日銀 買い入れ 予想。 「日銀が無制限国債購入」は誤解、苦しい内実と印象操作を解説

日銀のETF買いに異変?

日銀 買い入れ 予想

2年債入札• 発行予定額は3兆円程度と前回2兆円程度から増額• 大和証券の小野木啓子シニアJGBストラテジスト• 6カ月短期国債や1年短期国債の堅調さもあり、2年債の地合いの回復にも期待が高まる• イールドカーブ上で2年セクターに買いにくさはない。 積極的とは言わずとも打診買いには一考の余地ある• 備考:日本債券:2年利付国債の過去の入札結果(表) 日銀オペ方針• 午後5時に公表• 東海東京証券の佐野氏• 10年超以外は買い入れ増額が増発額の半分強、10年超はレンジ上限を引き上げるイメージ• 回数変更の可能性もあり、そのマトリックスは複雑で、これまで同様決め打ちは禁物• 備考: 海外市場の流れ• 29日の米10年物国債利回りは前週末比2ベーシスポイント(bp)低い0. 62%程度で終了• 米ダウ工業株30種平均の終値は580. 25ドル(2. 3%)高の25595. 80ドル•

次の

高まる日銀のETF購入増額期待、買い入れの基準とタイミングでサプライズ演出できるか

日銀 買い入れ 予想

日銀が緩和手段の一つとして買っているのは、ETF(上場投資信託)という金融商品の一つ。 株価に連動するよう組成されたもので、日銀が大量のETFを買うことは東証1部の銘柄を広く薄く買うのに等しい。 中央銀行が株を買うこと自体が異様なのだが、それを景気指標が改善する間に漫然と続けるのは、世界の先進国を見渡しても日銀のほかに類例がない。 もともと日銀は、金融不安がくすぶった2000年代初めに銀行の保有株式を買い受けた経験があるほか、リーマン・ショック後の景気刺激策として2010年秋にETF買い入れを開始。 東日本大震災や円高の悪影響も重なり、買い入れ額は最大で年5000億円程度になった。 日銀の株買いは非常事態への対抗策だったが、それでも導入時から株価をゆがめるとの批判は少なくなかった。 物価目標達成までの2年程度の期限付きだったはずの措置は、14年10月の追加緩和で年3兆円、16年7月には年6兆円と、景気指標が改善する間に気前よく拡大されて5年半超にも及ぶ。 そして今年10月のETF買い入れ額は、8700億円に達した。 これは単月の買い入れ額としては史上最高額となる。 買い入れ額は年6兆円ペースと定めているが、実際には午前中に株価が下がると、午後になって買い入れに動くというのが基本的な運用パターンだ。 そのため、株価の上昇が続くときは買い入れ額が減り、株価が下落に転じると買い入れ額は膨らみやすい。 7月末に微修正された金融政策の方針では、ETF買い入れ額は「市場の状況に応じて上下に変動しうる」との一文が盛り込まれた。 従前から黒田総裁が説明していたことだが、わざわざ文面で強調したのは「減額に向けた布石か」との見方が浮上し、実際に8月は買い入れ額が1000億円台に縮んだ。 しかし、10月は一転、株価が大幅に値下がりした影響で買い入れ額は大きく膨らんだ。 日経平均は10月初めに約27年ぶりの高値となる2万4000円台をつけたが、その後はつるべ落としのように下落を続け、後半には一時2万1000円を割り込むなど最大で3000円超も値を下げた。 後に引けない日銀は、定石通りにETFを買わざるを得なかった。 株安の背景には、米国での長期金利の上昇に加え、トランプ政権が仕掛ける米中貿易摩擦の激化がある。 先行きはなお見通せないが、日本の景気拡大局面はほぼ丸6年に達し、米国はそれより長い9年超に及ぶ。 景気改善は永続しないというのが経験則であり、来年以降に景気が後退局面を迎えるとみる専門家は少なくない。 景気が後退局面に入れば、日銀の株買いも際限なく加速しかねない、ということだ。

次の

日銀がETFを買い入れるのはなぜ?どのETFを買い入れるの?日銀のETF買い入れの概要や対象のETFの銘柄もご紹介

日銀 買い入れ 予想

【株式相場戦略】東南アジアで「中古車販売」など急成長!まだ投資家が知らない「お宝割安銘柄」とは? 今週以降の株式相場戦略を、投資の森が買い時銘柄を紹介する「有望・底値銘柄レポート」の内容と照らし合わせて解説します。 今日までの相場:国内で景気見通し改善、買い優勢 29日の東京株式市場では、新型コロナ感染増加で先週末の米株が大幅下落となったことで売りが先行し、幅広い銘柄が下落しました。 ただ一方では、経済活動再開の流れが続いていることから期待感も消えず、安値圏では押し目買いの動きも見られました。 個別株では、金融のオリックスのほか、日本製鉄やスズキといった輸出入株が大幅下落となりました。 ただ一方では、東エレや日本電産といった半導体株、またスマホゲームのエニッシュなど、今後の需要期待が見込まれる銘柄は買われ、逆行高の状況となっています。 なお、過去の「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」掲載銘柄では、食品ディスカウントストアの大黒天物産が、今後も安定需要が期待できる銘柄として買われており、大幅上昇となりました。 こうしたなかで、特に相場が物色を強めているのが、コロナ禍で社会が大きく変容するなかでも安定需要が期待される、上述の大黒天物産のような銘柄です。 なお、この大黒天物産は、岡山を基盤として食品ディスカウントストアを展開しており、店舗売上はこの数年も成長傾向、地域に根付き今後も途切れない需要が期待されるほか、岡山の生鮮品など豪華な株主優待も公表とあって、安定志向の個人投資家から人気が高まっており、以前の有望銘柄レポート(有料版)掲載時と比較して +23. 6%の株価上昇を果たしています。 さらに、同様の銘柄で、かつ「まだ広く知られていない」ために株価上昇余地が大きい銘柄としては、インターネットを介した中古書籍販売(リユース)という、外出の制限される今後の社会で需要増が見込まれる事業を中核とし、さらに東南アジアでの中古車販売など独自性の強い新規事業も手掛けており、市場規模は高成長を続けると予想され、決算は連続増益傾向、しかも財務も潤沢な現金保有で健全ながら、現在株価はコロナショックによる下落からの戻り途中で「割安圏」という、まだあまり認知の広がっていない「お宝割安銘柄」が、最新の「有望銘柄レポート(有料版)」特集記事で紹介されています。 過去配信号もまとめて閲覧可能なため、ご自身の期待銘柄を見つけるのにお役立ていただけます。

次の