終身保険 選ぶ。 終身保険を比較!!賢く生命保険の選ぶとはためには?

4つの特長

終身保険 選ぶ

終身保険とは、その名前の通り一生涯保障を受けられる保険のことです。 一度加入をすると、途中解約をしなければ死亡するその時まで保険会社が保障をしてくれます。 終身保険で保険金が支払われるのは、死亡したときと所定の高度障害状態になったときのみです。 解約してもお金が受け取れるでしょ?と言われればそうなりますが、それは解約返戻金であって死亡・高度障害保険金ではありません。 これら以外の入院や病気で保険金を受け取るためには、特約を追加する必要があります。 保険料の支払い方法については、月払いと年払い、一時払いと全期前納払いの4つがあります。 月払いと年払い、一時払いに関しては、説明はいらないでしょう。 保険料が高い終身保険でも払い方によっては保険料が安くなる 毎月、または毎年保険料を支払っていく方法で、一時払いは一括ですべての保険料を支払う方法です。 全期前納払いは、最初にすべての保険料を保険会社に預けてしまうため、一時払いと少し似ているかもしれません。 しかし全期前納払いは、預けたお金から保険会社が保険料に充当していく支払い方法です。 この充当するというのが、一時払いと大きく違うポイントとなっています。 全期前納払いのメリットとしては、死亡や高度障害で保険金を受け取る場合、保険金にプラスして未経過期間の保険料も戻ってくることです。 例えば 保険料を31歳から60歳の30年間毎月1万円x360か月分を一括で払い込む契約で 言い換えると、360回払いをするのが面倒なので、360回払いを一回で全額払い込んだのです。 死亡・高度障害保険金が400万円の場合で、40歳で死亡した場合。 まず、死亡保険金400万円が遺族に支払われます。 さらに41歳から60歳までの、保険会社に先払いで預けていた形の「保険料」240万円が戻ってくるのです。 変な例えですが、髪の毛を、髪の毛全体で一つの髪の毛見るのが一時払い 髪の毛を、髪の毛一本一本の集団と区別しているのが全期前納払いみたいな感じですが、余計にややこしいですかね。 これも一時払いとの大きな違いであり、以前は全期前納払いで終身保険に加入する利殖を目的とした加入者もいました。 一括払いすれば、保険が効いている数十年の間に大きな金利が付くのを利用しているのです。 終身保険は、溶炉老保険や年金保険より運用利益を出すことができなくなっているので、純粋な利殖目的で終身保険に加入する人はいません。 どちらかというと、保障と運用の中間目的で加入する人が多いと思います。 終身には終身の良さがある 最近流行なのが、「低解約返戻金型終身保険」という、漢字だらけの終身保険で、AIG富士生命のE-終身などがその形式の先駆けです。 余談ですが、ほとんど宣伝していないのに口コミで有名になった保険でもあるのです。 低解約返戻金型終身保険の仕組みを簡単に説明すると 保険料払込期間中の「保険料」事態は、通常の終身保険より安いのですが 保険金の払い込みが終了する直前までに保険を解約すると、解約返戻金が極端に少なくなり、かなりの払込総額割れを起こします。 ですがかっちり保険料を払い込み続けて、保険金の払い込みが終了した後に解約すると、通常の終身保険と同様の返戻率が期待できるという商品です。 保険「料」総額と、解約返戻金との比率、「解約返戻率」とでもいいましょうか、これが通常の終身保険よりも凄く良いのです。 この低解約返戻金型終身保険が定着した頃、ある生命保険会社の口コミなどを見ると、低解約返戻金型終身保険の話題でもちきりでした。 ちなみに、「保険金の払い込みは60歳まで」など、終身保険の保険料を払込期間は、ある程度任意で決めることができます。 保障は一生涯続きますが、保険料の支払いはある程度任意の期間で終わらせることができるのです。 任意で決めることのできる期間は、保険会社によって異なります。 一般的には、10年や15年、20年といった年数で払込期間を決めるタイプと、60歳や65歳までなど年齢で決めてしまうタイプがあります。 保険料については、終身保険が効いている途中で値上がりすることはありません。 欠点も利点あるんです。 全般的に終身保険の保険料は、定期保険よりも割高になっていることはデメリットといえるでしょう。 また終身保険の保険料は、掛け捨てではありません。 途中解約をすると、それまで支払った保険料は返還されます。 一生涯保障を受けたい場合には、終身保険を解約する必要はありません。 しかし、一時払いや短期で保険料をすべて支払った場合、これまで支払った以上の解約返戻金を受け取れる場合もあります。 バブル期など高金利時代に契約した終身保険なら、解約返戻金はかなりの高額になることも珍しくありません。 老後の生活資金に困ったときには、終身保険を解約して解約返戻金を受け取れば、すぐに生活資金を手に入れることもできます。 終身保険は、さまざまな目的に使うことができる金融商品です。 死亡時や高度障害になったときの自分や家族への保障だけではなく、相続対策や資産運用としても使うことができます。 終身保険を契約するときには、何を目的に加入するのか決めてから、保険会社の各商品を比較して加入しましょう。 終身保険ならではの機能を考えましょう。 一生保障してくれるのはいいけど、保険料が高い。 せめて年金が始まる前に保険料を全額払い込みたいけど、終身払いと比べたら保険料が凄く高い。 年齢と保険料払込期間によっては、加入した終身保険の保険料で、定期保険なら、保障額を何倍にも設定できるくらい、保険料が高いという欠点もあります。 例えば、30歳男性で、 保険料払込期間60歳まで・保険金1000万円のM社の終身保険が月額21,745円 同じ男性が21,799円で保険金4400万円、80歳まで保障の定期保険に加入できる というような現象が生ずる 上記は超極端な例 定期保険の保険料を80歳まで払い込むなんて普通は有り得ません。 ですが、終身まで保障してくれることを生かして、いつ発生するか解らない介護の備えに対応した商品があったり、一見保険料が高く見えるけど保障以外のサービス部分が手厚かったりする終身保険もありますので、長生きリスクが取りざたされる昨今、あなたのこれから先抱えそうな問題を考えながら、まずは保険の機能で終身保険を選ぶべきだと思います。 終身保険のインチキ販売にご注意! 最後に警告めいた話になりますが、最近、などをを見ると 「学資保険に加入しようと保険屋を呼んだら、なんだか終身保険の契約になった」 などという口コミを何回か見たことがあります。 終身保険を15年払い込んで三年近く寝かして終身保険の解約返戻金を太らせて、子供が高校三年の冬になったら解約すれば、学資保険と同じような保険になるというのが「生命保険営業職」の言い分ですが、実は学資保険は生命保険販売「者」の販売手数料が驚くほど低く、逆に終身保険の販売手数料は凄く高いのです。 生命保険会社によっては学資保険商品が全く無い会社もあります。 また、学資保険めいた商品 学資金貯金と子供の病気怪我の保障が混在した保険商品 の場合、保険料払込総額よりも還元される学資金 解約返戻金総額 が低く実質元本割れしてしまう商品もあります。 元本割れの理由は保険料を子供の病気・死亡保障にまわしているからなのですが、こういった会社もあり、純粋に学費を貯めるための学資保険を販売できない場合に苦肉の策で、終身保険を学資保険代わりに販売するということがあります。 まぁ、保険営業職の成績を考えれば、終身保険を売りたいというのもありますよね。 学資保険商品が無い、または学資保険と保障が混在している商品しか無い生命保険会社の場合はまだ グレーゾーンの販売手法かもしれません。 許せないのは これも生命保険の口コミサイトネタですが、元本割れしない学資保険商品があるのに、自分の成績目的で終身保険を学資保険代わりに販売する保険営業職です。 まともな学資保険を売って欲しい、説明が聞きたいと言っても終身保険の額資料目的の利点ばかり熱く語るでしょう。 もしこんな、まともな学資保険を売らずに終身保険にすり替えるような保険営業職がいたら、即、販売を拒否してかまいません。 あなたの利益にならないような仕事をする保険営業と話しても時間の無駄です。 もし断り切れないで契約した場合、その保険営業が帰り次第、生命保険会社のコールセンターに電話して解決しましょう。 保険会社側で解決してくれます。 生命保険の専門家の無料相談を紹介! 保険マンモス 金融や生命保険のスペシャリスト、ファイナンシャルプランナー FP の生命保険無料相談。 あなたの保険を専門家がアドバイス! 保険クリニック 親身な保険コンサルタントの相談は何度でも無料です。 15年以上の信頼と実績があり、最大約38社の保険商品を同時比較できる! 保険Queen お客様満足度95. 6%ファミリー・女性専用 保険見直し無料サービス。 対応地区は東京・埼玉・千葉・神奈川 ほけんhome 保険カウンセラーの相談が無料。 関東、名古屋市、関西圏!女性の保険カウンセラー多数。 しつこい勧誘は一切無し.

次の

終身保険

終身保険 選ぶ

終身保険とは、その名前の通り一生涯保障を受けられる保険のことです。 一度加入をすると、途中解約をしなければ死亡するその時まで保険会社が保障をしてくれます。 終身保険で保険金が支払われるのは、死亡したときと所定の高度障害状態になったときのみです。 解約してもお金が受け取れるでしょ?と言われればそうなりますが、それは解約返戻金であって死亡・高度障害保険金ではありません。 これら以外の入院や病気で保険金を受け取るためには、特約を追加する必要があります。 保険料の支払い方法については、月払いと年払い、一時払いと全期前納払いの4つがあります。 月払いと年払い、一時払いに関しては、説明はいらないでしょう。 保険料が高い終身保険でも払い方によっては保険料が安くなる 毎月、または毎年保険料を支払っていく方法で、一時払いは一括ですべての保険料を支払う方法です。 全期前納払いは、最初にすべての保険料を保険会社に預けてしまうため、一時払いと少し似ているかもしれません。 しかし全期前納払いは、預けたお金から保険会社が保険料に充当していく支払い方法です。 この充当するというのが、一時払いと大きく違うポイントとなっています。 全期前納払いのメリットとしては、死亡や高度障害で保険金を受け取る場合、保険金にプラスして未経過期間の保険料も戻ってくることです。 例えば 保険料を31歳から60歳の30年間毎月1万円x360か月分を一括で払い込む契約で 言い換えると、360回払いをするのが面倒なので、360回払いを一回で全額払い込んだのです。 死亡・高度障害保険金が400万円の場合で、40歳で死亡した場合。 まず、死亡保険金400万円が遺族に支払われます。 さらに41歳から60歳までの、保険会社に先払いで預けていた形の「保険料」240万円が戻ってくるのです。 変な例えですが、髪の毛を、髪の毛全体で一つの髪の毛見るのが一時払い 髪の毛を、髪の毛一本一本の集団と区別しているのが全期前納払いみたいな感じですが、余計にややこしいですかね。 これも一時払いとの大きな違いであり、以前は全期前納払いで終身保険に加入する利殖を目的とした加入者もいました。 一括払いすれば、保険が効いている数十年の間に大きな金利が付くのを利用しているのです。 終身保険は、溶炉老保険や年金保険より運用利益を出すことができなくなっているので、純粋な利殖目的で終身保険に加入する人はいません。 どちらかというと、保障と運用の中間目的で加入する人が多いと思います。 終身には終身の良さがある 最近流行なのが、「低解約返戻金型終身保険」という、漢字だらけの終身保険で、AIG富士生命のE-終身などがその形式の先駆けです。 余談ですが、ほとんど宣伝していないのに口コミで有名になった保険でもあるのです。 低解約返戻金型終身保険の仕組みを簡単に説明すると 保険料払込期間中の「保険料」事態は、通常の終身保険より安いのですが 保険金の払い込みが終了する直前までに保険を解約すると、解約返戻金が極端に少なくなり、かなりの払込総額割れを起こします。 ですがかっちり保険料を払い込み続けて、保険金の払い込みが終了した後に解約すると、通常の終身保険と同様の返戻率が期待できるという商品です。 保険「料」総額と、解約返戻金との比率、「解約返戻率」とでもいいましょうか、これが通常の終身保険よりも凄く良いのです。 この低解約返戻金型終身保険が定着した頃、ある生命保険会社の口コミなどを見ると、低解約返戻金型終身保険の話題でもちきりでした。 ちなみに、「保険金の払い込みは60歳まで」など、終身保険の保険料を払込期間は、ある程度任意で決めることができます。 保障は一生涯続きますが、保険料の支払いはある程度任意の期間で終わらせることができるのです。 任意で決めることのできる期間は、保険会社によって異なります。 一般的には、10年や15年、20年といった年数で払込期間を決めるタイプと、60歳や65歳までなど年齢で決めてしまうタイプがあります。 保険料については、終身保険が効いている途中で値上がりすることはありません。 欠点も利点あるんです。 全般的に終身保険の保険料は、定期保険よりも割高になっていることはデメリットといえるでしょう。 また終身保険の保険料は、掛け捨てではありません。 途中解約をすると、それまで支払った保険料は返還されます。 一生涯保障を受けたい場合には、終身保険を解約する必要はありません。 しかし、一時払いや短期で保険料をすべて支払った場合、これまで支払った以上の解約返戻金を受け取れる場合もあります。 バブル期など高金利時代に契約した終身保険なら、解約返戻金はかなりの高額になることも珍しくありません。 老後の生活資金に困ったときには、終身保険を解約して解約返戻金を受け取れば、すぐに生活資金を手に入れることもできます。 終身保険は、さまざまな目的に使うことができる金融商品です。 死亡時や高度障害になったときの自分や家族への保障だけではなく、相続対策や資産運用としても使うことができます。 終身保険を契約するときには、何を目的に加入するのか決めてから、保険会社の各商品を比較して加入しましょう。 終身保険ならではの機能を考えましょう。 一生保障してくれるのはいいけど、保険料が高い。 せめて年金が始まる前に保険料を全額払い込みたいけど、終身払いと比べたら保険料が凄く高い。 年齢と保険料払込期間によっては、加入した終身保険の保険料で、定期保険なら、保障額を何倍にも設定できるくらい、保険料が高いという欠点もあります。 例えば、30歳男性で、 保険料払込期間60歳まで・保険金1000万円のM社の終身保険が月額21,745円 同じ男性が21,799円で保険金4400万円、80歳まで保障の定期保険に加入できる というような現象が生ずる 上記は超極端な例 定期保険の保険料を80歳まで払い込むなんて普通は有り得ません。 ですが、終身まで保障してくれることを生かして、いつ発生するか解らない介護の備えに対応した商品があったり、一見保険料が高く見えるけど保障以外のサービス部分が手厚かったりする終身保険もありますので、長生きリスクが取りざたされる昨今、あなたのこれから先抱えそうな問題を考えながら、まずは保険の機能で終身保険を選ぶべきだと思います。 終身保険のインチキ販売にご注意! 最後に警告めいた話になりますが、最近、などをを見ると 「学資保険に加入しようと保険屋を呼んだら、なんだか終身保険の契約になった」 などという口コミを何回か見たことがあります。 終身保険を15年払い込んで三年近く寝かして終身保険の解約返戻金を太らせて、子供が高校三年の冬になったら解約すれば、学資保険と同じような保険になるというのが「生命保険営業職」の言い分ですが、実は学資保険は生命保険販売「者」の販売手数料が驚くほど低く、逆に終身保険の販売手数料は凄く高いのです。 生命保険会社によっては学資保険商品が全く無い会社もあります。 また、学資保険めいた商品 学資金貯金と子供の病気怪我の保障が混在した保険商品 の場合、保険料払込総額よりも還元される学資金 解約返戻金総額 が低く実質元本割れしてしまう商品もあります。 元本割れの理由は保険料を子供の病気・死亡保障にまわしているからなのですが、こういった会社もあり、純粋に学費を貯めるための学資保険を販売できない場合に苦肉の策で、終身保険を学資保険代わりに販売するということがあります。 まぁ、保険営業職の成績を考えれば、終身保険を売りたいというのもありますよね。 学資保険商品が無い、または学資保険と保障が混在している商品しか無い生命保険会社の場合はまだ グレーゾーンの販売手法かもしれません。 許せないのは これも生命保険の口コミサイトネタですが、元本割れしない学資保険商品があるのに、自分の成績目的で終身保険を学資保険代わりに販売する保険営業職です。 まともな学資保険を売って欲しい、説明が聞きたいと言っても終身保険の額資料目的の利点ばかり熱く語るでしょう。 もしこんな、まともな学資保険を売らずに終身保険にすり替えるような保険営業職がいたら、即、販売を拒否してかまいません。 あなたの利益にならないような仕事をする保険営業と話しても時間の無駄です。 もし断り切れないで契約した場合、その保険営業が帰り次第、生命保険会社のコールセンターに電話して解決しましょう。 保険会社側で解決してくれます。 生命保険の専門家の無料相談を紹介! 保険マンモス 金融や生命保険のスペシャリスト、ファイナンシャルプランナー FP の生命保険無料相談。 あなたの保険を専門家がアドバイス! 保険クリニック 親身な保険コンサルタントの相談は何度でも無料です。 15年以上の信頼と実績があり、最大約38社の保険商品を同時比較できる! 保険Queen お客様満足度95. 6%ファミリー・女性専用 保険見直し無料サービス。 対応地区は東京・埼玉・千葉・神奈川 ほけんhome 保険カウンセラーの相談が無料。 関東、名古屋市、関西圏!女性の保険カウンセラー多数。 しつこい勧誘は一切無し.

次の

終身保険で『貯蓄』をする時のポイント・損しない方法を元保険外交員が徹底解説!

終身保険 選ぶ

そもそも終身保険とは? 死亡保障と将来の貯蓄が可能な保険 終身保険とは万が一に備えながら、保険料を積み立てていく商品です。 基本的に 終身保険は、被保険者が亡くならないと保険金を受け取れません。 しかし、 終身保険は保険料を積み立てるタイプの貯蓄型であるため、 解約した 場合も 解約返戻金を受け取れます。 つまり、 終身保険は保障と 貯蓄を兼ね備えた商品だといえます。 ただし、加入後すぐの 解約など 返戻金がほとんど発生しないこともあります。 低解約返戻金型など様々な種類がある 終身保険は、下記のように大きく分けて5種類のタイプがあります。 ・定額終身保険 ・変額終身保険 ・低解約返戻金型終身保険 ・積立利率変動型終身保険 ・外貨建て終身保険 低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の 解約返戻金を抑えることで割安な保険料となっているなど、それぞれのタイプには特徴があります。 終身保険の種類や特徴については、「終身保険とは?特徴やおすすめの選び方などわかりやすく解説」で詳しく解説しています。 掛け捨て型の保険とは?どんな種類がある? 掛け捨ては解約返戻金や満期金が無い 掛け捨て型の保険は、保険料のほとんどを保障に充当している商品なので、契約途中で解約してしまっても 解約返戻金はほぼありません。 そのため、短期間で 解約しても、ある程度の期間が経過してから 解約してもほとんど差がないことが多いです。 また、もしも保険期間が満了しても掛け捨て型には満期金がありません。 掛け捨ては、解約返戻金や満期金がない保険、と覚えておきましょう。 定期保険や収入保障保険など 掛け捨て型の保険の代表的なものとして、 定期保険が挙げられます。 定期保険とは、5年などの限られた期間のみ死亡や高度障害に対して保障する保険のことです。 収入保障保険も掛け捨て型です。 収入保障保険とは、被保険者が万が一死亡・高度障害状態になった時に、一時金ではなく年金形式で保険金を受け取れる保険です。 また、医療保険やがん保険の多くは 掛け捨て型となっています。 掛け捨て型の保険については、「生命保険の掛け捨てとは?掛け捨てではない保険との比較ポイントは?」でわかりやすく説明していますので、ぜひ合わせて確認してください。 終身保険を選ぶメリットとは? 将来に備えた貯金が確実にできる 保険に加入すると、決められた期日までに保険料を払い込む必要があります。 貯蓄型の終身保険であれば支払う保険料の一部が積み立てられていくため、知らず知らずのうちに 貯蓄していることになります。 死亡保障を準備しつつ、しっかりと 貯蓄もできることは終身保険を選ぶメリットといえるでしょう。 貯蓄がしやすい保険商品という性質を利用して、学資保険の代用として 終身保険に加入する人も多いです。 学資保険の代用として加入する場合には、10年や15年などの短期間に保険料の支払いを終わらせると良いでしょう。 解約返戻金が支払われる 貯蓄型の 終身保険であれば、保険料の支払いが困難になったとしても、途中で 解約をすることで 解約返戻金を受け取ることができます。 保険会社によっても異なりますが、短期での払込や一時払いを選択していれば、中途解約でも保険料の払込総額に近い金額の解約返戻金を受け取れることがあります。 ただし、月払いや年払いなどの支払い方法を選択した場合、短期間の解約は解約返戻金が少ない可能性が高いため注意が必要です。 被保険者死亡時に遺族のリスクを軽減 子供や配偶者を扶養している人が万が一亡くなってしまうと、死亡後に遺族の生活が困窮することがあります。 扶養者がいない場合でも、葬式代や墓代などが発生し遺族に経済的な負担が発生する可能性があります。 終身保険は一生涯に渡って契約者の死亡保障をする商品なので、加入しておけば遺族のリスクを軽減できるといえます。 終身保険と掛け捨て保険の違いは? 掛け捨て型は月額保険料が比較的安い 掛け捨て型の保険は、一定期間における死亡リスクを補てんするためのものです。 そのため、 生命保険本来の目的である死亡リスクに備えるための商品といえます。 また、掛け捨てタイプの保険商品のほとんどは短期間の死亡リスクに備えることを想定しており、10年や15年などの短い期間を保険期間としています。 したがって、終身保険などの積立型の保険に比べると、保険料は割安に設定されていることが多いです。 保険選びの際に保険料が 安いことを重視する人は、掛け捨て型を検討すると良いかもしれません。 終身保険なら解約返戻金がある 先ほども説明しましたが、 定期保険などの 掛け捨て保険には解約返戻金がありません。 しかし、 終身保険であれば解約時に 解約返戻金が受け取れます。 人によっては、解約時にお金が戻ってこないことはデメリットだと感じるかもしれません。 貯蓄性を求める人は、貯蓄型である終身保険に加入した方が良いでしょう。 自分に合った終身保険を選ぶコツは? 無理のない月額保険料で契約する 終身保険の保険料は、 掛け捨て型の保険に比べると高いことが多いです。 解約返戻金を積み立てているため結果的には貯蓄していることになりますが、月々の保険料が生活の負担になってしまい解約になることは避けたいものです。 特に、終身保険の保険料払込期間を60歳や65歳などで設定している場合には、設定した年齢まで払い続けられるような保険料にする必要があります。 老後にいくらお金が必要かについては、「老後資金はいくら用意すべき?1億円?それとも3,000万円?」で解説しています。 希望に見合った保障内容の充実 結婚や出産、あるいは定年などライフスタイルは数年ごとに変化し、必要な保障額も変化します。 子供を扶養していれば保障額は多くする必要がありますが、定年後は年金などの限られた収入額で払うことのできる保障にする必要があります。 保険加入時には、今だけでなく将来を考えるようにしましょう。 自分だけでは適切な保障内容がわからない場合は、FP(ファイナンシャルプランナー)などに相談すると良いかもしれません。 定期保険など掛け捨て併用もおすすめ 終身保険だけで保険を準備しようとすると、月々の保険料が高額になることが多いです。 終身保険は保険料を払い込む期間が長く設定されていることが多いため、高額な保険料を払い続けることが困難になる可能性があります。 子供を扶養しているなど大きい保障が必要な時期に高額な保険料を負担に感じる場合には、掛け捨て型の保険を併用すると良いでしょう。 無理のない範囲の保険料にすることで、リスクに対する備えと資産形成、そして保険料の兼ね合いが取れるようになります。 まとめ 終身保険にはメリットもありますが、保険料が高いなどのデメリットもあります。 掛け捨て型の保障と終身保険をうまく組み合わせることで、保険料の負担を抑えることもできます。 今加入している保険のバランスを見直してみてはいかがでしょうか。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の