学生納付特例 記入ミス。 源泉徴収とは?対象となる報酬や計算方法、納付期限までわかりやすく解説

学生納付特例申請書(ハガキ)の記入ミスについて。先日、ハガキ形...

学生納付特例 記入ミス

ねんきん定期便は、年に一度送られてきます。 しかし 「一応目は通すけど、実はよく分からない」 という人も多いのではないでしょうか? この記事では、 ねんきん定期便とは何かや、 見るべきポイントをわかりやすくご紹介します。 届く時期 原則、誕生月の2か月前に作成され、 誕生月に送られてきます。 ただし、 1日生まれの人は誕生月の3か月前に作成され、 誕生月の前月に送られてきます。 どんな形式で届くのか 原則、 はがき形式で「直近1年間の納付情報」が届きます。 ただし、 35歳、45歳、59歳の人に関しては封書で「全期間の納付情報」が届きます。 年齢によって届くものは変わるのか 50歳未満と50歳以上で通知内容が変わるところがあります。 ・ 50歳未満の人…これまで支払ってきた保険料に応じた「年金額」 ・ 50歳以上の人…現時点 60歳未満なら現在の年金加入制度を60歳まで続けたとして65歳で受け取れる受給額 の「年金見込み額」 が書かれています。 もらえる公的年金の金額の見方について 50歳未満の人の場合は、 現時点を基準とした年金受給額しか表示されていません。 でも、このまま保険料を支払っていけば 見込み額は変わり、どんどん増えていく予定です。 50歳以上で公的年金をまだ受け取っていない人の場合は 「老齢年金の種類と見込み額」という欄に年額で表示されています。 年金受給者かつ現役被保険者の人の場合には、 「老齢年金の種類と見込み額」の欄や「これまで支払ってきた保険料に応じた年金額」がなく、納付期間や納付額などの基本情報が掲載されています。 現時点においての納付状況を確認しよう 公的年金の金額は、 積み立てた分だけもらえるというものではなく、自分が受給する立場になったときの現役世代の支払額に応じて決まります。 つまり、 現在記されている見込み額はあくまで「予想」であり、変化する可能性があります。 ですので、特に50代未満の方は、見込み額を見てもあまり参考にならないかもしれません。 年金受給者になるまでの間は、ねんきん定期便は「納付状況を確認する」という側面が大きいといえます。 保険料の納付漏れがないかチェック 国民年金の保険料をきちんと納付しているかどうかは 「国民年金(第1号・第3号)納付状況」の欄に「納付済」「未納」「全額免除」などの状況が記されます。 厚生年金加入者の場合は空欄のままです。 代わりに 厚生年金「加入区分」に「厚年」と記入されており、保険料を決めるもとになる標準報酬月額や賞与額、保険料納付額に実際に納めた金額が書かれています。 これらの欄に「未納」などの記載や、実際の金額におかしな点がないかどうかをしっかり確認しましょう。 特に ・ 転職し厚生年金の事務局が変わった場合 ・ 勤め先を退職し厚生年金から国民年金に切り替わった場合 などに手続きができていなかったというケースが多いようです。 未納にペナルティはありませんが、その分 将来もらえる年金額が下がってしまうので注意が必要です。 こちらの欄は 直近1年間の納付状況が記されます。 きちんと確認し、 おかしな点があれば年金事務所やねんきん定期便に書かれている専用ダイヤルに問い合わせすることをおすすめします。 しかし、 「学生納付特例制度」といった払込を猶予してもらうための特例などを利用する場合は申請が必要になります。 また、 共済年金や、すでに就労していて厚生年金に加入済みの場合には通知は送られてきません。 ねんきん定期便が届いてない・届かない場合は? 住所が正しく登録されていない可能性があります。 厚生年金ならお勤め先の会社、国民年金なら市役所などの行政機関に問い合わせてみましょう。 納付状況や間違いがないかしっかりチェック 公的年金は、あくまで 自分が年金受給者になった時の制度に応じて決められるものです。 50代未満の方は特に「自分がどれくらい年金をもらえるのか」より 「もれなく納付できているか」や「自分の状況と間違った記載がないか」を確認するために使いましょう。 (執筆者:尋本 景子).

次の

学生の年金免除(学生納付特例制度)Q&A特集!メリットも確認!

学生納付特例 記入ミス

[1] iDeCoの掛金と国民年金の追納は、ほぼ同じ iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)による「自分年金づくり」が話題になっています。 ネットの広告でも、「節税」というキーワードで表示される機会が多くなりました。 下の画像は、イオン銀行のiDeCoの説明画像ですが、やはり「節税効果」が強くアピールされていることがわかります。 iDeCoで注目されているのは節税効果が大きい点ですが、これ以外にも若いうちから早めに投資を始めることで、将来の年金の積み立て効果が大きいこともアピールされています。 iDeCoの制度や節税効果については、ネットや書籍で多数の優れた知識が提供されています。 よって、このブログであえて紹介する必要はないでしょう。 この記事で話題にしたいのは、iDeCoで注目されている拠出時(支払時)の「節税効果」と、国民年金を追納したことによる「節税効果」は、ほとんど似たようなものであるという話です。 20代の人であれば、学生時代に納付すべきだった年金は「納付猶予」になっており、その気になれば追納できる人も多いでしょう。 国民年金の追納とは、納付猶予になっているものをさかのぼって納付することをいいます。 これは当然ながら、社会保険料の納付です。 そして、もう一方の iDeCo(確定拠出年金)の拠出も、その性質を見れば、ほとんど社会保険料の納付のようなものです。 両者が似た性質を持つ点は、租税法の専門書を見てもわかるとおりです。 所得控除の記入欄は異なるものの、同じ所得控除のグループとして扱われています。 iDeCoは「年金」でありながら自分で運用できるので、まるで「自分の手もとにある資産」という認識も強いように思われます。 そのような見方ができるのは、iDeCoも自己資産のポートフォリオに含めている個人投資家が多く見受けられるからです。 年金を拠出したものの自分で運用は可能だから、保険料を納付したという意識が薄いのではないか……というように筆者は見ています。 その一方、国民年金は自分自身で運用しているものではないので、 他律的な印象があります。 自営業の人でも、国民年金保険料を納付するのはなんか嫌だという人は多いでしょう。 スポンサーリンク しかし両者の間には、社会保険料の納付という性質においてほとんど違いはありません。 「確定拠出年金」と「国民年金」には、それぞれ 「年金」という名前がついていることでもわかるでしょう。 学生納付特例制度の追納もいわゆる「節税」になるのに、なんだか地味に聞こえるのは、同じ年金納付でも、性格的な違いの要素がありそうです。 [3] 追納は20代後半まで待ったほうがいい? 次に、国民年金保険料の追納を考えるうえで、いくつかの視点を提供します。 学生納付特例制度の追納は、10年前までさかのぼって可能です。 働き始めて収入があれば、早めに追納してもよさそうですが、10年のあいだで細かく納付していくこともできます。 これ以外に税金の損得の視点から、「いつの時点で追納をすべきか?」というタイミングの視点も検討材料になるでしょう。 これを累進課税といいます。 所得税の税率は、所得の段階ごとに決まっています。 例えば、195万円までの所得には税率5%ですが、195万~330万までの所得は税率10%になります。 出典:(財務省) 税率を考える上で間違いやすいのは、所得が195万円を超えると、 全額が10%で課税されるという誤解です。 しかし、所得195万円 までは税率5%であり、それを 超えた分から税率10%で課税、という理解が正しいです。 税額の計算式は、をご参照ください。 なお、調整としての「控除額」をマイナスすることで、税率の階段状を調整できるようになっています。 話が脱線しましたが、なぜ所得税の税率を気にしているかというと、20代前半では低かった給与も、20代後半になると昇給により、所得税の税率が高くなっている可能性があるからです。 つまり、追納は20代後半まで待ったほうがいいのでは……という可能性も生じてきます。 その一方で、過去に納付猶予となっている保険料は、利息相当分が加算される可能性があることにも留意が必要です。 日本年金機構のホームページでも、以下のように案内されています。 保険料の免除もしくは納付猶予を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、承認を受けた当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされますので、お早目の追納をお勧めします。 具体例ですが、でした。 これが、となっています。 つまり、ギリギリ10年待つと、5. 所得税の税率が5%上昇したことによる社会保険料控除の節税効果は、加算率5%で帳消しになってしまいそうです。 (厳密にいえば、その加算分を納付したことでの社会保険料控除の効果も考慮すべきですが、ここでは無視します) なお、国民年金保険料の追納により減税となるのは、所得税(5%~)のほかに住民税(10%)もあります。 つまり、最低限でも追納した額に対しての15%は、税金が減ることになります。 引用:(日本年金機構) 話を整理すると、税率が増える頃合いを待つとしても、猶予の期間が経過するほど納付額は増えていく……という問題があるでしょう。 どの段階がいいのかは、個々人の状況によるとしかいえません。 前編のまとめ 前編で明らかにしたのは、• iDeCoが「節税」ともてはやされる一方で、国民年金保険料の追納も同じ節税効果があるにもかかわらず、地味な扱いであること• その理由は、iDeCoは自分で運用できるので、年金というよりも自己資産の認識の色合いが強いからでは、という推測• 追納のタイミングにより、節税効果が異なること の3点です。 後編では、追納よりもNISAなどで自己運用したほうがいいという意見など、4点を検討します。 カテゴリー カテゴリー アーカイブ•

次の

学生納付特例申請書(ハガキ)の記入ミスについて。先日、ハガキ形...

学生納付特例 記入ミス

納付書の訂正方法 新しい納付書で作り直す 納付書を書き間違えた場合、一番安全なのは、書き間違えた納付書は破棄して、新しい納付書を作り直すことです。 納付書は訂正することもできるのですが、納付書は重要な書類なので、訂正するのはあまり好ましくありません。 納期限が切迫していて一刻を争うといった特殊な状況以外は、書き間違え分は破棄して作り直しておきましょう。 作り直した方が見た目もきれいですしね。 合計金額以外は訂正可能 訂正する場合は、二重線を引いて訂正することができます。 訂正印は必要ありません。 訂正するときは、分かるように書いておけば、枠からはみ出しても大丈夫です。 ただし、 最終行の合計金額については訂正することができません。 合計金額が訂正されていると、銀行等で税金を払おうとしても受け付けてもらえません。 合計金額を間違えてしまった場合は、新しい納付書にもう一度書き直すしかありません。 上の画像は、納付書の訂正例になります。 税理士等の報酬欄の金額を訂正しています。 納付書を訂正するときの参考にしてみてください。 納付書をなくしてしまった場合の対処法 税金には、申告納税方式と賦課課税方式の2種類があります。 申告納税方式と賦課課税方式では、税金の計算方法が変わるため、納付書をなくしてしまった場合の対処法が変わってきます。 申告納税方式は、税金を納める時に自分で納めるべき金額を計算して納税する方法になり、賦課課税方式は、国や地方公共団体が納めるべき金額を計算し納税者に通知する方式になります。 ブランクの納付書をもらう• 納付書を印刷する• ホームページで納付書をダウンロードする ブランクの納付書をもらう 納付書を書き間違えた場合や、紛失してしまった場合は、税務署で納付書をもらうことができます。 納付書は、納税地になっている税務署の他、最寄りの税務署でももらえます。 税務署に行く前に連絡しておくと、会社名や住所が印字してある納付書を発行してもらえます。 書き間違えるリスクが減るので、せっかくもらいに行くのであれば印字してある納付書を発行してもらいましょう。 税務署に電話するときに「整理番号」を伝えるとスムーズに対応してもらえます。 整理番号は、税務署が管理しやすいように会社や個人ごとに割り振られている番号です。 確定申告書に記載されているので、整理番号を忘れてしまった人は、前年の確定申告書を見てみましょう。 納付書を印刷する 納付書は、紙に印刷したものであっても使用することができます。 会計ソフトには、納付書を印刷できる機能が付いているので、納付書を印刷して使うのもありです。 会計ソフトで税額を計算すると、納付書に数字が連動するようになっているので便利です。 納付書用の印刷用紙も販売されています。 ミシン目が付いていてきれいに納付書を作れるので、おすすめです。 ホームページで納付書をダウンロードする 国税(法人税、所得税、消費税等)の納付書は、フォーマットが全国共通で統一されていますが、地方税(道府県民税、市町村民税等)の納付書は、国税とは異なり自治体ごとにフォーマットがばらばらです。 そのため、多くの自治体ではホームページ上で納付書がダウンロードできるようになっています。 地方税であれば、納付先のホームページにアクセスして納付書をダウンロードするのが、便利なのでおすすめです。 例えば、だとExcel版とPDF版をダウンロードすることができます。 ダウンロードしてパソコンで作ってしまう方が、手書きするよりも楽かもしれませんね。 賦課課税方式の場合 賦課課税方式の場合は、納付書がないといくら税金を納めればよいかわかりません。 そのため、納付書をなくしてしまった場合は、納付書を再発行してもらう必要があります。 直接窓口に行って手続きする方法や郵送で手続きする方法があります。 例えば、個人住民税の納付書をなくしてしまった場合は、次のような対応になります。 市役所納税課の窓口で、納付書の再発行を申し込んで再発行を受け、金融機関で支払う。 市役所納税課に電話して、納付書の再発行を申し込み、郵送で納付書を受け取って、金融機関で支払う。 市役所納税課に電話して、郵便局での支払い希望と伝え、郵送で払込取扱票を受け取って、郵便局で支払う。 市区町村によって取扱いが変わってくるので、まずは市役所納税課等に電話して、どのように納付すればよいか確認してみてください。 書き間違えても大丈夫 納付書の書き間違いはよくやってしまうミスです。 納付書を書き間違えても大事には至らないので、冷静に対処すれば大丈夫です。 源泉所得税の納付書のように頻繁に使う納付書は、あらかじめ税務署に連絡して予備をもらっておくのが安心です。

次の