千 と 千尋 の 神隠し ハク 声。 千と千尋の神隠しのカエル、リン、坊、ハクの声優は誰?うまいか下手かも

『千と千尋の神隠し』あらすじ結末ネタバレ

千 と 千尋 の 神隠し ハク 声

0 千と千尋の神隠し 宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』は、象徴的な比喩で溢れ、様々な解釈が可能な作品です。 また単純に頭だけで解釈することは難しく、宮崎監督自身、明確には分かっていないで描いている部分も多いと言い、無意識の世界の領域も多分に含まれた作品でもあります。 そのため、ここでは、一つ一つの象徴を追いかけるよりも、僕が個人的に考える、この映画全体の根底にある大きなテーマ(方向性や世界観)について書いてみたいと思います。 解釈1、豚になった迷子の「大人」と油屋の湯女 まず、『千と千尋の神隠し』の物語は、千尋の家族が引っ越しのために新居に移動する車中から始まります。 新居に向かう途中、千尋の父親が道を間違えるのですが、父親は「近道かもしれない」と言って母親や千尋の反対を無視し、険しい林道を突き進んでいきます。 すると、その先に、古びた不思議な洞窟があります。 その洞窟に興味を惹かれた千尋の両親は、不吉な〈風〉を感じて必死に制止しようとする千尋の声を適当にあしらうとすたすたと洞窟のなかに入っていきます。 洞窟を抜けると、そこに広がっているのは、バブルの崩壊で建設が中止されたさびれたテーマパーク。 さらに、そのテーマパークを突っ切ると、提灯のぶら下がった屋台が並び、そこで両親は再び千尋の制止を無視。 「お金ならあるし、クレジットもあるんだ」と、置いてあった食べものを勝手に次々と頬張っていきます。 まもなく夜がおとずれ、赤い提灯の灯りがともり、店々が続々と開き始めると、千尋は、屋台の席で醜い豚の姿に変えられた両親と直面します。 こうして千尋は、豚になった両親のために、公衆浴場(油屋)で「湯女(ゆな)」として働かされることになります。 「働かされる」というよりも、この世界に存在するために、「替わりは幾らでもいるんだぞ」と言われながら、「働かせて下さい」とすがりつくように懇願します。 油屋とは『千と千尋の神隠し』に登場する湯屋の名前で、「湯女(ゆな)」というのは江戸時代に性風俗で働いていた娼婦、売春婦のことです。 赤い提灯、赤いランタンの灯った街は、世界中で性風俗の象徴になっています。 赤い提灯てのは全世界共通で、売春宿のしるしです。 飲み屋が赤い提灯を灯すようになったのは、逆にその後で、元々、赤い提灯は売春宿のしるしなんですよ。 解釈2、油屋とは何か、湯女と八百万の神 この湯屋(油屋)の役割について湯婆婆は、「八百万の神さまを癒すためにある」と語っています。 子供たちの世代の象徴である千尋(名前を奪われた「千」)が、「八百万の神(やおよろずのかみ)さま」を癒すために湯女として働く。 八百万の神とは、日本古来の信仰で、山、石、川など万物の自然に宿ると言われる無数の神々のことです。 神々は、この国の豊かな自然を物語るように、次々と芽吹いていきました。 この傷ついた八百万の神さまを湯屋で「癒す」ことが湯女である千尋の役割であると、湯婆婆は言っているのです。 つまり、ここには、単純に身を捧げて(娼婦として)働き続ける、という意味合いだけでなく、これまでの日本社会が破壊し、食い尽くしてきたことによって、すっかり疲弊した「自然=八百万の神」を癒す、という意味も込められているのです。 それは宮崎監督の願いでもあるかもしれません。 こうしたアレルギー疾患の増加もまた、からだという「自然」の問題(ツケ)です。 解釈3、両親とカオナシの正体 カオナシは、『千と千尋の神隠し』の制作当初、ほんの少しだけ登場する端役として考えられていました。 しかし、映画の制作を進めるうちに存在感が増していったそうです。 カオナシの特徴は、仮面をかぶり、「自分の言葉」を話さないこと。 言葉を喋るためには、誰かを食べることで、声(「言葉」)を借りる必要があり、好きな女の子と触れ合うためには「金」を差しだします。 要するに、「他人の声(借り物の言葉)」と「金」という「間接的な方法」を主なコミュニケーション手段(「言葉」そのものが性質上間接的だとするなら、二重の間接性とも言える)にするのです。 プロデューサーの鈴木敏夫さんは、著書で、カオナシの正体は宮崎駿監督本人や、キャバクラ嬢に入れ込んでいた口下手な男がモデルだと語っています。 しかし、僕は、カオナシの正体は、「物語の冒頭で豚になった両親」とコインの裏表の同一人物である、という風に解釈します。 豚になった千尋の両親は、「腹八分」を越え、満腹以上の何かを満たすために、八百万の神さま(自然界)たちの食事さえもむさぼり、金銭(後払い=クレジットカード)で解決しようとしました。 一方、カオナシも、あらゆるものを呑み込み、むさぼり(満腹以上に「食べる」)、金によって相手を掌握しようとします。 千尋の両親とカオナシには、ある種の共通点が見受けられます。 つまり、カオナシは、千尋の両親の仮面であり、また欲望の制御を失った「大人」の隠喩なのです(千尋は、両親と、カオナシと、二度にわたって「食われそうになる」)。 カオナシは、溢れるほどの「金」によって千尋を懐柔しようとするのですが、千尋は最後まで頑としてこれを拒否します。 金では、あるいは、金には、自分(の魂)を売りませんでした。 この千尋の対応に、言葉でも通じない(他人の声では通じるはずがありません)、「金」というコミュニケーションの手段も失ったカオナシはパニックに陥ります。 そして、巨大化し、暴走し、力づくで吞み込もうと千尋を追いかけます。 ところが、カオナシは、なぜか食い尽くしてきたものを全て吐き出しながら、次第に萎んでいきます。 カオナシの正体とは、欲望を全開にした文明社会そのものの象徴です(これは、まばゆい光を求めた主人公の学者の「影」が肥大化し、やがて主人公そのものを殺すという、アンデルセンの童話『影』に出てくる影と同様の存在です)。 このように「大人」が、千尋を、最初は金で「食べよう」とし、次に力づくで「食べよう」とする。 しかし、結局、誰か「絶対的なヒーロー」が現れ、二元論的に「大人」を打ち倒すのではなく、巨大化したカオナシが、多くのものを吐き散らしながら(「嘔吐」という行為は、身体の解毒作用の一種で、場合によっては、その「症状」を越えないかぎり治癒はありません)、次第に自ずから萎んでいくのです。 千と千尋の神隠しの解釈のまとめ この『千と千尋の神隠し』という壮大なアニメーション映画は、誤った道に迷い込みながら、決して後戻りのできない大人たち、バブルの廃墟を造った大人たちの「ツケ」と、半永久的に向き合い続けることになるだろう子供たちに宛てた、宮崎監督のメッセージでありエールです。 この作品は、当時10歳だった友人の娘たちのために作ったのだと宮崎監督は言います。 私はこの映画を私の友人たちの2人の娘のために作りました。 2人は千尋と同じ10歳です。 私は「善と悪の戦い」のようなものを見せたかったのではありません。 世界の真実を見せたかったのです。 少女たちはあまりに単純な善と悪の二元論的状況ではなく、あるがままの世界を発見しなければなりません。 トンネルの向こうの夢のようなファンタジーの世界は、彼女たちの、僕たちの、たぶん、これから訪れる、紛れもない現実なのです。 [PR] 「私たちは、私たちの食べたものでできている」 健康でいちばん重要なのは食、特に食材ひとつひとつの質です。 今現在原因不明の不調で苦しんでいるひとも、子供の健康な体づくりにとっても、まずは食を改善することが大事です。 また、体に優しい食材を購入することは、自然に優しい農家さんたちを消費で応援することにも繋がります。 定期宅配やセット販売なら家計にも優しく一石三鳥です。 以下は、自然栽培など体に優しい食材の定期宅配(個別購入も対応)サービスでおすすめの4社です。 ナチュラルハーモニー ハミングバード 秋川牧園 自然派きくち村 それぞれ無農薬の自然栽培の野菜やお米、オーガニックの鶏肉、厳選された干物などが購入できる安心の企業です。 初回購入限定セットもあるので、よかったら一度お試し下さい。

次の

映画『千と千尋の神隠し』フル動画を無料視聴する方法!Netflix,Dailymotion,Pandoraでの配信は?

千 と 千尋 の 神隠し ハク 声

千と千尋の神隠しのカエルの声優は? 橋の上でハクを足止めしたり、夜中カオナシの出す砂金に目がくらみ真っ先に食べられてしまった青蛙。 そんな個性豊かな青蛙の声を務めたのは我修院達也です。 18歳で演歌歌手としてデビューした我修院達也は、両津勘吉のように濃い眉毛がトレンドマークの歌手です。 郷ひろみのモノマネでも知られています。 声優活動については「ハウルの動く城」でカルシファー役を、アニメ映画「RED LINE」でリンチマン役を務めました。 その独特の癖のある声はカメレオンのように変幻自在で「同じ役だったの?!」と驚かれる方も多いようです。 また青蛙やカルシファーはものまねをされるキャラクターでもあるので、それだけキャッチーでユニークな声だったとも言えるのではないでしょうか? 歌手で物まねを得意としているだけあって、声を作り出すことも可能なのですね。 千と千尋の神隠しのリンの声優は? 油屋に務めることに決まった千尋の世話係となったのは強気で姉御肌のリンです。 黒トカゲが好物で、実は白狐がモチーフとなっているのだとか。 そんなリンの声を務めたのは歌手である玉井夕海です。 2008年に「忘念ザムド」、2012年に「伏 鉄砲娘の捕物帳」に声優として出演しています。 「千と千尋の神隠し」以前は映画監督になりたいとの思いから宮崎駿主催のアニメーション演出口座『東小金井村塾2』を修了したという経歴を持っています。 これがきっかけでリン役に抜擢されたようです。 「千と千尋の神隠し」のリン役で注目を集めた玉井夕海はその後歌手デビュー、そして女優としてもデビューを果たしています。 今作でかなり注目を集めたようですね。 リンの声に対してネット上では「すごく上手いと思う」「どこかセクシーに感じる」といった高い評価を受けていました。 「今作が声優初出演というのも驚き」という意見も多く見られました。 現在は歌手活動をされているようですが、やはりその魅力的な声で人々を魅了しているのでしょう。 千と千尋の神隠しの坊の声優は? 湯婆婆の溺愛する息子であり、その丸々と太った強烈なビジュアルを持つ赤ん坊の坊 ぼう。 大きな体でワガママな坊は自分の思い通りに事が運ばないと泣き出してしまう傲慢さを持っています。 作中では姉の銭婆によってネズミとなってしまう場面もありました。 そんな主要キャラクターの1人である坊を演じたのは俳優の神木隆之介です。 現在では映画だけでなくCM出演やバラエティ番組でも顔を出すことがある売れっ子の役者ですね。 当時8歳で、子役時代に坊の声を担当しています。 「千と千尋の神隠し」がきっかけとなり、「ハウルの動く城」の少しわがままで元気な男の子マルクル役、「借りぐらしのアリエッティ」で病弱で物憂げな翔などジブリ映画への出演も多くあります。 他にも「ドラえもん のび太の恐竜2006」で恐竜ピー助役を、「サマーウォーズ」で小磯健二役を演じました。 最近では全世界で話題となった「君の名は」の主人公立花瀧役を務めています。 神木隆之介の声優活動に対してネット上では、「完璧すぎる」「どの役もピタッとはまっている」「とにかく声がきれいでイケメンなのが伝わってくる」など絶賛の嵐。 また神木隆之介出演作が次々に話題になり、高い興行収入を記録していることから、「神木隆之介の声優を務めた作品は売れるのでは?」とコメントしている方もいらっしゃいました。 普通の青年だけでなく恐竜や子供の役も務めるなど、役の幅の広さを感じられますね。 千と千尋の神隠しのハクの声優は? 千尋を終始気遣い続け、同時に白竜でもあるハクはミステリアスで神聖さも兼ね備えているキャラクターです。 ジブリファンの中でも好きな男性キャラとして上位にランクインするイケメンキャラクターですよね。 ハクを演じたのは声優入野自由です。 入野自由の声優活動は1995年「逮捕しちゃうぞ」のショウ役から始まり、「千と千尋の神隠し」はデビュー6年目で務めた役のようです。 いわゆるイケボはもちろんですが、少し抜けたさわやかでミステリアスな声を持つ入野自由は、2009年歌手デビューを果たしていることからも根強い人気を感じさせます。 「アイシールド21」で小早川瀬那役、「絶対可憐チルドレン」で火野かがり役を務め、2019年には「文豪ストレイドッグス」のカルマ役など幅広い役柄をこなしています。 「とにかくかっこいい」「ずっと追っかけます」とコメントするファンも多く、好きな声優として真っ先に名を挙げられる声優である入野自由。 今後の活躍にも十分に期待が持てそうですね。 「千と千尋の神隠し」についてはこちらも見てみてください。

次の

千と千尋の神隠し

千 と 千尋 の 神隠し ハク 声

この記事で分かること• ハクは湯婆婆の弟子だけど「ウザい」存在? まず、 千と千尋の神隠しで通説となっている彼の設定について見ていきましょう。 「千と千尋の神隠し」の設定上、ハクは温泉施設「油屋」の主人かつ、経営者である 湯婆婆の弟子ということになっています。 千尋と同じく、ひょんなきっかけから湯婆婆たちの世界にあらわれ、強力な魔法使いでもある 湯婆婆の弟子入りを果たしました。 この決断に周囲は反対しますが、それとは裏腹に湯婆婆の下についた彼。 その結果、湯婆婆の手先のような存在として油屋に所属することになった。 というのが、映画上での大まかな設定ですね。 湯婆婆の側近とも言える存在だったことから、油屋の従業員の中では比較的上の立場にいるようです。 ただ皆から尊敬されながらも、態度は冷たく冷淡。 千尋の姉貴分であるリンからは「 ハクみたいな奴が2人もいたら、たまったものではない」と愚痴を言われる始末… ハクは「川の神様」だったが、その正体をなかなか思い出せなかった 「千と千尋の神隠し」の世界にやってきた人間は、 自分が誰なのか正体をしっかり覚えておかないと元の世界に帰れなくなってしまうと千尋はハクから忠告されます。 そのハクも自分はどこからやってきたのか、その正体がもう思い出せず苦労しているとも言っていましたよね。 Sponsored Link しかし物語の終盤になって、ようやくハクは 自身の正体を自覚するのです。 そう、彼の正体とは「 川の神様」。 ハクは千尋が住む家の近くにあった「琥珀川」 コハクガワ の神様で、「 ニギハヤミコハクヌシ」という名前を持っていたと、作品の最後の方でやっとハッキリしますよね。 それなのに、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んだことで名前を湯婆婆に取られることに。 そして「ハク」という名前だけ残されて、この世界で生き続けていたということになります。 それが絶体絶命の時期を千尋に助けられたことにより、ハクはようやく 自分の名前と正体を悟ったのです。 不思議なことに千尋が物語の世界に入ってきた時、ハクは彼女のことを覚えていた反面、彼女はハクに全く心当たりがありませんでした。 しかしストーリーの後半では、ようやく千尋もハクのことを思い出し彼の正体について口を開くのです。 と言うのも、千尋はハクが神様となっている 川に落ちた経験があったからです。 それに気づいた川の神・ハクが千尋を救い出し、無事に両親の元まで送り届けたということになっています。 日本には800万もの神様が存在するとされ、木や川など至るところに神様がいると信じられています。 要するに、ハクの正体は「 日本に存在する川の神様だった」ということ。 千と千尋の神隠しでは、ハクは常に千尋の味方となって助け役でしたが、終盤になって彼女に助けられる…こんなストーリーだったら、大抵の人は感動しちゃいますよね。 ハクのもう一つの正体…それは「白竜」 そうかと思えば、ハクは「 白い竜」に姿を変えることも出来ます。 この姿は千と千尋の神隠しの中盤から確認することができ、物語の中でも大事な部分を担っていますね。 実はこの白い竜も、 ハクの正体だったという見方があるのです。 千と千尋の神隠しの中で、ハクとは別に川の神様が登場するシーンを思い出してみてください。 最初はゴミや泥にまみれた汚い姿で油屋をパニックに陥れますが、汚れを落としたあとは神様らしく神々しい姿になってご機嫌よろしく油屋を後にします。 ハクもこの神と同様、川の神様ですよね。 つまり度々登場する白竜とは、神様が時空を超えて移動するときに「 その存在を世に示すための姿」と考えることが出来るそう。 だとすれば「 白竜=ハクの正体」と捉えて良いのかもしれません。 ただ「千と千尋の神隠し」を観ていると、彼は自分の正体を知る前ですら白竜の姿で銭婆の魔法の契約印を盗まされたり、それによって銭婆から制裁を受けたりと… 神様ながらも不遜な扱いを受けていてかわいそうですよね。 普段は少年の姿をしつつも、様々な側面が垣間見えるハク。 もう二度と元の世界に戻れないと思いきや、無事に正体を思い出せて何よりでしょう。 彼の正体を知った上で「千と千尋の神隠し」を視聴すれば、また違った楽しみが味わえそうです。

次の