アイコス フレーバー 値段。 アイコス値上げ価格はいくら?たばこ増税額予想|2022年のヒートスティック値段

iQOS(アイコス)新しいフレーバーの種類と味はどう?値段はいくら?

アイコス フレーバー 値段

この記事の目次• 【アイコス】IQOSとは? 出典: IQOSとは、アメリカに本社がある世界最大のタバコメーカーであるフィリップモリス社が販売する加熱式タバコのことです。 今までの電子タバコと違う点は、何と言っても「タバコの葉」を使っていることです。 タバコの葉をペースト状にしてヒートスティックにしています。 そのため、 ニコチンは摂取することができます。 でも、普通の紙タバコに比べて低温で加熱しますので、 タールや一酸化炭素などの有害物質は大幅カットできます。 また、副流煙ではなく水蒸気が出ますので、周囲の人にも迷惑をかけることがほとんどないというのもIQOSのメリットですね。 ニコチンは摂取できる。 でも、タバコのデメリットはカットすることができるため、タバコからIQOSに乗り換える喫煙者が急増しているんです。 それ以外のフレーバー ・ブレンド05 ・ブレンド26 この2種類はレギュラー系にもメンソール系にも属さない種類のフレーバーになります。 【アイコス】IQOSの9種類(フレーバー)おすすめランキング IQOSの9種類のフレーバーの名前と簡単な分類がわかったところで、次はこの9種類のフレーバーのおすすめ&人気ランキングをご紹介します。 IQOSを今から始める人は、この人気ランキングを参考にして下さいね!もちろん、既にIQOSを愛用している人も、新しいフレーバーを開拓する時の参考にどうぞ! ちなみに、IQOSのヒートスティックのフレーバーは、それぞれ好みがありますので、第1位のものは「絶対に良い!絶対におすすめ!」というわけではありません。 私の主観や好みも含まれていますので、その点はご了承くださいね。 第1位 マールボロ・ヒートスティック・ミント 出典: IQOSのおすすめのフレーバーランキング、第1位はミントです。 ミントはメンソール感はやや弱めで、タバコとしての重さも軽めになります。 爽やかなミントの風味で、しかもIQOS独特の匂いも少ないため、女性に人気が高いフレーバーですね。 第2位 マールボロ・ヒートスティック・バランスド・レギュラー 出典: IQOSのおすすめフレーバーランキング、第2位はバランスド・レギュラーです。 レギュラー系の中では軽いタイプのフレーバーで、その分臭いもそれほど気になりませんし、口当たりも優しいので、とても吸いやすいヒートスティックになります。 後味は、「紅茶」とか「アールグレイ」、「ジャスミン」と表現する人が多いですね。 やっぱ、バランスド レギュラーだな。 — O次郎 oziro72 英語の再履で教科書貸してコピー代も貸した3年生 再履しで知り合った がiQOSのバランスド買ってきてくれてとても気に入った— わだ magnesuka IQOSデビューする人で、メンソール系は苦手という人におすすめしたいフレーバーです。 第3位 マールボロ・ヒートスティック・メンソール 出典: IQOSのおすすめフレーバーランキング、第3位はメンソールです。 メンソールは、かなり「メンソール感」が強いので、しっかりメンソールを味わいたい人におすすめです。 とり天丼うまし。 今日はiQOS持ち歩いてないけど。 基本アイカフェ用だね。 部屋でたま~に吸うくらいかな。 第4位 マールボロ・ヒートスティック・レギュラー 出典: IQOSのおすすめフレーバーランキング、第4位はレギュラーです。 レギュラーはレギュラー系のヒートスティックの中では一番重いタイプになるので、紙タバコはタールが10mg以上の重めのものを吸っていた人におすすめですね。 ただ、レギュラーは評価が大きく分かれることも特徴の1つです。 「レギュラーじゃないと物足りない」、「レギュラーが好き」、「レギュラー以外は無理」という人がいる一方で、レギュラーは臭いとかマズいという人もいます。 第5位 マールボロ・ヒートスティックス・スムース・レギュラー 出典: IQOSのフレーバーおすすめランキング、第5位はスムースレギュラーです。 スムースレギュラーはタバコの重さとしては、レギュラーとバランスドレギュラーの中間的な存在なので、レギュラーは重すぎるけれど、バランスドレギュラーは軽すぎるという人に試してもらいたいフレーバーになります。 スムースうまい…。 マルボロマークは銀だった。 — keizbh レギュラーのような臭いは少ないですが、深みのある旨味を味わうことができます。 それでも、マイルドな口当たりで、やや甘い後味が特徴ですね。 第6位 マールボロ・ヒートスティックス・パープル・メンソール 出典: IQOSのフレーバーおすすめランキング、第6位はパープルメンソールです。 パープルメンソールは、メンソールの中にもフルーティーな香りが特徴で、芳醇なアロマの爽快感を味わうことができるヒートスティックになります。 IQOSのパープル、最初はすごい味と香りだなって思ったけどクセになるし好きになってきちゃった。 — ルラメー HFilmassosiates iQOSのパープル箱開けた時の匂いは好き— はとりこ katakuriko0730 IQOSを吸ってリラックスしたい人、フルーティーな香りを楽しみたい人は、パープルメンソールがおすすめですよ! 第7位 マールボロ・ヒートスティック・イエロー・メンソール 出典: IQOSのおすすめフレーバーランキング、第7位はイエローメンソールです。 このイエローメンソールは2018年6月29日に発売されたばかりの新しいフレーバーになります。 メンソールの中にシトラス系の香りがして、なかなか評判は良いのですが、なんせまだ発売されたばかりで、皆さんの感想も少ないので、第7位にしました。 第8位 マールボロ・ヒートスティック・ブレンド05 出典: IQOSのおすすめフレーバーランキング、第8位はブレンド05です。 これは、2018年7月末時点で、まだ全国発売されておらず、宮城県での未販売されているフレーバーです。 ブレンド05は柑橘系のフレーバーで、メンソールではないものの、後味は爽やかです。 まだ全国販売されていないので、第8位にランキングしました。 これも、ブレンド05と同じく、宮城県限定での販売になっています。 ブレンド26の特徴は、カカオやチョコレート風味であること。 このブレンド26のヒートテックを吸った人は、チョコレートケーキを食べているみたいと表現する人もいます。 IQOSさんは早くブレンド26全国展開して下さい!!行きだけで二時間かかるよぅ…— カムイ@knife knifeNASPRT チョコレート好きな女性にはおすすめのフレーバーですね。 IQOSの購入場所や値段 IQOSの全9種類のフレーバーのランキングを見て、このフレーバーを試してみようかなと決めた人も多いと思います。 そんなあなたのために、IQOSの購入場所や値段を説明しておきますね。 IQOSを購入できる場所 IQOSを購入できる場所は、基本的にはタバコを購入できるところです。 コンビニやスーパー、そのほかタバコを取り扱っているところは、IQOSを購入することができます。 また、IQOS公式専門店ともいえるIQOSストアやIQOSのオンラインストアでも購入可能です。 IQOSストアは東京や大阪、仙台など大都市にしかないので、ちょっと不便かもしれませんね。 IQOSの値段 次に、IQOSの値段です。 IQOSはどのフレーバーでも同じ1箱460円となっています。 20本入りで460円ですので、普通の紙タバコと変わらない値段です。 IQOS本体が必要な分、紙タバコよりはやや割高と言えるかもしれません。 IQOS本体よりも互換製品の方がおすすめ 出典: 最後に互換製品についてです。 IQOSには互換製品がたくさんあります。 タバコの葉を使ったヒートスティックではなく、本体の方ですね。 実は、本体に関してはIQOSよりも、互換製品のほうがおすすめだったりします。 もちろん、正規品という安心感はありますが、そのほかの面では互換製品のほうが優れていることが多いんですよ。

次の

アイコスの値段はコンビニによって違う?割引情報や買い方まとめ

アイコス フレーバー 値段

クール・ジェイド• 心地いい清涼メンソール 「 メンソール味をもっと増やして~!」 って要望が多く、出された新味なんですね。 注意点としては、フロスト・グリーン、クール・ジェイドの2種類は、コンビニ販売の予定はないこと。 試してみたい場合は、公式ショップで購入しましょう。 フロスト・グリーン• クール・ジェイド を吸ってみた感想はこちらです。 【新味の発売日と販売場所】 7月29日~• 全国9店舗のIQOSストア• 全国24店舗のIQOSショップ(ヤマダ電機)• 人気のフレーバー味を知るには? 各ヒートスティックによって、• 吸った時のおもさ• 独特のにおいや風味• 吸った後の後味 色々な個性があります。 自分のお気に入りを早く見つけるため、それぞれの特徴を知りましょう。 ジャンル別の人気順に、1つ1つの味をまとめてみました。 アイコスの味で人気のフレーバーは? 吸いやすさで選ぶ!初心者向け• L 類友つぅ tsubasa283tsu なんだかんだアイコスはミントが一番安定 — naoki asapN0k1 吸いやすさでは、トップクラスですね。 ミント味で多い意見が、 「他と比べて、臭いが嫌でない。 」 「さわやかな風味が好き。 」 たばこを吸う時、気にすることの上位には、においが入りますよね。 紙たばこと比べると、ヤニ臭はしませんが、どうしても独特のにおいは出てしまいます。 ミントには、悪臭の軽減を感じさせるので、人気が高いのかもしれません。 また、女性に評価が高い理由としては、さわやかさでしょうか。 ミント風味で、「 変なクセもなく吸いやすい」って声が多いです。 清潔感を持って吸いたい人には、最適ですね。 後味すっきりのメンソール アイコスのフレーバー6種試してみたけど、メンソールに落ち着きそう — ごましお gomasio723 初心者に最適な理由は、 「重すぎず、吸いやすい」 「後味がスッキリしている」 「スースーしたい」って人には、爽快感を味わえるので、おすすめです。 たばこの強さというより、メンソールが全面にくるので、 初心者には吸いやすいようです。 「アイコス独特の後味が少ない」って声が多いですね。 ヒートスティックのデビュー戦には、もってこいだと思います。 刺激の強すぎないノーマルな喫煙を望むなら、クセのないメンソールから試してみましょう。 無理せずアイコスライフをはじめるには、ピッタリです。 色んなフレーバーを試しても、結局、戻ってくる人も多いくらい人気があります。 メンソール自体が嫌いでないなら、導入に選びたいですね。 「バランスがいい」って理由が多いですね。 一番しっくりくるってことは、味が安定しているんですね。 吸いやすさで選ぶなら、候補にあげてもよさそうです。 ただのレギュラーだと、独特の強みがあるので、合わない人は多いです。 しかし、スムースレギュラーになると、アイコス独自の感覚を軽減してくれてます。 シンプルな味を好む人には、喜ばれるかもしれませんね。 匂いが少なくノーマルな「クリアシルバー」 「オーソドックスなTHEアイコス味」 「タバコの味はしっかり感じる」 「良くも悪くも、特徴がないフレーバー」 アイコスの中でも 軽めで、きつさを感じない点が、吸いやすい理由ですね。 余計な味が入っていないので、タバコフレーバーの味をストレートに楽しみたい人に合っています。 軽めのクリーンな味を吸いたいなら、おすすめ。 マルボロのスムースレギュラーに、味は似てますね。 フルーツ系のまろやかさ「バランスドイエロー」 HEETSのバランスド イエロー結構美味しく感じます。 黄色故の先入観か?こころなしか柑橘っぽい味がする。 果実系の香りがほんのりするため、 アイコス臭も弱まっていると好評です。 タバコ独自の きつい匂いが嫌な、初心者向けのフレーバーですね。 まとめると、吸いやすさで選ぶなら、• ミント味• メンソール味• スムースレギュラー味• クリアシルバー味• バランスドイエロー味 がおすすめですね。 iQOS、メンソールとミント以外不味すぎてよくあんなげぼみたいなの吸えるなと思う — 山北早紀さんの息子リリカルたつや gekk0state しかし、もっと タバコの感じを味わいたいって人は、以下のレギュラー系だと満足しやすいです。 軽めのスッキリタイプ「ブレンド05」 オレンジってイメージの味では、ありません。 パッケージの色的に、ミカンのような味を想像しましたが、スッキリしたタバコ感を味わえます。 アイコスのフレーバーの中で比べると、• 強すぎないけど、吸った感もある味 って位置ですね。 刺激が欲しいなら、「レギュラー」 iQOSレギュラーは非常に不評のようですが、私的には1番お勧め 吸った感も良いし味は慣れですよ — ふう yarin13579 吸った感じは、一番あるかもしれません。 刺激のある 重いフレーバーの定番です。 吸いごたえを求めているなら、まず選択肢に上がるヒートスティックですね。 強めのたばこを吸ってた人が、アイコスへ乗り換えるなら、レギュラーがベストかもしれません。 他の味やと、まだ紙タバコも吸えるんやけど、レギュラー吸うと、紙タバコ糞まずく感じる。 ミント、メンソールで入門してから、レギュラーって順番だと、あまり失敗しないかもしれません。 チョコ風味だけど吸った感あり「ディープブロンズ」 「チョコやカフェモカに似た風味」 「後味のクセがない」 「きつさは強く、吸った感がある」 チョコ?って聞くと、甘ったるいイメージがしますが、後味もさっぱりし、クセがありません。 カカオっぽい苦味に近い味ですね。 「コクうま」と公式でアピールしていますが、深いコクって感覚ではなく、 クセのないきつめのタバコって感想が多いです。 「ビターチョコレートが好き」って渋めの舌を持つ人に好まれそう。 マルボロの「ブランド26」に似ていますね。 重めの深い甘さが特徴「ブレンド26」 アイコスの新フレーバーを吸ってみた 左のブレンド05:まろやかで吸いやすい。 ほんのり甘く感じました。 右のブレンド26:ブレンド05より吸ってる感がする。 あと、甘い。 個人的に両方とも微妙でした。 「さっぱりした味が好き」って人には合わないかも。 「タバコ本来の風味を味わいたい」 ってあなたには、ピッタリです。 重さ、強さは、• ブレンド26>>ブレンド05 軽くいきたいな~って人は、ブレンド05から試してみると、慣れやすいです。 好き嫌いが多い味を選ぶなら!上級者向け• 好き嫌いが激しい「パープルメンソール」 パープルのアイコスげきまず!!!!!😱😱😱😱😨😨これセンスねぇわ😦 — aki aki41602794 評価がくっきり分かれる味だね 「まずい」 「普通のメンソールでいい」 「不思議な味」 かなり厳しい意見が多いですね。 特徴としては、• ブドウの匂い• グレープのガムを噛んでる風味 フルーティさを求めているなら、合うかもしれません。 好みが分かれますが、「個人的には好き!」って声も出ているので、試してみる価値はありますね。 もっと詳しく知りたいって人は、こちら。 メンソールが弱い「フレッシュエメラルド」 iQOSのHEETSフレッシュエメラルドってメンソール弱くて満足度低いよね — エルク-elk- jk4vFI8iGGXKcuJ ヒーツ エメラルドはiQOSミントより軽いか同等くらいのメンソール感 たばこの味は慣れたらありか 最初違うものを吸ってる感がある におい的に — ぎん 主夫ブロガー ginoi2 「メンソールが弱くて満足できない」 「ほのかに酸味を感じる」 など インパクトは薄い味ですね。 メンソール味は好きだけど、程よく感じたいって人に向いてるフレーバー。 バランスドイエロー味に、メンソールを少し加えたようなイメージです。 中途半端な強さだと、むずむずするってタイプには合わないですね。 芋さがかなり改善「イエローメンソール」 シトラスの果物の香りで、アイコス独特の匂いがおさえられてるんですね。 実際は、箱を開けると、 ライムっぽいイイ香りがします。 味としては、 フルーツ系の紅茶を飲んでる感じ。 甘ったるい風味ではなく、メンソールは強めに味わえます。 アイコスフレーバー人気味のランキング ランキングTOP5• 根強い人気「ミント」 「 色々吸ったけど、一番しっくりくる」って、多くのファンがいます。 メンソール系が苦手でない人は、間違いなしのフレーバー。 女性からの支持が高いですが、吸いやすい味で、男女ともに人気があります。 俺的にiQOSは ミントが一番吸いやすい — しょーたせん Shoxx7007• デビュー味に人気「メンソール」 さっぱりした後味が、高評価の理由です。 タバコなので、「食後に吸いたい」って習慣がある人が多く、スッキリした風味の味が選ばれてるんですね。 特に余計な味がミックスされてない、ストレートのメンソールを味わえます。 「シンプルに楽しみたい」って人にハマってるんですね。 ちょうどいい強さ「バランスドレギュラー」 「レギュラーだと強すぎる」 って層がたくさん流れて、利用者が増えていますね。 どこまで刺激を求めるか?って基準は人それぞれですが、「 ピッタリな強さだった」と愛用者が多いです。 タバコ感を求めるなら「レギュラー」 紙巻きタバコからアイコスへ切り替える場合、どうしても「物足りない」って感想になりますね。 一番、タバコに近いフレーバーなので、今までヘビースモーカーだった人には違和感が少ないです。 深い味わい「ブレンド26」 アイコスに慣れてくると、違いがわかってきます。 本来のタバコの深みを感じたい大人の層に、支持されています。 レギュラー:ノーマルな味わい ブレンド26:深みのあるタバコ感 って分け方がしっくりきますね。 熟成された風味があるので、高級路線の層に人気です。 売れ筋のフレーバー• ミントもメンソールも、口コミでは、人気があり、吸った感想は、高評価でした。 一番売れているってことは、 リピーターが多いってことにもなります。 アイコスには、ガツンとする刺激を求めているのではなようですね。 心地よさがあるフレーバーが、人気の傾向なのかもしれません。 いくら?1箱の値段 マルボロ ヒートスティック• 1カートン10個で、5,000円 税込 新発売のスムースレギュラー、パープルメンソールに関しては、当初はカートン限定発売でした。 現在は、1個ずつ買えますが、まとめて購入すると、手間が省けますね。 気に入った味を発見したら、1カートンずつ注文してもいいかもしれません。 「たばこの価格が高騰するかも」といったニュースが出ていますが、さらにアイコスのたばこは値上がりしないことを願うばかりですね。 ヒーツ HEETS• 1箱470円 マルボロより30円安いのは、うれしいですね! 「たったの30円?」 って感じると思いますが、年間で見たらかなりお得になります。 1日1箱吸う場合、 新しい味は、売り切れになりやすいから注意しよう• アイコスストア各店舗• コンビニ取扱店• サービスステーション• たばこ専門店 全国のコンビニで取り扱っているので、どこでも手に入りますね。 本体を買うには、在庫探しや、予約するのに一苦労しますよね。 しかし、 フレーバーは取り揃えも安定して、購入しやすい状況です。 通販のオンラインショップでも 新しい味の2種類だけ、登場したての頃は、公式オンラインショップで買うことができました。 1カートン限定でしたが、公式サイトから購入できたら便利ですよね。 時期によって、取扱商品が変わるようですので、こまめにチェックするといいかもしれませんね。 販売エリアだったら、一足早く試せるので、ラッキーですね。 全国展開が待ち遠しいです。 ついに、全国どこでも購入できるようになりましたね。 買い方• 本体と違い、必要なものなし! フレーバーだけなら、お店へ行って、レジで買うだけです。 本体だと、身分証明書やら予約やらが必要になることがありますが、吸うためのヒートスティックならすんなり購入できます。 言葉を変えて注文する 「バランスドレギュラーをください」 って言っても「?」って表情をする店員もいますよね。 毎回言い直して説明するのはめんどくさいです。 そのため、一度で伝わるように、わかりやすく伝えています。 例えば、 「アイコスの青色をください。 」 空き箱を見せ 「コレと同じのください。 」 なんて伝えると、一発で伝わりますよね。 まだまだ発売されて歴史が浅いので、頼む時も工夫するとスムーズに購入できます。 アイコスの味に飽きたら アイコスはまだまだ種類が少ない 徐々に増えてきていますが、 を見ても、数えるほどしかありません。 も同じような味しかないですよね。 そのため、 「物足りないんだけど!」 って声も多いんですね。 もし、味の幅を広げたいなら、• 味が広がるベイプが人気 しかも、数十種類の味が楽しめるので、飽きずに利用できます。 例えば、• コーヒー• ピーチ• アップル など幅広い味があります。 話のネタになる変わった味もあるので、面白そうです。 試してみたい味がきっと見つかりますよ。 まとめ アイコスの味で、人気があるフレーバーを見ていきました。 吸いやすさなのか、刺激なのか、求めるもので選び方も、変わってきますね。 色々試してみると、あなたに合ったタバコが見つかるかもしれません。 また、正しい吸い方次第で、さらに美味しく味わえるんですね。 「害はあるってホント?」 紙タバコと比べると、おさえられてますが、 アイコスもニコチン害は入ってるんですね。 健康に気をつかうなら、一切吸わない選択が、ベストです。

次の

アイコスのフレーバー全9種類人気ランキングTOP9|おすすめの味は?

アイコス フレーバー 値段

燃やさないから煙が出ない。 スモークレスが特徴の加熱式タバコ 加熱式タバコは、紙巻きタバコのようにタバコ葉に直接火をつけるのではなく、タバコ葉に熱を加えてニコチンを発生させる。 煙が出ない代わりに、タバコ葉に含ませたグリセリン類によって蒸気を発生させて煙の代替とするのが基本だ。 これにより、モノを燃やす時に発生するタールの量が9割以上減り、人体への悪影響が低減できると言われている。 また、2020年4月に改正健康増進法が完全施行となった関係で、「紙巻タバコは吸えないが、加熱式タバコなら吸える」というシチュエーションが増えたことが追い風となり、ますます注目度が高まっている。 なお、加熱式タバコは税金がかかっている立派な「タバコ」であり、日本で流通しているノンニコチン・ノンタールの「電子タバコ(VAPE)」とはまったく別モノであるということは覚えておきたい。 加熱式タバコから発生する蒸気は、紙巻きタバコの煙とは違い刺激臭が比較的少ないうえ、服や髪にニオイがつきにくい(写真はアイコス 3 マルチ) <関連記事> 加熱式タバコには「高温加熱式」と「低温加熱式」の2種類がある 加熱式タバコは、加熱温度によって大きく2種類に分けられる。 基本的には高温加熱式のほうが喫味は強くなり、ニオイも強い。 低温加熱式は喫味が弱くなる半面、ニオイが限りなく少なくなるというメリットがある。 デバイスの無料レンタルサービスや、月額プランもあるなど、ほかの2社にはないサービスを行っている所も特徴と言えるだろう。 2019年9月に2本連続喫煙が可能な「アイコス 3 デュオ(IQOS 3 DUO)」が発売され、現在はバッテリー一体型で10本連続喫煙可能な「アイコス 3 マルチ(IQOS 3 MULTI)」、従来機「アイコス 2. 4 プラス(IQOS 2. 4 Plus)」と合わせて3機種展開となっている(「アイコス 3 デュオ」の発売にともない、「アイコス 3」は在庫がなくなり次第終売)。 「アイコス」の喫味が強いのは、本体またはホルダーに内蔵された加熱ブレードに専用の「ヒートスティック」を刺し、内側からタバコ葉を直接加熱する中心加熱方式だからだ。 ただその分、ニオイもきついのが、弱みといえば弱みだろう。 <関連記事> 「アイコス 3」のサイズ、仕様を踏襲しながらも、2本連続使用が可能になった「アイコス 3 デュオ」。 ホルダー充電時間も短縮され、1本分なら約1分50秒、2本分なら約5分15秒の充電で使用することができる スティックを巻紙の外から温める周辺加熱式の「グロー」「プルーム・エス」と違い、ヒートスティックの中心に加熱ブレードを刺して内側からタバコ葉を直接加熱することで、強い喫味を実現している。 ただ構造的に汚れがつきやすく、清掃は少しめんどうだ アイコスは3種類のデバイスを展開しているが、心臓部(加熱方式)は同じなので、どれも喫味自体は変わらない ヒートスティックは50円安い「ヒーツ」という選択肢もあり 現在、「アイコス」には2銘柄のヒートスティックが存在する。 「マールボロ」と、「アイコス」のために開発された銘柄「ヒーツ」だ。 「ヒーツ」は前述のアイコス臭が抑えられているほか、価格は520円(税込)の「マールボロ」より50円安い470円(税込)となっている。 現在全国発売されている「マールボロ」はレギュラー3種、メンソール6種の計9種類。 喫味は最強レベルだがニオイも最強。 「ヒーツ」は現行8種類。 現在、スタンドダードモデルに位置づけられる「グロー シリーズ2(glo series 2)」を筆頭に4種のデバイスが展開されている。 「アイコス」ほどタバコ感は強くないが、普段から「ケント(KENT)」を吸っている人や、軽めのメンソールを好む人に評判がいい。 このほか、2020年4月には、ネオスティックより太い専用スティックを採用した「グロー・ハイパー」が登場した また、バッテリー一体型で、機種によっては最大約30本分を連続して吸うことができるのが大きなメリットだ。 「アイコス」より加熱温度が低い分、多少ニオイは控えめになる。 しかしこの傾向は、最新の機種やネオスティックの改良・追加などでいくぶん様相が変わってきた。 「ネオスティック」を使用する「グロー」の現行機種は4種類。 左から、「グロー シリーズ2」「グロー シリーズ2 ミニ」「グロー・プロ」「グロー・ナノ」。 初代「グロー」は公式サイトから消えた 「アイコス」のようなブレードがない分、手入れが簡単で、この穴に専用ブラシを通すだけだ ブーストモードでより強い喫味を味わえる「グロー・プロ」 「喫味の強さならアイコス一択」というイメージをくつがえしたのが、2019年10月に登場した「グロー・プロ(glo pro)」である。 IH誘導加熱方式を採用し、より満足感を高めるブーストモードを搭載することで、最速で約10秒というスピーディーな加熱と、より深い味わいを実現した。 喫煙時間は約3分と短くなるものの、使用するネオスティックによっては、「アイコス」に迫る強い喫味を味わえるようになった。 「グロー シリーズ2」とあまり変わらないサイズ感だが、ハイエンド機種の風格が漂う「グロー・プロ」 <関連記事> 「グロー」の強みはフレーバー数の多さとメンソールの豊富さ 「グロー」は、何と言っても選べるフレーバーが多い。 ネオスティックのブランドは「ケント」と「ネオ(neo)」の2つで、合わせて23種類もある。 しかもそのうち18種類はメンソールなので、メンソール好きでも頭を悩ませてしまうほど。 また、フィルター内のカプセルを潰して清涼感をアップさせる「カプセルメンソール」は、加熱式タバコでは「グロー」でしか味わえないので、これが好きな人なら選択の理由になるはず。 特に「ネオ」のレギュラーは、かなり紙巻きタバコに近い味わいだと感じるので、よりタバコ感の強い味わいを求めるならば、「グロー・プロ」(ブーストモード)と「ネオ」(レギュラー)の組み合わせは、一度試してみる価値ありだ。 「ケント」には、喫味を強くした「インパクト」というシリーズ内シリーズをもある <関連記事> 加熱式タバコのイメージをくつがえす渋みと深みが味わえる「ネオ」 <関連記事> 太めのスティックでシリーズ史上最強喫味を実現した「グロー・ハイパー」 従来の「グロー」シリーズは、ほかの加熱式タバコよりも細めの専用スティック「ネオスティック」を採用しているため、どうしても蒸気が細くなり、吸いごたえが弱くなりがちだ。 しかし、2020年4月に発売された「グロー・ハイパー」は、「ネオスティック」よりも4mm太い独自のスティックを使用することで、シリーズ史上最強の喫味を実現している。 「グロー・ハイパー」の仕様は「グロー・プロ」とよく似ており、素早い加熱が可能な誘導加熱技術(IH)を採用しているところや、「充電時間約90分で使用可能回数が約20回」というところが共通している。 また、「通常モード」のほか、吸いごたえを高める「ブーストモード」を搭載している点も同じだ。 ブルー、ホワイト、オレンジ(gloストアとgloオンラインストアでの限定販売)。 「グロー・プロ」よりほんの少し大きめだ 左が「グロー・ハイパー」専用スティック。 太くなった分、「ネオスティック」よりもフィルターの穴の口径に大きくなっている 「グロー・ハイパー」の専用スティックは、喫味を高めるために使用するタバコ葉の量が3割も増えているという。 2020年4月現在、6種類が用意されており、価格は各20本入りで500円(税込)。 6種類のうち5種類がメンソールで、ここでも「グロー=メンソール」というイメージに変わりはない。 レギュラー系1種、メンソール系2種、フレーバーメンソール系3種類と、ほぼメンソール系(うち4種類はカプセルメンソール)で占められている。 「アロマを楽しむ」というコンセプトのこのデバイスは、「プルーム・テック」よりはやや喫味が強いが、「プルーム・テック・プラス」よりは弱いという、実に絶妙なところを突いてきた。 「グロー・センス」の見た目はポッド式VAPE 「グロー・センス」の専用カートリッジ「ネオ・ポッド」。 レギュラーはまさにVAPEのタバコ味で吸いにくいがメンソールは非常に吸いやすい。 ただし、喫味は軽い。 感覚的にはタール値3mg未満程度か。 今後フレーバーは拡充予定 <関連記事> ニオイの少なさは、高温加熱式になっても変わらない「プルーム」 3メーカーの中で唯一、低温加熱式タバコの「プルーム・テック」を販売して独自路線を歩んでいたJTだが、2019年1月に、「プルーム・テック」よりも吸いごたえを高めた低温加熱式「プルーム・テック・プラス」と高温加熱式の「プルーム・エス」を発売し、低温加熱式タバコ2機種、高温加熱式タバコ1機種という3機種体制になっている。 圧倒的なニオイの少なさだが喫味は軽い「プルーム・テック」 低温加熱式の「プルーム・テック(Ploom TECH)」は、カートリッジ内のグリセリン類を加熱して蒸気を発生させた後、微細に刻まれたタバコ葉入りの「たばこカプセル」に通過させることによってニコチン入りの蒸気を出すという方式である。 たばこカプセル以外は、VAPE(電子タバコ)と同じ仕組みだ。 そのため、「プルーム・テック」はニオイが驚くほど少ない。 隣で吸っていても気づかれないこともあるほどなので、ニオイに配慮が必要な環境で使用することが多い喫煙者にとって、救世主のような存在だ。 ただし、喫味は非常に軽い。 タール値で言えば1〜3mg程度なので、もともと軽いタバコを吸っていた人以外は、物足りなく感じることが多いだろう。 吸えばスイッチがオンになる完全オートスイッチは11機種の中で「プルーム・テック」だけ。 2019年10月からは充電時間を30分短縮させ、電池残量を知らせる新LEDを搭載した「Ver. 5」が販売開始された。 カラバリも増加中。 旧機種(Ver1. 25)の販売は在庫限りで終了となる 「プルーム・テック」の専用リフィルはVAPE風フレーバーが充実 現在「プルーム・テック」の専用リフィルは、「メビウス」「ピアニッシモ」の2銘柄で、計10種類。 「グロー・センス」同様、VAPE風のフレーバーが充実しているのが特徴だ。 DL方式で一気に吸い込むことで、フレーバーを存分に味わえる。 発売当初より複数回、味のリニューアルが行われて持続感などを強めている 低温加熱式の限界まで喫味を強くした「プルーム・テック・プラス」 「プルーム・テックはもっと吸いごたえが欲しい」という声に応えて登場したのが、「プルーム・テック・プラス(Ploom TECH Plus)」だ。 スロートキックも強くなり、蒸気にも重みと深みが加わっている。 また、カートリッジ内のリキッドをタンク式に変更し、液量もアップ。 たっぷりの蒸気で満足感を高めている。 それでいてニオイはほぼなしのままなのだから、すごい。 低温加熱式でありながら、5〜7mg程度のタール値のタバコを吸っていた人なら満足できるレベルにまで喫味がアップ。 低温加熱式とは思えない、しっかりとした深い喫味を実現している。 「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」より大型化し、VAPEのような見た目だ 専用リフィルは拡充中 「プルーム・テック・プラス」専用のリフィルは、現在全8種類。 「アイコス」や「グロー」には及ばないものの、低温加熱式のニオイのなさで強い喫味を味わえ、さまざまな味を楽しめるのは素晴らしい。 ただ喫味によってはクセがあり、レギュラー系では喉がイガイガするという人もたまにいる。 その場合は他のフレーバーや「グロー・センス」を試すと大丈夫な場合があるので、試してみてもらいたい。 筆者の実感としては、メンソール系のほうがこうした問題は起きにくいようだ。 専用たばこカプセルは、リキッドの入ったカートリッジ1本とたばこカプセル5個がセットになっている。 レギュラー3種とメンソール5種の計8種類 「プルーム・テック」(左)と「プルーム・テック・プラス」(右)のたばこカプセルは同サイズだが、両者に互換性はないので注意 <関連記事> 高温加熱式でも絶妙な温度でニオイの少ない「プルーム・エス」 「プルーム・エス(Ploom S)」は、タバコ葉を紙巻きにした専用の「たばこスティック」を使用する高温加熱式タバコだ。 「グロー」と同じ周辺加熱式を採用している。 満充電から、たばこスティック約10本を連続して吸うことができる <関連記事> たばこスティックはまだ少ないが、「レギュラー」がうまい 現状、「プルーム・エス」の専用リフィル「たばこスティック」は、「メビウス(MEVIUS、旧マイルドセブン)」4種類と「キャメル」2種類の計6種類だ。 「メビウス」のレギュラーは、紙巻きタバコのファンなら懐かしく感じてしまう味と香りを実現しているのに驚いた。 加熱式タバコ特有のニオイに耐えかねてメンソールを選択していた人も、ここでもう一度「レギュラー」を見直してみてもいいのではないか。 クセのない、素直でマイルドな味わいは従来の加熱式タバコとはひと味もふた味も違う。 加熱式タバコ特有のニオイに耐えかねてメンソールを選択していた人も、ここでもう一度「レギュラー」を見直してみてもいいのではないか。 クセのない、素直でマイルドな味わいは従来の加熱式タバコとはひと味もふた味も違う。 「メビウス」はレギュラー1種、メンソール3種の計4種類 「キャメル」はレギュラーとメンソールが1種ずつ。 なお、メビウスは490円(税込)で、このキャメル銘柄はそれより20円安い460円(税込) <関連記事> 高温加熱式特有のニオイを軽減した期待の新星「パルズ」 「パルズ(PULZE)」は、2019年5月に福岡県内限定発売され、この10月に全国展開が開始された後発の高温加熱式タバコだ。 バッテリー一体型で、コンパクトなサイズながら、フル充電の状態で連続最大20本まで喫煙が可能。 また、独自の技術・製法を用いることで、ほかの高温加熱式タバコと比較しても、加熱時に発生する特有のニオイが軽減されているのも特徴だ。 電源を入れて20秒弱というスピーディーな起動。 喫煙可能時間はパフ数に関係なく4分間 中心加熱式だが、加熱ヒーターはアイコスのようなブレード状ではなく、キリのような形状 <関連記事> 「iD・スティック」は4フレーバーが全国展開中 現在、全国展開されている「パルズ」の専用スティック「iD・スティック」はレギュラー系2種、メンソール系2種の4フレーバー。 2020年1月にレギュラー系2種が全国展開を開始したことで、やっと先行機種と互角に戦える準備が整ったというところだ。 2020年1月、レギュラー2種が全国発売を開始 <関連記事> まとめ 「アイコス」「グロー」「プルーム」「パルズ」はそれぞれどんな人に向いているか 加熱式タバコ市場は、かなり混迷の時代を迎えている。 この現状において、「アイコス」「グロー」「プルーム」「パルズ」は、それぞれどんな人に向いているのだろうか。 まず、 喫味の強さと1本の喫煙時間の長さを求めるのなら「アイコス」である。 これは加熱式タバコブーム当初からずっと変わらない。 また、「マールボロ」ブランドの味は、紙巻きタバコからの移行がもっともスムーズな喫味であり、ヒートスティック1本で約6分間味わえるのは、現在国内で流通している加熱式タバコデバイスでは最長だ。 ただし喫煙可能時間は約3分と「アイコス」の半分なので、チェーンスモーカー向きだ。 また、「シリーズ2」を使えば連続30本使用可能と、バッテリーの持ちはピカイチなので、ひんぱんに充電ができない人にも適しているだろう。 コンパクトな新機種「グロー・ナノ」も使い勝手が非常にいい。 低温加熱式 「グロー・センス」は、ニオイが気になって「プルーム・テック」シリーズを選んでいた人の選択肢になり得るものだ。 ニオイが気になるのなら、「プルーム」シリーズだろう。 「プルーム・テック」では物足りないが、「プルーム・テック・プラス」なら満足できるという人は多いはずだ。 「プルーム・エス」は高温加熱式の中でもっともニオイが少ないので、ニオイを抑えつつ高温加熱式タバコを楽しみたいなら、一度チェックしてみてほしい。 「パルズ」は後発デバイスというだけあり、 「本体サイズに対して連続喫煙本数が多い」「加熱温度を選べる」「高温加熱式特有のニオイが低減されている」などの優位性がある。 フレーバーの種類も増えてきたので、今後の展開に引き続き注目したい。 なお、 ランニングコストを重視するなら、1カプセルを断続的に吸える「プルーム・テック」および「プルーム・テック・プラス」、「グロー・センス」が有利となる。 高温加熱式タバコは、一度吸い始めたスティックを中断できないので、自然とコストが高くなってしまうのだ。 ただし、本数ではなく、喫煙可能時間で考えると、1本を長く吸える「アイコス」のコスパも決して悪くないことを覚えておきたい。 <関連記事>.

次の