副 鼻腔 炎 市販 薬。 【早く治したい】副鼻腔炎におすすめの市販薬|子どもや授乳中もOK!

副鼻腔炎の市販薬で治る薬を教えて下さい。副鼻腔炎が治らないので慢性化し...

副 鼻腔 炎 市販 薬

年末年始で病院に行く暇などないのでマツキヨで買った小林製薬のチクナインを1箱飲みきった。 10箱も飲めば治るかもしれんな。 」そんな悠長なこと言っていられるか! 薬剤師の妹にチクナインの事を聞いてみた。 「急性副鼻腔炎(蓄膿症)は市販薬じゃなかなか治らないよ。 」 そんなもんだろうな〜。 「チクナインは漢方薬の辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)の名を変えただけだよ!このくらいならどの薬局にでも在庫があるよ。 」 漢方と言えばツムラ! ワシが愛用しているツムラの医療用漢方製剤という手帳で調べると104番にツムラの辛夷清肺湯がある。 しかし、小林製薬はこんなのが多い! その他にもナイシトール!(脂肪の分解・燃焼) 防風通聖散という有名な漢方薬である。 名を変えてCM出してるだけではないか!楽な商売だな。 こんなもんで痩せるのなら薬剤師のオヤジはみんな痩せているはずだ!そんな事は断じてない!気休めだな。 チクナイン(辛夷清肺湯)は酒飲みのワシには不向きである。 副作用:ツムラの医療用漢方製剤によると肝臓に負担がかかると明記されている。 GOT、GPT、ガンマGTPの高い人は気をつけたほう良い。 数値が上がるぞ! 風邪引いたぞ! 去年の暮れ位に風邪をひきました。 特にインフルエンザではなく、ただの風邪!ほっ! しばらくして、熱は収まり平熱に! その時から、鼻と喉の調子が・・。 まあいいか、もうすぐお正月だし今年は9連休!そんなもんほっておけば治るだろう! 1ヶ月以上、全然治らない! 正月も開けて、出勤!嫌だな〜。 しかし、まだ治らない。 鼻と喉! そして、今度は成人式の3連休!ヤッター!しかし、まだ治らない。 あれ、おかしいぞ!こんなに長いとは私に人生始まって以来のことである。 それからというもの、汚いですが青っぱなが止まらんのだ! それも、とんでもない量だ!未だかつてないぞ。 夜も寝てられにほど・・。 息ができない・・。 何度起きたのかはわからない。 その度に鼻をかんだのであった。 市販の風邪薬など1瓶飲んでも治らない。 どういうことだ?パブロン鼻炎カプセルなんぞもう飲み飽きたぞ。 ボーットして仕事にもならん!通勤も辛い!生き地獄だ。 おまけに味覚まで変になってきた。 なんか舌がピリピリする感じだ。 そんなことが1ヶ月も続き、クリニックに勤める奥さんに相談しました。 「早くお医者に医者にいけ!」それだけ。 そんな暇が無いから聞いてんのに・・。 今までは、駅でお姉さんが配っているティシュを当たり前のようにもらっていたがありがたく感じるようになった。 これはイイコトだな! 急性副鼻腔炎ですか〜。 奥さんが自分の務めるクリニックの先生に聞いてきてくれた。 「うちの主人、こんな調子なんですが・・。 」 私の症状を伝えると。 「そりゃあ、急性副鼻腔炎じゃないの?」 「診ていないからなんとも言えんがね。 この時期多いんだよ。 」 「やっぱり!」 何がやっぱりだ!わかっているなら早く言え! 先生が言うには、「抵抗力を上げるためによく寝たほうがいいよ!」だって。 寝て治せだと!一体どれだけ寝ればいいのだ。 2日か3日か、寝て治るなんて赤ん坊のかんの虫じゃあるまいし、ワシは原始人じゃないぞィ! もっとましなこと言えんのか!そんな事なら、ワシでも言える、医者なぞいらん! 副鼻腔の粘膜に細菌(肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌など)やウイルスが感染する病気の事。 慢性化すると厄介です。 俗名は蓄膿症 疲れていて体に抵抗力がないとかかりやすく、風邪を引いた後になる場合も多い。 という事だ。 ワシのことを言ってるのだろうか! ワシも年末の仕事に追われ、クタクタだったのである。 そこで風邪を引き、急性副鼻腔炎になったのである。 そんなもんに感染してしまったのか!道理で長すぎると思っていた。 長引くと慢性化するという。 「なんかめんどくさそうだなぁ。 」と思っていたのだ!慢性化しないうちに早く治さんといかん! ということで、急いで治療せねば! しかし、正月明けで忙しいのだ!医者に行く暇などないぞ。 いいオヤジが鼻を垂らして会社に行くわけにはいかんからな!.

次の

漢方薬で副鼻腔炎(蓄膿症)の膿みを排出。その先に待っていた現実とは

副 鼻腔 炎 市販 薬

副鼻腔炎の症状を解消するには「膿み」を排出しなければいけません。 この膿みの排出をセルフケアでするのが本当に難しいんですよね(?_?;) 僕も様々なセルフケア、市販薬、漢方などを試して来ましたので、膿みを排出する難しさが、よ〜くわかります。 でも、だからといって、予備知識なしで漢方を飲みはじめるのは、ちょっと待って下さい。 Contents• 副鼻腔炎の膿みが溜まる理由?膿みは自力で排出できる? 風邪などをきっかけに、鼻腔や副鼻腔の粘膜が炎症を起こして肥大化すると、互いの出入り口を塞ぎます。 すると、塞がれてしまった副鼻腔内にある鼻汁がたまり、そこに細菌やウイルスが繁殖し、膿みになります。 この膿みの色は、 「黄色〜緑色」で粘性がありドロッとしているものが多いようです。 多くの方が誤解しているようですが、菌がいるから黄色〜緑色の膿みになるワケではありません。 なんですが、長い間副鼻腔炎に悩まされている人は特に、 何らかの理由で膿みを自然に排出ができなくなっているのです。 この原因を考えた上で適切なセルフケアが実施したいところ。 で、僕が膿みを排出するために行ったのが・・• 副鼻腔に溜まっている膿みの排出を促進する漢方薬の服用• 鼻腔内の通りを良くするためのセルフケア の2つです。 どちらも耳鼻咽喉科に通わずとも可能なセルフケアですが、 自分に合っている漢方薬を見つけ出すのは、大変な労力や注意が必要になります。 なので、僕の経験が 「これから漢方を試してみようと思う人」の役に立てば嬉しいです。 漢方で副鼻腔炎の膿みを排出させることができるか? 結論から言うと・・ 漢方で副鼻腔炎の膿みを排出させることは可能です。 ただし、人によっては鼻腔〜副鼻腔にかけての道に問題があったり、膿みを排出する機能が衰えていたりするので、 どんな人でも膿みを排出できるワケではありません。 また、ドラッグストアで販売されている漢方薬は処方薬と比べると的確ではありません。 これらをあらかじめ理解しておく必要があるでしょう。 副鼻腔炎の膿みを漢方薬で排出したい! 抗生物質の長期薬物療法で副鼻腔炎を克服するにも時間が相当かかります。 これは漢方薬でも同じ事なので、速攻で副鼻腔炎が完治させるのは難しいこと。 orz ちなみに、ドラッグストアには、カタカナの商品名でいかにも 「西洋医学っぽい市販薬」がありますが・・ 副鼻腔炎向けの市販薬は、 「漢方薬or漢方をベースに作られた薬」がほとんど。 なので、 「漢方は怖いから使いたくない・・」 とか 「漢方は信じられない・・」 という方は今回の記事は読みたくないかもしれませんね。 ですが、 漢方でも少しでも効果が期待できるなら、試してみたいという方には参考になるかと思います。 漢方で膿みを排出するのと、薬事療法(西洋医学)で膿みを排出する方法の違い。 は鼻腔内の免疫機能を徐々に改善させることが狙いです。 ですが、 抗生物質は悪玉菌を退治するのと同時に善玉菌も倒してしまうのが難点。 一方、漢方薬も体の免疫機能を高めるなど狙いは一緒ですが、抗生物質のような悪玉菌を追いつめるほどのパワーを持ち合わせていません。 とにかく免疫力を高めることで、自然に膿みを溢れ出させるイメージがわかりやすいかと思います。 ちょっと漢方による膿みの排出を表現するのが難しいので、僕の感じたイメージを写真に例えて説明します。 強制的にマグマを出す感じ 感覚的な話で申し訳ないのですが、西洋医学と漢方の膿みを排出する方法(アプローチ)が少しでも伝われば幸いです。 とにかく、漢方は 「膿み溢れ出させる」という印象が強いワケなんですよ(笑) ちなみに、このイメージは僕が個人的に感じたことなので、人によって感じ方が違うかと、もちろん医学的な説明ではありません。 orz 漢方で副鼻腔炎の膿みを排出するためには体力が必要不可欠。 前項で説明した通り、漢方で副鼻腔炎の膿みを排出させる方法は、いわば火山を噴火させるイメージが合います。 で、問題は 「火山を噴火させる」には相当な体力が求められるということ。 つまり、 体調が悪いときや免疫力が衰えている時に漢方を飲むと改善どころか、逆に症状が悪化することがあるんです。 この反応を経て症状が改善もしくは治ることがある。 だから、漢方で症状改善を期待する前に、自分の体調をキチンと確認する必要があります。 多くの漢方薬に記載されているのが、 「体力が中度以上ある人に効果が期待できる」 という文言です。 ということで、漢方薬には副作用と体調に気をつけなければいけません。 さっそく、順番に説明して行きますね〜! チクナイン(辛夷清肺湯) 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は 【チクナイン】という商品名でも展開しており、 副鼻腔炎の膿みの排出を目指すなら一番最初に試して欲しい一品です。 僕の場合、副鼻腔炎の諸症状が出てからチクナインを飲むことで、 だいたい2日目には、膿みを排出しはじめたので、効果を実感する早さも特徴的でした。 僕の場合、チクナインを1週間飲み切って、それでも出し切れなかった膿みは、 葛根湯加川芎辛夷 (かっこんとうかせんきゅうしんい)で押し出すようにしていました。 小柴胡湯(しょうさいことう) 僕は、 小柴胡湯(しょうさいことう)で膿みを排出することはできませんでした。 しかし、風邪と副鼻腔炎の中間ぐらいの症状で、 頭痛や歯痛がしないものは小柴胡湯で体調が良くなることがあったので、紹介しておきますね。 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は前項のチクナインと同じです。 なので、ここでは荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)について紹介します。 そんな手強い慢性副鼻腔炎を漢方の力で治癒させるには、1年単位で飲み続ける必要があるかもしれません。 この間、体力を中度以上に保ち続けるのはピンピンの若者でもなかなか難しいことなんですね。 しかし、それでも漢方で根本的な治療をする意義は間違いなくあるでしょう。 なぜなら、漢方だけで慢性副鼻腔炎を克服できた時には、風邪に負けない強い体を手に入れている可能性が高いからですね。 ということで、そんな自分の体を信じるあなたをサポートするのが 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)です。 僕が荊芥連翹湯を服用したみた感想から言うと、 ジワジワ膿みを追い出し、ジワジワ鼻腔内の炎症が落ち着き、ジワジワ体調が良くなる漢方って感じですかね。 黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)効能:虚弱体質・皮膚のただれの解消• 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)効能:のぼせ・手足の冷え・肩こりの解消• 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)効能:のぼせ・便秘の解消 鼻づまりを解消しておくことでスムーズな「膿みの排出」ができる。 鼻づまりになっている時は鼻腔内で交通事故が発生し渋滞しているような状態です。 こんな状況下で漢方で 「膿みの排出」を試みても、鼻腔内が詰まって膿みを出そうにも出せないワケですね。 だから、膿みの排出をしたいなら、 漢方を飲み始める前に「鼻づまり」を解消しておく必要があります。 ですが、安易に鼻炎スプレーなどで鼻づまりを解消しようとすると、漢方との併用になり、副作用などが心配。 できれば、鼻うがいや鼻洗浄器などで対処するのが安全かと思います。 鼻の真ん中にある仕切りを鼻中隔と呼びます。 この鼻中隔が極度に曲がっている病気が 【鼻中隔彎曲症】です。 この鼻中隔彎曲症を患っている人は、鼻炎スプレーや鼻うがい、鼻洗浄器などである程度は鼻の通りが改善する事もありますが、 基本的にはいつも鼻づまりの状態。 このような病気を持っている方も、安易に漢方を始めるのは得策ではないかもしれませんね。 深刻な鼻中隔彎曲症の人は根本的な治療(手術)を検討しても良いかもしれません。 事実、 僕は酷い鼻中隔彎曲症でしたのが、入院手術をすることで鼻中隔彎曲症を根治できました。 今回の話で、漢方は誰でも気軽に試せるものではないことがわかっていただけたかと思います。 事実、漢方で副鼻腔炎の症状が落ち着くという経験を僕は何度もしてきています。 なので、人によっては副鼻腔炎を漢方で完全に克服できるかもしれません。 今回紹介した漢方で効果を感じられた方は、さらに漢方での治療を進めたいと考えると思います。 このように漢方の効果をより期待したい人は、 漢方の形状(種類)を選びなおすのが良いでしょう。 一般的に漢方薬の形状は・・• 錠剤(タブレット)• 顆粒(粉末)• 液体(煮出し) があります。 これは、中国茶と同じような感じでポットで煮出したものを飲みます。 これが、なんというか、超個性的な味になるんです。 (*_*) これらの特徴を踏まえて、自分に合う漢方の形状を考えるのが良いかと。 僕は全部試してきているので、それぞれ特徴をまとめてみました。 漢方薬の形状とその違い(比較表) 漢方の形状は自分で選べるというメリットがあります。 漢方初心者はこのどちらかが良いかと思います。 漢方特有の味(苦み)と匂いは、正直なところ、かなり個性的で強烈ですが、漢方ファンは好きになる味かもしれません(笑) あと、比較表にも書きましたが、 煮出しに数時間かかるので、時間に余裕がないといけないのが難点です。 ですが、効果を感じるスピードと、その効力の深さには驚くでしょう!! ここで注意したいのが、その強い効果の裏側です。 つまり、より効果を感じられると同時に、副作用がハンパなく強い。 また、好転反応もビックリするぐらい強い。 だから、ある程度漢方慣れしておく必要があるでしょうね。 それから、 この手(煮出し)の形状を選ぶなら、漢方の専門店で漢方相談員さんと相談してから決めることを強くオススメします。 僕は 「薬日本堂株式会社(ニホンドウ)」の漢方薬局(ブティック)でキチンと漢方相談員の方とお話をしてから漢方を選んでもらいました。 この漢方が強烈で効き目がハンパないものでしたが、お値段もハンパなく高くて、追加注文が出来ませんでした。 orz あと、男性の方は店構えが化粧品屋さんみたいにとても綺麗なので、入店するのに勇気がいるかもしれません。 orz もともと 「足むずむず症候群(レストレスレッグス症候群)」を持病として持っていたので、 ポカポカに我慢できなくなってしまったのです。 *足むずむず症候群(レストレスレッグス症候群): 脚がムズムズする、脚を虫がはうといった脚の不快感で、脚が熱い、ほてるといった症状があるもの。 僕の場合、座った状態または寝た状態で長時間過ごすと発症しました。 だから、漢方が飲めなくなったとしても、あきらめるのは時期尚早ですし、まだ他の手があります。 このサイトでは、副鼻腔炎を自力で治す方法をまとめています。 アレルギー性鼻炎 2. 鼻中隔彎曲症 3. 副鼻腔炎(慢性・急性) などの鼻疾患に悩んでいる方に向けて書いています。 【daisukeの闘病記】 僕は学生時代から鼻疾患と縁があり、アラサーになってから鼻中隔彎曲症・肥厚性鼻炎・慢性副鼻腔炎を根治すべく、内視鏡手術を受けました。 抗生物質漬け&通院生活にストレスはMAX。 「この状況を打開しなければ!」と自力で治療法を模索。 サプリ、漢方など、試行錯誤を続けること2年、今では通院も処方箋も全くナシで副鼻腔炎を抑えられるように! つまり副鼻腔炎のセルフケアで大事なのはあきらめない気持ちだと本気で考えてます。

次の

副鼻腔炎 薬

副 鼻腔 炎 市販 薬

スポンサードリンク 2. ベルエムピL錠 クラシエ薬品から発売されているベルエムピL錠は、慢性鼻炎や蓄膿症に効果のある「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」という漢方処方です。 荊芥連翹湯は、ケイガイ、レンギョウ、トウキ、シャクヤク、センキュウなど17種類の生薬を配合した漢方薬で、炎症を鎮める作用、膿を排出する作用、血流を良くする作用があり、副鼻腔炎(蓄膿症)の症状を改善します。 1日3回服用タイプです。 以下の記事でベルエムピL錠の効果や副作用について詳しくご説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。 排膿散及湯エキス錠 ジェーピーエス製薬が発売している排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)エキス錠は、炎症を鎮めて、膿の排出を促す効果のある漢方薬です。 排膿散及湯は、キキョウ、キジツ、シャクヤク、カンゾウ、タイソウ、ショウキョウの6種の生薬を配合した漢方薬です。 キキョウには、膿を排出する作用があり、キジツ、シャクヤク、カンゾウには、炎症を鎮める作用があります。 また、タイソウは体を元気にし、利尿作用があり、ショウキョウは発汗作用があり、これらの生薬が、副鼻腔炎(蓄膿症)の症状の改善を促します。 1日3回服用タイプです。 まとめ 今回、ご紹介した副鼻腔炎(蓄膿症)のおすすめ市販薬、チクナイン、ベルエムピL錠、排膿散及湯エキス錠は、漢方製剤で、体の調子を整えて、症状を改善していきます。 副鼻腔炎(蓄膿症)の市販薬は、ほとんどが漢方処方になっています。 漢方薬は、徐々に体調を整えていくので、副鼻腔炎(蓄膿症)を繰り返さない体質に改善されることも期待できますね。 同じ漢方薬でも、体の状態(病態)によって、効果が見られやすい人、見られにくい人と、効果に個人差がある場合があります。 慢性化した副鼻腔炎(蓄膿症)の治療は、長期間かかるといわれています。 できれば慢性化してしまう前に早期発見、早期治療することが重要です。 鼻づまりがなかなか治らない、粘性のある黄色や緑色の鼻汁が出るなどの症状がみられたら、早めに耳鼻咽喉科で医師の診察を受けることをおすすめします。

次の