盾 の 勇者 の 成り上がり 23 話。 【盾の勇者の成り上がり】21話感想 それが盾の勇者の使命

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第23話「カルミラ島」感想・作品情報[ネタバレあり]│Hi.アニ!

盾 の 勇者 の 成り上がり 23 話

念願のクラスアップもフィトリアのアホ毛が邪魔 三勇教は解体され、あらたに四聖教の紋章が掲げられることになり、尚文たちはようやくクラスアップにこぎつけた。 龍刻の砂時計を警備する志願兵エイク達が見守る中、ラフタリアとフィーロはクラスアップを果たすものの、なぜか好きなものを選べないという不本意な結果になってしまう。 女王に相談したところ、ある特定のモノが必要であること、そしてフィトリアの毛が影響しているとのこと。 フィトリア?ん?フィロリアル?ということで、メルティのフィトリア話を聞いて「た、たまりません」とクネクネする女王は間違いなくメルティの母親だった。 フィトリアのアホ毛は恩恵も大きいけど、弊害も大きい。 このアホ毛、邪魔だな。 ビッチ(アバズレ)が相変わらずアホだった 「マルティ」から「ビッチ」へ、「マイン」から「アバズレ」へと改名した第一王女ビッチ(笑)。 尚文の温情によってギロチンを免れたにも関わらず、今度は食べ物に毒を盛ろうとする相変わらずのアホっぷりを披露します。 メルティに現行犯逮捕され、母上に奴隷紋で自白させられる姿は、まるでお笑い芸人のよう。 「アバズレがそんなことするはずがない!」と元康はまだ冒険者アバズレのことをかばっているようでしたけど、女王の言う通り、あとで奴隷紋を使って聞いてみるといいよ。 というか、ビッチの奴隷紋って弾劾裁判の時だけの一時的なものじゃなかったんですね。 それはとてもいいことだと素直に思った。 尚文と三バカ勇者。 どっちが「チート」なんだか 祝賀会の裏で秘密裏に行われた勇者会議。 これは勇者達にお互い協力して欲しい、という女王の計らいとお詫びを兼ねた会議だったんですが、女王の思惑とは裏腹に勇者達の雰囲気はとにかくギッスギス。 尚文はフィトリアとの約束を守るべく、極力我慢して大人の対応をするものの、他の三勇者がどうにもいけない。 尚文の強さはチートな盾にあると決めつけ、どうやって入手したのか聞き出そうとするのですが、尚文の強さの秘密は他ならぬ地道な努力の結晶でしかないわけで。 もちろん三バカ勇者は決して認めようとはしません。 尚文の提案により、渋々お互いの情報共有に乗ってくるも、尚文が「知らない」リアクションするたびに小馬鹿にしてくる三勇者が見ていて本当にうざい。 (特に樹) 三バカ勇者の醜い言い争い 樹の「上から目線」の偉そうなアドバイスをきっかけに、強くなる秘訣で意見が分かれる三バカ勇者たち。 武器のレア度がすべて(樹)• 熟練度(錬)• 強化精錬とステータスの高さがものをいう(元康) 見事に意見が割れ、お互いに「ウソウソ」言い合う…仲のよさ。 さらには• 嘘つきの偽善者が(錬)• クール気取りのかっこつけ(樹) と醜い言い争いへと発展し、さすがの尚文もさじを投げた。 尚文 お前らとは…話しにならん! そもそも、この世界に召喚されてから、この三バカ勇者とまともな話し合いが成り立ったことなんてあっただろうか。 ホント、一度この光景をフィトリアさんに見てもらいたいものです。 それでも尚文は少し「信じた」…その結果、エルハルトに被害が。 強くなる秘訣で意見が別れた三バカ勇者達は本当にどうしようもないし、しょうもないことに間違いない。 それでも尚文は彼らの言うことを少し信じてみることにした。 その結果、尚文は三バカ勇者が全員ほんとうのことを言っているということにたどり着いた。 四聖勇者が協力するために必要なのは「信じる」ということ。 尚文は思わぬ形でその答えにたどり着き、他の三勇者たちが口にしていた強化スキルを手にすることになったんですね。 残念ながらその事実を伝える前に他の勇者たちはカルミラ島へと出発してしまった…。 ま、いっか。 久しぶりに立ち寄った武器屋のおやじ・エルハルトの店でウェポンコピーで無双する尚文。 『ただの犯罪だ!』 『おいやめろ!それは高いんだ!』 『もう好きにしやがれぇ!!』 無邪気にはしゃぐラフタリアとフィーろがなにげにエグく、エルハルトの被害は甚大。 まさに恩を仇で返す尚文パーティー一行。 それでもエルハルトは尚文達に優しかった。 『気が済んだか?』 『この礼は必ずする』 『カルミラ島でしっかり稼いでこいよ?』 『ああ』 今度こそ恩返ししなきゃね。 まとめ アニメ「盾の勇者の成り上がり」第22話「勇者会議」を視聴した感想について書きました。 勇者会議といいつつも、実際には三バカ勇者達による醜い言い争いばかりが印象に残ってしまいましたが、そんな中でも尚文は彼らの言うことを「信じた」結果、あらたなスキルを習得するに至ることができました。 ラフタリアとフィーロの念願のクラスアップはフィトリアのアホ毛によって一部弊害はあったものの、ステータスを見て尚文が感嘆する程度にはパワーアップできたので、当面はなんとかなるんじゃないでしょうか。 また、新たに登場したラルクという人物が、今後尚文たちとどのように絡んでいくのかも気になりますし、カルミラ島での新展開が楽しみでもあります。 以上、アニメ「盾の勇者の成り上がり」第22話の感想でした!.

次の

「盾の勇者の成り上がり」23話感想!悪酔いラフタリアの剛力腕相撲

盾 の 勇者 の 成り上がり 23 話

盾の勇者の成り上がりの感想• 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(153. 161. 197. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(126. 182. 182. 名前: 匿名(118. 104. 183. 凄いアニメだとカットされてるよ。 名前: 匿名(118. 105. 映画化とか• 名前: 匿名(118. 105. おっぱいポロリとか入浴シーンとか。 名前: 匿名(125. 202. 209. 舞台にはなるけどやっぱアニメだなぁ。 2期も決定してるし楽しみ.

次の

【盾の勇者の成り上がり 22話 感想】店の盾を片っ端からコピーする尚文、えげつねぇ!【アニメ感想】

盾 の 勇者 の 成り上がり 23 話

カルミラ島へ向かう船の中、ラフタリアの故郷で遭遇した二人と相室になった尚文たち。 尚文たちはあらためて自己紹介を行う。 と思ったら尚文は盾の力で翻訳されていた模様、地味に便利な機能だな! テリスは魔法のような力を自分の喉に付加したことで言葉の壁の問題は解消。 そして今度はラフタリアとフィーロ、そして尚文の自己紹介。 しかし尚文が名乗るも、盾の勇者を騙った偽名だと信じていないラルクとテリス。 どうして偽名だと思ったのか…あの有名な勇者が目の前に現れるとは信じられないってところかな。 と思ったら、ラルクとテリスが思い浮かべる盾の勇者は詐欺・恐喝・誘拐など極悪人のイメージな様子。 ん?まぁ多少合ってるところもありますね! ラルクたちとの会話は切り上げ、尚文は船員に誘導されて甲板へ。 船員の士気を上げるために勇者4人で挨拶を、と尚文が向かった先では、酔いまくってる尚文以外の3人の勇者たち。 すごく…ダサイです。 尚文だけ平気なのは、フィーロや場所に乗って慣れてるせいもあるのかな? 観光地としても有名なカルミラ島に到着する尚文たち。 活性化の影響で冒険者も集まり、カルミラ島の街は賑わっていた。 魔物の横殴りは禁止されているというカルミラ島の独自ルール。 まんま一昔前のネトゲじゃねーか!横殴りしちゃうと晒されるからね! 尚文はさっそく狩りに出かけ、弱い魔物でも多量の経験値が貰えてなかなか美味しい模様。 しかしいきなり経験値が入らなくなり辺りを見回すと、いつの間にか他の3人の勇者の姿が。 仕様がよくわからないけど、周りに他の人がいたら取得経験値が下がるのか? 欠陥ネトゲじゃねーか! 尚文は他の島に移動してボス級のモンスターを倒し、ドロップ品?の装備をラフタリアとフィーロにプレゼント。 ラフタリアの剣はともかく、フィーロの爪武器もすごく殺意が高そうだぁ…。 夜になっても狩りを続ける尚文たちを探しにきたラルクとテリス。 どうやら尚文たちのことが心配になって探しに来てくれた様子、とことんいい奴らだぜ! 街に戻った尚文たちは、元康たちと混ざって酒盛りに。 酔って目が虚ろなラフタリア、かわいいやん! 尚文も楽しそうに騒ぐ皆を見て、珍しく和んでいる様子 娘(ラフタリアとフィーロ)を見守るお父さんみたいな優しい笑顔してるな尚文…。 翌日、尚文たちはラルクとテリスとともに狩りに出かけることに。 ラルクたちの実力は尚文たちと同等のもので、ただの冒険者ではないと尚文は勘づく。 ラルクたちと一緒に狩りに出発する前、テリスに頼まれていたアクセサリーを作成し終えて渡す尚文。 テリスは尚文に大量の金貨を渡しても尚、ラルクの所持金も渡そうとする豪快さ。 尚文は興奮しているテリスにドン引きするも 「金は分割でいい」 って受け取る気は満々なんですね…。 ラルクは大きな鎌、テリスは宝石を使った魔法で攻撃するスタイルで狩りは順調。 狩りを進める内、ボス戦で見せた尚文の盾の勇者の固有の魔法を見て、何かを感じた様子のラルクとテリス。 尚文を偽物と疑っていた二人だけど、本物の勇者だと気づいてきた頃かな? 狩りを終えて、明日も一緒にやるかと尚文が誘うも、ラルクとテリスに断られる尚文。 こういう状況、自分何か悪いことしちゃったかな、とか気になっちゃうよなぁ…。 そういうリスクを恐れて、僕は自分からはなかなか誘えないです…。 狩りを頑張ったからと休日を設け、浜辺でのんびりとする尚文。 一行は水着に着替えて休日を満喫していたところ、フィーロが新しい島を発見する。 ここにきて水着回だと…!? まさにボーナスステージ、魔物(視聴者)も活性化しちゃいますねぇ! フィーロの水着は…まぁかわいらしいね、うん。 僕にはそういう趣味はないので、いいのかどうかはいまいちわかりませんが…。 第23話「カルミラ島」のあらすじ&予告動画を公開しました。 カルミラ島でこの世界にきて初めて充実した時間を過ごす尚文たち。 水着も…!😳 Episode23 trailer is released! 📕あらすじ 🎞予告動画 — TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』 shieldheroanime しかしラフタリアは、イイ。 完全に誘惑してきてるぞコイツ! 雌犬!ラフタリア完全に発情期の雌犬! しかし水着姿を得意げに見せてくるラフタリアに、尚文は 「バッチリだ!(これから着る着ぐるみを着やすい的な意味で)」 と返事をしてしまった模様。 そういうところはラノベ主人公なんだよなぁ。 ということで尚文たちは水中でも息が出来る?着ぐるみを着て、フィーロが発見した海底の島へと侵入。 中にあったのは…龍刻の砂時計だー!! 龍刻の砂時計があるところで波が発生するということで、カルミラ島が危険に犯されることを危惧した尚文。 波が発生するのは、約48時間後。 まぁ、勇者4人も揃ってるし、ラルクたちみたいな実力のある冒険者も揃ってるだろうし、むしろラッキーだったんじゃないかな。 せっかくの水着回なのに、水着姿での出番が少ねぇ! まぁそういう話じゃないから仕方ないんだけどさぁ…。 もっと水着姿のラフタリアの全身を、舐めまわすかのように見たかったですねぇ(ニチャア) しかし新しいキービュアルが、尚文とラルクが対立しているようにも見えるんですが…。 もしかしてラルクとテリスは、実は敵側のパティーンですか?.

次の