもとに、高畑充希、山崎賢人、佐藤二朗、若月佑美、賀来賢人、今田美桜、ムロツヨシ、菜々緒、斎藤工といった豪華キャストが集結しました。 基本的には コミックの一巻の中だけでエピソードで構成されているので、全体の流れで見れば、まだスタートラインにたどり着くまでのの物語になっています。 そのため、 原作に触れていなくても予備知識が要らない作りになっていて、ビギナーでも充分に入り易く楽しめる作りになっています。 短いエピソードが続く原作を長編映画にするために福田雄一監督が選んだ手段が、なんとミュージカル映画への大胆なアレンジということにも驚かされますが、『シン・ゴジラ』などの鷺巣詩郎を起用するなど本格仕様。 2007年から2012年の間、 ミュージカル舞台『ピーターパン』を5年務めただけあって、高畑充希の歌唱とダンスシーンは本格的です。 2019年に『ダンス・ウィズ・ミー』や『少年たち』と言ったミュージカル邦画がありましたが、本作ではヲ タク・コスプレイヤーの世界という特殊な住人が出ることで、さらに一歩踏み込んでミュージカル映画の違和感をも丸々飲み込んだような作りになっています。 程よい笑いと苦笑いが混じった娯楽作品として、充分に機能した作品となっている作品です。

次の