コカ・コーラ 増配率 推移 2019。 【KO】(コカ・コーラ カンパニー)~連続増配57年の実績を誇る世界最大級のノンアルコール飲料メーカー♪~

KO コカ・コーラ 連続増配 米国株 ちびぞう

コカ・コーラ 増配率 推移 2019

会社HPから引用 大きく2つのモデルがあります。 飲料の濃縮シロップを、ボトリングパートナーへ販売 過去10年間で、利益率の低い1の「BIG ボトリング 事業」を現地パートナーへ譲渡し、代わりに利益率の高い2の「原液販売やマーケティング事業」の割合を高めました。 ちなみに、 ボトリングパートナーは225、ボトリング工場は900に及びます。 さすがコカ・コーラの規模感でしょう。 製品種類別の内訳 コカ・コーラ社と言えば、コーラが売上の大半と思う方も多いのではないでしょうか?私もそうでした。 実際は違うのですね。 コカ・コーラ社の堀• 長い間積み上げてきた、圧倒的なブランドイメージ・価値。 巨大で広範囲なボトラーとのネットワーク。 例えば、飲み物のコカ・コーラ自体は、平たく言えば炭酸砂糖水なわけです。 ペプシと何が違うのか、はたまた各地に存在する類似した飲み物と味が違うのか、と言われると答えに窮します。 しかしながら、「 コカ・コーラ社は、長い時間と巧みなマーケティングで、時代に即したコカ・コーラのブランド・イメージを作り上げてきた」わけ です。 世界中における認知度も圧倒的で、これは大きな参入障壁になるでしょう。 加えて、「 世界に散らばる225のボトリングパートナーとのネットワーク、自社工場も強固」です。 これらを作り上げるには、時間と圧倒的な資金が必要なので、これも他社には模倣されにくいポイントと言えます。 コカ・コーラ【 KO】の株価推移 続いて株価です。 リーマンショック以降、株価は順調に右肩上がりでした。 底値からピーク時点で約3倍なっています。 今後コロナ第二波が来て、2番底を目指すのかは誰にもわかりませんが、長期保有前提なら、買うタイミングと言えるかもしれません。 コカ・コーラ【 KO】の売上と利益 2015年から2017年にかけて、売上と利益共に減少しています。 理由は事業再編でしょう。 利益率の低いボトリング事業を外出しし、ブランド開発等利益率の高い事業に集中させる再編ですね。 再編がひと段落し、2017年から利益が一気に増加しています。 利益率も非常に高いのが特徴です。 コロナショックの影響として、 全体の約半分を占める「Away-From-Home」 チャネルの売上が大きく減少したと発表しています。 Away-From-Homeチャネルとは、レストランやバー、コンサートやスポーツ等のイベント経由での売上です。 世界的に外出自粛規制が取られているので、その影響をモロに喰らった形ですね。 一方、 Eコマース経由での売上が大きく増加しているようで、光がないわけではありません。 既にWithコロナのNew Normalに突入している、中国での動向を参考にし、他地域への対策を先手先手で打っていくのでしょう。 地域や販売チャネルでポートフォリオを組めているのが効いていますね。 コカ・コーラ【 KO】の配当と配当利回り コカ・コーラは増配企業として有名で、57年! 連続増配をしています。 アメリカのトップ企業が持つ強さを感じますね。 アメリカには、特に消費財インフラ等、景気動向の影響を受けにくい銘柄で、数十年にも渡って連続増配している企業があります。 アメリカという国のベースの厚みや凄さを感じます。 配当利回りも3%をコンスタントに超えています。 2019年に少し落ちたものの、直近の株価下落で3. 一方、配当性向は、2019年時点で80%程度と高いことは、留意が必要でしょう。 今後も「増配継続で、FCFの75%を目安に配当をしていく」ターゲットです。 コカ・コーラ【 KO】のキャッシュフロー 営業CFとFCF共に2017年を境に上がっていますね。 コカ・コーラ【 KO】のEPSとBPS BPSが2017年にかけて減ったのは、事業再編でボトリング事業自社ビルなどのアセットをバランスシートから切り離したからですね。 コカ・コーラは他企業のように、大規模な自社株買いはしていません。 小刻みにしている印象ですね。 あくまで、「 余剰キャッシュが出来たら、都度自社株買いをして株主還元する方針」のようです。 コカ・コーラ【 KO】のまとめ 今回は、「アメリカ コカコーラ 株【KO】の銘柄分析。 【米国株 高配当 連続増配】」について、書いてきました。 巨大企業ですが、SDGs等時代の流れを理解し、売上・ボリュームから利益・バリュー重視の事業へ再編したところは、さすがですね。 コロナショックで一時的に業績が悪化しそうですが、それも乗り切れるバランスシートの強さがあります。 需要が無くなることは考えにくいので、きっと遠くない内に回復してくるのではないでしょうか。

次の

【MMM】スリーエム 過去20年間の配当金の推移と増配率まとめ【2019年版】

コカ・コーラ 増配率 推移 2019

今回の記事の内容• コカ・コーラ(KO)の業績の推移は?• コカ・コーラの業績悪化の理由は?• コカ・コーラの業績の懸念は?• コカ・コーラの株価推移は? 投資歴20年のかいまるです。 米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用していて、コカ・コーラ(KO)も主力銘柄として保有中です。 日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いコカ・コーラ。 創立1892年で、100年以上の歴史と200を超える国や地域に展開していて、世界中でコカコーラを販売している、グローバル巨大企業です。 不景気時にも売り上げが落ちないディフェンシブ銘柄の代表格ですが、最近では先進国を中心に健康意識の高まりから砂糖入り清涼飲料水の売り上げが落ち込み、一時業績が不安視され株価も伸び悩みました。 しかし、結論から言うとコカ・コーラ株は、 目次• コカ・コーラの業績の推移は? 早速ですが、コカ・コーラの業績をみていきます。 ここでは、 以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。 圧倒的なブランド力で業績鉄板と思われていたコカ・コーラですが、 2018年の売上高は 約318億ドル(約3. 5兆円)と2012年をピークに右肩下がりで、3分の2まで落ち込んでいます。 しかし、よくよく見ると営業利益は売上高ほど減少していなくて、2018年の営業利益率が30%超えと大幅に改善していることがわかります。 これには理由があります。 コカ・コーラの業績悪化の理由は? コカ・コーラの売上高が減少している理由は、 製品を製造する事業を縮小するという収益構造の転換を推し進めているためなんですね。 そもそも清涼飲料を販売するまでの事業は大きく ・濃縮事業:飲料の濃縮原液の製造・販売 ・製品事業:原液を炭酸等で薄めてボトル詰めして販売 の2つに分かれます。 濃縮事業を簡単に言えば、濃縮液を ボトラーと呼ばれる会社とフランチャイズ契約して販売し、収益を得るというもの。 製品事業は、この濃縮液を甘味料や水、炭酸水等と組み合わせるなどして、商品を製造・販売しています。 この製品事業は、基本的にボトラーが担っていますが、コカ・コーラ本社でも少なからず行っています。 しかし、この事業は製造・流通という労働力が必要となるため、どうしても営業利益率は低くなってしまうんですよね。 その反面、 濃縮事業は世界各地にあるフランチャイズに原液が確実に売れるため在庫リスクがなく、原液なので配送コストも低い。 そのため、利益率が製造事業よりも圧倒的に高いんですね。 そこでコカ・コーラは売上高の減少覚悟で、本社の製品事業の縮小という収益構造の転換を進めているんです。 2018・2019年は、この収益構造の転換が奏功して、営業利益率が上昇するなど業績が改善。 これに伴い株価も大幅に上昇しています。 コカ・コーラの業績の懸念は? ビジネスモデルが非常にうまくいっているコカコーラ社も懸念点があります。 先進国を中心に砂糖のたくさん入った清涼飲料水の売上が伸びない状況が続いています。 さらに、 米国を中心に砂糖の入った清涼飲料水に税金をかける動きが広がっていて、コカ・コーラが非常に知名度の高いブランドなので標的にされやすい。 なので、コカ・コーラは、ここ最近の動きとして• コカ・コーラゼロシュガー• コカ・コーラ製のエナジードリンク• 英国コーヒーチェーンのコスタ買収 なで脱・砂糖入り飲料事業を進めています。 日本でもレモンチューハイなどの酒類販売に乗り出すなどの取り組みを行ってますよね。 先進国を中心に砂糖が大量に入った清涼飲料水が売れない状況は続くでしょうから、今後の業績はこれらの取り組みがうまくいくかにかかっていますね。 例えば、自分はイオンのトップバリューブランドのコーラを飲む機会がありますが、味はそんなに変わらないんですよね。 以前なら口に入る飲み物なので少しぐらい高くても知名度の高いブランドが購入されましたが、最近はネットや口コミなどで評価が確認できる。 なのでコカコーラの圧倒的なブランド力が維持できるのかは注視することが必要ですね。 コカ・コーラの株価の推移は? 以下が、過去5年のチャートです。 コカ・コーラでは収益構造の転換を進めていて、この時期の業績は減収していた影響もあります。 米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0. 45%(最大20ドル)。 日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。 その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 「コカ・コーラの業績」まとめ 今回は、コカ・コーラの株価ということで、業績と業績悪化の要因、懸念事項について述べてきました。 収益構造の改善が奏功して、売上高は大幅に減少しているものの、営業利益率が大幅に伸びているコカ・コーラ。 他方、先進国を中心に健康意識が高まり、砂糖入り清涼飲料水の売り上げが伸びていませんが、ゼロシュガーコーラやエナジードリンクの販売、コーヒチェーンの買収などの取り組みを進めています。 圧倒的ブランド力と収益構造の強化。 景気が悪化しても売り上げが落ちないコカ・コーラはまさに長期保有に向いた銘柄といえるでしょう。 最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 米国株に関する情報を効率よく収集するには? 日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信する モトリーフール。 メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が 無料で送られてきます。 自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。 モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。 米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。 登録は無料です。 >> なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。 米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは? 株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。 やはり資産運用の基本は 、 米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。 自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、 ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。 自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。 忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。 詳しくは以下の記事にまとめています。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。 業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。 その理由について分析です。 カード決済で圧倒的なシェアを誇るビザ(VISA)の銘柄分析です。 営業利益率が驚異の60%超えとなるなど業績鉄板。 強さの秘密に迫ります。 マイクロソフトの株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめています。 今後の株価の見通しは? グーグルの親会社アルファベットの銘柄分析です。 新型コロナ拡大で企業からの広告収入が減少することが見込まれますが、今後の株価について分析です。 圧倒的なブランド力を持つアップルの銘柄分析です。 新型コロナ拡大で1〜3月期の売り上げ未達となるなど業績への影響が懸念されるところ。 今後の株価の見通しについて分析です。 63年連続増配など業績鉄板。 今後の株価の見込みについて分析です。 ヘルスケア最大手のJNJの銘柄分析です。 コロナ拡大でも医薬品や日用品の売り上げ好調で、58年連続の増配を発表。 今後の株価の見込みについて分析です。 しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。 今後の見通しについてまとめました。 米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。 主要ネット証券会社の手数料を比較。 オススメの証券会社はどこか?.

次の

KO コカ・コーラ 連続増配 米国株 ちびぞう

コカ・コーラ 増配率 推移 2019

コカ・コーラとは によるからの画像 ザ コカ・コーラ カンパニー(英:The Coca-Cola Company)は、をはじめとするを製造販売するの企業である。 日本法人は株式会社である。 に上場しており、ティカーシンボルは KOである。 を構成する30社のうちの1社である。 Wikipedia様より引用 コカ・コーラの事業内容 いつもは事業ごとに分類していますが、コカ・コーラは皆さん知っているブランドであること、決算書でのセグメント分類が地域ごとになっているので地域ごとの紹介とします。 ちなみにコカ・コーラが保有しているブランドは「コカ・コーラ」「アクエリアス」「紅茶花伝」「ファンタ」「ジョージア」「ミニッツメイド」など有名なものがたくさんあります。 長くなるので興味のない方は下のボタンから業績の推移までジャンプしてください。 北米事業 北米は安定した人口増加とアメリカ人のありないような消費量によって稼ぎ頭となっています。 今期は特に主力のコーラやスプライトなどの発泡性飲料の売り上げが好調だったようです。 ヨーロッパ、中東、アフリカ すごいまとめ方ですね。 この事業ではヨーロッパでの減少をアフリカ成長がカバーしているような感じです。 ただアフリカの新興国の為替相場の変動により為替差損を被ることがあるので注意です。 アジア太平洋地域 この地域では日本の減少を中国などの発展途上国の伸びで補っている感じになっています。 ただインドなどでも消費が増大しているため、今後最も伸びる事業となりそうです。 ラテンアメリカ この事業ではアルゼンチン以外の国では消費量が増加しているようです。 アルゼンチンはデフォルトの影響が大きいですね。 また為替相場の変動によって2019年には損失を出しています。 新興国は伸びは大きいですが為替相場に左右されるのが欠点ですね。 TradingView提供の 2018年ぐらいまでは停滞していましたが2019年から一気に上昇しました。 しかしほかのマスターカードやビザなどといった銘柄と比較すると上昇幅は小さいです。 株価の基礎情報 株価 57. 01 PER 36. 28 PBR 14. 33 配当利回り 2. だってあの アップルやマイクロソフトよりも割高なのですよ。 期待が大きすぎる気がします。 ちなみにみんながコカ・コーラのことをバフェット銘柄といっていますが、バフェットがコカ・コーラを最後に買ったのは2000年より前です。 つまり今の水準だったらもっと魅力的な企業がほかにあるということです。 再FC化 飲料水の事業は原液の製造をし各地域に出荷する上流事業と、それを薄めて販売する下流事業があります。 どちらが利益率が高いかといえばもちろん上流ですよね。 そのためコカ・コーラは 下流事業のFCを進めています。 それにより売り上げは減少しますが、利益率は高まることを期待しているのでしょう。 コカ・コーラの業績の推移 売上の推移 売り上げは 減少傾向にありますね。 2019年は第三四半期までの累計なので小さく見えるだけですが。 これは2016年まではコカ・コーラが苦戦していたためで、2017年からはブランドの選択と集中を行ったからです。 売上重視から利益重視の方針に転換したのですね。 これは次に紹介する営業利益の推移からもわかります。 営業利益の推移 営業利益率は上昇していますね。 これを見ると売上から利益重視に変わったとはっきりわかりますね。 当期利益の推移 当期利益は減少を続けていましたが、ブランドの選択と集中を進めた結果 改善してきています。 2017年の大幅減益は税制改正の影響なので気にする必要はありません。 配当の推移 毎年増配を続けています。 連続増配記録は驚異の56年です。 すごくないですか?私の生まれる何十年も前から増配を続けているのです。 しかし配当性向を見ると少し苦しい状況が見えます。 配当性向の推移 まず2017年の配当性向がすごいことになっているのは税制改背の影響なので心配する必要はありません。 しかしこのままだとグラフが見ずらいので2017年を抜かしたグラフをご覧ください。 2017年を抜かしてみると 配当性向が年々上昇していることがわかると思います。 2018年には100%を超えてしまっています。 しかしブランドの選択と集中をし利益率が高まっているため、減配リスクは低いと思います。 50数年も連続増配していて減配するなど相当な業績悪化がなければしないでしょう。 コカ・コーラは 一般消費者向けの飲料水事業なので一気に業績が悪化することは考えにくいですしね。 財務の推移 自己資本比率の推移 自己資本比率は 自社株買いの影響で純資産が減少したのでさがっています。 これは株主還元によって下がっただけなので「低い!」などと思わなくてよいでしょう。 ROEの推移 2017年ぐらいでへこんでいるのは税制改正の影響です。 それ以外はかなり高いです。 これは 優秀な企業が多い米国の中でも優秀な企業です。 発行済み株式総数 発行済み株式総数は2018年までは減少していました。 しかし2019年は微増でした。 株主還元は配当だけにするのでしょうか。 自社株買いを行う余裕がないのかもしれいませんね。 ブランドの整理やFC化に費用が掛かっているため キャッシュフローの推移 営業キャッシュフローが減少しているのが気になります。 今後は事業改革を進めたので回復するでしょうが。 財務キャッシュフローの増加はほとんどが株主還元だと思ってよいでしょう。 1兆円を超える還元をしていたのはすごいですね。 この企業の強い点、弱い点 強い点は何と言ってもコカ・コーラを筆頭に様々な優良ブランドを保有していることでしょう。 だって不景気になったってコーラの飲む量を減らそうとは思いませんからね。 しかし最近では健康志向が高まってきています。 これによりコカ・コーラの売り上げが減少するかもしれません。 そのため健康に配慮した製品を製造する必要があると思います。 まとめ 高収益 株主還元意識が高い 連続増配銘柄 かなり割高 高配当株に興味のある方はこちらの紹介記事をご覧ください。

次の