ペイパル 登録できない。 ペイパル!追加登録クレジットカードで支払エラーになる理由

PayPal(ペイパル)でゆうちょ銀行の登録ができない?【体験談】|ミシガン駐妻ブログ

ペイパル 登録できない

実は『PayPal』での登録はクレジットカードを利用するのが基本となっていますが、『海外のサイトにクレジットカード情報は登録したくない』という方も当然いることでしょう。 もちろんあまり知らないサイトですから不安になりますよね。 そんなときに使えるのがデビットカードです。 しかし『PayPal』に登録することはできるのでしょうか?答えは、問題なく登録することができます。 ただし、VISAやJCBといった国際ブランドを持つデビットカードに限りがあります。 つまり 日本独自の決済システムであるデビットカードの一つでもある『J-debit』では登録することはできませんのでデビットカードの『J-debit』をお持ちの方で『PayPal』を使いたいという方は注意点として覚えておく必要があります。 また、J-debit以外にも『ジャパンネット銀行』のデビットカードはPayPalに登録することができません。 これはジャパンネット銀行の公式サイトにも記載されている情報です。 理由は、ジャパンネット銀行のデビットカードが「ワンタイムデビット」だからです。 「ワンタイムデビット」とは、「決済時に『トークン』と呼ばれる付属の機械で、 一時的なパスワードを発行して決済をしなければならない」という特徴を持ったサービスです。 これもJ-debitと同じように通常のデビットカードやクレジットカードとは異なります。 日本独自のサービスでもあるのでデビットカードの『J-debit』はPayPalに登録することができないのです。 そもそも、クレジットカードを持っているのであれば、わざわざデビットカードを選択肢としてあげる必要なんてありません。 しかし、「クレジットカードを持っていない」「クレジットカードは持っているが、やはり海外サイトでの利用には抵抗がある」というのもありますよね。 そんなときはクレジットカードでの登録は避けたいと思うはずです。 特に、信用情報がブラックの人はクレジットカードは作れませんが、デビットカードなら作ることができます。 そういった事情の場合だと、そもそもクレジットカードという選択肢は存在しないのです。 実は、デビットカードでもPayPalに登録することができます。 デビットカードも「カード情報」を持っており、デビットカードを登録することで クレジットカードを使わなくても代わりに利用してインターネット決済ができるのです。 「PayPalを利用して代金を支払ったのに、商品またはサービスが届かなかった。 」もしくは、「届いた商品またはサービスが、説明や紹介されている内容と著しく異なっている。 」といった手違いというのもインターネットショッピングならあり得ますよね。 そんなときに役立つのが『買い手保護制度』です。 『買い手保護制度』とはクレジットカードで払い済みならこういうとき何の役にも立ってくれませんが、PayPalで支払ったものであれば、「問題解決センター」や「クレームのエスカレーション」等が可能です。 これはPayPalにある『買い手保護制度』によるものです。 買い手保護制度は 代金を支払った日より180日以内であれば利用できます。

次の

PayPal(ペイパル)はデビットカードを登録できる!できないときは?

ペイパル 登録できない

【PayPalのアカウントの種類】• ビジネスアカウント:商品を販売をしたい人• パーソナルアカウント:PayPalを使って商品の購入、楽天イーベイツ(Rakuten Ebates)でキャッシュバックをもらいたい人 PayPalには、「パーソナルアカウント」と「ビジネスアカウント」の2種類のアカウントがあります。 今回の記事では、 パーソナルアカウントの登録方法について紹介していきます。 PayPalの登録方法について まずはPayPalのホームページに行き、青いボタンの「 新規登録(無料)はこちら」をクリックしましょう。 下記のような画像が表示されるので、 パーソナルアカウントをクリックします。 次に、PayPalを使用する時に使う メールアドレスと パスワードを入力します。 海外からの登録の場合、右下の国旗が日本以外になっていることがあるので「日本語/日本国旗」を選択しておきましょう。 【PayPalに登録できる銀行の種類】• ゆうちょ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行 もし、PayPalに問い合わせをしても解決しなかった場合は、 ゆうちょ銀行以外の銀行口座を登録しましょう。 現在、ゆうちょ銀行を含め登録できる日本の銀行口座は6種類あります。 アメリカに住んでいる場合は、アメリカの銀行口座を登録することも可能です。 【まとめ】ゆうちょ銀行の登録がどうしてもできない場合は、PayPal(ペイパル)に問い合わせを ゆうちょ銀行の登録がどうしてもできない場合は、PayPal(ペイパル)に問い合わせをしてみるのが1番の近道です。 PayPalは世界2億5000万人が利用しているだけあって、セキュリティ面や問い合わせの対応がしっかりしているので、安心して連絡してみましょう。

次の

ペイパル(paypal)の登録方法や使い方!コンビニでの支払いも

ペイパル 登録できない

PayPal(ペイパル)とは? PayPal(ペイパル)は、世界で約3億人以上が利用する、 オンライン上での「支払い」と「受取り」を「安全」で「かんたん」にできるインターネットを利用した決済サービスです。 ペイパルに支払い方法を登録すると、ペイパルのマークがついているお店ではログインするだけのワンタッチで支払いすることができ、支払い情報は相手に伝わらない特徴があります。 それでは、ペイパルの特徴やメリットについて詳しく見ていきましょう。 PayPal(ペイパル)の特徴とメリット 支払い情報が相手に伝わらないので安心! ペイパルでは、支払い情報(クレジットカードやデビットカード、銀行口座)を登録するだけで、IDとパスワードのみで取引が可能になる決済サービスなので、支払い情報を利用する店に伝えずに安心、安全に利用することができます。 ネットショッピングなどを利用する場合、クレジットカードの情報などを入力しなくてはいけませんが、PayPal(ペイパル)のアカウントに予めクレジットカードの情報を登録しておけばその都度入力する必要が無いので非常に便利です。 また、 PayPal(ペイパル)アカウントに登録した支払い情報はPayPal(ペイパル)で保護されるため、クレジットカード情報や銀行口座情報は利用するショップに伝わらないので安心して利用することができるのがPayPal(ペイパル)の最大のメリットですね。 PayPal(ペイパル)では、世界2,400万店舗以上で利用することができ、特に海外サイトを利用することが多い決済サービスなので、PayPal(ペイパル)を利用することで情報が保護されるため海外サイトでも安心です。 PayPal(ペイパル)の安全性について 支払い情報がペイパル側で保護されるとは言うものの、「ペイパル自体の安全性はどうなの?」というのが気になりますよね? ペイパルでは、 オンラインショッピングでトラブルがあった際、条件を満たせば金額が保護される 「買い手保護制度」というものが用意されています。 買い手保護制度では、以下のような場合に返金の対象となりますよ。 またペイパルでは、独自の不正防止モデルとして、 全ての取引を24時間、365日モニタリングしているので、不振な動きがあった場合にアカウントを制限するなど、被害を最小限に抑える仕組みで保護されています。 個人情報は最高水準の暗号化キーで保護され、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された業界の基準PCI DSS Payment Card Industry Data Security Standard に準拠しています。 以上のように、ペイパルのセキュリティは万全といえるのではないでしょうか? カードのポイントもしっかりと貯まる! ペイパルでは、決済時に登録してあるクレジットカードを利用した場合、 クレジットカード独自のポイントもしっかりと貯まります。 例えば、 楽天スーパーポイントが貯まる「 」や TポイントやPayPayが貯まる「」などを登録して、決済時に利用すればポイントは通常通り貯めることができますよ。 郵便番号• 生年月日 以上を入力して、ユーザー規約およびプライバシーポリシーにチェックを入れ「同意してアカウントを開設」をクリックしてください。 以上でPayPal(ペイパル)アカウントの開設は完了です。 ここでクレジットカードや銀行口座の情報を登録することができますが、この情報はここで登録しなくても後で登録することができますので、スキップしても構いません。 「アカウント管理画面に進む」をクリックしてください。 クレジットカードやデビットカードの情報を登録していない場合は、こちらのアカウント管理画面から登録することができます。 また、銀行口座の登録もこちらから登録することができます。 PayPal(ペイパル)に登録することができるカードおよび銀行口座は以下のようになっています。 口座振替設定可能な銀行口座を登録し、口座振替設定を完了すると、銀行口座からの支払い、支払いの受取、残高を銀行口座へ引き出すことができます。 銀行口座の登録方法• ペイパルにログインし、画面上部の「ウォレット」をクリック• 「銀行口座を登録」をクリック• 口座振替が可能な銀行を選択します• 銀行口座情報を入力します• 本人手続きが完了していない方は、この画面で生年月日、職業、ペイパルアカウントの利用目的を入力します。 本人手続きが完了している方は、この画面は表示されません• 「銀行のウェブサイトに移動する」をクリックして、各銀行の画面の指示に従い入力します• PayPal(ペイパル)の使い方 PayPal(ペイパル)のアカウントを開設し、支払い方法を登録すればPayPal(ペイパル)を利用して世界2,400万店舗以上のサイトで商品やサービスの購入をすることができるようになります。 ここではPayPal(ペイパル)の基本的な使い方について紹介していきます。 PayPal(ペイパル)が使えるお店で支払う方法 まずは、PayPal(ペイパル)が使えるお店で商品やサービスを選択しましょう。 例えば、ではペイパルに対応している店舗もあるので、注文時にお支払い方法に「PayPal」を選択して購入することができます。 海外送金について ペイパルでは、PCからでもスマホからでも簡単に海外送金することができます。 利用方法としては、個人間での送金方法と同様で、アカウントにログインして、相手のメールアドレスを入力して送金するだけです。 その際の手数料は、1回あたり499円(100万円まで)となっているので、海外送金としては非常にお得ですね。 ただし、あなたが保有している通過とは異なる通過で取引が行われた場合(日本円で送金、受取が米ドルなど)は上記のように手数料が発生します。 まとめ 以上、PayPal(ペイパル)の登録方法や使い方について紹介してきました。 最近ではネットで商品やサービスなどを購入することが非常に多くなりましたので、PayPal(ペイパル)の最大のメリットでもある、「クレジットカードの情報が利用したショップに伝わらない」ので安心して利用することができますね。 PayPal(ペイパル)を利用できるショップは、PayPal(ペイパル)の決済サービスがおすすめですよ。

次の