神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ない。 「神は乗り越えられる試練しか与えない」というのは誤訳ではないですか?「試練」はtemptationであって「(悪への) 誘惑」ですよね。

「神は乗り越えられる試練しか与えない」? : 先日、親友が亡くなりました。がんでした。 発見された

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ない

回想………少し真面目な話 無責任にしかも偉そうに… この言葉を言う人がいる。 『神は乗り越えられる試練しか与えない』 最近では、の選手、競泳女子日本代表の選手もこの聖書の一節を自らの逆境を乗り越える励みとして引用した…… TBSドラマ「JIN〜仁」で引用され広く知られる様になったおかげで 無責任極まる社会から必要と為れていない売れないナー講師が乱用している 今、池江選手はに向かっている様で、様々な公の場に元気な姿を見せている。 彼女の病気を「神が与えたもうた試練」と云う輩は、 彼女に神が試練を与えた理由を言ってみろ!! 『ほら、やっぱり…』と言うアホみたいなスピリチュアルの人間や盲信徒には注意が必要だ この言葉は 『コリント人への第一の手紙10:13』の 「あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。 神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。 むしろ、 耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます」 この中からの抜粋だ… そして耐えられない試練を与え、に導かれたのは、悪魔の誘惑に魅入られたのだと言う。 以前、当社が遺体復元と葬儀を受注した遺族の故人について ひょんな事から盲信の牧師と話す機会かあった。 亡くなったのは私達と同じ一応程度の女性。 死因は 首吊り自殺… 彼女は浄土 神の王国. 天国)に行けたのか?について、 激しい 殆ど喧嘩 になった 私は 『聖書 旧新 』の 道徳観念や人々を勇気付け、希望を与える記載事項には大変賞賛するが… 神『ヤファエ』には全く信仰や尊厳性は感じていない。 人は死後、裁きにあう キリストは人の全ての罪を背負い処刑されたが、 キリストの福音を受け入れていないと言う事は 『原罪』も許されていない そして… 神は乗り越えられないほどの試練に会わせることはしない。 しかも逃げ道まで用意してくれている。 彼女は福音を受け入れていないから悪魔の誘惑に魅入られた。 彼女を自殺させたのは『悪魔』 更に… 1:21を引用し… 「私は裸で母の胎から出て来た。 また、裸で私はかしこに帰ろう。 主は与え、主は取られる。 当然『マリア絵』を踏まなかった人々は処刑された(殉教したという事) でも考えて頂きたい… 踏み絵を踏んだら殺される事はなかったのだ それを知っているのに踏まないのは『自殺』と何ら変わらない。 結局、ご都合主義で自殺か殉教にするかが決まると言う事 は『自殺』は大したこと無いと暗に言っているのと同じだ そして… 神は日本の信者の信仰心をもてあそんだ。 踏まなかった者には死を… 絵を踏んだ者には生涯の苦しみを与えた。 この世では幸せになれないから神が呼んだと言うエセ信者もいるが……… この時、踏み絵を踏んで生き残った信者の子孫が、後が認められた時に、最初に教会を復興させた事を知らない。 そして… 熱心に信仰する女性信者を 性奴隷として海外へ売り飛ばしたのは 今も何くわぬ顔で日本に存在しているの手先、だ 、、の同一神の 『ヤファエ』と言う名の神は 『妬む神』である 20:5に 「あなたの神、『主』であるわたしは ねたむ神」 とハッキリ書いてある。 これを弁明する様に の手紙4:5で 「『神は、私たちのうちに住まわせた御霊を、ねたむほどに慕っておられる』という聖書のことばが、無意味だと思うのですか」 と書いてある。 様々な牧師、神父が都合の良い解釈を与えているが、どれも無理がある。 ヤファエは神なのに妬むのだ。 彼女の自殺の原因は『ヤファエ』にある。 しかし…… 彼女が信仰していたのは 『』 は 『ありとあらゆる者を助ける』 を立てた。 彼女は生前に一度くらい 『』 と言った事が有るはず。 更に は念仏を唱える唱えない、善人、悪人に関わらず浄土に救ってくれる。 従って彼女は救われ浄土 天国)に行くことが出来た。 そして彼女を死に追いやったヤファエは 神々の中で最低ランクの神だ!! と私が言ったら… 貴女は神を冒涜し否定した。 悔い改めても、貴女は地獄に行く事になる!と なんと!またまた呪い 呪詛)を掛けられた。 与えないのなら 圏の自殺は最も少なければならない。 皆さん… 『試練』は個々の人々の『縁起』で起こるのです。 そして 『乗り越えられない試練はない』とは… 『やることをちゃんとやってる人のセリフ』 生きていれば必ず『試練』がある。 それは私にだって分かる それに負けない力は 『運』と『』と『あらゆる努力』と に依って得る事が出来るのです。 その為の一歩は… 『目の前の試練をしっかり受け入れ真剣に生る』事から始まる そして… 「神は乗り越えられない試練は与えない」 これを連呼する上司、監督、指導者… 彼らは、貴方や貴方の周りの苦しんでる人の逃げ道を、この言葉で塞いでいる 更に神父、牧師が 貴方を追い詰める為に「乗り越えられない試練は与えない」とワンセットで使われる言葉がある。 の手紙 1章2~4節 わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。 信仰が試されることで忍耐が生じると、あなたがたは知っています。 あくまでも忍耐しなさい。 そうすれば、完全で申し分なく、何一つ欠けたところのない人になります。

次の

JIN-仁-:「神は乗り越えられる試練しか与えない」 大沢たかお主演大ヒットドラマを名ぜりふで振り返る

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ない

人生に苦悩は付き物です。 しかし西洋の思想を見ると、「神は乗り越えられる試練しか与えない」と言いますよね。 自然災害、虐待問題、事故、人災。 「乗り越えられずに」死に至る人の多さを鑑みるとその真偽に疑問を抱かざるを得ません。 「神は乗り越えられる試練しか与えない」とはキリスト教の経典、聖書からの引用文章を日本語に翻訳したものなのですが、意訳の過程で本来の意味から変異している可能性があります。 歴史的に最も多くの人類に信仰されてきた宗教の教義をより深く考察すれば、人生の苦悩、「試練」の本質が理解できるかもしれませんよ。 「コリント人への第一の手紙10章13節」より 本来の文節は、「コリント人への第一の手紙10章13節」に記載されています。 最も原点に忠実とされる日本語訳によると、以下のような内容です。 「人間的な試練以外の試練があなた方をとらえたことはない。 (中略)神はあなた方が耐ええないような仕方で試練に合うようにはせず(中略)試練とともに出口をも作ってくださるであろう」 この「試練」や「出口」の訳し方が問題で、英語ではescapeのための出口、道と記載されているようです。 原典では「試練のただなかを通り抜けて初めて到達する出口」を意味する言葉が用いられており、英訳でも日本語訳でも根本的な意味を違えていることが分かりますね。 キリスト教で言うところの「神」が人間に与える救いは、「耐えられないようなやり方で試練を与えないこと」と「出口を用意してくれること」の2つ。 死をも救いを考える思想の中では、確かにこれは正しいと言えるのかもしれません。 では、もう一つの問題、「試練」は結局どういうことなのでしょうか。 「試練」こそが「道」である 試練という言葉の純粋な意味は、「信仰や実力、決心のほどを厳しく試すこと。 また、その苦難」とあります。 コリント人への第一の手紙10章13節には「試練のただなかを通り抜けて初めて到達する出口」とありました。 つまり、試練は人生の前提であり、たとえその結果命を失うとしてもただなかを通り抜けざるを得ないもの。 さらに言うならば、人生そのものなのだと考えられます。 キリスト教における「耐え得ないような仕方」とは魂が堕落し、次の生に至る可能性をつぶすようなやり方と解釈していいでしょう。 そうであるとするなら、人生の苦難、試練には救いなどないようにも思えてしまいますよね。 ですが、実は考え方次第で「生き方」と、降りかかってくる試練、苦難を変えることができるのです。 日本人に深く浸透している「輪廻転生」という考え方があります。 これは現世を来世に至るひとつの段階とする思想で、今の自分が目的を達成できなかったり、希望を叶えられなかったりすれば、来世の自分にその業が課せられて新たな「目的」になるのです。 つまり、現世の自分をいかに高みに押し上げるか。 それによって、存在する地点が変わってきます。 位相が変われば降りかかる試練や苦難も異なるので、もしも今の運勢、状況に不満があるのであれば、自分自身を磨き上げ、より高次元に上るように努力すればいいのです。 邪念、邪気を拭い去り、自分自身に還ってその道を探すことをおすすめします。

次の

「神は乗り越えられる試練しか与えない」? : 先日、親友が亡くなりました。がんでした。 発見された

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ない

聖書の言葉「神は乗り越えられる試練しか与えない」 「神は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉は、実はすごく長い文章で、聖書に書かれています。 あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。 神は真実である。 あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。 出典:新約聖書「コリント人への第一の手紙」第10章第13節 どうやら神様は、『試練』と同時に『逃げ道』も用意してくれているらしいですよ。 ここからは、試練とは何か?なぜ人は悩み続けるのか?という観点から考えていきましょう。 なぜ「神は乗り切れる悩みしか与えない」と言わないのか? 【神は乗り越えられる試練しか与えない】と言うけど 【神は乗り切れる悩みしか与えない】と言わないのはなぜでしょうか? もしかしたら、翻訳した人の意図が隠されているかもしれないので、聖書の原文を確認してみましょう。 それに対して悩みとは、苦痛や負担を感じている状態です。 ちなみに、 悩むにはこんな意味もあります。 1 決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。 思いわずらう。 また、病気になる。 非難する。 悩みではなく試練という言葉を使ったのは、 動的に対処することを前提としていたのかもしれなません。 「乗り切る」と「乗り越える」の違い 次に「乗り切る」ではなく「乗り越える」が使われている点についてです。 これも、2つの言葉の意味を調べてみました。 困難などを切り抜けて進む• 困難危機などを切り抜ける 乗り切るとは 【切る】が表しているように、障害物を攻略して物事のゴールにたどり着くこと。 それに対して乗り越えるとは、越えた先に何があるかはわからないので、まだまだ旅の途中というニュアンスがあります。 人はなぜ悩むのか? 先ほど解説した言葉の意味からもわかるように、 悩むとは、解決の方法がわからず精神的に苦痛を感じている状態です。 人間には危険を回避する能力があり、学習能力で1度嫌な思いをしたことに対策を打つこともできるのに、なぜ同じ理由で悩み続ける人がいるのでしょうか? 何度も結婚しては、同じ理由で離婚する人がいのはなぜか? 転職も離婚も最初から望んでいる人はいませんよね。 「今回の経験を活かして、次こそは同じ間違いをしないぞ!」と思って新たな機会に挑戦するのに、結局同じ理由で悩む。 なぜ人は悩むのか?なぜ同じことで何度も悩むのか? 出来事に対してではなく、どう受け取り考えるかで悩む 明治大学の諸富教授は、著書の中でこう解説しています。 人は、自分に起こった出来事に対して悩むのではなく、その出来事をどのように受け取り、考えるかで悩むのです。 自分からパニックに陥るのです。 引用:人生にいかすカウンセリングー自分を見つめる 人とつながる この考えは、論理療法によるものです。 倫理療法の創始者〈アルバート・エリス〉は、 諸富教授は、不合理な信念が続く原因を次の3つとしています。 実際は、過去にどのように教わったかではなく、自分がいまその信念に固執して自分で選択しているのです。 過去の経験で辛かったことや、現在の生活でつらいことは影響を及ぼすかもしれませんが、いまの落ち込みの原因とは考えられないのです。 いままでの習慣や信念を変えるには、強い意志と努力が必要なのです。 引用:人生にいかすカウンセリングー自分を見つめる 人とつながる 「そんなの当たり前じゃん」と思うようなことが書かれていますが、実はどれも無意識にやりがちなことです。 簡単そうに見えて、いざ実行するとなると難しい。 だから、みんな悩み続けるのではないでしょうか。 では、不合理な信念とは、どんな状況なのか。 具体的な例を出してみましょう。 うまくいかない原因を外からの影響と考え、自分の信念を変えないで、外からの事例を変えようとすること 「職場の上司が毎日嫌味を言ってくるので、仕事をやる気にならない。 だから転職しよう。 」 「課長は、ちょっとしたことですぐ怒鳴る。 私がどれだけ不快な思いをしているか気にもかけない。 もっと温和になればいいのに。 」 このケースの信念 「上司は文句を言ってはいけない。 上司は部下のモチベーションを上げるものだ。 」 「イライラしても、人に当たってはいけない。 いつも周囲に気を配り、自分の感情は抑えなければいけいない。 」 不合理な信念に気づき、どうすれば信念が変わるか考えて行動した例 「上司も人間だし、文句を言いたくなるものだ。 上司に頼らず仕事のモチベーションを上げる方法を考えよう。 」 「いつも周囲に気を配ることだけが良い人の条件なのか?人に当たるのはよくないけど、課長もプレッシャーを感じているのかもしれない。 もう少しコミュニケーション取ってみよう。 」 うまくいかないのは、過去にそのように両親や学校で教育されたと考えてしまう 「母親から『いつも笑顔で人には親切にしなさい』と言われ続けた。 だから、私は弱音を吐くのが苦手で人に頼ることができない。 」 「小学校の先生は『あなたが友達を作れないのは、相手の気持ちをわかろうとしないからだ』と言った。 今でも人と会話するときに、自分が空気を読めていない人間のようで不安になる。 」 このケースの信念 「自分の気持ちより相手の感情を優先しなければならない。 困っている人は、いつも率先して助けるべきだ。 」 「友達がいないのは悪いことだ。 人と関わるときは、相手の気持ちを理解しなければならない。 」 不合理な信念に気づき、どうすれば信念が変わるか考えて行動した例 「常に相手の感情を優先させなくてもいい。 私が助けられないときは、誰かにお願いしてみよう。 」 「友達が少なくても自分には価値がある。 相手の気持ちを全て察するのではなく、疑問が浮かんだときに確認しよう。

次の