ディス ラ プション 意味。 Digital disruption (デジタル・ディスラプション) : 破壊的イノベーションの次世代戦略

デジタル・ディスラプター/ディスラプション

ディス ラ プション 意味

定義 [ ] エリック・ストルターマンによる定義 [ ] デジタルトランスフォーメーションの用語の初出は、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した。 彼は「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と定義し、下記の特徴を提示している。 デジタルトランスフォーメーションにより、情報技術と現実が徐々に融合して結びついていく変化が起こる。 デジタルオブジェクトが物理的現実の基本的な素材になる。 例えば、設計されたオブジェクトが、人間が自分の環境や行動の変化についてネットワークを介して知らせる能力を持つ。 固有の課題として、今日の情報システム研究者が、より本質的な情報技術研究のためのアプローチ、方法、技術を開発する必要がある。 なお、教授の提唱する概念を示した論文は「本論文は、よりよい生活のために技術を批判的に調べることができる研究の出発点として適切な研究ポジションを確立する試みである」とあることから、研究へのアプローチ・方法論を述べた内容となっている。 IDC Japan社による定義 [ ] にIT専門調査会社のIDC Japanは、ITの概念を用いて デジタルトランスフォーメーションを定義している。 第2プラットフォーム:• そして、これに投資することは2017年以降5年間のIT市場における成長の大部分を占め、ITサプライヤーの優先事項になると予測している。 ガートナー社による定義 [ ] ガートナー社は「デジタルビジネス」という概念を用いる。 ガートナー社によれば、企業内のIT利用は三段階ある。 業務プロセスの変革• ビジネスと企業、人を結び付けて統合する• 人とモノと企業もしくはビジネスの結び付きが相互作用をもたらす ガートナーはこの第3段階の状態をデジタルビジネスと呼び、「仮想世界と物理的世界が融合され、モノのインターネット(IoT)を通じてプロセスや業界の動きを変革する新しいビジネスデザイン」(2014 年) と定義している。 また、このデジタルビジネスへの改革プロセスを「デジタルビジネストランスフォーメーション」と定義している。 デジタルトランスフォーメーション研究所による定義 [ ] 株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所によると、• デジタルテクノロジーの進展で劇的に変化する産業構造と新しい競争原理を予測• 自社のコアコンピタンスを活用して他社より早く到達可能なポジションと戦略の策定• 戦略実現のための新しい価値とサービスの創造、事業と組織の変革、意識と制度の改革、を経営視点で遂行すること と定義されている。 背景 [ ] ITプラットフォーム基盤の変化 [ ] 2011年の講演にてGartner社はクラウド・情報・ソーシャル・モバイルの4つのプラットフォームが独立の進化を遂げつつ、数年の調査でこれらが収束しており、既存のアーキテクチャが時代遅れになっていると警告している。 これを2012年にとして新しいIT基盤として提唱した。 これらのIT基盤の活用により市場の優位性を獲得する一環として、デジタルトランスフォーメーションが注目されることとなった。 デジタル・ディスラプション [ ] デジタル・ディスラプションとは、新しいデジタル・テクノロジーやビジネスモデルによって、既存製品・サービスの価値が変化する現象を指す。 既存の市場をディスラプション(破壊)するようなビジネスモデルを展開する新規参入者が登場してきたことで、各企業は、競争力維持・強化をスピーディーに進めていくことが求められている。 法律の整備 [ ] では、2005年に施行された「」によって、紙での保存が義務付けられていた文書(証券取引法や商法、法人税法など)をデジタル化したデータで保存することが容認された。 また、1998年に制定されたでは、が管轄するやといった税に関する法令関連の書類や帳簿を、デジタル化したデータで保存することが容認されている。 同法律は2005年にe-文書法の施行に伴い、それまで認められなかった紙文書のスキャナ保存を容認した(スキャナ保存制度)。 2015年から、電子署名と金額制限の廃止、翌2016年にはやなどで撮影したも電子保存可能とするなど、規制緩和が行われた。 課題 [ ] ビジネス創出できない を繰り返すなど、ある程度の投資は行われるものの実際のビジネス変革には繋がっていない多くの企業の現状がある。 既存システムのブラックボックス化 これまでの既存システムが老朽化・複雑化・ブラックボックス化する中では、新しいデジタル技術を導入したとしても、データの利活用・連携が限定的であるため、その効果も限定的となってしまうといった問題がある。 また、既存システムを放置した場合、今後ますます維持・保守コストが高騰する(技術的負債の増大)とともに、既存システムを維持し保守できる人材が枯渇し、セキュリティ上のリスクが高まる。 スキルの獲得 デジタルトランスフォーメーションでの課題として最も多く挙がったのが、「適切な技術スキルの獲得」だった。 自社の社員をスキルアップできない理由として幹部があげたものとしては、「時間不足」「トレーニングのための構造がない」「組織に知識がない」がトップ3だった。 方法論 [ ] DX推進システムガイドライン [ ] 2018年のデジタルトランスフォーメーションに向けた研究会が策定したDX推進のためのガイドライン。 正式名称は「DXを 推進するための新たなデジタル技術の活用とレガシーシステム刷新に関するガイドライン」。 DXの失敗の典型パターンから、DXを実現すべくITシステムを構築していく上でのアプローチや必要なアクションを示す。 2018年策定の構成案• DX の位置づけ• 経営戦略とDXの関係• 事業のビジネス・モデルや価値創出の具体化• 戦略方針について社内組織との共有• スピーディーな対応を可能とする変革• 体制・仕組み• ITシステムの基本構想の検討体制• 経営トップのコミットメント• 新たなデジタル技術活用におけるマインドセット• 事業部門のオーナーシップ• ユーザ企業自らの選択・判断能力• ユーザ企業自らの要件定義能力• 評価・ガバナンスの仕組み• 実行プロセス• 情報資産の分析・評価• 情報資産の仕分けと移行プランニング• レガシー刷新後のシステム: 変化への追従力• 経営者自らによるプロジェクト管理• DXの取組の継続 ContinuousNext戦略 [ ] 2018年11月、ガートナージャパン株式会社は、「ContinuousNext」のアプローチを取り入れることを提唱。 CIOが取り組むべきこととして以下の5項目を挙げている。 プライバシー - プライバシー管理プログラムを担当する責任者を配置し、セキュリティ侵害を速やかに検知・報告し、個人が自身のデータをコントロールできるようにする。 拡張知能 - 高度なAIに基づくシステム、プロセス、ロボティクスと 協働することで、従業員はより大きな影響力を発揮できること。 ただし組織文化の変革を大規模な取り組みとして実施する必要はなく、また改革は必ずしも難しいものではない。 プロダクト管理 - ガートナーの2019年CIOアジェンダ・サーベイにおいて、先進企業がプロジェクト中心ではなくプロダクト中心のデリバリを実践している可能性は、ほかの企業に比べて2倍高いことが明らかになっ ている。 - デジタル・ツインは、多くの場合、センサやコンピュータ・モデリングを介してジェット・エンジンや風力タービンなどの物理的なモノを管理するために使用されている。 デジタルへの移行は官民とわず既存の運営モデルを破壊しつつある。 新しいモデルは、組織にとっても価値あるものとなり、変化に適応できる体制が求められている。 脚注 [ ]• Umeo University. 2018年11月18日閲覧。 Clint Boulton. Nikkei Business Publications, Inc.. 2018年11月18日閲覧。 Yahoo Japan Corporation.. 2018年11月27日閲覧。 SB Creative. 2018年12月11日閲覧。 デジタルトランスフォーメーション研究所. 2018年11月8日閲覧。 Gartner. Gartner. 2018年12月11日閲覧。 IBM. IBM. 2018年12月11日閲覧。 SATORIマーケティングブログ. SATORI. 2018年12月11日閲覧。 経済産業省. 2018年12月11日閲覧。 情報ガバナンス研究室. 2019年7月22日閲覧。 DZNetJapan. ASAHI INTERACTIVE. 2018年12月11日閲覧。 GartnerJapan. Gartner. 2018年12月11日閲覧。

次の

Digital disruption (デジタル・ディスラプション) : 破壊的イノベーションの次世代戦略

ディス ラ プション 意味

デジタル・ディスラプションのケーススタディ 一部の産業だけではない あらゆる業界で起こる破壊と創造 デジタル・ディスラプションと聞いて、ピンと来ない人も多いかもしれません。 しかし具体例を聞けば、デジタル・ディスラプションを経て私たちの今の生活があることが理解できるでしょう。 例えば、伝達手段。 かつて、離れた場所にいる人に何かを伝達するとき、最もポピュラーな手段は手紙でした。 しかし、今はどうでしょう。 ポケベルやEメールの時代を経て、今ではアプリ内でのコミュニケーションが主流になっています。 電話も同様で、公衆電話や固定電話だったものが携帯電話に代わり、今ではアプリでのインターネット通話を利用する人も少なくありません。 月額などで利用できる、インターネットを通じたサブスクリプション型ビジネスも増えました。 これまではCDやDVDを一枚一枚買ったり借りたりしていましたが、今ではクリック一つで音楽や動画を楽しめるようになっています。 シェアリングエコノミーと呼ばれているUberやAirbnbは、タクシーやホテル・旅館業界にとって脅威になっています。 デジタル・ディスラプションは、人事業務の中でも起こっています。 まずは、採用業務。 人材を募集するために、求人広告を紙媒体に出稿したり掲示板に張り出したりしていましたが、今やほとんどの企業がまず自社HPや求人情報サイトなど、インターネット上に情報をアップします。 また、手書きのエントリーシートの提出を求める企業はあっても、書類全てを紙の状態で管理している企業は少なくなりました。 データを分析することで、自社で活躍する人材の見極めに役立てられるツールなども登場しています。 労務管理はどうでしょうか。 昔は出社時間、退社時間を紙に記入したり、タイムカードを切ったりしていましたが、今ではPCのログイン・ログアウト時間の記録を取り、勤務時間の詐称申告ができないように工夫している企業もあります。 AIやブロックチェーン技術の開発は、今もなお進み続けています。 いつ、次なるデジタル・ディスラプションが起こってもおかしくありません。 「破壊と創造」は一部の産業だけで起こっているのではなく、ほぼすべての業界がデジタルテクノロジーによって姿を変えています。 こうした環境の変化に対応できるよう、企業には柔軟性を高めることが求められるでしょう。 記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。 以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。 『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。 予めご了承ください。 ・第三者の名誉または信用を毀損するもの ・第三者を誹謗・中傷するもの ・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの ・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの ・第三者の権利または利益を侵害するもの ・公序良俗に反する内容を含んだもの ・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの ・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの ・差別につながるもの ・事実に反する情報を記載するもの ・営利目的の宣伝・広告を含んだもの ・その他、内容が不適切と判断されるもの 3. 氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。 絶対に記載することのないよう、ご注意ください。 掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。 ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物 メールマガジン、印刷物 などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。 OK あわせて読みたい 語源は英語で「変革する」「刷新する」という意味の動詞innovateの名詞形innovation。 経済活動において既存のモデルから飛躍し、新規モデルへと移行することを意味します。 日本語ではよく「技術革新」の同義語として使われますが、本来は新しい技術を開発するだけでなく、従来のモノ、しくみ、組織など... リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。 主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。 「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。 人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、... 関連する記事.

次の

既存産業を破壊するデジタル・ディスラプションとは?

ディス ラ プション 意味

デジタル・ディスラプションという言葉が定着して久しい時代となりました。 とはいえ、デジタル・ディスラプションという単語から連想されるイメージとしては、「iPhoneなどスマートフォンのイメージ」あるいは「Appleのような世界的大企業のイメージ」といった特定の分野のみを連想される方が多いのではないかと思います。 今回は、そのようなデジタル・ディスラプションの現象について定義を確認するとともに、これまでの歴史や変遷についてご紹介したいと思います。 デジタル・ディスラプションとは~定義の再確認 PayPal創業者のピーター・ティール著 『』 によると、ディスラプションとは、元々、シリコンバレー発祥の造語で、「企業が新しいテクノロジーを使用してローエンド製品(低性能・低価格な製品)を開発・改良した結果、既存のハイエンド製品(高性能・高価格な製品)にとって替わる製品を生み出す現象」について描写する言葉でした。 具体的には、PCの台頭によって大型コンピューター市場が破壊(ディスラプト)された現象、そしてモバイルがPC市場を破壊した現象を物語るものでした。 しかし今では、とにかく目新しいものや、トレンドの最先端をいくもの全てが「ディスラプション」というキーワードで形容されている傾向があると指摘しています。 この傾向は、デジタル・ディスラプションにも当てはまります。 の定義によると、デジタル・ディスラプションとは、新しいデジタル・テクノロジーやビジネスモデルによって、既存製品・サービスのValue Proposition(バリュープロポジション)が変化する現象をさすものでした。 しかし近年では、最新のデジタル・テクノロジーを使用している製品あらゆるものに使用される傾向があり、この傾向は、従来の「デジタル・ディスラプション」の意味をはき違えているといいます。 こうした近年の傾向を把握しておくことで、「ディスラプション」という言葉に無意味に踊らされることはなくなるでしょう。 デジタル・ディスラプションの事例~コダック社倒産にみる既存マーケットプレイヤーの変化 デジタル・ディスラプションという単語が定着したのはこの数年間ですが、デジタル・ディスラプションの現象自体は、実は1990年代から起きていました。 ここでは、古典的事例として米コダック社の事例を紹介しましょう。 コダックは、20世紀にはカメラ市場において圧倒的なシェアを占める主要企業の一つでしたが、1990年代後半にデジタルカメラの登場以降、顧客や顧客の期待値の変化に対応し続けることができませんでした。 従来のカメラよりも利便性の高いデジタルカメラの台頭により、徐々に顧客の嗜好が変化していきました。 一部の企業は、このようなユーザーのニーズの変化をいち早くキャッチし、デジタルカメラの製品開発に注力するようになりました。 ソニー、キャノンが顧客のニーズの変化に対応し、デジタルカメラの開発へと戦略をシフトしていく中、コダックは変化に対応せず、従来のカメラ製品で生き残りを賭けました。 次第にマーケットシェアを失うも、コダックは従来の製品にこだわりつづけ、2012年にはついに倒産してしまいました。 以降、様々な分野でデジタル・ディスラプションが生じ、多くの業界でマーケットプレイヤーの変化が起きましたが、デジタルカメラの台頭はこのデジタル・ディスラプションの流れを筆頭するものであったと思います。 スタートアップ企業はディスラプターを目標にするべきではない!? スタートアップ企業にとっては、「ディスラプター」という呼称を得ることにより、世間から注目を集めることができそうな印象を受ける方もいるかもしれません。 しかし、『』では、スタートアップ企業は無闇にディスラプターになることを目標にすべきではなく、できる限り既存のマーケットプレイヤーと競争をしない分野でのビジネス展開を目標にすべきであると説いています。 実際、著者のピーターは、PayPalのビジネス展開において、当時既存のマーケットプレイヤーであったVisaに対し、あえて真っ向から競争しない分野でのペイメントビジネスを展開したことを例に挙げています。 シリコンバレーにおいても、これまで多くのスタートアップ企業がディスラプションという言葉に憑りつかれたかのように、「ディスラプター」になることを目標にしてきました。 しかし、本当に新しいサービスを世の中に生み出したいのであれば、既存企業をベンチマークにすること自体が得策ではない、というのがピーターの主張です。 一方、日本国内においては「ディスラプション」「デジタル・ディスラプション」いずれも言葉の定義や理解が曖昧である故に、とりあえず知名度を上げるため、ディスラプターの称号を得ることが良いことであるかのように認識されてしまっている風潮があるように思います。 しかしながら、「ディスラプター」として既存のマーケットプレイヤーに挑戦を挑むことは、あくまでも戦略の一つに過ぎず、しかも万能策ではないということです。 デジタル・ディスラプション時代のマーケティング担当者の心構え 今更ではありますが、デジタル・ディスラプションという現象自体、現代社会において孤立して生じているものではなく、様々なテクノロジーの発達と密接に関連して生じている現象です。 近年のテクノロジー発達の結果、『』の著者であるリンダ・グラットンは、現代のテクノロジー社会の傾向として、以前であれば企業内に存在していた中間管理職やミドル層のポジションが業務自動化の結果として消滅し、若手にとってキャリアステップの見えにくい社会になっており、この傾向は今後も続くであろうと指摘しています。 そのため若手社員にとっては、自らキャリアを切り開く努力が必要とされる時代になっています。 企業のマーケティング部門やマーケティング担当者としての心構えについては、以前の記事、や、などにも記載した通り、ユーザーのニーズを正しく理解することが第一であることには変わりません。 いずれにせよ、変化の激しいテクノロジー社会においては、マーケティング担当者には常に最新の情報にキャッチアップすることが求められます。 では、マーケティングオートメーション領域の最新動向をお伝えすることはもちろん、他社との合同セミナーも随時開催しているため、デジタルマーケティングの最新動向を効率的に把握するのに適しています。 キャリアアップを志す若手の方のご参加はもちろん、企業の経営層の方にも広くご参加いただいているイベントです。 <参考文献> ・Peter Thiel and Blake Masters. 2014. Zero to One : Notes on Startups, or How to Build the Future. United States: Crown Business. ・ Definition from WhatIs. com, digital disruption, 2017. [Online]. , 2016. [Online]. Available: [Accessed: 21- Aug- 2017] ・Daniel Franklin. 2017. Megatech: Technology in 2050: Work and the rise of machines, edited by Lynda Gratton, pp. 187-194. United Kingdom: The Economist. PROFILE.

次の