脳を鍛える。 「戦術脳」を鍛える最先端トレーニングの教科書 欧州サッカーの新機軸「戦術的ピリオダイゼーション」実践編

脳を鍛える9つのトレーニング方法!脳は簡単に鍛える事ができる!

脳を鍛える

有限会社イーソフィア 所在地:千葉県八千代市、代表取締役:北村 良子 は、書籍『脳を鍛えると生産性が上がる』を2019年12月20日に出版いたします。 本の表紙 今、この瞬間の脳の動きに強く関わるワーキングメモリは、集中力、注意力、思考力、推理力、判断力、社会性、感情の安定など、仕事や生活における多くの能力を決定づける領域です。 ワーキングメモリについて解説し、仕事全体のパフォーマンスを上げる方法をまとめたのが本書『脳を鍛えると生産性が上がる』です。 書籍『脳を鍛えると生産性が上がる』 URL: 【『脳を鍛えると生産性が上がる』執筆の背景】 ミスをしたくない、もっと効率よく仕事をこなしたい、頭の回転が遅くなったと感じる、マルチタスクができるようになりたい、理解力を上げたい、頭が緊張で真っ白になってしまう、深い思考ができないなど、多くの仕事に関する悩みの答えが「ワーキングメモリ」にあります。 昨今、脳トレーニングを謳ったテレビ番組や、書籍は依然として多く、その注目度は高いままです。 しかし、ワーキングメモリについて説明しているものはほんのわずかです。 本書は、これほどまでに重要でありながら、その存在がまだまだ浸透していないワーキングメモリに注目し、執筆することになった書籍です。 【『脳を鍛えると生産性が上がる』の特徴】 1. ミスや理解力の低下や脳疲労の原因がわかります うっかりミス、重大なミス、集中力の低下、理解力が悪い、脳が疲れている、マルチタスク 平行して複数の作業をすること が苦手、考えることが苦手といった悩みの原因を知ることができます。 原因がわかれば対処法も見えてきます。 仕事の生産性を上げる方法がわかります 様々な問題に関係するワーキングメモリの活動は、日常の生活や仕事の中で改善させることが可能です。 体を鍛えるためにジムで集中的にトレーニングしなくても、ジョギングやストレッチなどの方法で鍛えることができるように、生活の中でワーキングメモリを強化させていく方法はいくつもあります。 それらをわかりやすく紹介しています。 パズルで脳の活動量を増やし、新しい脳回路を開拓します パズル作家として活動する著者が作成した、ワーキングメモリトレーニングに効果的な問題が第4章に掲載されています。 計算パズルや、マスパズル、宝探しパズル、ライトパズルなど、頭を使うパズルを多数用意し、「頭の回転力を鍛えるトレーニング」「集中力を鍛えるトレーニング」「同時記憶・作業力を鍛えるトレーニング」の3つに分類しました。 トレーニングに『使える本』です。 ワーキングメモリを鍛えることができるNバックトレーニングや記憶トレーニングなどを繰り返し行うことができます。 方法はまえがきの後半に記載されています。

次の

大人の脳を鍛える方法 脳トレは効果ある?習慣づけが大事?

脳を鍛える

『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』NHK出版 ジョンJ. レイティ withエリック・ヘイガーマン/著 野中香方子/訳 こんにちは。 DaiGoです。 僕は本を読むのが一番の趣味です。 僕が実際に読んできて、思考や行動の基となっている本のみを厳選してみなさんに紹介していこうと思います。 * 今回紹介するのは、『脳を鍛えるには運動しかない!』。 僕が運動するきっかけになった本です。 ハーバードの医学部の先生が書いたもので、論文をもとにして作ってあります。 脳細胞を鍛えるにはどうすればよいかを最新の科学で解き明かしています。 そう思うととっつきにくい方もいらっしゃるので、わかりやすく内容を紹介します。 簡単に言うと、 「ちょっときつめの有酸素運動を行うことで脳に血流が回って、脳内にBDNF(脳由来神経栄養因子)という物質が分泌されます。 これが何歳になっても脳の成長を促進してくれ、アンチエイジングにも効果があると言われています」 ということが書かれている本です。 僕は「これだけ人間は脳が発達したのに何で運動するの?」って思っていたぐらいのスポーツ嫌いでしたが(この前のサッカーW杯も全く見ませんでした)、これを読んでライザップに入会しました。 「脳を若い状態に保ちたい」とか「ボケたくない」とかそういった方々が読まれるといいなと思います。 すごい本です。 論理的だし、どんな運動がいいのかというのも細かく書いてあります。 具体的には「キツめの早歩きを1日30分ぐらい行うだけで脳が発達する」というので、これだけでもみなさん、試してみてください。 『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』NHK出版 ジョンJ. レイティ withエリック・ヘイガーマン/著 野中香方子/訳.

次の

左脳の働きと右脳の働きを鍛えるトレーニング法7選!脳の役割とは?

脳を鍛える

新常識! ニューロンは運動で増える ネーパーヴィル203学区の取り組みは、運動が子供たちの学業成績にプラスの影響を与えることを証明してみせた。 ではなぜ、運動をすると頭が良くなるのか。 運動が「脳の神経細胞を育てる」からだというのは、『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)の著者、ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士だ。 「運動すると、脳由来神経栄養因子(BDNF)という物質が脳の中でさかんに分泌されます。 このBDNFが、脳の神経細胞(ニューロン)や、脳に栄養を送る血管の形成を促すことが明らかになりました」 以前は「脳のニューロンの数は生まれたときに決まっており、その後は加齢とともに減っていく一方で、増えることはない」と考えられていた。 だが最近では、さまざまな要因で後天的に増えることが科学的な常識となっている。 「ニューロンの数を増やすために最も効果が期待できるのは、運動です。 さらにものを覚えたり認知能力を高めるために必要な神経結合を増やしたり、ドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった思考や感情にかかわる神経伝達物資の分泌を促す効果も、運動にはあります」と、レイティ氏は言う。 たとえばいくつかの研究では、有酸素運動によるトレーニングを行うことで、記憶をつかさどる海馬が大きくなることがわかっている。 また、継続的な運動によって、脳の認知能力が強化されることも明らかになってきた。 2001年に米カリフォルニア州教育局が9年生(日本での中学3年生に相当)28万人に行った大規模調査の結果。 基礎体力や心肺機能などを総合し、受検者の体力スコアを1~6に分類。 各体力スコア層のリーディングと数学の平均点を算出したもの。 学業成績と運動との関連性については、アメリカでは1980年代から研究が進められてきた。 有名なものの1つは、カリフォルニア州教育局が2001年、同州の小学5年生約35万人、中学1年生約32万人、中学3年生約28万人を対象に行った大規模な調査だ。 この調査ではまず、「フィットネスグラム」と呼ばれる総合的な体力調査で、子供たちの心肺能力や筋力、持久力、体脂肪率などを調べる。 そして、体力と標準学力テストの数学およびリーディング(英文読解)の成績の、関連性を分析した。 すると、体力調査での成績が高い子供ほど、学業成績も優秀な傾向があることが確認された。

次の