確定 申告 書。 確定申告書の書き方(個人事業主の場合)

確定申告書Bの書き方とは?確定申告書Aとの違いについて

確定 申告 書

会社員にとって確定申告は慣れないもの。 難しいなんて思わずにきちんと申告をすれば、 払い過ぎた税金が戻ってきますよ。 今回は、給与所得のみの会社員 他の事業所得や雑所得などがない で、所得税および復興特別所得税の額のない人の記入方法をご紹介します。 と、会社から配られた源泉徴収票を手元に用意しておきましょう。 源泉徴収票の見方をおさらい 所得税の計算結果が記されている源泉徴収票。 源泉徴収票にはそれぞれの控除の有無やその金額などが記されています。 確定申告書を作成する時は、必ず手元において金額を確かめましょう 上の図は、12月から1月頃に会社から配られるです。 これは、会社員にとって税金の計算報告書のようなもの。 確定申告をする時に必要になってきます。 その中でも、確定申告書に必要な箇所に【A】~【H】の印をつけました。 まずはこれらの数字の意味を知っておきましょう。 【A】支払金額 1年間に支払われた給与の合計額。 税込み年収 【B】給与所得控除後の金額 給与所得控除(会社員の必要経費のようなもの。 収入金額から自動的に計算される)を支払金額から差し引いた金額 【C】所得控除の額の合計額 配偶者控除や扶養控除、社会保険料控除など控除額の合計 【D】源泉徴収税額 年末調整で計算され、源泉徴収で納めた所得税額 【E】社会保険料等の金額 給与から天引きされた社会保険料(厚生年金、健康保険、雇用保険等)。 【F】生命保険料の控除額 生命保険料や個人年金保険料を支払った場合の控除額。 最大12万円(平成24年から。 平成23年までは最大10万円) 【G】地震保険料の控除額 対象となる地震保険の保険料を支払った場合の控除額。 最大5万円。 【H】支払者の氏名又は名称 給与を支払った会社名など 確定申告書A様式 第一表の記入例。 給与収入以外にも収入(年金や配当金など)がある場合は他の所得も記入してください。 その他の所得がある場合はその所得を記入の上、「合計金額 5 」を計算し記入してください。 「区分」の項目には何も記入しません。 【セルフメディケーション税制による医療費控除の特例の場合】 作成した「セルフメディケーション税制の明細書」で計算された金額を記入。 「区分」の項目に「1」と記入。 明細書を先に作成しておきましょう。 ただし、平成29年分から令和元年分までの確定申告については、明細書を添付せず領収書の添付又は提示によることもできます。 2)確定申告をする方は、ワンストップ特例制度の適用を受けることができません。 寄附金控除を受けるためには、全てのふるさと納税を含めて控除金額を計算し、記入する必要があります。 また計算した金額を記入する 税額を計算して記入 最後に税額の計算をしましょう。 右側、「税金の計算」の欄で「課税される所得金額 21 」から計算できます(「所得金額 5 」から「所得から差し引かれる金額合計 20 」をひきます)。 これに対する税額を(22)に記入するのですが、これは少し計算が必要です 住所や氏名、生年月日などを書くのを忘れずに。 また、全員が受けられる控除「基礎控除」も記入してくださいね( 15)の基礎控除欄に38万円)。 あとは、申告書に書かれている通りに転記していけばOKです。 意外と簡単だと思いませんか? 第二表の書き方:住民税の計算に必要なデータを記入 第二表には、住民税を計算する時に必要となる情報を記入します。 所得税と住民税は控除の計算などで少し計算方法が違うからです。 書くことは第一表と同様、源泉徴収票から転記します。 確定申告書A様式 第二表の記入例。 給与以外にも所得がある場合は、所得の内訳欄に所得を記入します。 その他にも支払った社会保険料(国民健康保険など)があれば、それも記入して合計を合計欄に記入します。 ただし、源泉徴収票の社会保険料等の金額に、内書きで小規模企業共済等掛金の額が記載されている場合は、内書きの金額を除いた金額を「(6)社会保険料控除」に記入し、小規模企業共済等掛金の額を「(7)小規模企業共済等掛金控除」の欄に「源泉徴収票のとおり」として記入します。 保険料など、源泉徴収票にない情報も記入 源泉徴収票に書かれているもの以外にも、以下のような情報を記入する必要があります。 控除額も計算して記入しましょう。 実際の控除額は、を参照してください。 i「住民税に関する事項 16歳未満の扶養親族」 16歳未満の扶養している子どもなどがいれば、ここに氏名や生年月日を記入します。 【セルフメディケーション税制による医療費控除の特例の場合】 実際に支払った医薬品の購入費用を記入します。 ふるさと納税分は「都道府県、市区町村分」の欄に記入します。 2)確定申告をする方は、ワンストップ特例制度の適用を受けることができません。 寄附金控除を受けるためには、全てのふるさと納税を含めて控除金額を計算し、記入する必要があります。 これで、確定申告書Aの作成が終わりました。 税金が還付される人は、第一表の『 40 「還付される税金」』のところに還付される税金が計算され、記入できているはずです。 会社員にとって源泉徴収票は、税金を決める上での大切な書類。 確定申告には必要不可欠なものです。 実際に申告する際は、作成した「確定申告書A」の第一表と第二表を提出します。 年末調整で申請していない保険料控除の申請の場合は支払額の証明書、医療費控除の申請の場合は医療費控除の明細書を添付します。 住宅借入金等特別控除 住宅ローン控除 などの場合は控除額の明細書なども必要です。 ふるさと納税などの寄附金控除の場合も、証明書が必要です。 なお、平成31年4月1日以後に提出する確定申告書には、給与所得の源泉徴収票等の添付が不要となりました。 平成28年分の確定申告からマイナンバー記入欄が 平成28年1月より運用が開始されているマイナンバーですが、平成28年分の確定申告書類から確定申告書に記入欄ができています。 配偶者や扶養親族のマイナンバーも記入欄があります。 記入の際には、事前にマイナンバーを確認しておくとスムーズに記入できるでしょう。 意外と簡単に申告書が完成しましたね。 確定申告書を作成すると、税額の決まり方もよくわかります。 一度チャレンジしてみてください。

次の

確定申告書等の控え、コピーはなぜ必要?収受日付印が必要になるケース [確定申告] All About

確定 申告 書

確定申告用紙令和元年(2019年)分のダウンロード2020年提出|申告書用紙 必ず必要な所得税等確定申告書の申告用紙には、A様式とB様式があります。 確定申告書A様式とB様式のどちらを使うか 簡易様式である確定申告書 A様式を利用できるのは、次のすべてに該当する方です。 一つでも該当しない方は、 B様式を使用してください。 ・申告所得が、給与所得や雑所得、配当所得、一時所得のみであること ・予定納税額がない人 ・前年以前からの繰越損失額を本年分から差し引かないこと ・変動所得や臨時所得について平均課税を選択しないこと なお、確定申告書A様式を使える人でも、A様式を使用せずにB様式を使用しても問題ありません。 所得税等確定申告書A様式 所得税等確定申告書A様式 次のリンク先ページより、申告書A様式をダウンロードします。 次のリンク先ページの「確定申告書Aを使用する場合」欄より、該当する記載例をダウンロードしてください。 アップされ次第リンクを変更します。 ・所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(確定申告書A用) ・医療費控除を受ける場合 ・雑損控除を受ける場合 ・寄附金控除を受ける場合 ・年の中途で退職した場合 ・2か所から給与の支払を受けている場合 ・公的年金等に係る雑所得のみの場合 ・上場株式等に係る配当所得を申告する場合 など 所得税等確定申告書B様式 確定申告書A様式を利用できない人は、申告書B様式を使用します。 所得税等確定申告書B様式 ・総合課税のみの場合は、「 申告書B第一表・第二表」だけをダウンロードすれば結構です。 ・不動産や株式等を売却した場合や、申告分離課税の上場株式等の配当所得等がある場合は、申告書B第一表・第二表に加えて、「確定申告書B第三表(分離課税用)」も使用します。 ・所得金額が赤字の方や、所得金額から雑損控除額を控除すると赤字になる方、所得金額から繰越損失額を控除すると赤字になる方は、申告書B第一表・第二表に加えて、「申告書B第四表(損失申告用)」を使用してください。 ・確定申告書を提出した後課税所得が増える間違いに気が付き、修正申告をする場合は、「確定申告申告書B第五表(修正申告用)」も追加で使用します。 次のリンク先ページの「確定申告書Bを使用する場合」欄より、該当する記載例をダウンロードしてください。 アップされ次第リンクを変更します。 ・所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(確定申告書B用) ・事業所得者の場合 ・不動産所得者の場合 ・総合短期譲渡所得がある場合 ・一時所得がある場合 ・不動産所得が赤字で給与所得がある場合 ・本年分で差し引く繰越損失額がある場合 ・外国税額控除を受ける場合 ・土地や建物をお売りになった場合 ・株式等の譲渡所得等を申告する場合 ・申告分離課税の上場株式等の配当等に係る配当所得等がある場合 など スポンサーリンク 確定申告用紙令和元年(2019年)分のダウンロード2020年提出|医療費控除 医療費控除をする際に使用する様式のダウンロード先です。 「医療費集計フォーム」は、支払った医療費をエクセルなどの表計算ソフトで入力・集計するためのフォーマットです。 この国税庁が提供している「医療費集計フォーム」に支払医療費データを入力し保存すると、確定申告書等作成コーナーの医療費控除画面で読み込ませ反映することができます。 次のリンク先ページの番号3「平成・令和 年分 医療費控除の明細書」をダウンロードします。 次のリンク先ページの番号5「平成・令和 年分 セルフメディケーション税制の明細書」をダウンロードします。 給与所得について年末調整を受けた人が、医療費控除を受ける場合の申告書の書き方の例です。 )」欄より「8 医療費控除を受けられる方へ」をダウンロードしてください。 その中に記載例があります。 次のリンク先ページの7番「7 平成30年分(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」をダウンロードします。 給与所得について年末調整を受けた人が、住宅ローン控除を受ける場合の申告書の書き方の例です。 )」欄より「10 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の記載例」をダウンロードしてください。 青色申告の場合は「決算書」、白色申告の場合は「収支内訳書」といいます。 ・所得税青色申告決算書(一般用) ・所得税青色申告決算書(農業所得用) ・所得税青色申告決算書(不動産所得用) ・所得税青色申告決算書(現金主義用) 収支内訳書(白色申告用) 白色申告の方は、次の収支内訳書より該当する様式を使用します。 ・収支内訳書(一般用) ・収支内訳書(農業所得用) ・収支内訳書(不動産所得用) スポンサーリンク 確定申告用紙令和元年(2019年)分のダウンロード2020年提出|その他の特殊様式 上記以外の次の申告書付表や計算計算書、特別償却明細書、税額控除明細書は、次よりダウンロードできます。 国税庁ホームページでは、確定申告に関する申告書や明細書などの各種様式や、記載の手引などが用意されています。 これらを効率的に利用して、確定申告に活用しましょう。

次の

確定申告書の見方をマスターしよう!日本政策金融公庫の融資にも使う?

確定 申告 書

確定申告用紙令和元年(2019年)分のダウンロード2020年提出|申告書用紙 必ず必要な所得税等確定申告書の申告用紙には、A様式とB様式があります。 確定申告書A様式とB様式のどちらを使うか 簡易様式である確定申告書 A様式を利用できるのは、次のすべてに該当する方です。 一つでも該当しない方は、 B様式を使用してください。 ・申告所得が、給与所得や雑所得、配当所得、一時所得のみであること ・予定納税額がない人 ・前年以前からの繰越損失額を本年分から差し引かないこと ・変動所得や臨時所得について平均課税を選択しないこと なお、確定申告書A様式を使える人でも、A様式を使用せずにB様式を使用しても問題ありません。 所得税等確定申告書A様式 所得税等確定申告書A様式 次のリンク先ページより、申告書A様式をダウンロードします。 次のリンク先ページの「確定申告書Aを使用する場合」欄より、該当する記載例をダウンロードしてください。 アップされ次第リンクを変更します。 ・所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(確定申告書A用) ・医療費控除を受ける場合 ・雑損控除を受ける場合 ・寄附金控除を受ける場合 ・年の中途で退職した場合 ・2か所から給与の支払を受けている場合 ・公的年金等に係る雑所得のみの場合 ・上場株式等に係る配当所得を申告する場合 など 所得税等確定申告書B様式 確定申告書A様式を利用できない人は、申告書B様式を使用します。 所得税等確定申告書B様式 ・総合課税のみの場合は、「 申告書B第一表・第二表」だけをダウンロードすれば結構です。 ・不動産や株式等を売却した場合や、申告分離課税の上場株式等の配当所得等がある場合は、申告書B第一表・第二表に加えて、「確定申告書B第三表(分離課税用)」も使用します。 ・所得金額が赤字の方や、所得金額から雑損控除額を控除すると赤字になる方、所得金額から繰越損失額を控除すると赤字になる方は、申告書B第一表・第二表に加えて、「申告書B第四表(損失申告用)」を使用してください。 ・確定申告書を提出した後課税所得が増える間違いに気が付き、修正申告をする場合は、「確定申告申告書B第五表(修正申告用)」も追加で使用します。 次のリンク先ページの「確定申告書Bを使用する場合」欄より、該当する記載例をダウンロードしてください。 アップされ次第リンクを変更します。 ・所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(確定申告書B用) ・事業所得者の場合 ・不動産所得者の場合 ・総合短期譲渡所得がある場合 ・一時所得がある場合 ・不動産所得が赤字で給与所得がある場合 ・本年分で差し引く繰越損失額がある場合 ・外国税額控除を受ける場合 ・土地や建物をお売りになった場合 ・株式等の譲渡所得等を申告する場合 ・申告分離課税の上場株式等の配当等に係る配当所得等がある場合 など スポンサーリンク 確定申告用紙令和元年(2019年)分のダウンロード2020年提出|医療費控除 医療費控除をする際に使用する様式のダウンロード先です。 「医療費集計フォーム」は、支払った医療費をエクセルなどの表計算ソフトで入力・集計するためのフォーマットです。 この国税庁が提供している「医療費集計フォーム」に支払医療費データを入力し保存すると、確定申告書等作成コーナーの医療費控除画面で読み込ませ反映することができます。 次のリンク先ページの番号3「平成・令和 年分 医療費控除の明細書」をダウンロードします。 次のリンク先ページの番号5「平成・令和 年分 セルフメディケーション税制の明細書」をダウンロードします。 給与所得について年末調整を受けた人が、医療費控除を受ける場合の申告書の書き方の例です。 )」欄より「8 医療費控除を受けられる方へ」をダウンロードしてください。 その中に記載例があります。 次のリンク先ページの7番「7 平成30年分(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」をダウンロードします。 給与所得について年末調整を受けた人が、住宅ローン控除を受ける場合の申告書の書き方の例です。 )」欄より「10 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の記載例」をダウンロードしてください。 青色申告の場合は「決算書」、白色申告の場合は「収支内訳書」といいます。 ・所得税青色申告決算書(一般用) ・所得税青色申告決算書(農業所得用) ・所得税青色申告決算書(不動産所得用) ・所得税青色申告決算書(現金主義用) 収支内訳書(白色申告用) 白色申告の方は、次の収支内訳書より該当する様式を使用します。 ・収支内訳書(一般用) ・収支内訳書(農業所得用) ・収支内訳書(不動産所得用) スポンサーリンク 確定申告用紙令和元年(2019年)分のダウンロード2020年提出|その他の特殊様式 上記以外の次の申告書付表や計算計算書、特別償却明細書、税額控除明細書は、次よりダウンロードできます。 国税庁ホームページでは、確定申告に関する申告書や明細書などの各種様式や、記載の手引などが用意されています。 これらを効率的に利用して、確定申告に活用しましょう。

次の