河川 唯。 河川唯

#奇面組 #河川唯 一堂零、受難の一日

河川 唯

私の主業務は、河川の防災に関わる仕事です。 降水量をもとに、川に流れ込む流量、河川の水位、浸水被害を受ける地区、想定される被害を算定します。 テレビなどのメディアで目にする警報や避難勧告は、このような計算結果をもとに発表されているため、責任重大な業務です。 近年は地球温暖化による集中豪雨が多発し、全国各地で河川の水害や土砂災害が発生していますが、人命を守り、被害を軽減するためソフト対策の検討も行っています。 例えば、住民の防災意識を向上させるため、地域での学習会を実施したり、教材の作成等を行っています。 学習会を重ねると、当初は防災に関して関心のなかった方々が、近くの避難所を覚え、ルートを確認するなど、どんどん意識が変わっていきます。 それを見ると、自分の仕事が人の命を守ることに繋がっていると実感でき、やりがいを感じます。 防災訓練も防災意識向上のための取り組みの一つです。 大規模な自然災害が発生した時は、国土交通省、気象庁、自衛隊、警察、消防、医療・福祉関係機関と実に様々な機関が相互に連携をとる必要があります。 この連携強化を図るための、80団体3,000人にも及ぶ防災訓練の企画・運営を担当しました。 土砂で埋まった人の救助、復旧工事、支援物資の調達など、災害発生後の時間経過に沿って一つずつ活動を訓練します。 航空機や船舶なども出動する大掛かりな防災訓練で、準備に大変苦労しました。 それでも、全ての訓練が無事に終了し発注者である国土交通省の方が笑顔を見せてくださった時は、大きなやりがいを感じた瞬間でした。 苦労を共にした発注者の方と記念撮影できたのが良い思い出です。 のびのびと働ける職場環境でさらなる成長を目指す 「WLB部会」のメンバーとなり、女性社員が結婚、出産しても働きやすい環境づくりに取り組んでいます。 この部会で検討した内容はその有効性が審議され、有効と判断されたものが会社運営に取り入れられます。 このように若手社員の意見が経営にも反映される、風通しのよい職場環境が当社の特徴だと思います。 また、社員同士の仲が良いのも特徴だと思います。 私は、流行に乗って発足した社内のマラソン部に所属し、下は20代から上は40代後半と部署、世代の垣根を超えた幅広いメンバーでマラソン大会に参加したりしています。 今後の目標は、国や地方公共団体に納品する成果品が、最大限に活用され人の役に立つよう、技術力、説明力を向上させることです。 今後も「人の命を守る仕事」にますます貢献したいと思います。

次の

河川唯とは

河川 唯

人物 [ ] プロフィール [ ] 生まれ。 身長50 ~172cm、体重60kg。 血液型はAB型。 のメンバーでありリーダー。 立ち位置は中央。 性格・特徴 [ ] 初登場は『3年奇面組』「HOW MANY へんな顔!? の巻」。 奇面組リーダー。 通称「なしの零」。 一人称は「わたし」または「僕」(「俺たち」と奇面組として称したこともある)、語尾は「~なのだ(アニメでは「~なごや」になることも)」。 「個性の追求」をモットーに奇面組を結成。 人と同じであろうとすることを嫌い、個性を何よりも重んじる。 そのため、メンバーの中では一番個性が強く、2頭身と6頭身の使い分けが一番多い。 人間以外に変身することすらある。 連載初期は腕組の雲童塊とは勝負事でたびたび激突する間柄でありライバルのような関係であった。 一騎討ちの勝負には基本的に勝つことが多く、中盤以降に見られた柔道や空手での団体戦では基本的にトリを務める。 一般的な評価は「アホの総元締め」(無名のクラスメイト)、「さわがしさの総元じめ」(真実一郎)、「人間生きハジ見本、脳みその逃避行、毎日日曜日男」(古田恥一郎)といったところであり、後輩にもしばしばからかわれる(一沢賀節子など)。 しかし、クラスメイトの一部及びライバルとして登場する「組」のメンバーたちは、半ばバカにしつつも一目置いている。 学力はなく、中学校を3回している。 得意科目を「」と答えるほど、小学生から進歩していない様子。 高校進学後は落第こそしなかったが、勉強嫌いはさらに悪化。 イタズラ電話で「日本一高い山は? 」と聞かれ、「」と答えてイタズラ電話の犯人を悶絶させるほどで、独特かつ奇抜な発想から知識に伴う嫌がらせなどは一切通用しない強さも併せ持つ。 入学時はを見てが出る程度だったのが、3年生になってから補習を命じられた時は、教科書を見るとのあまりに退化して暴れ出した。 リーダーだけあって奇面組中では最も常識外れで無邪気な思考の持ち主であるが、それだけにここ一番での機転を利かしたり、柔軟な発想ができる。 身体能力は高く、人間離れした柔軟さと強靱さを持ち、首を360度以上回転させることができる。 中3(アニメでは高2)の修学旅行においては就寝中、豪にを飲酒させられ(零は一瞬で飲み干した)、翌日その酔いを覚ますため豪に殴られるもその反撃で豪を投げ飛ばしてを全壊したこともある。 面白半分でさまざまな運動部に体験入部するが、どれもそれなりにこなして試合の勝利に貢献もあり、他の生徒たちからも能力を認められてはいる。 しかし、何事にも変態的な考えで臨むため、の記録や体育の成績は悪い(一つには気が乗らなけらば手を抜くためでもある)。 例外的に体育祭における障害物競走では、腕組メンバーおよび番組の似蛭田妖と並んで、教師陣や全校生徒からも一目置かれている。 「キャラレル・ワールド」の回におけるの奇面組がクラスメイトから尊敬される天才集団になっており、その世界における天才集団のリーダーの零は眼鏡を着用し、冷静沈着で凛々しい性格になっている。 至って無邪気な性格。 外見の割にデリケートで、すぐにスネる。 口調は比較的丁寧で、「女の子をなぐるなんて、なんと情けないんだ」と喧嘩の仲裁に入る など、時に紳士的な一面も見せる。 顔つきは他者から「奇面」と評されつつも、常態の引きしまった口元は他者からある意味でりりしさも感じさせ、アニメでも女生徒からそれを認められる時があり、妹の霧も学友から零のことを聞かれた際「一応、かっこいいけどね…」と答えている。 口癖は「~すゆと、零ちゃんぶつじょー! じっとしていることが苦手で、無理に抑えつけられると身体がひとりでに暴走してしまう。 同級生に笑いの種を常に提供する反面、大過なく日常生活を過ごしたい、あるいは勉強したい同級生にはこの上もなく不快な存在でもある。 しかし教師など目上の人物に対しては基本的に敬語で礼儀正しくあろうとする姿勢を見せているが、相手が行き過ぎたムチャで自分たちを巻き込んだ時は教師だろうと容赦なくツッコミを入れる。 「怪獣大百科」を宝にしている。 得意技は「フンフンむちむちおどり」「おどろきしぱた」「やかましぶわさ」「2頭身三段よいしょ」。 「筋肉大移動(一度使うと体中の筋肉が不安定な動きをする)」「やっぱり今の~~~なし! 」という特殊能力も持っている。 アニメではスイカが好物であるが、一日に大量のスイカを食べすぎて恐怖症になってしまったこともある。 名前が名前なので、「一同、礼(いちどう、れい)」と言われると返事をしてしまう(そのため「どっちもおじぎ」で代用することもある )。 逆に自分が呼ばれていることに気づかず礼をしたこともある。 なお、読切では「零」という名前のみが決まっていた。 キャラクター人気投票では、1回目は男性キャラクター1位 、2回目は総合で2位。 河川唯との関係 [ ] 「」も参照• 1学年下の に一目惚れ。 相思相愛であり、周囲には公然の関係なのだが、当人たちにお互いの気持ちに気付いている自覚は無い(互いに意識し過ぎて一歩を踏み出せない描写もある(特にアニメ版))。 また、高校で2学年後輩の生井気奈子に一目惚れされたことがあるが、気付くことは無かった。 アニメでは唯との関係は原作より濃厚に描かれており、彼女の好意に無意識に気づいているようなシーンもあった。 唯は、零のことを「りりしい人」と周囲に言い切った最初の女性である。 3度目の中学3年から唯とともにずっとを務めている(最初に零を推薦したのは豪。 理由は「クラスで一番年上だから」だと後付けするが、本当は「(早く帰りたかったため)ただなんとなく」である)。 将来については何も考えておらず、最終回では父の手伝いをしている模様だが、唯を自転車の後ろに乗せているところで物語は唯と千絵の2人が一応中で話している場面に戻り、クライマックスを迎える。 ラストカットに、2人が出会った時の伏線ともいえるトンカツを口に頬張って零(?)が逃走するシルエットが、単行本のワイド版と文庫版では校舎の壁に追加されて描かれている(「」も参照)。 「キャラレル・ワールド」での零は、クラスの問題児の唯とは犬猿の仲という設定である。 家族 [ ] 一堂啄石(いちどう たくせき) 声 - 昭和10年生まれ 身長168cm 体重60kg 血液型:A型 「おもちゃの一堂」を経営する零の父親。 妻の直利とは幼馴染だったような会話がある。 元々はまともな人柄だったが、直利の父・清列に毒されてある意味零以上に変態的な性格になってしまうが、後半はそういった面は少なくなる。 家では仁以上にズボラな零に対して時に冷たく見えるくらい厳しいが、逆に霧にはかなり甘い。 だが、零や奇面組メンバーとかくれんぼしたり、零と一緒に風呂に入るなど、心底親子仲が悪いわけではない様子。 しかし女癖は悪いらしく、邪子に興奮してお茶やコーヒーを出そうとしたり(アニメではセクハラのように強調された)、霧が家庭訪問を阻止しようとしたほど。 店の経営はあまり芳しくない様子。 顔は零に似ていないが、角ばった輪郭や顎のみ彼の遺伝子を受け継いでいる。 アニメでは、一応高の前身である一先(ひとまず)高の在学当時に連続遅刻のワースト記録、52日を樹立しており、霧と共に53日の遅刻新記録を突破した零を称賛した。 モデルはもしくは。 一堂直利(いちどう なおり) 昭和13年生まれ。 旧姓は 善院(ぜんいん)。 零の母親。 零が8歳の時、霧を出産した後にで他界している。 零は母の記憶はないというが、母のことを想う場面もあり、唯に対して母性愛を無意識に求める時もある。 零似の顔立ちではあるが、性格は至ってまとも。 啄石の台詞によると昔は人並み以上に元気だった。 『3年』~『ハイスクール! 』作中には遺影でしか登場しなかったが、『帰ってきたハイスクール! 奇面組』の1エピソードで生前の姿が初めて描かれる。 一堂霧(いちどう きり) 声 - 昭和46年生まれ 星座は 身長:142cm 体重:35kg 血液型:A型 零の妹。 初登場時の『3年』では小学生だったが『ハイスクール! 』中盤より中学生となる。 啄石や零とは違い至ってまともだが、時々奇想天外な行動もとることがある。 学校でも優等生としてみられている。 父と兄のことを恥に思い、同級生に知られないようにしていたがぶち壊しにされた。 アニメでは零を兄として慕っている場面も描かれている。 顔は啄石に似ているが、輪郭や顎だけ直利に似ている(そのため清列が初登場した回では千絵に「両親のいいとこだけもらったんだ」と言われた)。 直利がいないため、家事を一手に引き受ける。 唯の弟・一平とは相思相愛(零と唯も相思相愛なので、結果として兄弟同士で恋愛関係となっている)で、普段は一平との妹の清(きよい)と3人で行動をともにすることが多い。 一堂ラッシー(いちどう ラッシー) 声 - 昭和55年生まれ 身長90cm 体重10kg 血液型:犬型 一堂家の飼い犬。 野良犬だったが一堂家の回りをうろついていたため飼われることになる。 雑種だが誇り高く、「」の名前も自分で気に入って選んだもの。 後に近所の野良犬たちを率いて「犬組」を結成。 メンバーは、いずれも漫画や小説などで有名な犬の名前にちなんでいる((声:)・(声:田中亮一)・(声:)・(声:広中雅志))。 ラッシーは偉そうにしているが周囲の犬たちからは「落ちこぼれじゃないとあんな組に入らない」とバカにされている。 宇留家の飼い犬であるビューティに恋している(アニメでは原作より更に踏み込んだ話が複数ある)。 当作品ではバカ犬扱いされているが、人語を解しでコミュニケーションが取れたり(ただし相手には正しく取られないことが多いが)、直立歩行もできる。 アニメでは学生服に着替えて新入生の教室に現れたこともある。 またアニメでは心情の描写という形で言葉をしゃべる。 人間の言葉として相手には伝わらない。 親類 [ ] 善院清列(ぜんいん せいれつ) 声 - 身長:143cm 体重:39kg 血液型:O型 直利の父で、零の祖父。 田舎に住んでいて(初登場はとなっていたが、のちに「山有県川有市谷有村」在住とされた)、たまに一堂家に来る。 アニメ版は比較的まともな性格として描かれているが、原作ではプロレス好きで、零や啄石にプロレス技を仕掛けている。 零が状況に応じて二頭身に変化するのに対し、描写は原作の一度だけながら初登場時、道を訪ねようとして唯と千絵の目の前で近づきながら遠近法を無視して徐々に巨大化する場面があったと思えば、直後に二人にど突かれて、「腰が抜けた」と年寄ぶる茶目っ気も見せる。 かなりの辛い物好きでかき氷に醤油をかけて食べる。 着用のアロハシャツは原作のみ本人の心情が文字となって浮かび上がる。 またボウリングも得意。 孫の零や霧のことは祖父として愛しており、基本的に二人には甘い。 啄石の過去なども知っているので彼も清列には頭が上がらない。 田舎では妻(名前は不明。 声:)、息子・控栄、孫・秀吾(しゅうご)と共に暮らしている。 善院控栄(ぜんいん ひかえい) 直利の兄で、零の伯父。 啄石からは「義兄さん」と呼ばれる。 善院秀吾(ぜんいん しゅうご) 声 - 控栄の息子で、零の従兄弟。 愛称は「しゅうちゃん」。 零のことは「零君」と呼ぶ。 祖父、父共に顔立ちは零に非常に似ている(大きな相違点は丸坊主であることと、顎が丸いこと)。 田舎訛りが強いのも特徴。 二頭身にならない、自己紹介の際は赤面するなど、性格は比較的まともであるが、原作では自分の住む村の過疎ぶりを逆手に取って零たちをからかったりもする。 田舎を誇りに思っているところがあり都会の人間と張り合うこともある。 しかし田舎の良いところを見せようとするので皆には好意的に接する。 自宅 [ ] 玩具屋「おもちゃの一堂」。 入り口は巨大な手(左手)のオブジェ(通称「お客や空き巣なんでも捕獲フィンガー」)が看板をつかんでいる店構えとなっており、実際に動かして客や泥棒を捕まえることが出来、「フラッシュ」では家庭訪問に訪れた事代が泥棒と間違えられ、捕獲されている。 啄石が零を攻撃する時にも使う。 一度、啄石の火の不始末で火事になったが、寝具や衣類が焼けた程度で済んだ。 庭にはラッシーの犬小屋があるほか、が埋もれている。 ラッシーが小判を見つけて家族に知らせようとしたが、全く取り合ってもらえず、そのままになっている。 番外編での零 [ ]• 「刑事編」では島津署特犯課の刑事として登場。 通称「オモチャ」。 いたって無邪気な刑事。 可塁沢での殺人事件調査では、転んだ時にすりむいた手の傷が元で犯人と疑われてしまう。 同話では啄石が上司。 霧が「こども刑事」としても登場。 「ウルトラ編」では宇宙科学防衛警備一応秘密武装怪奇とにかく怪獣やっつけ隊(通称「やっつけ隊」)の隊員として登場。 普段は「隊の恥部」といわれるほどの問題児だが、正体は宇宙人であり、変身用の乾電池によりワラトルマンに変身する。 読み切り作品『3年奇面組場外編 ひまわり・ちゅーりっぷ』では、珍日本プロレスの実況担当として登場。 眼鏡をかけている。 その他 [ ]• キャラクターのモデルは、(『』)、あるいはのハヤタ隊員。 新鱈墓栄(しんだら はかえい)のマンガ『ハイスケール! 御面組』には、「一等賞(いっとう しょう)」という主人公がいる。 ・の『』に「」というキャラクターがおり、一堂零がモデルとされることがあるが、原作者の武論尊は否定している。 なお逆に『奇面組』側のキャラクターに、をモデルとした「」が存在する。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 唯と千絵は留年していなく昭和41年生まれで実際は零とは3学年違う設定の為、昭和38年生まれ説もある。 また、唯と千絵と同学年になった直後の中学3年の修学旅行で、零が最初の中学3年時の同級生と遭遇してその同級生がこの時点で高校3年という点や、零が高校1年時に最初の同級生との同級会に行ったら最初の同級生は(大学に進学していなければ)就職していた点から見ても、本来は零は昭和38年生まれと思われる。 (これに関しては豪と潔も同様で、潔は高校2年から3年に進級時に成人式で着たスーツ(零、豪、潔は昭和38年生まれで唯、千絵と本来は3学年違いなら高校2年時に20歳になっている)が登場しているし、零が高校3年時に誕生日になった時は21歳になっている。 本来の高校3年時の誕生日を迎えての年齢は18歳• 編「永久保存版!! JUMPオールキャラクター総勢148名!! 奇面組 第10巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1985年6月15日、、47頁。 新沢基栄「零対零!唯対唯?の巻」『3年奇面組 第6巻』集英社<ジャンプコミックス>• 新沢基栄「校内バスケット大会その3 対骨組戦 ああ低レベル戦の巻」『3年奇面組 第2巻』集英社<ジャンプコミックス>• 新沢基栄「変態会議の巻」『3年奇面組 第5巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1982年10月15日、、18頁。 新沢基栄「きみのお気に入りキャラは何位かな!? 」『ハイスクール! 奇面組 第16巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年2月15日、、123頁。 奇面組 第11巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1985年9月15日、、88頁。 零が高校1年時に小学3年と紹介されていたが、作者のミスで、そのことを霧が中学に入学してから最初に登場した回で琢石が突っ込んでいる。 唯の弟の一平と潔の妹の清も同様である。 関連項目 [ ]• - の一員であり、一堂零のモデルとされている。

次の

河川唯/ハイスクール!奇面組

河川 唯

概要 「 河川唯」とは、マンガ、アニメ作品「シリーズ」に登場するキャラクターであり、本作品のである。 プロフィール 生年月日 昭和41年生(月日は不明) 155cm 45kg A型 ドングリ目玉 ショートカット 父の職業 ・ かわ いたぞう ・ かわ りや 弟・ かわ いっぺい 従姉妹・ かわ いこ 名前の由来は、「 かわゆい」。 キャラ作成当初は「奇面組の不遇さに 歯がゆい思いをしている」という意味から 葉賀唯であったが、わかりにくいので姓だけ「 河川(かわ)」に改められた。 なお、唯のルーツはさらに遡ることができ、 作者:のデビュー前未発表作品に既にそれらしいキャラが出ており、ある意味、主人公のよりも旧いキャラクターである。 キャラクター解説 個性的な人が好き、というか、が好き。 実はなのだが、互いに鈍感である為、中々進展していない。 だが、実際は「運命の赤い糸」のごとく互いを意識し過ぎてしまう為、互いに一歩を踏み出せないのが正解と言えよう。 の他にも多くの男子から好意を寄せられてきたが唯本人にとっては眼中にない模様。 や、も当初は好意を寄せている描写があったが後に身を引いている。 天真爛漫で優しい性格の一方ででもある。 また奇面組らの奇行にズッコケずに喜んでいたり、の変態技「画調多重変化」「2頭身3段よいしょ」を体得していたりと自身もそれなりに変態である。 基本的に優等生なのだが中学生時代はと並んで問題児として学校にマークされていたこともあった。 実際、授業中にかぎってトイレに行ったり自分の授業をサボって他の授業に参加したりという問題行動はしていた また、マラソン大会で優勝したり、女子遠泳でやとトップ争いを演じ(ゴール間際で二人が取っ組み合いの喧嘩をするというハプニングがあったとはいえ)一位に輝いたりと何気に運動神経も高い。 歌番組などバラエティ番組の類は長いこと見ていないらしく、芸能界のことには疎い。 とは一応中学校に転校してからの親友である。 原作では唯が2年生の時点で一応中に転校し、のちに奇面組が落第 留年 したことで同学年となったが、アニメ版では3年生の時点で転校して最初から奇面組と同学年となっている。 高校進学後は千絵と共にバレーボール部に加入している。 原作である『』『』では、暮らしで貧乏な家庭であり、母・が病気で寝たきりである為、家事全般は本人の仕事である。 アニメ版では一軒家暮らしで、母親については作中に登場しないため不明。 年齢以上に幼いと、弟・から弄られては、手酷い仕返しをすることもある。 原作:『』最終回のラストは衝撃的で、ファンの間では解釈をめぐって賛否両論となった。 これについて新沢は、自分の意図に反する解釈がなされたとして、JCS版刊行の際に異例の加筆を行っている。 「ピンク髪ヒロイン」の元祖とも言えるキャラでもある。 これはよくある「アニメ化の際の彩色」ではなく、連載開始当初から設定されていた。 関連イラスト.

次の