毛虫に刺された場合。 毒毛虫に注意しましょう|大阪健康安全基盤研究所

【毛虫画像なし】毒毛虫(チャドクガ等)の駆除方法!刺された時の対処法もご紹介

毛虫に刺された場合

毛虫は庭先や公園などの身近な場所に生息しており、知らない間に毛虫に触れてしまうことが多いため注意が必要です。 また、直接毛虫に触れなくても、風で飛んできた毒毛虫の毛に運悪く触れてしまうケースもあります。 代表的な毒毛虫としてチャドクガ、ドクガ、イラガがあげられます。 毛虫に刺された時の対処法 毛虫の毒毛が刺さってしまった場合は、まず粘着テープ等で皮膚に付着した毛を剥がします。 毛を剥がす前に皮膚を掻いてしまうと、毛が皮膚に入り込んで悪化してしまうため絶対にやめましょう。 毛を剥がしたら患部を水で洗い流して清潔にし、市販のステロイド薬を塗って治療しましょう。 毛虫に刺された時の症状 毛虫による虫刺され症状は大きく分けて毒針毛(どくしんもう)型と毒棘(どくきょく)型があります。 症状 代表的な毛虫 毒針毛型 ・かゆい ・赤いブツブツが出る ・チャドクガ ・モンシロドクガ ・ドクガ ・キドクガ 毒棘型 ・毛が刺さった部位に強い痛みを感じる ・赤いブツブツが出る ・イラガ ・アオイラガ ・ヒロヘリアオイラガ 毒針毛型はかゆみ、毒棘型は痛みが出るのが特徴で、どちらも赤いブツブツなどの発疹症状が出ます。 種類が異なっても対処方法は同じで、ステロイド薬を使用すれば大体1週間程度で症状が良くなることが多いです。 毛虫による虫刺されはかゆみや痛みの症状が強く出ますが、患部を掻いてしまうと炎症が広がって悪化する危険性があります。 なるべく早くかゆみや痛みを鎮めることが重要となりますが、強い炎症に優れた効果を発揮するのがステロイド薬です。 毛虫に刺された時に効くステロイド成分 成分名 ストロング (強い) ・ベタメタゾン吉草酸エステル酢酸エステル ・フルオシノロンアセトニド ミディアム (普通) ・ヒドロコルチゾン酪酸エステル ・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル ウィーク (弱い) ・デキサメタゾン酢酸エステル ・ヒドロコルチゾン酢酸エステル ・ヒドロコルチゾン ステロイドは強さによってランクが分かれており、市販薬で販売されているのはストロング、ミディアム、ウィークの3種類となります。 毛虫による虫刺されへの使用が推奨されてるのがミディアムとストロングのステロイドです。 皮膚症状を素早く治したい方はこの2つのランクの成分が配合されている市販薬を選ぶと良いでしょう。 かゆみに効く成分 虫刺されのステロイド薬には補助成分として他の成分が配合されている場合があります。 毛虫によるかゆみの症状が強い場合は、ステロイドに合わせて以下の成分が配合されている薬を選ぶと良いでしょう。 分類 成分 効果 かゆみ止め成分 ・クロルフェニラミン ・ジフェンヒドラミン ・かゆみをおさえる ・腫れをおさえる ・クロタミトン ・かゆみをおさえる ・リドカイン ・ジブカイン ・かゆみをおさえる ステロイド無配合の市販薬は使用できる? 毛虫を含む以下の虫刺されはかゆみや炎症症状が比較的強く出ます。 ステロイド無配合の薬で一時的にかゆみ・炎症をおさえても、症状がぶり返すためあまりおすすめできません。 ・ブヨ、アブ、蜂、ダニ、毛虫、ムカデ、クラゲ これらの虫刺されはステロイドを使用しないと対処が難しく、またステロイドの中でもミディアム以上の強さの使用が推奨されています。 どうしてもステロイドを使用できない方は、市販薬での治療はやめて病院を受診しましょう。 毛虫に刺された時に使用が推奨されている、ミディアムとストロングのステロイド市販薬をご紹介します。 毛虫の毒毛に触れると広範囲に赤い発疹ができ、かゆみや痛みをともなうことが多いです。 虫刺され薬の中でもクリームタイプは伸びがよく、比較的刺激も少ないため広い範囲の患部に最適です。 ミディアム:大人の顔・身体、子供の身体用ステロイド薬 ストロングよりも副作用のリスクが低く、ウィークよりも効果が強い点で、とても使いやすいランクのステロイド薬です。 大人の方はもちろん、お子様が毛虫に身体を刺された場合にも使用でき、さまざまな症状の程度や部位に対応しています。 有効成分 特徴 プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル リドカイン イソプロピルメチルフェノール トコフェロール酢酸エステル ・日本初! また、ビタミン成分であるトコフェロール酢酸エステルによって皮膚の修復を助け、ただれた虫刺され跡の改善に効果を発揮します。 ステロイドを使用する上で「副作用は大丈夫?」「どれくらい使い続ければいい?」といった点にお困りの方も多いでしょう。 ラシュリアは薬剤師に無料相談ができるのもポイント。 商品に添付してあるQRコードを読み取り、チャットで薬剤師に相談ができます。 また、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールで掻き壊すことによる化膿を予防します。 清涼成分であるl-メントール、dl-カンフルを含んでいるため、強い清涼感を好む方におすすめです。 ストロング:大人の身体用ステロイド薬 ストロングは市販のステロイドで一番効果が強い薬です。 毛虫を含む炎症が強い虫刺されにおすすめのランクですが、基本的に使用できるのは大人の身体部分のみとなります。 大人の顔や2才未満の子供には使用しないようにしましょう。 有効成分 特徴 フルオシノロンアセトニド フラジオマイシン硫酸塩 ・掻き壊して化膿した患部に使用可能 ステロイドに加えて抗菌成分であるフラジオマイシン硫酸塩を配合しています。 毛虫に刺されると強いかゆみで患部を掻き壊し、化膿してしまうことがあります。 抗菌成分は傷口から入り込んだ細菌の増殖をおさえ、症状緩和を助けます。 軟膏タイプは広範囲に塗り広げにくい代わりに、患部を保護する機能に優れています。 発疹などの症状が一部分にとどまる場合はフルコートのような軟膏タイプでもいいでしょう。 市販のステロイド薬を使用する際は薬のランクの強さに注意が必要です。 ステロイド外用剤の強さは、体内への吸収度の違いにより、5段階にランク分けされます。 5段階中上の2つのランクに該当するストロンゲストとベリーストロングは効果が非常に強いため、医師・薬剤師の指導が必要な処方薬のみに配合される成分となっています。 市販のステロイド薬に配合される成分はストロング・ミディアム・ウィークの3つです。 特に顔は皮膚が薄く成分の吸収率が大きいので、強いステロイドは副作用のリスクが高くなります。 ステロイドのランクと使用する部位や年齢が適しているか、必ず確認するようにしましょう。 毛虫は刺された回数が多いとアナフィラキシーショックを起こす危険性があります。 最初に虫に刺されたときに身体の中で抗体が作られますが、再度同じ虫に刺されると、その抗体がアレルギー反応をおこします。 症状は個人によって違いますが、以下のような症状が出た場合はすぐに病院を受診してください。 ・腹痛 ・多量の汗をかく ・呼吸困難 ・意識混濁 ・嘔吐 市販薬を使用しても症状が良くならない場合 また、ステロイドは長期使用が禁止されているため、市販薬を5〜6日間使用しても症状が良くならない場合は病院を受診するようにしてください。

次の

毛虫に刺された時の対処法!毛虫皮膚炎はうつる?症状や跡写真、治療まとめ

毛虫に刺された場合

Contents• 毛虫の少ない時期は? 毛虫の少ない時期は12月から2月までの冬の期間です。 毛虫は冬の期間、卵やまゆの状態で越冬することが多く、成虫が少ないからです。 そのため冬の登山においては、出くわす可能性は低くなります。 しかし、卵やまゆに毛虫の毒針が付いてる種類もあります。 そのため見つけても触るようなことはしないほうが良いでしょう。 大量に発生する時期は? 毛虫は4月から11月にかけて見ることができます。 とくに大量に発生する時期というと、6月から9月になります。 気候によっては年に3回も大量発生する地域もあります。 毛虫は登山で歩いていると、木の上からポタポタ落ちてくる場合があります。 落ちてきた沢山の毛虫で地面がウネウネしているところを見たことはないでしょうか。 山の毛虫は、道路や庭で見かけるものより大きくインパクトがあります。 普段では見かけない種類もみることができるので、その光景を見ると正直避けて通りたくなります。 毛虫の種類 日本において毛虫は約1000種類ほど確認されています。 ではどのような毛虫が人を刺す可能性があるのか、代表的な種類を紹介していきます。 ドクガ ドクガは日本全国に分布している毛虫です。 幼虫は育っていくと25mmほどに成長します。 毒針毛はなんと600万本もあります。 毒の種類はプロテアーゼ、エステラーゼ、ヒスタミンなどが含まれており、刺されてしまうと毛虫皮膚炎という炎症が起こります。 厄介なのがドクガの毒針毛は、卵、幼虫、サナギ、成虫のどの時期にも存在しています。 幼虫の脱皮したあとの殻にも付着しているので、幼虫が活動していない冬の時期でも樹木に触れたときに、脱皮の殻があった場合は刺されてしまう可能性があるのです。 チャドクガ チャドクガは北海道を除く本州以内に広く分布しています。 椿や山茶花 サザンカ によく発生する毛虫です。 毒針毛は約50万本持っており、幼虫は密集し集団で生活をしています。 成長するとドクガと同じく25mmほどの大きさになります。 チャドクガの毒はドクガよりも弱いですが、刺されてしまうと激しいかゆみが2週間以上続いてしまいます。 チャドクガの毒針毛も卵、幼虫、サナギ、成虫、脱皮殻のいづれの時期においても刺される可能性があるので、登山の際には十分気を付けてください。 イラガ イラガは全国でみられる毛虫になります。 梅や桜、クヌギの木、ヤナギの木などで見られます。 イラガの見た目はサボテンに似ています。 そのことから毒の毛は毒棘 どくきょく と呼ばれており、成長すると大きさは約20mmになります。 刺されてしまうと電気が走ったような強い痛みがあり、毛虫皮膚炎が起こります。 しかしかゆみはあまりなく治りも早いのが特徴です。 もし毛虫に刺されたらどう対処する? もし毛虫に刺されたら、どのような対処が正しいのか紹介していきます。 毛虫に刺されてしまうと刺された部分に痒みや痛みが生じます。 じん麻疹のような赤きブツブツが多発してしまうときもあります。 毛虫の種類によって生じる症状がことなり、激しい痛みを伴う場合もあるので危険です。 応急処置法 もし登山中などの屋外で毛虫に刺された時の応急処置法について説明をします。 もし屋外で毛虫に刺された場合、セロハンテープなどの粘着性のもので、皮膚に刺さった毒毛を除去してください。 一度だけではなく何回か行うようにしましょう。 その際、絶対に患部をゴシゴシこすらないでください。 残った針が皮膚の奥へと入ってしまい、毛虫皮膚炎を起こす可能性があります。 粘着性のテープで除去したら必ず洗い流してください。 もし石鹸があれば使用しましょう。 虫刺され用の軟膏を持っていたら洗った後に塗ってください。 氷水が用意できるならば、患部を冷やすことも効果的です。 登山などの屋外で刺されてしまった場合は、できることが限られてしまいます。 できれば事前準備の際に、毛虫に刺されてしまった場合の応急処置アイテムを持っていくことが重要です。 病院へ もし毛虫に刺されたら、病院へ直行するのが一番です。 診療科目は皮膚科を受診するようにしてください。 病院では毒毛を除去してもらったあと、炎症を抑える外皮用薬や抗ヒスタミン薬を処方してくれます。 もし病院がお休みの場合は、薬局へ行き薬剤師に状況を説明し薬を選択してもらいましょう。 薬局では自分の判断で薬を決めないことです。 間違ったものを選んでしまうと炎症を悪化させてしまう可能性があるからです。 薬剤を塗る場合は、かゆみの症状から掻いてしまうのを防ぐために、ガーゼを使用し患部を保護することをオススメします。 刺された時の症状 毛虫に刺された時の症状を説明していきます。 毛虫の種類によって多少違いがありますが、もし刺されてしまったら応急処理をおこなうか、すぐに皮膚科で診てもらうことが良いです。 毛虫の種類や、刺された場所によって症状にも変化があります。 掻きむしってしまうと、とびひして化膿する可能性もあります。 冷やすことで緩和されることもあるので、流水や氷水で冷やすと応急処置になります。 この痛みも毛虫の種類によって異なります。 少し傷む場合と、激しい痛みが生じる場合と様々です。 イラガのような毒棘 どくきょく を持つ毛虫の種類は、痛みが強く出る傾向にありますので注意が必要です。 かゆみと痛みの症状と共に腫れが生じ、赤く膨れてしまいます。 特に怖いのがアレルギー症状です。 アナフィラキシーショックのように呼吸困難や嘔吐の症状が出る可能性もあります。 もし刺されたあとに胸が苦しくなったり、息切れがしてきたらすぐに病院へ直行してください。 黒とオレンジの毛虫は危険? 「警告色」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 「警告色」とは毒を持っている生物に見られる色合いで、捕食する相手に警告をあたえる役目を担っています。 毛虫だけではなく、植物や動物の世界、更には人間社会においては標識の色などで活用されています。 例えば黒とオレンジの模様は危険を明示しています。 毛虫でいうとドクガの幼虫に当てはまります。 ドクガの幼虫は頭が黒く、胴体は淡いオレンジ色です。 成長していくと、全体が黒くなっていき、胴体の側面や背中にオレンジの縞模様が現れます。 ドクガの毛には毒がありますので、黒とオレンジで「自分は毒を持っています」と警告を出しているのです。 感想 正直、毛虫は苦手です。 登山などの外で見かける毛虫は非常に大きく、色も鮮やかなので出くわしたくない虫になります。 毛虫に刺された経験はありませんが、刺された時の症状は毛虫の種類によって異なり、痛みやかゆみ、炎症が生じることが分かりました。 できれば経験したくはないですが、応急処置方法を知っておくことは重要だと感じます。 自分自身ではなくとも子供であったり、一緒に行った登山仲間が刺されてしまう可能性があるからです。 虫除けスプレー(できればオーガニック)のものは必須アイテムです! まとめ 登山などで出くわすことがある毛虫には毒がある可能性があります。 冬に幼虫を見かけることはほとんどありませんが、4月から11月までは活発に活動します。 毛虫の種類によって異なりますが、もし刺されてしまうとかゆみや痛み、腫れが生じる場合があります。 アレルギー症状もでてしまう可能性もあるので、刺されてしまったら応急処置をするか、皮膚科へ行き適切な処置を受けてください。

次の

ウミケムシ(海毛虫)の生態と天敵!毒毛に刺された症状と対処法とは?

毛虫に刺された場合

Contents• 毛虫の少ない時期は? 毛虫の少ない時期は12月から2月までの冬の期間です。 毛虫は冬の期間、卵やまゆの状態で越冬することが多く、成虫が少ないからです。 そのため冬の登山においては、出くわす可能性は低くなります。 しかし、卵やまゆに毛虫の毒針が付いてる種類もあります。 そのため見つけても触るようなことはしないほうが良いでしょう。 大量に発生する時期は? 毛虫は4月から11月にかけて見ることができます。 とくに大量に発生する時期というと、6月から9月になります。 気候によっては年に3回も大量発生する地域もあります。 毛虫は登山で歩いていると、木の上からポタポタ落ちてくる場合があります。 落ちてきた沢山の毛虫で地面がウネウネしているところを見たことはないでしょうか。 山の毛虫は、道路や庭で見かけるものより大きくインパクトがあります。 普段では見かけない種類もみることができるので、その光景を見ると正直避けて通りたくなります。 毛虫の種類 日本において毛虫は約1000種類ほど確認されています。 ではどのような毛虫が人を刺す可能性があるのか、代表的な種類を紹介していきます。 ドクガ ドクガは日本全国に分布している毛虫です。 幼虫は育っていくと25mmほどに成長します。 毒針毛はなんと600万本もあります。 毒の種類はプロテアーゼ、エステラーゼ、ヒスタミンなどが含まれており、刺されてしまうと毛虫皮膚炎という炎症が起こります。 厄介なのがドクガの毒針毛は、卵、幼虫、サナギ、成虫のどの時期にも存在しています。 幼虫の脱皮したあとの殻にも付着しているので、幼虫が活動していない冬の時期でも樹木に触れたときに、脱皮の殻があった場合は刺されてしまう可能性があるのです。 チャドクガ チャドクガは北海道を除く本州以内に広く分布しています。 椿や山茶花 サザンカ によく発生する毛虫です。 毒針毛は約50万本持っており、幼虫は密集し集団で生活をしています。 成長するとドクガと同じく25mmほどの大きさになります。 チャドクガの毒はドクガよりも弱いですが、刺されてしまうと激しいかゆみが2週間以上続いてしまいます。 チャドクガの毒針毛も卵、幼虫、サナギ、成虫、脱皮殻のいづれの時期においても刺される可能性があるので、登山の際には十分気を付けてください。 イラガ イラガは全国でみられる毛虫になります。 梅や桜、クヌギの木、ヤナギの木などで見られます。 イラガの見た目はサボテンに似ています。 そのことから毒の毛は毒棘 どくきょく と呼ばれており、成長すると大きさは約20mmになります。 刺されてしまうと電気が走ったような強い痛みがあり、毛虫皮膚炎が起こります。 しかしかゆみはあまりなく治りも早いのが特徴です。 もし毛虫に刺されたらどう対処する? もし毛虫に刺されたら、どのような対処が正しいのか紹介していきます。 毛虫に刺されてしまうと刺された部分に痒みや痛みが生じます。 じん麻疹のような赤きブツブツが多発してしまうときもあります。 毛虫の種類によって生じる症状がことなり、激しい痛みを伴う場合もあるので危険です。 応急処置法 もし登山中などの屋外で毛虫に刺された時の応急処置法について説明をします。 もし屋外で毛虫に刺された場合、セロハンテープなどの粘着性のもので、皮膚に刺さった毒毛を除去してください。 一度だけではなく何回か行うようにしましょう。 その際、絶対に患部をゴシゴシこすらないでください。 残った針が皮膚の奥へと入ってしまい、毛虫皮膚炎を起こす可能性があります。 粘着性のテープで除去したら必ず洗い流してください。 もし石鹸があれば使用しましょう。 虫刺され用の軟膏を持っていたら洗った後に塗ってください。 氷水が用意できるならば、患部を冷やすことも効果的です。 登山などの屋外で刺されてしまった場合は、できることが限られてしまいます。 できれば事前準備の際に、毛虫に刺されてしまった場合の応急処置アイテムを持っていくことが重要です。 病院へ もし毛虫に刺されたら、病院へ直行するのが一番です。 診療科目は皮膚科を受診するようにしてください。 病院では毒毛を除去してもらったあと、炎症を抑える外皮用薬や抗ヒスタミン薬を処方してくれます。 もし病院がお休みの場合は、薬局へ行き薬剤師に状況を説明し薬を選択してもらいましょう。 薬局では自分の判断で薬を決めないことです。 間違ったものを選んでしまうと炎症を悪化させてしまう可能性があるからです。 薬剤を塗る場合は、かゆみの症状から掻いてしまうのを防ぐために、ガーゼを使用し患部を保護することをオススメします。 刺された時の症状 毛虫に刺された時の症状を説明していきます。 毛虫の種類によって多少違いがありますが、もし刺されてしまったら応急処理をおこなうか、すぐに皮膚科で診てもらうことが良いです。 毛虫の種類や、刺された場所によって症状にも変化があります。 掻きむしってしまうと、とびひして化膿する可能性もあります。 冷やすことで緩和されることもあるので、流水や氷水で冷やすと応急処置になります。 この痛みも毛虫の種類によって異なります。 少し傷む場合と、激しい痛みが生じる場合と様々です。 イラガのような毒棘 どくきょく を持つ毛虫の種類は、痛みが強く出る傾向にありますので注意が必要です。 かゆみと痛みの症状と共に腫れが生じ、赤く膨れてしまいます。 特に怖いのがアレルギー症状です。 アナフィラキシーショックのように呼吸困難や嘔吐の症状が出る可能性もあります。 もし刺されたあとに胸が苦しくなったり、息切れがしてきたらすぐに病院へ直行してください。 黒とオレンジの毛虫は危険? 「警告色」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 「警告色」とは毒を持っている生物に見られる色合いで、捕食する相手に警告をあたえる役目を担っています。 毛虫だけではなく、植物や動物の世界、更には人間社会においては標識の色などで活用されています。 例えば黒とオレンジの模様は危険を明示しています。 毛虫でいうとドクガの幼虫に当てはまります。 ドクガの幼虫は頭が黒く、胴体は淡いオレンジ色です。 成長していくと、全体が黒くなっていき、胴体の側面や背中にオレンジの縞模様が現れます。 ドクガの毛には毒がありますので、黒とオレンジで「自分は毒を持っています」と警告を出しているのです。 感想 正直、毛虫は苦手です。 登山などの外で見かける毛虫は非常に大きく、色も鮮やかなので出くわしたくない虫になります。 毛虫に刺された経験はありませんが、刺された時の症状は毛虫の種類によって異なり、痛みやかゆみ、炎症が生じることが分かりました。 できれば経験したくはないですが、応急処置方法を知っておくことは重要だと感じます。 自分自身ではなくとも子供であったり、一緒に行った登山仲間が刺されてしまう可能性があるからです。 虫除けスプレー(できればオーガニック)のものは必須アイテムです! まとめ 登山などで出くわすことがある毛虫には毒がある可能性があります。 冬に幼虫を見かけることはほとんどありませんが、4月から11月までは活発に活動します。 毛虫の種類によって異なりますが、もし刺されてしまうとかゆみや痛み、腫れが生じる場合があります。 アレルギー症状もでてしまう可能性もあるので、刺されてしまったら応急処置をするか、皮膚科へ行き適切な処置を受けてください。

次の