テセウスの船 ドラマ 黒幕。 【テセウスの船・最終回ネタバレ感想】黒幕は正志!心は生まれ変わって由紀と家族に!

テセウスの船漫画結末ラストの黒幕犯人はドラマと違う?ネタバレありで紹介!

テセウスの船 ドラマ 黒幕

トライアル期間中は無料で見れます! スタッフ・キャスト 原作 東元俊哉「テセウスの船」 脚本 — 高橋麻紀 プロデューサー — 渡辺良介、八木亜未 演出 — 石井康晴、松木 彩、山室大輔 主題歌 — Uru 「あなたがいることで」 田村心 — 竹内涼真 佐野和子 — 榮倉奈々 車椅子の男 — 安藤政信 田村鈴 — 貫地谷しほり 佐々木紀子 — 芦名星 長谷川翼 — 竜星涼 田中正志 — せいや(霜降り明星) 徳本卓也 — 今野浩喜 佐野鈴 — 白鳥玉季 佐野慎吾 — 番家天嵩 田村由紀 — 上野樹里(特別出演) 金丸茂雄 — ユースケ・サンタマリア 石坂 秀夫 — 笹野高史 井沢 健次 — 六平直政 木村 さつき — 麻生祐未 佐野 文吾 — 鈴木亮平 スポンサードサーチ ドラマ『テセウスの船』8話 あらすじ 大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。 tbs. 毒入りジュースかもしれない・・・! 急いでみきおを止める佐野と心さん。 しかしみきおはジュースを一気する。 倒れるみきお・・・!やはり毒が仕掛けられていたのか? しかしみきおは目を開けて「毒なんて入ってるわけないじゃん」と。 様子を見ていた他の教師や児童たちに佐野と心さんが責められる。 はっと汁を食べる時間がやってきた。 止めようとする心さんたち。 心さんがはっと汁を飲んで確かめるが・・・ 毒は入っていなかった! 一件落着と思われたが、和子(榮倉奈々)と鈴(白鳥玉季)、慎吾たちがいなくなった。 和子たちが乗っていた車がドアが開いたままの無人の状態で発見されたのだ。 しかしみきおのことは心さんたちがずっと監視していたはず。 みきおには共犯者がいるようだ。 和子たちの車の近くにはみきおの絵が残されたいた。 警察官が処刑されているような絵だった。 おそらく佐野のことだろう。 心さんはみきおの狙いは殺人ではなく、佐野だと考える。 佐野を死刑にするために21人殺したのではないか? さらに佐野を困らせるために和子や鈴を監禁したのではないか? 必死で和子たちを探す心さんと佐野。 しかしすぐに和子たちは見つかった。 和子たちは目隠しされて連れていかれたため犯人の顔は見ていない。 なんと和子たちは小学校の体育館に監禁されていた。 さらにびっくりすることに和子たちを助けたのはみきおだった。 心さんはみきおの共犯者はお楽しみ会に参加した誰かではないかと考える。 お楽しみ会に参加するために体育館に監禁するしかなかったのではないかと。 推理するべき村人を観察してみる心さん。 桜の木を眺めて「俺の母ちゃんも好きだった。 あんなことがなければな」と話す田中正志(せいや)と徳本卓也(今野浩喜)を目撃する・・・。 そんな中、佐野へみきおから電話がかかってくる。 みきおは「もう疲れた。 捕まえて欲しい」と佐野に頼む。 自分も1人だから1人で来て欲しいと条件を出すみきお。 素直に聞く佐野w 佐野は心さんに置き手紙を残してみきおが呼び出す場所へ出向く。 しかし置き手紙には、直前に佐野がメモしたみきおの居場所が残っていた。 珍しく頭を働かせた心さんはみきおの居場所を特定! みきおに呼び出された場所にやって来た佐野。 そこにはみきおの殺人日記が残されていた。 ゾッとする佐野と視聴者。 みきおが現れた! 「どうしてだ?どうしてこんなことした?」 「鈴ちゃんのためだよ。 正義の味方は僕1人だけでいい。 」 「何言ってんだ?」 「まだ計画は終わっていない。 邪魔者は消えていない」 佐野の後ろから何者かがスタンガンで襲いかかる! 気絶する佐野。 しかしなんと! みきおまでもがその共犯者に気絶させられてしまった・・・! やっと駆けつけた心さん。 佐野のパトカーが停まっていた。 パトカーの中には気絶したみきおの姿があった。 以下、少し原作のネタバレ含むので原作漫画を読んでる途中の人、ネタバレしたくない人は気をつけてください。 ネタバレ勧告しました!読んだ後の苦情は受け付けません。 スポンサードサーチ ドラマ『テセウスの船』8話 感想・考察 1人で来いと言われて本当に1人で行く佐野。 ここまで煽っておいて共犯者が未来みきおだったら面白くなさすぎるので新たな共犯者を希望。 佐野はなぜ恨まれているのか? みきおの狙いは殺人ではなく佐野だということが判明。 さらにせいやと今野浩喜が佐野へ恨みを抱いている可能性も出て来たわけですが(意味深な発言だけで佐野へ恨みがあるのかどうかは知らん)、佐野を貶めるために無差別殺人を考えるなんてどっちにしても頭のおかしな連中ですよね そのために毒はっと汁を飲まされて死んだ方はたまったもんじゃねーよ。 原作でみきおが佐野を恨んでいた理由は、大好きな鈴が「お父さんみたいな人が好き」と言っていたからという非常にふざけた理由でした。 ドラマでもみきおの理由はコレっぽいですよね。 共犯者も佐野を恨んでるってことになると、8話で明らかになった過去に辛いことがあった霜降り明星のせいやと今野浩喜あたりが怪しいです。 警察官だった佐野を恨んでいる可能性は十分にあり得る。 警察のユースケサンタマリアも殺されたわけだし。 煽る演出は嫌いじゃないけどそろそろクドい^^ これだけ煽るならもう少し伏線らしい伏線を出して欲しかったかもです。 ともあれ残り数話。 連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。 音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。 心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。 そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。 tbs.

次の

テセウスの船:“黒幕”登場に視聴者「まさかすぎた!」「お前だったのかー!!」(ネタバレあり)

テセウスの船 ドラマ 黒幕

「全員が犯人!」と言われた超ド級なぞ解きサスペンスドラマ、TBS系「テセウスの船」(写真・TBSのホームページより)最終回が22日(2020年3月)に放送され、ついに黒幕の正体が明らかになった。 視聴率も過去最高の19・6%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、最高の盛り上がりを見せたが......。 加藤みきお(安藤政信)を操っていた犯人は、お笑い芸人せいや演じる田中正志だったのだ。 ネット上では「まさかすぎた!」「お前だったのかー!」という声が上がったが、かなり無理筋の展開に「期待しすぎてがっかりした!」「肩すかしを食らって残念」の声が圧倒的だ。 しかも、ラストシーンにお笑い芸人の澤部佑まで登場、「緊迫したミステリーがチャラけた最後に終わった」という声も多かった。 ドラマは、東元俊哉氏の同名漫画が原作。 田村心(竹内涼真)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾(鈴木亮平)が逮捕された無差別殺人事件の謎を追う物語。 原作とは真犯人が違うところがミソで、次々に怪しい人物が登場、ネット上では誰が真犯人か話題沸騰になっていたのだが......。 「せいやの登場で私の心は冷めた。 もっとビックリしたかったのに」 「せいや真犯人」にガッカリした意見はこんな声に代表される。 「せいやが登場してから私の心は冷めました。 もっとビックリしたかった。 しかし、最後まで麻生祐未は怖かった(笑)」 「小藪とせいやと澤部見たら内容が頭に入ってこなくなった。 竹内涼真と澤部が兄弟って、顔似てなくてあり得ないでしょう。 ふざけすぎ!」 「『どこに行っても殺人犯の子といわれ、妹は自殺まで追い込まれた』ほどの事件を、文吾はなぜすぐ思い出さないのか。 そもそも、故意でもなく起きた事故、しかももみ消されたものがそこまで広まるのか? 消化不良な結末で残念です」 「最終回期待しすぎて肩すかしくらいました。 黒幕が出てくるまではよかった。 みきおの動機は子供らしく、でもサイコでこれまでの流れとも繋がっていて納得。 黒幕はやっぱり校長か!と盛り上がり、駐在所に和子と二人きりで話すシーンはまさかここで校長が豹変?と超ゾクゾクで怖かった。 でもストーリーに入り込んでいたのはここまで。 霜降のゴリ押しが日曜劇場にまで... と、すごく残念。 せいやが出てきた途端すごく冷めてしまった。 せいやで頭が真っ白になっているところに澤部でトドメ。 お笑いの人の印象が強いドラマになってしまった。 俳優さんたちはこれで納得しているの?」 「てっきり黒幕は校長だと思っていたのに、東京に息子と孫に会いに行っていただけとは。 それにしてはあの絵はヤバすぎる。 犯人はまさかのせいや。 思わず、おまえかいと突っ込んでしまった。 最後も、みきおと先生が喫茶店で笑顔で働いている。 みきおはあれだけの事をして更正したの?また、鈴は整形後のまま、心の兄は澤部。 「9、10話で原作のよさを台無しにしてしまった。 1977年の展開って必要だったのか、非常に疑問。 文吾が正志の母を逮捕したのが点数稼ぎになるのか? 正志の母が故意で毒キノコを入れたのではなくても事実なのだから一旦逮捕するものでは? 正志、逆恨みしすぎ。 高校時代のさつき先生を孕ませたのは校長の息子、という解釈でよいのかな? いずれにしても伏線の回収が下手すぎて消化不良。 パラビで補完しろって、それは違うだろう。 地上波で流す限りは1個の作品として完成させるべきだった」 「安藤正信のみきおが心に犯人は俺だ、と言うのは何だったの?麻生裕未はなぜ殺されたの?わけわからん」 「毎週楽しみに観ていましたが、謎が多く残り過ぎてモヤモヤする! 翼はどんな弱みを握られて子供のミキオの言いなりになったのか。 「2時間サスペンスドラマを10話引き伸ばして見終わった感じの最終回。 その割には伏線も事件の詳細も回想せず、取ってつけたハッピーエンド。 やはりお笑い芸人より俳優さん使った方がいいよ。 でも今のテレビ界は全てに予算がないのかな。 頭の体操にはなったかな。 テセウスのボロ船に拍手!」 「いかに原作漫画が良かったか、TBSさんに教えていただきました。 ありがとうTBS!さよならTV」(テレビウォッチ編集部).

次の

【テセウスの船】黒幕が校長先生で真犯人の理由はなぜ?加藤みきおの共犯?

テセウスの船 ドラマ 黒幕

テセウスの船漫画結末ラストの黒幕犯人はドラマと違う?ネタバレありで紹介します! 「テセウスの船」は、東元俊哉さん書かれた人気漫画。 3と高評価で、皆さん夢中になって最後まで読んだと好評です。 ミステリー漫画なので、考察しながら読むのが楽しみでもありましたね。 最終巻である10巻が発売後すぐに実写化されたのもあり、大きな注目を集めました! ドラマでは、主人公の田村心を竹内涼真さん、父親の佐野文吾を鈴木亮平さんが演じるなど、豪華キャストという事もあり話題となりましたね。 今回は、テセウスの船漫画結末ラストの黒幕犯人はドラマと違う?ネタバレありで詳しくご紹介していきます! テセウスの船:あらすじ 平成元年に起きた、謎の連続毒殺事件の犯人として逮捕された警察官・佐野文吾の息子として生まれた主人公・田村心と母親の和子は、世間から後ろ指を刺され、身を隠すように生きてきた。 大人になった心は、妻の由紀から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意する。 しかし、事件の起きた現場に立ち寄った際に、突然、謎の霧に包まれ過去へタイムスリップしてしまう。 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会い、タイムスリップした過去で初めて家族からも村人からも愛される文吾の人柄に触れ、「父は本当に殺人犯なのか?」という思いが芽生え… 事件の真相を突き止めようとする姿を描く、ヒューマンミステリーです。 テセウスの船漫画結末ラストの黒幕犯人はドラマと違う? ラストでは、誰が犯人なのかわからないドキドキ感と、真犯人が判明したあとの展開にもゾクゾクさせられましたよね。 テセウスの船 結末:漫画• 心は佐野文吾をかばい大人加藤みきおにナイフで刺され死亡• その後、佐野文吾が発砲し大人加藤みきおは死亡、佐野文吾の冤罪が確定• 文吾は和子・鈴・慎吾と共に、閉村した音臼村の佐野家へ戻り、庭に埋めたタイムカプセルを開ける• 過去の心と由紀 にそっくりな女性 は教師になっており、後日佐野家にあいさつに来る。 ラストは大人になった過去の加藤みきおが街中で黒いフードを被り、鋭い目つきでこちらを見ているシーンで幕を閉じる。 タイムスリップした田村心は亡くなりましたが、佐野心として生まれて平和に過ごしています。 つまり田村心が過去を変え、新たな世界が生まれたということですね。 心の願い通り、タイムスリップすることにより父親の無罪を晴らすことができたので、最後はハッピーエンドですかね! テセウスの船 結末:ドラマ• みきおが自白したレコーダーを心は警察に渡し、佐野文吾の冤罪が確定• 心は正志の自殺を止めるために争ったせいで死亡• 文吾は和子・鈴・慎吾と共に、閉村した音臼村の佐野家へ戻る• 大人の加藤みきおは義母のさつきとカフェを経営• 母親は父親に捨てられ、苦労して体を壊して死んでしまった母親。 その後、小学生だった妹も殺人犯の子だと言われイジメられ自殺してしまいます。 父が大病のため仕方なく村に戻ってきたときに、文吾の「正志。 久しぶりだな。 親父さん喜んでたぞ、家族は大事にしないとな」と軽く声をかけその言葉が田中正志に火をつけたんです。 そんな恨みから正志は文吾に殺人の罪をかぶせて、犯罪者にしようとしていたんですね。 原作とは違う、オリジナルの展開で驚きましたね…! テセウスの船ドラマ結末に関してのツイッター反応 テセウスの船 最終回 平均視聴率19. 6%、瞬間最高視聴率がラストの家族のシーンで21. 5% 最後の最後が瞬間最高視聴率なのもいいし、とにかく高視聴率!!この時代にすごい数字叩き出してるよ…… まさに有終の美。 ドラマ 有難うございました — 知りたがりのおっさん 7tKEDnEXz34yNDL 最後まで観て初めて神話の説明となぜこのタイトルだったかズーンて入ってきて感動した。 ラストの心は形は同じでも文吾の知ってる心ではなくて由紀もタイムスリップ後別人だったし、そう考えるとやはり体はただの器でしかなくて人を作るのは共に過ごす時間なんだなと友達と語り明かした。 — さくまみお sakumamio.

次の