ありふれ ノイント。 ありふれた職業で世界最強の香織は死亡した?ノイントとの関係もネタバレ考察! | マジマジ情報局

畑山愛子 (はたやまあいこ)とは【ピクシブ百科事典】

ありふれ ノイント

月下に銀翼がはためいた。 だが、それは飛翔のためではない。 その銀翼から殺意をたっぷり乗せた銀羽の魔弾を射出するためだ。 恐るべき連射性と威力を秘めた銀の魔弾は、標高八千メートルの夜闇を切り裂き、数多の閃光となって標的に殺到する。 それに対するは、ピンクボールと紅色のスパークを迸らせる鋼鉄の兵器。 あらゆる敵を粉砕してきた怪物が咆哮を上げる度に、飛来する銀羽は無残に飛び散り四散する。 計算され尽くした弾道が、たった一発で幾枚も羽を蹴散らし、壁と見紛うほどの弾幕に穴を開ける。 必要なのは踏み込む勇気。 それこそが、完璧な回避を実現する。 「ひゃああ!」 お互いの命をベットした死合に似つかわしくない可愛らしい悲鳴が響いた。 場違いな声を我慢しきれず出してしまったのは畑山愛子先生だ。 ハジメのメツェライもかくやという銀羽の弾幕を撃ち放つ〝神の使徒〟ノイントの攻撃を、紙一重で回避し続けるハジメの片腕に抱かれながら、人生初のドッグファイト(生身バージョン)を経験中なのである。 もちろんそこにカービィもいる。 「先生! 口は閉じてろ! 噛みまくって血だらけになるぞ!」 「そんなこと言ってみょッ!? か、かんじゃった……」 ハジメの忠告も虚しく早速涙目になっている愛子。 いや、空中戦が始まった時点で涙目だったので、噛んだことだけが原因ではないが。 ハジメとしても、愛子は特別身体能力が優れているわけでもないので、激しい機動は避けて〝瞬光〟を使い、襲い来る弾幕を最小限の動きでかわしているのだが、それでもジェットコースターなど遥かに超える機動に、愛子は既にグロッキー状態だ。 かといって、そのへんに放り出しておくわけにもいかない。 愛子を抱えるハジメに対してノイントの攻撃に容赦がない以上、放り出した途端、愛子の方を狙われかねない。 愛子を背にしながら戦うより、抱いて一緒に動く方がずっとマシだった。 それに、この状態がいつまでも続くわけではない。 頼もしい仲間が、救援に来てくれているはずなのだ。 ハジメは、再び全方位から包み込むように強襲してきた銀羽をシュラークで撃ち抜き回避しながら、ギュッと目を瞑ってハジメにしがみついている愛子に話しかける。 「先生、もう少し頑張れ。 今、俺の仲間がこっちに向かってる。 そいつが来れば地上に降りられるぞ」 「は、はい! で、でも南雲君は!?」 「もちろん、あの能面女をぶっ殺す」 「うぅ、足手纏いですみません……」 「だったら一回僕に任せて愛子せんせーを守ってて!」 「いいのか?」 「もちろん!」 自分がお荷物になっていることを自覚して歯噛みする愛子。 ハジメは、そんな愛子をギュッと抱きしめて宙返りをする。 反転した世界で、ハジメの頭上を銀色の砲撃が通り過ぎた。 最初に、愛子が幽閉されていた隔離塔の上部を消し飛ばした閃光だ。 再び、シェイクされるような衝撃に声を詰まらせつつも、押し付けられたハジメの胸元から、全く乱れていない規則正しい心音が伝わり、そんな場合でないとわかっていながら妙な安心感を得てしまう愛子。 ほんとに、こんな状況で何を考えているんだと自分を叱りつけながらも、より一層強く抱きついてハジメに身を委ねる。 「気にすんな。 元より、多少の無茶をするのは想定内だ」 「! わ、私のために……そこまで……」 もちろん、ハジメが言ったのは、神代魔法を修得するために教会側と衝突するのは想定内という意味であって、愛子を助けるためだけという意味ではないのだが……ちょっと、シチュエーションに酔ってしまった愛子は見事に勘違いする。 そして、現在進行形で抱きしめられ守られているという状況が、勘違いを加速させていく。 一刻も早く目を覚ます必要があるだろう。 「……雑談とは余裕ですね、イレギュラー」 「相手は僕だよ!」 銀色の砲撃と銀羽の弾幕をかわした直後、ハジメのすぐ傍で機械的で冷たい声音が響く。 咄嗟に、義手の肘から散弾を背後に向かって放ちつつ、その激発の反動を利用して反転する。 その目に飛び込んできたのは、双大剣の片方を盾にして散弾を防ぎつつ、もう一方の大剣を横殴りに振るうノイントの姿だった。 そこにカービィは飛び出す。 銀光を纏う長さ二メートル幅三十センチの大剣は、そこにあるだけで凄まじい威圧感を放っている。 そして、その宿した能力も凶悪だ。 なにせ、ノイントが操る銀の魔力は全て固有魔法〝分解〟が付与されているのだから。 触れるだけで攻撃になるなど反則もいいところだ。 「だったらコピー能力クリエイト!『ドラゴストーム、ウルトラソード、ウルトラソード、ミラクルビーム』」 カービィはスーパー能力を使いドラゴストームで攻撃しながらミラクルビームを飛ばして その間に二本のウルトラソードで切りつけた。 「あなたは強すぎる。 主の駒としては相応しくない」 ノイントが再び銀翼をはためかせ、銀羽を宙にばら撒く。 だが、今度はカービィに向かって射出されることはなかった。 代わりに、ノイントの前方に一瞬で集まると、何枚もの銀羽が重なって陣を形成する。 そう、魔法陣だ。 銀色に輝く巨大な魔法陣がノイントの眼前からカービィを睥睨する。 そして…… 「〝劫火浪〟」 発動された魔法は、天空を焦がす津波の如き大火。 どうやら、魔弾だけでなく属性魔法も使えたようだ。 今まで使ってこなかったのは、単純に銀の魔弾だけで十分だと判断していたためだろう。 つまり、本気になったということだ。 「コピー能力クリエイト『ミラー、ミラー、ドラゴストーム、ドラゴストーム』 カービィは攻撃をミラーで跳ね返しながらドラゴストームでノイントを焼き尽くす。 「……これも凌ぐのですか」 と、その時、突如、【神山】全体に響くような歌が聞こえ始めた。 ハジメが、銀羽の弾丸をかわしながら何事かと歌声のする方へ視線を向ければ、そこには、イシュタル率いる聖教教会の司祭達が集まり、手を組んで祈りのポーズを取りながら歌を歌っている光景が目に入った。 どこか荘厳さを感じさせる司祭百人からなる合唱は、地球でも見たことのある聖歌というやつだろう。 一体、何をしているんだとハジメが訝しんだ直後、 「……ッ!? なんだ? 体がっ…」 「南雲君!? あうっ、な、何ですか、これ……」 ハジメと愛子の体に異変が訪れた。 カービィは無事なようだ。 体から力が抜け、魔力が霧散していくのだ。 まるで、体の中からあらゆるエネルギーが抜き出されているような感覚。 しかも、光の粒子のようなものがまとわりつき、やたらと動きを阻害する。 「くっ、状態異常の魔法かっ……流石総本山。 外敵対策はバッチリってか?」 ハジメの推測は当たっている。 イシュタル達は、〝本当の神の使徒〟たるノイントが戦っている事に気が付き、援護すべく〝覇堕の聖歌〟という魔法を行使しているのだ。 これは、相対する敵を拘束しつつ衰弱させていくという凶悪な魔法で、司祭複数人による合唱という形で歌い続ける間だけ発動するという変則的な魔法だ。 「イシュタルですか。 ……あれは自分の役割というものをよく理解している。 よい駒です」 恍惚とした表情で、地上からノイントを見つめているイシュタルに、感情を感じさせない眼差しを返しながらノイントがそんな感想を述べる。 イシュタルの表情を見れば、ノイントの戦いに協力しているという事実自体が、人生の絶頂といった様子だ。 さぞかし、神の思惑通り動く便利な存在なのだろう。 そんなイシュタル達司祭の中身はともかく、現在、展開している魔法は正直なところ厄介なこと極まりないものだった。 ハジメは、〝宝物庫〟からオルカンを取り出すと、イシュタル達の方を見もせずに十二発全弾を無造作に撃ち込んだ。 今度は、違う種類の悲鳴が聞こえてきたが無視だ。 なぜなら、そんな雑音などかき消すような聞きたかった声が響き渡ったからだ。 〝無事かハジメ?〟 その声に、ノイントを警戒しながらもハジメの頬が緩む。 待ち人ならぬ待ち人?の到着だ。 「メタナイト、助かった。 ちょっとヤバかったんだ」 「メタナイトさん。 今から私を地上に降ろして、また戻って来るとすればかなりの時間がかかるのではありませんか? ここは標高八千メートルです。 往復するのも大変なはず……」 「私、こう見えて魔力だけなら勇者である天之河君並なんです。 戦闘経験はないけれど……援護くらいはしてみせます! 人と戦うのは……正直怖いですが、やるしかないんです。 これから先、皆で生き残って日本に帰るためには、誰よりも私が逃げちゃダメなんです!」 愛子の緊張と恐怖、そしてそれらを必死に制しようとする決意が表れた返事を合図に、メタナイトは聖教教会を象徴する大神殿に向かって一気に飛翔した。 相手取るのは、数百人規模の司祭達と神殿騎士団。 今、メタナイトと愛子という異色のタッグチームがこの世界最大の宗教総本山に挑むのだった。

次の

白崎香織 (しらさきかおり)とは【ピクシブ百科事典】

ありふれ ノイント

ありふれはいわゆる「主人公最強もの」に相当しますが、同行者もまた最強の存在であるのは言わずと知れたこと。 ハジメの同行者であるユエ、シア、ティオの3人は、(魔力切れなどはひとまず抜きにして)魔物の大軍を軽々と討滅できる実力を秘めています。 もちろん人間ではありません。 最近は増えましたね、亜人のヒロイン。 「私とお前の差を教えてあげる」 「お前じゃなくて香織だよ」 「私はユエでいい。 香織の挑戦受けて立つ」 「負けても泣かないでね?」 そんな中で、ヒロインの一人であり、同行者の一人でもある白崎香織は 人間です。 実力は言わずもがな、彼女たちより一歩も二歩も劣っています。 勇者パーティとハジメを比べるようなものですからね。 一応治療や補助魔法が使えますし、 変態は別としてハジメを想う気持ちではユエにも引けを取らないのですが……。 ある意味当然というべきか、彼女は死んでしまいます。 ただ、これもまたヒロインの宿命というべきか、無事に復活を果たします。 旧正統派ヒロイン 「白崎さん、こんな夜中にどうしたの?」 「明日からのオルクス大迷宮の訓練に行かないで欲しいの。 お願いすごく嫌な夢を見たの。 南雲君の身に何か…」 「ちょっと待って」 そんな白崎香織は、ハジメのクラスメイトの女子高生です。 トータスというありふれの舞台である異世界にハジメたちクラスメイトたちと共に同時召喚されました。 クラスは治癒師で、回復魔法と補助魔法特化。 いじめられっ子であり、よくある冴えない男子生徒でもあったハジメでしたが、外面的に唯一見られるポイント(?)があり、それが 香織に想われてることでした。 ハジメがいじめられていることは別に、二人の性格的構図、見た目の印象は、昔のノベルゲームの両者を彷彿とさせます。 当然のように香織はクラス内でマドンナ的存在でした。 (マドンナって言葉が既に懐かしい) 「し、雫ちゃんがやるなら私も頑張るよ!」 なぜハジメを想っていたのか ぱっと見は二人は外見的な印象的に幼馴染な気がしますね。 「幼馴染? 本当にそれだけ?」「そのうち誰かに取られるぞ」とはお馴染みのやり取り。 でも事情は少し違っていて。 出会いの経緯は 他校の生徒であったハジメが、身を挺しておばあちゃんとその孫を助けたことを香織が目撃したことによるもの。 助けると言っても、土下座をして帰ってもらった、というハジメにとっては黒歴史の内容でした。 「私が一方的に知ってるだけだよ。 ……私が最初に見た南雲くんは土下座してたから私のことが見えていたわけないしね」 「ど、土下座!?」 「うん。 不良っぽい人達に囲まれて土下座してた。 唾吐きかけられても、飲み物かけられても……踏まれても止めなかったね。 その内、不良っぽい人達、呆れて帰っちゃった」 「そ、それはまたお見苦しいところを……」(web第一章「 」より抜粋) 二人の関係はそこで一度は終えたのですが、 偶然の女神は微笑み、二人は同じ学校、それもクラスメイトになりました。 たとえ香織でなくとも運命を感じないわけがありませんね。 ただ、ハジメ側からしてみれば、クラス内の男子生徒から 余計なやっかみを買う理由にもなり、いじめられてしまう原因にも。 ハジメは元々「あはは、ごめん……」な性格の子ですし、それが理由だとは作中で触れてはいなかったと思いますが、趣味に没頭できていた、またはそういった環境が家庭内にあったことで、クラス内での嫌なことを耐えきれる力にはなっていたのでしょうね。 「放して!南雲君を助けないと!」 「南雲はもう無理だ…!」 「私が守るって…守るって約束したもん!」 それにしても香織の「強い」という評価のままに、そのまま学校生活を続けていても高校卒業時あたりを機にいずれくっつきそうな二人でしたが、 異世界に召喚され、ハジメがあんな目になったことを考えると、結果的には二人はかつてより距離を縮められこそすれ偶然の女神も惨いことをすると言わざるを得ないところもあります。 ハジメも性格が豹変してしまい、 隣にはユエという相思相愛の子が既にいました。 現実世界だったらハジメの横は香織がお似合いだったかもしれませんが……。 「だってハジメ君を思う気持ちは誰にも負けてないから」 それでもめげずに同行をこぎつける香織の恋愛メンタルはかなりのものがありますね。 それはともかくハジメの旅は過酷さを極めますが、実力の方ではハジメの隣はおろかハジメの周りにいる女の子たちの隣にすら立つことすらできないことに香織はすぐに気付きます。 そのうちに香織は檜山大介と中村恵理の結託によし、致命傷を負うのですが、……その際に決意しました。 ハジメが倒したノイント(神の使徒)の体に自分の魂魄を定着させてもらい、実力で並ぼうと。 実際にそれは上手くいき、以降はノイントの体で同行することになります。 「ありがとう。 あの時守れなくてごめんね」 「心配かけたようだな。 暴力的になったハジメもさすがに困り果てた 人の強さは想いの強さだとは少年誌系のマンガでよく叫ばれるセリフですが、香織を見ているとしみじみとそうだなと思わされるところです。 曰く「歴史的に名を残すような芸術家が作り出した美術品かと思うほど完成された美しさを持つ銀髪碧眼の女」で、元のノイントは無表情系。 ちなみに翼から魔弾が出せたり、超遠距離回復ができたりする。 WEBでは四章に相当する香織の話は 2期でまっさきに展開される話であるはずなので、ノイントの姿がどんな感じが気になるところですね。 (ちなみにスピンオフのマンガだと香織は「変態」になっています。 1期最終話では子供の有無で誰に孕ませたのかと掴みかかったりしていますが、学生服の匂いを嗅いでチャージしたり、ハジメの巡回サイトまで把握してます……w) もっと楽しむ方法 ありふれた職業で世界最強は、動画ストリーミングサービスのサイトで一気見することができます。 動画ストリーミングサイトとはようするに、 「月々いくら払ってアニメ見放題できる」というサイトのことですね。 個人的におすすめなのはアニメの作品数が多い 「dアニメ」です。 なんといってもここは値段が安く、 月に400円しかかかりません。 OPとED飛ばしもしっかりあり、ほっといても勝手に次の話が視聴もできたり、UI(サイトの使い勝手)も良いです。 アニメだけでなく、 映画やテレビドラマの視聴も視野に入れるなら、 「U-NEXT」がおすすめです。 アニメ数はdアニメほどではありませんが、人気作品はしっかり見ることができます。 勘違いされそうですが、日本の会社が運営している動画ストリーミングサイトです。 どちらも 初月無料で試せる上、解約の手間もないので、アニメファンにおすすめのサイトです。 一つデメリットを挙げるなら、 見すぎてしまうことなので、そこだけは注意してください。 (笑)また、見たいアニメが配信しているかどうかあらかじめチェックしておくのも、無駄遣いを防ぐ有効活用の方法ですね。

次の

【ユニット強化】『ノイン』の真理開眼や『フィーア』『アハト』の暴食・憤怒の扉を開放!

ありふれ ノイント

決めたことには一直線。 白崎香織は作中でヒロイン的ポジション。 神の使徒であるノイントへとなり、 驚異的ともいえる強さとステータスを手にいれました。 そして最強の治癒師へと成長する。 当初は優れた治癒能力を持つものの、 その力の10%しか引き出すことができませんでした。 ノイントの身体を手に入れる 憑依 することにより、 ステータスが最高クラスへと変化。 作中でも最強といわれる強さを手に入れる。 ヒロインの運命を感じる・・・ アニメ【ありふれた職業で世界最強】白崎香織の技能 技能:回復魔法 + 回復効果上昇・回復速度上昇・イメージ補強力上昇・浸透看破・範囲回復効果上昇・遠隔回復効果上昇・状態異常回復効果上昇・消費魔力減少・魔力効率上昇・連続発動・複数同時発動・遅延発動・付加発動 光属性適性 + 発動速度上昇・効果上昇・持続時間上昇・連続発動・複数同時発動・遅延発動 高速魔力回復 +瞑想 再生魔法・魂魄魔法・言語理解・双大剣術・分解能力・全属性適性・複合魔法 となっています。 治癒師ということで治癒特化技能を非常に多く所有しております。 この他に疑似限界突破も所有しています。 疑似限界突破とは魔力の容量を無限にする技能の事。 これで尽きることなく回復魔法を使用 ある意味チート能力 さらにノイントの身体となっているために、 後方支援だけでなく近接攻撃も可能です。 【ありふれた職業で世界最強】において ここまで全てに特化した能力を持つ天職は他にいないでしょう。 香織は中学生時代より南雲ハジメに好意を抱いており、 高校生となってから何とかハジメに振り向いてもらおうと、 色々とアクションをおこします。 しかし香織は人気美少女なので、 この行為が逆に仇となりハジメが周囲から嫉妬や憎悪を抱かれる原因に。 クラスごと異世界に召喚された後も、 ハジメはいじめの対象とされます。 香織の心配は見事?に的中しハジメは奈落へと突き落とされることに。 ハジメはそこで最強クラスの強さを獲得。 覚醒した ハジメと再開を果たすことができた香織は自分とハジメの実力の違いを思い知らされることになる。 そこで香織がとった行動とは、神の使徒であるノイントに憑依するというものだったのです。 まとめ アニメ :ありふれた職業で世界最強 放送開始まであと5日! — もっちー wsN2kAc4bl7bIDf 今回は【ありふれた職業で世界最強】の 白崎香織の能力やスキル、ステータスついて紹介しました。 ハジメと再開後はキャラ崩壊してしまう香織ですが、 能力の高さは証明されています。 しかし力不足を感じノイントに憑依してまで、 というところに一途な想いが表れていますね。 チート級の能力を手に入れるあたりがさすがヒロイン! 無事に元の身体にも戻れるようで安心ですね。 最後まで御愛読ありがとうございました。

次の