スプレッド シート シート 複数 選択。 【VBA】ワークシート(単独/複数)選択やアクティブにする

エクセルVBAで複数シートを選択してコピーする!シート名を指定

スプレッド シート シート 複数 選択

シートを選択する場合、Worksheetオブジェクトに対して「Select」メソッドを実行しますが、複数のワークシートに対してまとめて「Select」メソッドを実行することが出来ます。 Worksheetオブジェクトを取得する際に、Applicationオブジェクトの「Worksheets」プロパティなどを使いますが、今までのサンプルではインデックス番号かワークシート名を1つだけ記述していました。 Worksheets 1. Select Worksheets "Sheet1". Select 複数のワークシートを対象にする場合にはArray関数を使って複数のインデックス番号やシート名を同時に指定します。 Worksheets Array 1, 2, 3. Select Worksheets Array "Sheet1", "Sheet2", "Sheet3". Select このようにArray関数を使ってインデックス番号又はシート名を複数指定することで、複数のワークシートを対象とすることが出来ます。 Array関数については『』を参照して下さい。 サンプルプログラム では簡単なサンプルで試してみましょう。 Sub テスト Worksheets Array 1, 3. Select End Sub 上記マクロを実行すると次のようになります。 左から1枚目と3枚目のシートを一度に選択しています。

次の

【スプレッドシート】ファイル全体をコピーする方法と、シートをコピーする方法

スプレッド シート シート 複数 選択

普段、何気なくしているExcelの操作では、何かしらのシートを選択した状態で操作しています。 だからこそ、いずれかのセルを選択して文字や数字を入力すれば、その選択されているシート内の、自分が選択したセルに文字や数字が入力されますし、いずれかのセルを選択して罫線や色を設定すれば、その選択されているシート内の、自分が選択したセルに、罫線や色が設定されます。 ということはですよ、シート1つだけではなく、複数のシートを選択した状態で操作を行えば、その操作が選択されているシートすべてで有効になるということになります! 離れたシートの選択 「渋谷」、「横浜」、「大阪」シートのように、選択したいシートが飛び飛びで離れている場合には、 2つ目以降のシートを選択する時がポイントになります。 まずは1つ目のシート見出しを普通にクリックして、1つ目のシートを選択します。 次は2つ目のシート。 [Ctrl]キーを押したまま、2つ目のシート見出しをクリックすると、 1つ目のシートに加え、2つ目のシートも合わせて選択できます。 同様に、 [Ctrl]キーを押したまま、3つ目のシート見出しをクリックすれば、 3つ目のシートも合わせて選択できます。 選択のポイントは、 2つ目以降から[Ctrl]キーを使うこと。 1つ目の選択は、普通にクリックするだけで、[Ctrl]キーは使いません。 この操作をBe Cool Users得意のセリフで表現すると、「 ココとココとココ」。 ココ 1つ目のシート見出しをクリック と [Ctrl]キーを押したまま ココ 2つ目のシート見出しをクリック と [Ctrl]キーを押したまま ココ 3つ目のシート見出しをクリック 「[Ctrl]キーを押したまま」というのが、セリフの「と」を意味するので、それで2つ目以降から[Ctrl]キーを使う、と覚えます。 そうです! 操作の要領は時と同じです! スポンサーリンク 複数シートの選択を解除 複数シートの選択を解除したい場合は、 選択されていないシート見出しをクリックすることで、そのシートが新たに選択し直されるため、 複数シートの選択が解除されます。 連続したシートを選択 「渋谷」から「名古屋」シートのように、連続したシートを選択したい場合には、選択したい連続したシートの先頭を「始点」、選択したい連続したシートの最後を「終点」と考えます。 まずは「始点」のシート見出しを普通にクリックして、1つ目のシートを選択します。 あとは、 「終点」のシート見出しを、[Shift]キーを押したままクリックすると、 「始点」のシートから「終点」のシートまでの、連続したシートを選択することができました! ココ 「始点」のシート見出しをクリック から [shift]キーを押したまま ココまで 「終点」のシート見出しをクリック やはりこの操作も、要領はと考え方は同じです。 この解除方法も必須で覚えておきたい もちろん、連続したシートを選択している場合でも、 選択されていないシート見出しをクリックすることで、 そのシートが新たに選択し直されるため、複数シートの選択を解除できます。 ですが、同じ文書内の、すべてのシートが選択されている場合、そもそも選択されていないシート見出しが無いため、どうすれば選択を解除できるのか、迷ってしまいます。 そんな時には、選択されているシート見出しなら、どの見出しのところでも構わないので 右クリック、 【Excel 2016】 [シートのグループ解除]をクリックすれば、複数シートの選択を解除できます。 【Excel 2013・2010】 [作業グループ解除]をクリックすれば、複数シートの選択を解除できます。 シートがグループ化されている この、複数シートが選択されている状態を、シートがグループ化されている、という風に言ったりもします。 その証拠に、複数シートが選択されている状態では、Excel画面の最上部にグループ化されている旨が表示されます。 【Excel 2016】 最上部に「グループ」と表示されます。 【Excel 2013・2010】 最上部に「作業グループ」と表示されます。 グループになっているということは、ひとかたまりになっているということですから、このまま選択しているいずれかのシートで、例えばE3番地に入力したり、色を設定すれば、 選択されているすべてのシートのE3番地に、同じ操作が行われます! 複数シートの同じセルに、同じ操作を行いたいのであれば、あらかじめ複数のシートを選択してから操作すれば便利!というわけです。 シートがグループ化されている状態では、同じ操作が選択されているシートで有効になるため、逆を言ってしまえば、複数シートへの操作が終わったら、選択を解除する、つまりグループを解除することを忘れないようにしないと、同じ操作をしたくないところまで反映されてしまうことになるので、注意です。 私はよく解除を忘れて作業を続けてしまい、「う゛ぁー!」と叫びます。

次の

【スプレッドシート】ファイル全体をコピーする方法と、シートをコピーする方法

スプレッド シート シート 複数 選択

この記事のターゲット 1,Googleスプレッドシートの不要なファイルが増えてきた 2,Googleスプレッドシートをまとめて削除する方法を探している 3,Googleスプレッドシートのフォルダ整理を効率化したい Googleスプレッドシートは、オンライン上にフォルダが存在していますので、デバイスさえあればどこからでもスプレッドシートへアクセスできるのが強みです。 長くスプレッドーシートを活用していると、フォルダ内に不要なスプレッドーシートもたまりがちになってきます。 Googleスプレッドシート上のファイルを一括で削除する手順についてまとめていきます。 Googleスプレッドシート内の不要なファイルに気づく。 Googleスプレッドシートのフォルダ内に、もう使わない過去のスプレッドシートのファイルがたくさん蓄積されていたことに気が付きました。 念の為に、保管しておいたファイル類も多くありますが、タイトルを見ると消してしまっても問題ないものばかりです。 不要なファイルがあると、業務効率がよくありませんので、この機会にフォルダ内の整理整頓することにしました。 Googleスプレッドシート内で、Ctrl・Shiftを押しながらのファイルの複数選択をしようとしました。 しかし、Windowsであれば、複数のファイルが選択済みになり一括操作ができるはずですが、スプレッドシートのアプリ内では、このショートカットが使えません。 スプレッドシートのアプリ上では、複数選択ではなく新しいファイルが開いてしまって、予期しない動作をするのです。 それならばと、マウスで左クリックしたまま、複数のファイルを囲ってみたのですが、それでも複数選択はできませんでした。 oogleスプレッドシートは、Windowsとは挙動が違い、思い通りにはいかないようです。 ファイルの複数選択は、Googleドライブから行いましょう! Googleスプレッドシートの一括削除は、Googleスプレッドシート上からではなく「Googleドライブ」であればできる事がわかりました。 Googleドライブ上では、複数選択が可能。 Googleドライブから開くと、Googleスプレッドシートのファイルも通常通りの複数選択が可能となります。 これで一括削除ができるようになります。 なお、Googleドライブで削除後に、Googleスプレッドシートを開くとまだ削除ファイルは存在しています。 ゴミ箱に移動したファイルを「完全削除」することでスプレッドシート上からも不要なファイルが消すことができます。 なお、間違ってファイルを削除してしまった場合は、ゴミ箱の中に削除ファイルが集約されていますので、ゴミ箱から復元が可能です。 注意ゴミ箱内で削除作業をしてしまうと、二度と復元ができない完全削除となってしまいますので本当に不要なファイルかしっかり確認しましょう! 【iPhone・iPad・Android】のGoogleドライブアプリでも複数選択・一気に削除が可能です デスクトップパソコンからも一括削除できますが、スマートフォンでのGoogleドライブアプリでも編集可能です。 Googleドライブアプリをインストールして開くと、右上にメニューボタンがありますので、押すと複数選択していく事ができます。 外出中でやる事がない時などは、iPhoneやiPadなどからもデジタルデータの整理が可能となります。 まとめ Googleスプレッドシート上からも複数選択して一括削除できれば困る事はないのですが、とりあえず目的は達成できたので良かったです。

次の