アカリ虹プロ現在。 虹プロリリアその後と現在は?脱落理由やインスタ・目撃情報についても

ニジプロジェクト落ちた人の理由は太ってるから?その後の現在の3人は?【Nizi project】

アカリ虹プロ現在

名前:井上あかり いのうえ あかり 誕生日:2004年9月3日 年齢:15歳 2020年05月27日現在 血液型:A型 アカリさんは現在15歳。 年齢より大人っぽくも見えるアカリさんはいつも明るく元気なイメージですが、地区予選の後1ヶ月間の入院生活を送るというハンディがありました。 アカリさんの病名は【IgA腎症】という指定難病です。 IgA腎症は、小学校高学年以後に多く発症する慢性糸球体腎炎の中で最も頻度の高い病気です。 血尿と蛋白尿が続き学校検尿で発見されることが多いそうです。 進行すると腎機能が低下し、高血圧の合併や腎不全に伴う症状がおこります。 一部の患者さんでは、急性扁桃炎などの上気道炎合併時に、コーラのような色の血尿(肉眼的血尿)を認めますが、通常は自然に改善するとの事です。 根本的な治療法はないとの事ですが、韓国合宿に参加できたという事は医師の許可もありできると判断されてのことと思われます。 そのような事から、他のメンバーより準備期間が短く、練習も充分でなかったため、JYParkさんから、地区予選の時と何も変わっていないと厳しい評価を受けてしまいます。 アカリさんは言い訳もせず、遅れを取り戻すため一生懸命練習しました。 前向きに取り組んでいたアカリさんに途中で事情を知ったJYParkさんも、アカリさんの姿勢を見直し高く評価します。 いつも明るく前向きなところがアカリさんの魅力ですね! アカリさんは15歳とは思えない程スタイルも良く大人っぽいイメージですね。 そして目標に向かって進む事が出来る強い気持ちの持ち主です。 アカリさんはいつも前向きで、入院していた時の遅れを取り戻すために日々努力をしていました。 虹プロの最終メンバーに選出され、現在も韓国合宿に参加中のアヤカさん。 韓国合宿で最初に行われた個人レベルテストでは【BABY GOOD-BYE 】 Miss A を選曲。 大人っぽい演出で歌い上げたのですが、後半には音程が不安定になりダンスも切れがなくJYParkさんも終始厳しい表情。 結局個人レベルテストでは最下位になってしまいました。 また、ユナさんやリリアさんとモモカさんとアカリさんはパフォーマンスと人柄共に悪い評価を受けてしまいます。 更に、リリアさんとモモカさんとアカリさんはトレーナーから練習態度が良くないと厳しい評価も! 歌やダンスが上手いというのはもちろんのこと、人間性も審査対象なので、何もかもが評価につながってしまうんですね。 最下位を2回取ってしまった練習生は即失格というルールがあるため、アカリさんは追い詰められた状況になってしまいます。 まだ15歳のアカリさん。 また病気ともうまく付き合っていかないといけない状況なので、頑張り切れない時もあったんでしょうね。 その後に行われたのはチームミッション。 ニナさん・リリアさん・マユカさん・アカリさんでチームを組みます。 曲は【Dance The Night Away】TWICEを選曲しました。 Sponsored Link スッキリ【虹プロジェクト】アカリのTwitterでの評判は? アカリさんはTwitterでも可愛い!やスター性がある!と話題に。 の推しはアカリちゃんです! ほんとに可愛いくて…… 最下位からの這い上がりはスゴすぎる。 デビューして欲しい。 見た目が大人っぽいだけ、全然子供だし、評価されて嬉しくて、思い通りの完璧な言葉が出るとは思わないし、裏では絶対チームに『ありがとう』って伝えてるやろ。 — 可愛いもの大好き mvvQS85mEhFibYO 虹プロ、マヤちゃんマコちゃんアカリちゃんミイヒちゃん推せる…. アヤカちゃんも可愛いから頑張って欲しい。。 最下位になってから、真剣に自分と向き合って、考え抜いて、大変に努力したんだよねきっと。 その背景を想像するだけで、おばさん泣けてくるよ。 本当に支えてあげたい。 がんばれ。 🌈 — ゆぽよちゃん 6Mt8h このようにアカリさんを応援しているといった声が多数ありました。 2020年11月にデビュー予定といった目標のあるグループのメンバー選出なので、厳しい面もあるのは当然ですが、出来ればみんなが選ばれてほしいです。

次の

虹プロ|アカリの脱落後について!事務所や芸能活動・インスタアカを調査!

アカリ虹プロ現在

リリアのその後と現在は?インスタ・目撃情報も オーディションが終了した、現在のリリアさんについて調べてみました。 考えられる選択肢は次の4つだと思います。 ・JYPの練習生として韓国に残る。 ・JYPではない事務所に所属する。 ・日本で活動する。 ・デビューを諦める。 リリアさんの韓国での目撃情報を調べてみたところ、今のところなかったので、韓国に残っている可能性は低いのかなと思いました。 しかし、 リリアさんは幼少時代に「エイベックス・アーティストアカデミー福岡校」に所属し、 モデル活動や、ダンスグループ、路上ライブなど沢山の経験を積み重ねてきました。 虹プロオーディションでも、1年間厳しいレッスンを積み重ねてきたので、 今も芸能活動を目指して頑張っている可能性が高いと思います。 周りが凄すぎるんだと思います…! リリアさんがデビューできずに悲しまれた方も沢山いると思いますが、 プロデューサーのJYParkさんは次のように話していました。 「ファイナルステージでは彼女たちがアマチュアではなくプロだと思って、誰が目立つかを見ました」 「プロとして活躍するにはパフォーマンスに起伏があってはならないと思いました。 いつでも一定レベルのパフォーマンスができること。 これは重要なポイントになっていました。 もちろんどれだけうまくできるのか、それもとても重要なんですけど、しくじってはいけないんですよねプロは。 どのような舞台でもしくじることのないということ。 これも重要なポイントでした。 」 今回の最終審査では、 プロとして今すぐデビューすることが出来るのかということが重要なポイントだったようですね。 JYParkさんは、食事の管理、ボイストレーニング、ダンスの練習など毎日の日課として欠かさずされている方。 リリアさんの体重について指摘していたこともありましたので、体重、体調管理も チェック項目に入っていたように感じました。 SNSでのファンの反応は? ユナちゃんリリアちゃんアカリちゃんを惜しむ声がこんなにあるんだってこと、本人たちに届いたらいいな。 ひとまず沢山休んで、次に向かって頑張るリリアさんを応援していきたいと思います。

次の

虹プロリリアその後と現在は?脱落理由やインスタ・目撃情報についても

アカリ虹プロ現在

虹プロ アカリのTwitter炎上騒動の真相は? 「 私じゃないです。 ほんとに私のアカウントではないです。 誤解される事が私からするとほんと辛い」 と言っていました。 やっぱりデマだったんですね! 虹プロ アカリ現在の姿が可愛い 虹プロ脱落後の現在のあかりが可愛いと話題になっています! 虹プロ当時から、可愛らしい表情が魅力でした。 脱落してもTwitterでも分かるように、あかりの可愛さは健在です。 さらに、現在のあかりの姿に• 虹プロが終わり、肩の力も抜け美人さが増している• あどけない笑顔が可愛さ増してる• 改めてあかりが可愛い などなど、脱落した今だからこそのリラックスした可愛さが見え始めているようです。 虹プロアカリの脱落後の心境や活動は? Twitterも開設し、今後の活動が気になるあかり…。 あかりの現在について心境も踏まえつつ、ご紹介していきます。 脱落後の心境 先ほどご紹介したTwitterに、心境が書かれていました。 NijiProjectは私に勇気を与えてくれたオーディションです! 歌やダンスのオーディションを受けることを諦めている時にNijiProjectと出会いこんな体だけどやれるだけの事はやってみようと思い参加させて頂きました! 東京合宿から韓国合宿の最後まで本当に辛い時や楽しい時、このNijiProjectのメンバーだったからこそ最後までやりきれたのだと思います! 引用元: 最後の最後まで残ったにも関わらず、脱落という辛く悲しい現実があかりには訪れました。 合宿途中に、扁桃腺炎と診断され手術にまで及び、実力を発揮しきれていない部分もあり、この病気が脱落の大きな原因ではないかとも言われています。 しかし、病気の辛さなんておくびにも出さなかったあかり。 JYParkもあかりの歌には高い評価をしていましたし、辛いことだけではなかったことはあかり自身も話しています。 前向きな心境にホッとしつつ、あかりらしさにこちらも笑顔にさせられますね。 今後の活動 あかりの今後の活動については、正式な発表ありませんでした。 あかりのTwitterにも、今後の予定は決まっていないとあります。 しかし、夢は諦めない!と強い意志も見えます。 虹プロに出ていたことで、知名度も高くJYParkも認める歌唱力を持つあかり。 ファンからも多くの期待の声が聞こえるあかり、いつの日か見事デビューを飾ってくれるでしょう。 まとめ 涙に包まれた虹プロ、あかりの脱落にショックを受けたファンの方たちが多くいたことでしょう。 しかし、Twitter開設により、変わらないあかりの姿と夢を諦めていない姿勢を見ることが出来ました。 虹プロ脱落から数日、可愛さもアップし、今後のあかりの活躍に期待大ですね! 扁桃腺炎という病気と戦いながら、夢を果たすその日まで暖かく見守っていきたいと思います。

次の