魔法 の 365 日。 とんがりボウシと魔法の365にち

魔法一覧

魔法 の 365 日

ドロシーローノルトに興味を持った私は何冊もの本を読みました。 乳幼児の子育ての本、小学生の子育ての本、 そして1日1話の子育ての本を読んだとき、やっぱり外国の親子 と日本の親子の関係とはちょっと違いがあると感じたのです。 普通の居間での会話が読んでいてすっきりと入ってこない。 これを日本の親子関係に当てはめたらどうだろう、こんなとき どうする・・ということを分かりやすく伝えたいと思ったのです。 それは1日1話ですから365もあります。 これを昔保育士時代に、目の前の親だけではなく、いろいろな ところにいる子育て中の方に読んでもらいたいと子育てブログに 載せていました。 それを少しずつここにも載せていきたいと思います。 本の題名は「「子育ての魔法365」というものです。 興味のある方は、実際の本を読まれてはいかがでしょうか。 では、一番最初の魔法から・・。

次の

子育ての魔法 365日

魔法 の 365 日

1988年生まれのエッセイスト。 同い年の夫、幼稚園年少の娘、令和元年生まれの息子、猫2匹と暮らしています。 長く東京で暮らしていましたが、2019年から四国に引っ越しました。 32平米の小さな賃貸から、戸建ての借りぐらしへと生活スタイルが変わったため、2019年10月を境に、収納関連の基本的な姿勢が変わっています。 このブログをはじめるまで 「帰ってきたくなる家を作ろう」 結婚したばかりの23歳のとき、胸に抱いたのはそんな気持ちでした。 結婚生活のテーマとして決めた花「すずらん」の花言葉、「幸福が還ってくる」に由来しています。 ところが気がつくと足の踏み場もないほど散らかった部屋で、ものを踏まないように避けながら歩き、食事は毎日コンビニか冷凍食品ばかり。 帰ってきて玄関のドアを開けると、夫も私も、思わずため息がこぼれ出す、そんな家からスタートしました。 3年近くかけてなんとか自力で部屋の片づけが完了。 その過程で、家事スキルよりも、時間の使い方ややる気の出し方、それを維持する方法などに問題があると気づきました。 そして、何より家事がうまくいかない最初のステップは「片づけ」にあると考え、整理収納アドバイザー1級を取得することに。 2015年の開設当初から毎日更新しているこのブログでは、1日ひとつ特別な家事を行う「とっておき家事」の記録をおもに発信しています。 日々の生活の実験記録なので、記事の濃度が日によって違う点はご了承いただけますと幸いです。 体系化してまとめたものをお読みになりたい方は、著書や、連載記事をご覧ください。

次の

小ネタ・バグ

魔法 の 365 日

「ありのままのあなたが好きなんだよ」と子どもに教えてあげてください。 大ベストセラー『子どもが育つ魔法の言葉』のドロシー博士が贈る、魔法の一日一言。 「どんな子どもでも、親を喜ばせたいと思っています。 」「子どもには、親がどんなときでも味方だと知らせてあげてください」「思いがけない良いことが起こるかもしれない、と考えてみましょう。 」「ときには、子どもを王様のように大切にしてあげてください。 」「親の生き方を見ながら、子どもは生きてゆきます。 わたしたちは、人生の難問に正面から向き合う勇気をもたなくてはなりません。 」「子どもは親から学びます。 たとえ親が、教えていることに気付いていなくても。 」 いま、子育てをなさっているお父さま、お母さま、どうぞ、一日一度、この本を開いてご覧になってください。 きっと「ああ、そうだった!」と大切なことを思い出し、新鮮な気持ちでお子さんと向き合うことができると思います。 同じ著者の本.

次の