牡蠣 フライ レシピ。 ふっくらサクサクに揚げる!「牡蠣フライ」の作り方。薄い衣にワザがあった!

カキフライレシピ!人気1位はつくれぽ1000近く【トップ4】&【冷凍牡蠣を使った作り方】

牡蠣 フライ レシピ

牡蠣フライの献立を考えるポイントは? 牡蠣フライの献立を考えるポイントは、2つありますので紹介します。 1つ目は、牡蠣フライは揚げ物のため、 味の切り替えが出来てさっぱりするものや 胃もたれが解消できるおかずを献立に入れるのがポイントです。 2つ目のポイントは、 牡蠣フライは和食のため、献立を考える時には和食になるように考えることです。 それでは、カキフライに合う 副菜・汁物をご紹介していきますね。 カキフライに合う副菜は? 牡蠣フライはメイン料理になるため、副菜になる物には野菜が中心になります。 具体的に牡蠣フライに合う副菜を紹介します。 付け合わせの生野菜 揚げ物は胃もたれがするため、 生野菜があると胃もたれが減ります。 揚げ物の油っぽさが生野菜でサッパリできるため、牡蠣フライに必須です。 特に キャベツのキャベジンという栄養素には揚げ物による胃もたれを緩和する効果があるのでおすすめです。 他には、 レタス、にんじん、トマト、レモンを選びます。 付け合わせがないとお皿に盛り付けた時に見た目が悪くなりますよね。 付け合わせがどうしてもない場合は、細長い皿に牡蠣フライを一列に盛り付けるなど工夫が必要です。 豆腐や和風ドレッシングを使って、和風サラダにして、副菜を増やす方法も取れます。 お浸し 牡蠣フライは和食のため、和食のおかずの定番である浸しと相性が良いです。 具には、 ほうれん草、小松菜、にんじんなどを選びます。 ナスの揚げ浸しのように牡蠣を揚げる時に一緒にナスを揚げてから、浸しにするのも良いです。 煮物 煮物も和食のため、牡蠣フライと相性が良いです。 具には、 ひじき、にんじん、かぼちゃ、大根、こんにゃくなどを選びます。 酢の物 牡蠣フライは揚げ物のため、口の中をサッパリさせるのに酢の物がおすすめです。 具には キャベツ、きゅうり、オクラなどを選びます。 ポテトサラダ ポテトサラダは洋風なのに和食の牡蠣フライと合うの?と思うかもしれません。 牡蠣フライにタルタルソースが合うように、マヨネーズは揚げ物と相性が良いです。 具には、 じゃがいも、きゅうり、にんじん、ハム、シーチキン、卵などを選びます。 スポンサーリンク 牡蠣フライに合う汁物・スープは? 牡蠣フライは揚げ物のため、口の中がべたつくため、 汁物があると美味しく食べられます。 汁物の中でも牡蠣フライに合う物を紹介します。 みそ汁 牡蠣フライは和食のため、和食の定番のみそ汁との相性は抜群です。 具には、 豆腐、キャベツ、にんじん、ねぎ、きのこ類、わかめを選びます。 すまし汁 すまし汁も和食のため、牡蠣フライと相性は抜群です。 具には、 豆腐、わかめ、きのこ類、ねぎ、にんじんなどを選びます。 茶碗蒸し 牡蠣フライはタルタルソースと相性が良いことから卵との相性が良いことが分かりますね。 つまり、卵が使われている 茶碗蒸しと相性が良いです。 さらに牡蠣は冬に美味しく食べられる期間限定品のため、茶碗蒸しをつけると 高級感がアップします。 茶碗蒸しは水分が多いため、献立を考える時には汁物として考えます。 豚汁 和食である豚汁は牡蠣フライと相性が良いです。 汁物の中でも 豚肉、豆腐が具にあるため、カロリーは高いですが、牡蠣は低カロリーのため、組み合わせてもバランスが取れます。 カキフライにおすすめの献立は? 牡蠣フライに合うおかずは色々ありますが、組み合わせて献立にしようと思うとまた悩みますね。 定番の献立から簡単な献立まで具体的に5つの献立を紹介します。 1、定番献立(お浸しと味噌汁).

次の

カキフライ

牡蠣 フライ レシピ

カキ 12コ• 小麦粉 適量• 生パン粉 適量• 揚げ油 _________• 【バッタ液を作る】まず卵と小麦粉を滑らかになるまでよく混ぜ合わせ、そこに水を加えて混ぜます。 カキは塩水で優しく洗い、水分を丁寧に拭き取ります。 小麦粉を丁寧にしっかりまぶし、バッタ液に浸します。 ひらひらの方をお箸ではさんでパン粉の上にのせ、その上パン粉をたっぷりのせます。 優しくふんわり包むように。 175度の油にカキを入れ、180度に上げながら2分半~3分揚げます。 揚げたあとは、必ず数分おいて余熱調理で芯まで火を通します。 ・ バッタ液を使ってしっかり衣をつける。 ・揚げた後、数分置いて余熱で中まで火を通す。 牡蠣を洗うときは、塩水を使うのがポイント。 水で洗うと浸透圧の影響で牡蠣が水を吸ってしまい、みずっぽくなってしまいます。 海水と同じ濃度の塩水を使えば、牡蠣が水を吸わず味が薄まりません。 水1リットルに対して塩30gです。 ボウルに塩水を作り、牡蠣を入れてスプーンで優しくかき混ぜ、洗います。 バッタ液で衣をしっかりつける 牡蠣は水分が多いため、粘り気のあるバッタ液に浸すことでパン粉をつきやすくします。 パン粉は絶対に押し付けないこと。 たっぷりのパン粉をまぶして優しく包むようにします。 湿り気があるためムラなくつきます。 揚げ方のコツ:油の温度&余熱調理 ポイント1:温度 175度で牡蠣を入れ、 180度まで徐々に上げる。 揚げる時間は、大ぶりのかきなら3分くらいが目安です。 ポイント2:揚げた後数分おく。 余熱調理で、芯までアツアツになります。 カキ 250g(別の小鍋で軽く下茹でする)• 豚肉(バラ薄切り) 150g• 白菜(細切り) 350g• 春菊 (ざく切り)60g• 干ししいたけ 8枚(水1リットルで戻し一晩おく)• 酒・みりん・薄口しょうゆ 各100ml• 水 300ml 作り方• 干ししいたけは、1リットルの水に入れてひと晩おき戻しておく。 土鍋に干ししいたけの戻し汁1リットル、水300ml、酒、みりん、うす口しょう油、戻した干ししいたけ、細切りにした白菜を入れ、弱火で15分ほど煮る。 沸騰させるとあくが出ます。 豚バラ肉、下ゆでしたカキ、春菊を入れて5分ほど煮る。 カキのうま味を倍増させる食材は、豚肉と干し椎茸! 牡蠣のグルタミン酸・豚肉のイノシン酸・しいたけのグアニル酸というそれぞれ違ううま味成分が合わさり、相乗効果でとっても美味しくなります。 牡蠣鍋をするときは、ぜひこの旨味最強トリオで作ってみてください。

次の

小ぶりの牡蠣でOK! プリッとジューシーな「特大カキフライ」を自宅で簡単に作る裏ワザ【レシピ】

牡蠣 フライ レシピ

魚のプロが教える「牡蠣フライ」レシピ 材料(4人分)• 牡蠣(加熱用)…20粒(160g)• こしょう…適量• <バッター液> ・小麦粉…大さじ3強(30g) ・水…小さじ4(20ml) ・溶き卵…1個分• 小麦粉、生パン粉…各適量• 水気をしっかり拭き、こしょうをふる。 小麦粉に水を加えて軽くなじませてから、溶き卵を2~3回に分けて加え、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。 箸でひとつずつしっかり油を切って取り出す。 器に盛り、好みでレモンやタルタルソースを添える。 サックリ、ふんわり。 驚くほど軽やかな口当たり! 食べてみて驚きました……。 上條シェフ直伝の衣はさくっと軽やか。 しかも牡蠣のジューシーさとうまみがギュッと閉じ込められていて、これが「薄づき衣」のなせる業なのかと実感しました。 今まで自分が作っていた分厚い衣と違って、胃もたれしないのでパクパク何個でも食べられる美味しさです!.

次の