スタンプ を 消す アプリ。 Twitterのステッカーの使い方や消す方法(外し方)はある?について解説|アプリ村

写真の画像やプリクラの落書きなどを消すアプリはある?一覧と特徴も

スタンプ を 消す アプリ

動画にウォーターマークやロゴなどが付くと、視聴者の注意力を分散しやすいので、嫌だと思う人が多くいるでしょう。 ロゴやウォーターマークが付いていない動画を利用したい場合、ウォーターマークを除去するアプリやソフトが必要です。 ここで、 TikTok動画のID文字やロゴなどを除去できるアプリとソフトを紹介したいと思います。 TikTok動画のIDだけではなく、ほかのビデオ、写真のロゴや透かしを除去することもできます。 しかもダウンロードやインストール、登録などの必要もなく、そのままオンラインで利用できます。 パソコンでも、スマホでも使えます。 インタフェースが非常に簡潔で、直感的に操作できます。 同時に複数のTikTok動画からID文字、ウォーターマークを削除することが可能で、とても便利です。 具体的なTikTokのID文字を除去する方法は下記をご参考ください。 スマホで「」公式サイトを開きます。 「画像のウォーターマークを消す」をタップして、カメラロールからID文字を消したいTikTok動画をインポートします。 複数の動画をインポートすることが可能です。 動画がアップロードされたら、「ボックスを追加」をタップして、TikTok動画のID文字やウォーターマークの上にカバーします。 「消去」をタップして、処理が完了するまで少し待ちます。 処理が終わったら、直接スマホに保存できます。 こちらは使い方が簡単なパソコンむけの動画編集ソフトです。 ApowerEditを利用して、手軽に動画からウォーターマークを消したり、見せたくない部分を隠したりすることができます。 フィルター、オーバーレイ、テキスト、トランジション、モザイクなど、豊富な編集機能が搭載されています。 それに、16:9、4:3、1:1、3:4及びTikTok動画専用の9:16のアスペクト比もサポートしています。 シンプルなインタフェースなので、初心者でもすぐに使いこなせます。 以下の手順に従い、ApowerEditでTikTok動画のIDを消します。 ステップ1.スマホ端末からパソコンに動画を転送します。 TikTokはスマホアプリなので、ウォーターマークを消すために、TikTok動画をスマホ端末からパソコンに転送する必要があります。 a.TikTok動画をスマホに保存します。 TikTokアプリを開いて、ダウンロードしたい動画を検索します。 「シェア」アイコンをタップして「動画を保存」を選択して、動画をスマホにダウンロードします。 b.AirMoreを利用して、動画をスマホからPCに転送します。 はオンラインでファイルをスマホからパソコンに転送することができるスマホファイル管理ツールです。 動画、写真、音楽、アプリ、ドキュメントなど、さまざまなファイルのインポートとエクスポートができます。 下記はTikTok動画をスマホからPCに転送する具体的な方法です。 AirMoreをスマホに入れてから、起動します。 パソコンでAirMoreの公式サイトを開いて、「AirMoreを起動して接続を確立する」をクリックします。 QRコードまたはレーダーを使ってモバイルデバイスをPCに接続します。 接続ができたら、ファイルがパソコンに表示されます。 転送したい動画ファイルを選定して、「エクスポート」を押して、コンピュータにエクスポートします。 ステップ2.ApowerEditのクロップ機能を利用して、TikTok動画のIDを消します。 下のダウンロードボタンをクリックして、ApowerEditをパソコンにインストールします。 ソフトを立ち上げて、9:16のアスペクト比を選択します。 ファイルをトラックにドラッグ&ドロップして配置します。 トラック上にあるファイルを選定して、「クロップ」をクリックします。 左上の編集ウィンドウで画面をクロップして、TikTok動画のIDを除去します。 「OK」をクリックして、編集を保存します。 最後に、「出力」ボタンをクリックして、名前をつけて、出力先を指定したら、動画ファイルを書き出します。 3 Watermark removal for Tiktok(Android) AndroidスマホでTikTok動画のIDを消したい場合、Watermark removal for Tiktokが利用できます。 こちらのアプリはAndroidスマホ向けで、TikTok動画をID文字非表示でダウンロードすることができます。 このアプリを使えば、TikTokアプリからID文字やウォーターマークなしで動画を保存することが可能で、とても便利です。 ただし、このプログラムは完全な互換性のために4. 0以上のAndroidバージョンが必要です。 下の手順に従って、ID文字なしでTikTok動画を保存します。 からアプリを検索して、Androidスマホにインストールします。 TikTokアプリを開いて、「シェア」アイコンをタップして、「リンクをコピー」を選択します。 Watermark removal for TikTokに戻り、リンクを貼り付けてから、「Download Video ビデオをダウンロード 」をタップします。 最後に、Tik Tok動画はID非表示で携帯に保存されます。 後書き 上記の三つのツールはいずれもTikTok動画からウォーターマークを削除することができます。 ダウンロードとインストールが嫌な場合、「オンライン透かし消去ソフト」がおすすめです。 パソコンでTikTokのID文字や他の動画の透かしを消したいなら、ApowerEditがピッタリです。 AndroidユーザーはTikTok動画をID非表示でダウンロードするなら、ぜひ「Watermark removal for TikTok」を試してみてください。

次の

画像でよく隠したいとこを編集で文字やスタンプで消しているひといま...

スタンプ を 消す アプリ

LINEスタンプの制作をするにあたって、 背景透過のところでちょっとつまずく方も結構いるのではないでしょうか? LINEスタンプを制作するうえでは、絵以外の部分の背景透過の作業は必須なので、必ず背景透過は行わなければなりません。 私は、こちらのブログでiphoneなどのスマホだけを使ったLINEスタンプの作成方法についてご紹介しているのですが、もちろんその途中では背景透過の作業が必要になります。 その具体的な内容は別記事で解説していますので、興味がある方は是非一度ご覧ください。 つまり、スタンプ画像として見える絵の部分だけが画像というわけではないんですね。 LINEスタンプの作成における背景透過作業について! LINEスタンプの作成において、その大まかな作業の流れは次のようになります。 スタンプとなる画像を用意する(絵や写真など)• 文字を入れる• 背景透過をする• サイズ調整をする• 申請! この流れにおいて、背景透過は必須の作業であり、これをどこか1部分だけ忘れてしまった場合でも、リジェクトの対象になってしまいます。 また後程詳しく説明しますが、 文字の中まできれいに透過させなければなりませんので、そこは十分に気を付けて作業をする必要があります。 ちなみに、写真などを簡単にLINEスタンプにできる「LINE CREATORS STUDIO」というアプリがリリースされているのをご存知の方も多いと思いますが、このアプリを使う場合でも、背景透過は必要になります。 しかし、このアプリはその透過させる部分を全部指でなぞる必要があるため、綺麗に背景透過させい場合には少し不向きです。 自動削除にすると、ある部分を指でタッチするだけで、その領域を一気にパッと背景透過させることができます。 具体的にどういうことかというのを、画像で見ていきましょう。 私はいつも、背景透過作業をするために「 合成スタジオ」というアプリを使っています。 すると、以下のような画面になりますので、まずは適当なサイズに調整して、右上の「完了」を押してみます。 すると、以下のような画面になりますので、ここで画像をタッチします。 (下の画像は正方形になっていますが、先ほど完了を押す前に、上の画面でその画像の大体の形を決めることができます。 下の画像のように正方形にするには、上の画面左下の(1:1)という部分をタッチすると画像が正方形に切り取られます。 ) そして、画像をタッチすると、下にいくつかの項目が表示されるようになりますので、 ここでハサミマークの「切取り」をタッチします。 すると少し別の画面になりますので、ここで自動削除を選択します。 フリーハンドというのが、自分で範囲をなぞって削除するモードになるのですが、一気にパッと消したいなら自動削除の方で消したほうが良いです。 そして、、例えば上の画像では、スタンプとなる絵以外の白い部分をタッチすると、パッとその部分が透明になります。 これが背景透過という作業であり、LINEスタンプを制作するにはすべての画像にこの作業を行う必要があります。 ここで、上の画像を見ると、絵と文字以外の部分がすべて消えているように見えますが、これは白の色が透明になっただけで、先ほどの正方形の形が変化したわけではありません。 見えないだけで、やはりこれは正方形の画像になっているわけです。 LINEスタンプの画像はすべて四角形であるというのはつまりそういうことなんです。 スポンサードリンク 背景透過がちゃんとできているか、iphoneで確認する方法とは? 背景透過作業を行う上では、1つすごく重要な注意点があります。 それは、その透過作業は、文字の中までしっかりと行わなければならないということです。 例えば先ほどの画像でいえば、「ずんちっち」の「ず」の丸の部分の中もしっかりと透過させる作業が必要になります。 これを忘れてしまうと、せっかく待ったのに申請をリジェクトされてしまうなんていう悲しい出来事も起こりかねないので、しっかりと透過させるようにしましょう。 そして、私は iphoneでいつも作業をしているのですが、 iphoneの場合には、しっかりと透過できているか確認するちょっとした裏技があります。 それは、背景透過後の画像を保存し、カメラロールでそれを表示したときに、 その画像をちょっとだけ拡大すると、背景透過がきちんと済んでいる場合は、その部分が真っ黒になるんです。 この画面にすることで、背景透過を忘れている部分がないか簡単に確認することができます。 この確認方法はiphoneでしか試したことがないのですが、おそらくiphone以外のスマホでも同様にして確認できるのではないかと思います。 これからLINEスタンプを作るという方は、是非この方法を使って、最後に透過忘れがないかきちんと確認するようにしてください。 まとめ 今回の記事では、LINEスタンプを作るうえで必要になる背景透過の作業について詳しくまとめますとともに、特にiphoneなどのスマホでそれを作業する場合に、背景透過をし忘れている部分がないか簡単に 確認する方法について詳しくまとめました。 LINEスタンプの制作は、1度慣れてしまえばそれほど難しい作業はありませんので、良い趣味になるのではないかと思います。 それに、実際にLINEの会話で自分が作ったスタンプを使うことができるとすごく感動しますので、皆さんも是非LINEスタンプの制作に取り組んでみてください。 それでは今回の記事は以上になります。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 この度は「ましゅまろぐ」をご覧いただきありがとうございます。 当サイトでは、LINEスタンプのクリエイターシステムに関する情報や、スマホのアプリを使った実際の作り方などを紹介しています。 522ビュー• 440ビュー• 290ビュー• 193ビュー• 153ビュー• 137ビュー• 121ビュー• 107ビュー• 94ビュー• 91ビュー 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の

写真の画像やプリクラの落書きなどを消すアプリはある?一覧と特徴も

スタンプ を 消す アプリ

不要な要素の消し方 正直、たかがスマホアプリの簡単すぎる作業手順で、綺麗にレタッチしてくれるというアドビさんの技術に引いています。 すごすぎる。 サンプルスポットを指定することなく、周りの明るさや色を認識し、自動で調整してくれます。 使い方は、 不要な要素を指でなぞるだけ パッチ パッチ:感覚的にはPhotoshopのパッチとは違いました。 使い方はスポット修復にてスワイプした部分が赤くなります。 いったん修復されますが、そのあとにパッチをタップすると、修復個所にパッチする領域を選択できます。 簡単に言うと、 スポット修復し、パッチする領域を選択 コピースタンプツール コピースタンプツール:Photoshopのコピースタンプツールと一緒です。 使い方は コピーしたい領域をタップし、要素をコピーしたい場所でスワイプ。 これを使えば、不要なものを消すことだけでなく、要素を増やすこともできます。 所要時間1分以下 電車のロゴを消す JRのマークをスポット修復でなぞっただけです。 拡大した画像の表示部分を移動したい場合は、2本指タップでそのままスワイプします。 黒いパソコンの上の白い眼鏡を消す こちらもスポット修復でなぞっただけです。 眼鏡の背景となる部分が若干複雑な絵柄だったため、微調整しつつ修復を行います。 雪山のスキー美女の脇のスノーシューズを消す 同じくスポット修復でなぞりました。 雪山のスキー美女自体を消しちゃう 大きな要素も優秀なスポット修復で簡単に消せます。 「番外編」美女を増やしてみた コピースタンプツールで最初に美女をタップ コピーしたい場所でスマホの画面をなぞる。 たったこれだけで出来てしまいます。 正直びっくりなスマホアプリPhotoshop Fixの不要な要素を消すレタッチでした。

次の