ウィンブルドン 速報。 【錦織圭】ウィンブルドン2019、速報・結果・日程・放送・組合せ

ウィンブルドン選手権

ウィンブルドン 速報

Contents• 望月慎太郎のウィンブルドンの成績は? 【7月15日 AFP】(更新)テニス、ウィンブルドン選手権()は14日、ジュニア男子シングルス決勝が行われ、大会第8シードの望月慎太郎()は6-3、6-2でカルロス・ヒメノバレロ(、スペイン)を下し、日本選手として初となるジュニア男子の四大大会(グランドスラム)タイトルを獲得した。 16歳の望月は今大会が自身わずか3度目のグラスコート大会だったが、日本男女通じては1969年の女子シングルスを制した沢松和子()以来となるウィンブルドンジュニア優勝の快挙を成し遂げた。 望月は1セットアップとして迎えた第2セットの序盤にブレークポイントのピンチをしのげたのが大きかったと振り返り、「第1セットは2回ブレークされた」「何としても自分のサービスゲームをホールドしたかったから良かった。 非常にタフなプレーができた」と話した。 「彼に何本かブレークポイントがあったが、持ちこたえるために自分のベストを尽くそうとした」「自分にとってはあれが本当に大きなゲームだった」 また、この日の1番コートのように大勢の人の前でプレーすることには慣れていないと認めた望月は「僕はシャイだから、『なんでやらないといけないんだろう?』と思った」「本当にたくさんの人が来ていたから少し緊張した」と語った。 それでも「楽しかった」と付け加え、ひとたびコートに立つとジャンピングスマッシュを放って観客を喜ばせた望月は「あれはビッグチャンスだったから、遊びでやってみた」「簡単なボールだった。 とにかく自分を見てくれている人を楽しませたかった」と続けた。 この佐藤選手、ウィンブルドンに限らず、全豪、全仏でもベスト4に進出しています。 また、シングルスに限らず、ウィンブルドンではダブルスで準優勝、全豪では混合ダブルスで準優勝という輝かしい成績を収めています。 ちなみに、佐藤選手は世界ランク3位にもランクインしていました。 佐藤選手の詳しい情報は、ぜひこちらからご覧ください。 男子ダブルス 1933年に 準優勝した、佐藤次郎選手、布井良助選手が最高の成績です。 この佐藤選手は男子シングルスでベスト4入りも果たしている選手です。 布井選手は、全日本テニス選手権のシングルス決勝で、その佐藤選手を破り優勝した経験もあります。 布井選手の詳しい情報は、ぜひこちらからご覧ください。 最後は強烈なダウンザラインで決着。 歓喜を爆発させた歴史的瞬間を大会が動画付きで公開すると、海外ファンからも「ネクスト・ニシコリだ」などと絶賛の嵐となっている。 THE ANSWER より.

次の

ウィンブルドン│フェデラー速報

ウィンブルドン 速報

女子は相変わらず中心選手不在の混戦が予想されますが、メジャー初優勝で勢いのあるアシュリー・バーティが優勝候補の最有力となりそうです。 ただ、先週6月25日にネイチャーバレー・クラシックを古傷の痛みを芦有に棄権、治療に専念してウィンブルドンを目指すとのことでしたが、一週間足らずの日数で完治するかは疑問、長丁場のウィンブルドンで痛みが再発する心配も懸念されます。 若手ではボンドロウソバ、アニシモバ、ガウフなど十代の有望選手の活躍が目立つ、大坂には立ち直りのきっかけが必要。 注目は最年少の天才少女コリ・ガウフの実力、シニアでどこまでやれるか注目の的となる。 アマンダ・アニシモバは全仏でベスト4の実績、全仏ではあわやバーティを破って優勝かと思わせたが、惜しくも逆転負けウィンブルドンで雪辱を期す。 男子はジョコビッチ、ナダル、フェデラーの御三家が健在、年齢的に劣勢のフェデラーは得意のウィンブルドンで巻き返したいところです。 安定株のジョコビッチは全仏オープン準決勝ではさんざんな試合で敗戦、強風の影響でまともな試合ができなかったようですが、付け入るスキはありそうです。 全仏オープンのスペシャリスト、ナダルは圧勝で最多優勝回数を更新しましたが、ウィンブルドンでは同じテニスは出来ないでしょう。 そろそろ急成長の若手選手がでてきても良さそうですが、候補がなかなか見当たりません。 トミックには過去にも無気力プレーの前科がある。 この裁定にお騒がわせ男のキリオスが「全額没収は常軌を逸した裁定」と抗議、過去に無気力プレーの前科を持つキリオスがトミックを弁護するかたちとなった。 しかし、試合前の棄権でも賞金が出るわけですから、全額没収は厳しすぎる裁定のように思えます。 キリオスの抗議にもあるように「全額没収」は厳しすぎるということでしょう。 詳しいルールは解りませんが、主催者側はもっと具体的な内容のルール作りを進めるべきでしょう。 そのキリオスは2回戦でナダル相手に2度のタイブレーク、あと一歩及ばずにいずれもセットを落として敗退しましたが、試合内容はほぼ互角の大接戦を演じています。 今年の2月25日時点では454位、予選終了後の7月1日には313位とランキングは右肩上がり急上昇、戦歴はわずかですが今年の芝コートでは負け知らず、めきめき実力を伸ばしていることは確かです。 初戦は憧れのウィリアムス姉妹のビーナスとの対戦、勝敗は別にしても注目の一戦となります。 2セット目は2ブレークダウンを喫し、終始プティンツェワが先行してストレート負けとなった。 第2セットもコリ・ガウフがサービスブレークでリード、その後ブレークバックされて追いつかれるも、再度のブレークで勝利。 15歳とは思えぬ落ち着いた試合運び、2回戦はマグダレナ・リバリコバ(139位)勝機十分で楽しみな一戦。 3回戦の相手はポロナ・ヘルツォグ(60位)、2回戦ではランキング上位のマディソン・キーズ(16位)を6-2、6-4のストレートで下し絶好調、実力接近で注目の一戦となる。 2セット目終盤にアニシモバのブレークチャンスが何度かありましたが、リネッテに凌がれました。 アシュリー・バーティ2-0、ペトラ・クビトバ2-0、ビクトリア・アザレンカ2-0、シモナ・ハレプ2-1で勝利。 アンゲリク・ケルパー(5位)がローレン・デービス(95位)に1-2で敗れました。 2セット目もヘルツォグが先にブレーク、第10ゲームまではヘルツォグが圧倒的に優勢、ストレート勝ち目前でガウフが底力を発揮、試合を振出しに戻すと、大接戦となるタイブレークを制してガウフが2セット目を勝利。 3セット目は流れを引き寄せたガウフが先にブレーク、しかしヘルツォグもすぐにブレークバック、予想のできない展開となりますが、第12ゲームで再びガウフがブレークして勝利。 第2セットは両者にとって忘れられない試合となるでしょう。 ガウフはこれでベスト16、次の相手はシモナ・ハレプ、初めてのランキング1桁台の選手との一戦となります。 ガウフ健闘しましたがハレプには及びませんでした。 初めて臨んだウィンブルドン・シングルスで4回戦進出、十分手ごたえを掴んだ大会となりました。 アリソン・リスク(55位):アシュリー・バーティ リスク3-6、6-2、6-3で女王バーティに勝利、大金星をあげました。 カロリナ・ムホバ(68位):カロシナ・プリスコバ(3位) ムホバ4-6、7-5、13-11で勝利、3セット目は今大会屈指の大接戦、決勝戦にとっておきたいような試合となりました。 4回戦でランキング1位のバーティ、3位のプリスコバが姿を消したため、女子はまたまた大混戦誰が優勝するのかまったく予想のつかない展開となってきました。 このところ若手選手に押されてきましたが、決勝は久々に実力者同士の対戦となりました。 ここまで両選手とも危なげない試合で勝ち上がって好調を維持しています。 決勝戦らしい白熱戦が見られることを期待しています。 錦織が3回戦まで全てストレート勝ち、今までと比べて格段に良くなっている印象です。 錦織準々決勝まで進みましたが、次はフェデラーが相手で勝機は少ないでしょう。 ここまでくると御三家の優勝争いとなりそうですが、相手に恵まれたジョコビッチが有利。 錦織、フェデラー戦、いきなり錦織のブレークで始まり錦織の1ブレークアップのまま1セット目を取りました。 錦織、御三家の一角を崩せるか? フェデラーはここでもたつくようでは、この後のナダル、ジョコビッチの2強対決は苦戦必至。 2セット目、早くもフェデラーのブレーク、6-1でフェデラー圧勝、本気になっちゃいました。 3セット目、4セット目もフェデラーが先にブレークを取り、3-1で勝利。 ナダル、クエリーはナダル2セット連取、3セット目もブレークを取っていますから、3-0で勝利となりそうです。 準決勝はジョコビッチとバウティスタ、フェデラーとナダル。 今大会好調のバウティスタ2セット目を取って、セットカウント1:1のイーブンに戻しましたが、後が続かず敗退しています。 フェデラー、ナダル戦、フェデラー3-1で勝利。 決勝はフェデラー、ジョコビッチ。 第1セット、両者6ゲームをサービスキープでタイブレーク、5-3でフェデラーのリードからジョコビッチ4ゲーム連取で第1セットはジョコビッチ。 第2セット、ジョコビッチらしくない試合展開でフェデラーの一方的な試合となり、6-1でフェデラー。 第3セット、第1セットと同様にタイブレーク、終始リードする展開でジョコビッチ。 第4セット、フェデラーの1ブレークアップでリード、そのままリードを保って6-4でフェデラー。 第5セット、ジョコビッチ第8ゲームをブレークして5-3でリード、フェデラー第9ゲームでブレークバックしてイーブン、両者一歩も譲らず6-6で延長戦に突入。 第15ゲーム、先にブレークしたのはフェデラー、8-7として1ブレークアップ、サービスキープすれば勝利。 第16ゲーム、40オールからジョコビッチのアドバンテージ、ジョコビッチ見事にブレークバックで再びイーブン。 第17、18、19、20、21、22、23ゲームは両者サービスキープで12-12、ここまでくるとどちらにも勝たせたい展開となっています。 ここから3度目のタイブレーク、ジョコビッチ3度目のタイブレークも終始リード、そのまま押し切りました。 フェデラー、3度のタイブレークを全て落として敗戦となりましたが、今年一番の名勝負を演じています。 Advertisement 関連する記事• 2019. 10 資生堂WTAファイナルズ2019 いよいよ女子テニスも2019年を締めくくる最終戦、10月27日から資生堂WTAファイナルズが開催されます。 シーズン[…]• 2019. 16 2018-2019シーズンは、アシュリー・バーティが全仏オープン、WTAファイナルズを制して世界ランキングと賞金ランキングで1位となり、女子テニス界の[…]• 2019. 23 WTAファイナルズ2019出場選手を徹底分析 2019年WTA最終戦となる資生堂WTAファイナルズが10月27日から開催となります。 ここへきて大坂な[…]• 2018. 30 目次 1. 全豪オープンまでの経緯2. フェデラーのメジャー4大大会優勝記録3. 2018年全豪オープンファイナルいよいよ開始3. 第1セット3. […]• 2019. 08 目次 1. 2019. 02 全米オープンテニス4回戦、ジョコビッチ(1位)対ワウリンカ(24位)は王者ジョコビッチが敗れる番狂わせとなりました。 序盤から精彩を欠いたジョコビッチ[…].

次の

錦織4年連続3回戦進出/ウィンブルドン2回戦詳細

ウィンブルドン 速報

2019年のウィンブルドンテニス選手権、センターコートで行われた男子シングルス決勝。 手前は優勝したノバク・ジョコビッチ=同年7月14日、英国・ウィンブルドン(AFP時事) 英国が誇る伝統のスポーツ2大会が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。 テニス四大大会のウィンブルドン選手権と男子ゴルフのメジャー大会、全英オープン選手権。 それぞれ6月、7月に開幕する予定だった。 選手や関係者の安全を第一に考えた結果だが、延期でなく「中止」にした背景には、周到なリスク管理もあった。 複数の欧米メディアによると、疫病が要因で大会の中止を余儀なくされた場合にカバーできる保険に入っているのは、テニスの四大大会でウィンブルドンだけ。 過去17年間で総額およそ36億円もの保険料を支払っており、中止により今年の収益として見込んでいた額の約半分となる151億円ほどを受け取れるという。 2019年の全英オープンゴルフ選手権、第2ラウンドの3番でティーショットを放つ金谷拓実(右)=同年7月19日、英国・ポートラッシュ(AFP時事) 全英オープンゴルフも同様の事情があった。 主催するロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ(R&A)は、大会中止を発表した際の声明で保険について触れなかったが、広報担当者が後日明らかにした。 「非常事態に適用できる保険があり、それはパンデミック(による中止)の補償も含まれる。 R&Aは常に最適な保険を購入してきた」 テニスの全仏オープンや、男子ゴルフで全英オープン以外のメジャー3大会は、いずれも8月以降に延期された。 しかし、新型コロナ感染の問題が収束しなければ、全て中止になる可能性もある。 その場合は延期に伴う追加経費が無駄になり、主催者にとっては二重の痛手にもなりかねない。 (ロンドン時事).

次の