えのき おつまみ。 えのきのレンジで作る簡単レシピ!包丁不要のレシピも紹介

超カンタンなお酒のアテネタ 豆腐だらけのおつまみ50選!| おつまみレシピ | アサヒビール

えのき おつまみ

ひき肉• たまご• 片栗粉• えのき• ボウルにひき肉を入れたら、醤油、たまご、片栗粉を入れて柔らかくなるまで混ぜていきましょう。 しっかりなじむまで混ぜていきます。 十分に馴染んだら、えのきとねぎを入れていきましょう。 ひき肉と混ぜ合わせるようにして合わせていきます。 全体が混ざったら、4等分しやすいように切れ目を入れておきましょう。 手に水を付けた後、だいたいで良いので4等分に分けていきます。 ざっくりと分けた後は、きれいに4等分になるようにして調節をしてください。 分けることができたら、生地を小判型に丸めていきます。 フライパンに油を敷いたら、きれいに形を整えながら焼いていきます。 片面が焼けたら、蓋をしてもう片面も焦げ目がつくまで焼いていきましょう。 お皿に盛り付けたらえのきを使用したメインのおかずレシピの完成です。 豚バラ肉200g• えのき1パック• 塩コショウ少々• 片栗粉適量• サラダ油大さじ1• 酒大さじ1• みりん大さじ2• しょうゆ大さじ2• 砂糖大さじ1• おろししょうが小さじ1• まず、えのきは石づきの部分を切り落としておきましょう。 豚肉はまな板の上などに広げて置き、塩コショウをします。 えのきは小房に分けて置き、豚肉の上に置いたらくるくると巻いていきましょう。 えのきを豚肉で巻けたら、その豚肉に片栗粉をまぶしていきます。 フライパンにサラダ油を適量入れて熱していきましょう。 先ほど片栗粉を付けた、えのきを豚肉で巻いたものを転がしながら焼いたら、全体的に焼き色が付くまで焼いていきます。 その後、蓋をしたら3分ほど蒸し焼きにしていきましょう。 フライパンに酒、みりん、しょうゆ、砂糖、おろししょうがを加えて煮絡めたらメインのおかずになる、人気のえのきレシピの完成となります。 鶏ひき肉200g• 溶き卵1個• えのき100g• サラダ油大さじ1• 酒大さじ1• しょうゆ小さじ1• おろししょうが小さじ1• 片栗粉大さじ1• 塩コショウ少々• 酒大さじ1• みりん大さじ1• しょうゆ大さじ1• まず、えのきは石づきをカットし、小房に分けておきましょう。 小房に分けたえのきは1cm幅ごとにカットしておきます。 ボウルに鶏ひき肉、えのき、もやし、溶き卵、 オレンジ色の材料 を入れたら粘り気が出るまで混ぜていきます。 6等分にしたら、たねを小判型に成形していきましょう。 フライパンにサラダ油を敷いたら、中火で熱していきます。 先ほど混ぜたたねを入れたら、3分ほど焼いてたねに焼き目を付けます。 続いて裏返したらフライパンに蓋をして、肉に火が通るまで焼いていきましょう。 弱火で3分ほどとなっています。 えのき2袋• 春雨50g• 鶏ひき肉100g• ごま油小さじ2• 卵黄1個• 白いりごま適量• 砂糖小さじ1• お酢大さじ2• しょうゆ大さじ2• オイスターソース大さじ1• ごま油大さじ1• ます、えのきは石づきを切り落として小房に分けておきましょう。 ねぎは小口切りにカットしておきます。 ボウルに オレンジ色の材料 を入れて、混ぜ合わせていきます。 お鍋に湯を沸かしたら、春雨を入れてほぐしていきましょう。 春雨がほぐれたらえのきを加えて、さっと茹でたら水を切ります。 ボウルに入れて、ごま油を加えたら器に盛りましょう。 フライパンに残りのごま油を入れたら熱して、ひき肉の色が変わるまで中火で炒めます。 オレンジ色の材料 のたれを入れたら3分ほど炒めて、3にかけます。 仕上げに卵黄を乗せて、ねぎ、白いりごまを散らしたらメインとして楽しめる、えのきを使用した人気レシピの完成となります。 豚バラ薄切り肉150g• えのき1袋• 豆苗1パック• 麺つゆ大さじ3• ごま油大さじ1• 白いりごま小さじ1• 豆苗、そしてえのきは根元を切り落として、半分の長さにカットしておきましょう。 豚肉は適度な大きさにカットしておきます。 豚肉も重なってしまわないようにして乗せて、先ほどの残りの豆苗、えのきを乗せていきます。 ふわっと3にラップをかけたら、600Wのレンジで4分ほど加熱しましょう。 ボウルにめんつゆ、ごま油、白いりごまを混ぜて入れて、4にかけたらメインで楽しむことが出来る、えのきを使用した人気のレンジ蒸しレシピの完成となります。 ごはんどんぶり2杯分• 豚ひき肉150g• 溶き卵2個• えのき200g• 刻み葱適量• ごま油大さじ2• 酒大さじ1• しょうゆ小さじ2• 豆板醤小さじ1• 片栗粉大さじ1• 水150ml• まず、えのきは石づきを落として、3等分ほどの長さにカットしておきましょう。 ボウルには、酒より下の調味料をすべて入れて混ぜておきます。 フライパンにごま油を入れて熱したら、溶き卵を入れて中火で混ぜます。 半熟の炒り卵のようになったら取り出しておきましょう。 フライパンにごま油を入れて熱して、豚ひき肉を入れたら中火で炒めます。 お肉の色が変わったら、えのきも加えて炒めます。 えのきがしんなりしたら調味料をいれて、とろみが付いたところで2を入れて混ぜます。 ご飯を盛り付けて、その上に4と刻みネギを盛り付けたらメインで楽しめるえのきレシピの完成です。 豚の薄切り150g• えのき100g• 塩コショウ少々• 酒大さじ1• 豚の蒸し汁• しょうゆ大さじ1• お酢大さじ1• コチュジャン少々• ニンニクチューブ少々• ごま大さじ1• キュウリ1本• まず、えのきの石づきを取ったら、食べやすい大きさにカットしておきます。 耐熱容器に豚肉、塩コショウ、えのきの順番で層にしたら並べていき、最後にお酒をかけます。 ふんわりとラップをかけたら、600Wのレンジで4分加熱しましょう。 3の調理の際に蒸し汁が出てきますので、その汁に醤油、お酢、蜂蜜、コチュジャン、ラー油、ごま油、にんにく、ごま油を加えたらよく混ぜておきます。 キュウリを千切りにしておきましょう。 お皿にキュウリを広げて、肉とえのきを盛り付けましょう。 6の上にたれをかけたらえのきで作る、人気の副菜レシピの完成です。 鶏むね肉1枚• 葱1本• 生姜1片• ニンニク1片• しょうゆ大さじ2• 鶏がらスープの素ひとつまみ• ごま油小さじ2• 酒小さじ1• 万能ねぎ適量• えのきは石づきを落として、半分にカットします。 ねぎは斜め切りにカットして、しょうが、にんにくはみじん切りにしておきましょう。 しょうがからごま油までの材料を合わせたら、よく混ぜます。 ボウルに鶏むね肉、塩、酒を入れたら揉みこんでおきます。 えのき、ねぎを乗せて4を上からかけます。 ふわっとラップをかけたら、500wのレンジで7分加熱します。 そのまま5分ほど置いておきましょう。 鶏肉を食べやすい大きさに切ったらお皿に盛り、具材やたれをかけたらえのきを使用した人気の副菜レシピの完成です。 厚揚げ1枚• えのき1袋• 生姜1かけ• 水150ml• 和風だし一つまみ• 柚子胡椒小さじ1• 酒大さじ1• みりん大さじ1• 砂糖小さじ1• 厚揚げは一口大にカットして、えのきは石づきをカットしておきます。 長さを2等分にしたら、適量にほぐします。 ニラは3cmほどにカットして、しょうがは千切りにしておきましょう。 オレンジ色の材料 を合わせておきましょう。 フライパンにサラダ油を入れて熱したら、厚揚げを両面焼いて一度取り出します。 軽くフライパンをふいたら、えのき、しょうがを炒めて調味料を加え、柔らかくなるまで中火で煮ていきましょう。 にらを加えて軽く煮たら、水溶き片栗粉でとろみをつけてえのきを使用した人気の副菜レシピの完成となります。 豆腐半丁• ベーコン4枚• ブロッコリー適量• 芽キャベツ4個• プチトマト6個• 塩コショウ適量• マヨネーズ大さじ2• ケチャップ適量• とろけるチーズお好みで• まずは、オーブントースターを予熱しておきます。 絹豆腐はレンジで軽く水気を切っておきましょう。 フライパンにオリーブオイル、玉ねぎ、ベーコンを炒めていきます。 2にえのきを炒めてブロッコリー、芽キャベツ、プチトマトを入れて塩コショウ、マヨネーズを入れて合わせていきます。 耐熱皿に豆腐をちぎって入れたら、炒めた野菜もそこに入れていきます。 ケチャップをかけて、その上からとろけるチーズをかけていきます。 予熱をしたオーブントースターで7分ほど加熱して、チーズが溶けたら完成となります。 玉子2個• かにかま適量• 牛乳小さじ1• ブロッコリー2房• しょうゆ小さじ2• えのき適量• しめじ適量• まず、餡を作っていきましょう。 えのきやシメジを細かくカットしたら、 オレンジ色の材料 と一緒に鍋に入れて煮立たせていきます。 とろみが付いてきたら、火を止めましょう。 人参、ブロッコリーは茹でて、細かくカットしておきます。 ボウルに卵を割り入れたら、手で細かくしたかにかまと2の野菜を入れて卵白を切るようにして混ぜていきましょう。 フライパンに多めの油を敷いたら、先ほどの3を入れて半熟ほどの状態で火を止めましょう。 その後は余熱で調理しておきます。 お皿に盛り付けたら、ごはんを4の上に滑らせてあんをかけてえのきを使用したレシピの完成となります。 鯵2尾• 木綿豆腐1丁• しょうが汁1かけ• 酒大さ時1• 片栗粉大さじ1• ごま大さじ1• 塩少々• ソーセージ10本• 蓮根50g• 豆腐の水切りをしていきましょう。 ニンジンは2cmほどの千切りにしてえのきは2cmほどの長さにカットしておきます。 玉ねぎ、れんこんは5ミリの角切り、ピーマンは粗目にみじん切りにしておきます。 鯵の身をスプーンで取り出してミンチにしておきましょう。 3に1の豆腐を加えてよく混ぜておきましょう。 調味料をさらに加えてよく混ぜておきます。 たねを適量取ったら、ソーセージを乗せてくるんでいきます。 成形したタネを170度の油で揚げたら、色づくまで揚げて いけばえのきを使用した人気レシピの完成です。 鶏モモ肉2枚• ぶなしめじ1パック• エリンギ2本• えのき1パック• ニンジン1本• なす1本• 大豆水煮缶1缶• ブロックベーコン適量• ニンニク1片• トマトピューレ1パック• コンソメ1個• ローリエ1枚• 水200ml• 塩コショウ適量• 砂糖一つまみ• パセリ適量• 鶏もも肉は一口大にして、えのきなどのキノコ類は食べやすい大きさにカットします。 大豆は水気を切っておきましょう。 ニンニクはスライスして、ベーコンは厚めの短冊切りにしていきましょう。 お鍋を熱して弱火でベーコンを炒めていきます。 ニンニクを入れて香りを移したら、お肉の色が変わったらなす、にんじん、きのこ、大豆の順番で入れて炒めていきます。 油が全体に回ったら、トマトピューレ、水、ローリエ、コンソメを入れて蓋をしたら弱火で20分煮込んでいきます。 最後に塩コショウ、砂糖を一つまみ入れて少し煮ていきましょう。 お皿に盛り付けて、パセリを振りかけたらえのきを使用した人気レシピの完成です。

次の

「えのき」で作るレンジレシピ人気5選(おつまみ&おかず)

えのき おつまみ

・レンチンで超簡単におつまみつくっちゃおう AMUMA です。 電子レンジ。 今やどの家庭にもあってもおかしくない電化製品だと思います。 電子レンジで温めて美味しくいただく。 レンチンですね。 冷凍食品などをチンしてそのまま食べられるのはすごく楽。 ほんと生活のなかで電子レンジは重宝してます。 無くても暮らせないことはない。 でも、無いと不便になるのが電子レンジです。 無くなったら生活レベルすごく下がりますよねw そんな冷凍食品にも負けず劣らずな超簡単おつまみ料理。 電子レンジで超簡単に作れるレシピのみを集めてみました。 おつまみレシピなので、1品足りないとき。 おつまみがほしいときに何度もリピートして作ること間違いなしですよ。 では、電子レンジでチンするだけで超簡単に作れるおつまみレシピを紹介します。 ・超簡単に作れるおつまみ料理 [No. 1] [出典] ・えのきわかめ。 騙されたと思って作ってみて。 それくらいみんなに作ってほしいおつまみレシピ。 [No. 2] [出典] ・しいたけのピリピリ黒胡椒。 ノンオイルとは思えない写真の見た目です。 レンジ簡単料理。 [No. 3] [出典] ・蒸しレタスの柚子胡椒ナムル。 レンジでチンした蒸しレタスを調味料と和えるだけ。 おいしいのに一瞬でつくれる超簡単レシピです。 [No. 4] [出典] ・きのこの柚子胡椒和え。 こちらもレンジでチンして和えるだけ。 きのこ類と電子レンジの相性は抜群ですね。 [No. 5] [出典] ・激ウマ鶏チャーシュー。 電子レンジで6分過熱するだけ。 鶏もも肉が激ウマ鶏チャーシューに変身です。 チャーシューはおつまみの中のおつまみ。 そしてレンジで加熱するだけのレンチン要素。 試してみる人も多いと言えるレシピです。 [No. 6] [出典] ・油揚げでミンチロール。 油揚げでくるくると挽肉を巻いてレンジでチンでOK。 本にも掲載された簡単おつまみレシピ。 [No. 7] [出典] ・スライスチーズスナック。 おやつにもおつまみにも。 レンジで簡単に作れる料理。 [No. 8] [出典] ・わさびチーズ白菜肉巻き。 レンジで2分の簡単調理で完成だよ。 [No. 9] [出典] ・長ネギのお漬物風。 マヨネーズを垂らして食べたらおつまみに最高 レンチンレシピです。 [No. 10] [出典] ・ささみ明太子。 ささみと明太子の組み合わせ。 おつまみにヤバい組み合わせですね。 レンジで超簡単レシピです。 [No. 11] [出典] ・里芋のたらこマヨ和え。 レンジを使えば里芋の皮がツルンと向けます。 調理時間は10分以内。 [No. 12] [出典] ・えのきとオクラのおつまみ。 えのきとオクラのねばねば。 合わさっておつまみにも良さそうです。 [No. 13] [出典] ・ナスのおひたし。 レシピといっていいかわからないくらいの超簡単レシピ。 ナスのおひたしはおつまみでいいですね。 [No. 14] [出典] ・きのこのさっぱり漬け。 レンジで加熱して漬けるだけ。 常備菜レシピです。 あのミツカンのレシピでもあります。 おつまみにも最高です。 [No. 15] [出典] ・塩鶏チャーシュー。 電子レンジで6分加熱。 それくらい簡単につくれるチャーシューです。 鶏もも肉が美味しいチャーシューに大変身します。 ・まとめ 電子レンジでチンするだけ! 超簡単に作れるおつまみレシピ15選でした。 電子レンジで超簡単につくれて美味しそうなおつまみのレシピばかり。 チャーシュー系のレシピはレンチンおつまみの王道ですね。 騙されたと思って作ってみても良かったです。 要チェックのレシピばかりでした。

次の

えのきのレンジで作る簡単レシピ!包丁不要のレシピも紹介

えのき おつまみ

アジ(中くらいのサイズ)1尾• えのき50g• 長ネギ50g• 塩適量• コショウ適量• A:日本酒大さじ1• バター10g• アジは水道水で洗いゼイゴを切り取り、ウロコを取り除き、頭とはらわたを切り落とします。 腹の内部を流水で洗い、皮に浅く切れ目を入れ、塩を振りかけて15分ほど馴染ませます。 (2)に水が出てきたらキッチンペーパーで拭き取ってアジの下処理は終了です。 えのきは根元を切り落とし、半分に長さに切りほぐします。 ネギは白い部分を斜め5mm幅に切り、青い部分を細切りに、バターは小さく切ります。 耐熱容器にアジを置き、その周りにえのき、白い部分の長ネギをのせ、バターを上から散らします。 (6)に Aを加えて上からラップをし、500wの電子レンジで3分20秒を加熱します。 レンジで加熱後(7)の上に塩コショウで味をととのえ、青い部分の長ネギを散らしたら完成です。 えのき1袋• 豚バラ薄切り肉150g• 塩コショウ適量• 酒大さじ1• 細ネギ適量• A:コチュジャン大さじ1• A:しょうゆ大さじ2• A:はちみつ小さじ1• 酢小さじ1• ごま油大さじ1• えのきは根元を切り落とし、手でさいておきます。 豚肉を広げて、塩コショウを振り、えのきをのせて、巻いていきます。 耐熱皿に(2)を乗せて酒をかけて、ふんわりとラップをかけて600wの電子レンジで約4分間加熱します。 ボウルに Aの調味料を入れて混ぜ合わせ、ラップをせずに600wの電子レンジで約30秒加熱します。 レンジで加熱後(4)に酢、ごま油を加えて混ぜ合わせます。 (3)を器に盛りつけ、(5)をかけて、細ネギを散らしたら完成です。 鶏ひき肉150g• みそ小さじ1• 片栗粉小さじ1• キャベツ100g• もやし40g• えのき50g• ニラ20g• 水500cc• A:鶏がらスープの素大さじ1• キャベツは2cm角に切り、ニラは4cm幅に切ります。 えのきは根元を切り落とし、半分に切り、手で解しておきます。 ビニール袋に鶏ひき肉、みそ、片栗粉を入れて良く揉んで混ぜ合わせます。 ボウルに Aと水を入れてよく混ぜます。 深めの耐熱皿にキャベツ、もやし、えのきの順に入れます。 ビニール袋の先端をハサミで切り、(5)の上に団子状になるように5個ずつ絞って並べます。 ニラを中心に乗せて(4)のスープを半量流し入れます。 ラップをかけて600wの電子レンジで約7分加熱したら完成です。 えのき150g• 牛肉(薄切り)100g• ピーマン1個• にんじん30g• A:焼き肉のたれ大さじ4• A:ごま油大さじ2• 塩コショウ少々• ボウルに牛薄切り肉と Aの調味料を入れて混ぜ合わせます。 ピーマン、玉ねぎ、にんじんを千切りにします。 えのきは根元を切り落とし、手でさいておきます。 耐熱容器に(2)を入れ、塩コショウを振り、(3)を加えます。 (4)に(1)を加えてふんわりとラップをかけて600wの電子レンジで約7分加熱します。 レンジで加熱したら全体をよく混ぜ合わせて、器に盛りつけ、白ごまをかけたら完成です。

次の