トリ フェニル ホスフィン。 Tri(2

トリフェニルホスフィンオキシドの除き方

トリ フェニル ホスフィン

絵表示 注意喚起語 警告 危険有害性情報 H315 : 皮膚刺激。 H319 : 強い眼刺激。 注意書き P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。 P280 : 保護手袋/保護眼鏡/保護面を着用すること。 次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 実験例:乾燥したSchlenk管に窒素雰囲気下,酢酸パラジウム 2. 3 mg ,およびトリ 2-フリル ホスフィン 9. 3 mg ,ナトリウムtert-ブトキシド 96. 1 mg を入れる。 再度窒素置換を行い,これに — - S -N-[1- アリルオキシ -3-フェニルプロパン-2-イル]アニリン 134 mg のトルエン 1.

次の

トリフェニルホスフィンオキシドの除き方

トリ フェニル ホスフィン

Key: RIOQSEWOXXDEQQ-UHFFFAOYAH 特性 C 18H 15P 262. 構造 分子の形 1. 4 - 1. トリフェニルホスフィン triphenylphosphine は、分子式 Ph 3P(Ph はを示す)で表される一般的な有機化合物である。 では トリフェニルホスファン triphenylphosphane という名称が推奨されている。 TPPと省略されることもある。 空気に対しても比較的安定で、室温では結晶性の固体であり、などの非極性に可溶である。 合成法 [ ] 安価であり容易に入手可能であるが、実験室ではとまたはを反応させることにより合成できる。 工業的には三塩化リンとベンゼンので作られる。 熱やからすることができる。 主な有機化学反応 [ ] トリフェニルホスフィンはで広く用いられている。 と反応させるとホスホニウム塩を与える。 これはにおける重要な中間体であり、やをに変換する際に用いられる。 また、と反応させるとジクロロ Ph 3PCl 2 となり、反応系中で発生させておきをハロゲン化アルキルに変換するのに使われる。 またカルボニル化合物と反応させるとイミンを形成する(アザ-ウィッティヒ反応)。 脱水縮合反応のひとつ、の試剤として DEAD とともに用いられる。 主な無機化学反応 [ ] 様々な金属に対するとして配位化合物を作るのに使われる。 ほとんどの、特に、、、、に対して良く結合する。 類縁体であるトリフェニルアミンの金属への結合能力は弱いことが知られている。 この違いは、窒素原子はより小さいため立体的に混みあっており、金属への接近が阻害されるためである。 金属-トリフェニルホスフィン化合物を解析する際には 31P 分光学が重要である。 この反応は硫黄を定量するのに使うことができる。 有機リン化学 [ ] 他の有機リン化合物のとして一般的に用いられる。 これらの反応では1等量のなどが副生してしまうが、注意深く酸で処理することによりベンゼンに変換することができる。 ジハロゲン化アルキルに対して同様の反応を行うと、ビス(ジフェニルホスフィノ)アルカンを与える。 このアニオン性のホスフィンは普通3ナトリウム塩として単離され、TPPTS triphenylphosphine trisulfonate として知られる。 の置換基を持つため、TPPTSはトリフェニルホスフィンに比べが高い。 TPPTSのロジウム錯体は工業的なに用いられるが、これは水溶性の触媒は容易にから分離できるためである。 トリフェニルホスフィンを用いる人名反応 [ ]• Appel reaction• Staudinger reaction• (パラジウムの配位子として)• や Vaska's complex の合成 出典 [ ].

次の

Tri(2

トリ フェニル ホスフィン

絵表示 注意喚起語 警告 危険有害性情報 H315 : 皮膚刺激。 H319 : 強い眼刺激。 注意書き P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。 P280 : 保護手袋/保護眼鏡/保護面を着用すること。 次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 実験例:乾燥したSchlenk管に窒素雰囲気下,酢酸パラジウム 2. 3 mg ,およびトリ 2-フリル ホスフィン 9. 3 mg ,ナトリウムtert-ブトキシド 96. 1 mg を入れる。 再度窒素置換を行い,これに — - S -N-[1- アリルオキシ -3-フェニルプロパン-2-イル]アニリン 134 mg のトルエン 1.

次の