ソフトバンク 電気。 ソフトバンクでんきは実は割高!?メリット・デメリットを徹底解説

ソフトバンクでんきの電気料金プランと特徴・評判

ソフトバンク 電気

「ソフトバンクでんき」ってどんなサービス? 「ソフトバンクでんき」は、電力自由化によってできた電気の小売業者です。 電力自由化とは、これまで東京電力など数社によって販売が限定されていた電気を、そのほかの事業者でも販売できるようにしようという制度のことです。 この自由化が行われてから大小さまざまな電力事業者が出来ており、「ソフトバンクでんき」はその事業者のひとつで、ソフトバンクが「ソフトバンクでんき」をスタートさせたのは2016年4月になります。 それ以降、さまざまなプランやサービスをスタートさせていますが、電力会社のエリアによって選べるプランなどが異なり、消費者に分かりずらくなっているので詳しくご説明します。 「ソフトバンクでんき」の各種料金プランについて 「ソフトバンクでんき」は• 自然でんき :北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・四国電力・九州電力• おうちでんき:東北電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力 の2つの料金プランが用意されていて、以上のようにお住いの電力会社のエリアによって選べるプランが分かれています。 また、東京電力のエリアでは「自然でんき」プランの他に、電気の利用量で選べる下の2つの料金プランがあるので、東京電力のエリアのみ、自然でんきとあわせて全部で3つのプランから選べるということになります。 バリュープラン• プレミアムプラン それでは、引き続きそれぞれのプランをさらに詳しく見ていきましょう。 自然でんき 自然でんきは「北海道電力」「東北電力」「東京電力」「中部電力」「関西電力」「中国電力」「四国電力」「九州電力」のエリアで利用でき、基本料金が0円の利用量に沿って料金が請求されるプランです。 電力の多くを再生可能エネルギーで発電した電力で供給されているのが特徴で、利用者が選んだ団体にソフトバンクから一定額が寄付されるため、再生可能エネルギーを支援したい方にはおすすめの料金プランです。 2017年11月から「東京電力」「関西電力」エリアの料金が値下げされ、より利用しやすくなっています。 各エリアごとの料金は以下を参照してください。 また、自然でんきはソフトバンクのオプションサービスの「おうちレスキュー」が2年間付くので、水まわり・ガラス・カギのトラブル時に応急処置を無料でしてもらえます。 おうちでんき おうちでんきは、「東北電力」「中部電力」「関西電力」「中国電力」「四国電力」のエリアにお住まいの方が契約できるプランです。 ソフトバンクユーザーだとスマホ・携帯・ネット回線・タブレットの1回線あたり100円が毎月割引になり、さらに電気代が従来より毎月1%割引になります。 また、自然でんきと同様に「おうちレスキュー」というサービスも2年間無料でついてきます。 このプランの特徴は、ソフトバンクの他のサービスと併せて毎月の利用料金がお得になることです。 東京電力エリアでのみ選べるプラン 東京電力のエリアには、自然でんきのほかに「バリュープラン」と「プレミアムプラン」というプランを選ぶことができます。 バリュープラン :300KWhまで7,020円 300KWh超から400KWhまで1KWhごとに25円89銭• プレミアムプラン:400KWhまで9,700円 400KWh超から1KWhごとに29円04銭 東京電力エリアでのみ選べるプランの一覧 バリュープラン• 3・4人家族の 比較的電気を使う家庭向け• 電気を使うほど電気料金の単価が少なくなる• 基本料金は使用したピークの電力量によって決まる• 電力量のピークを抑えることで、基本料金を抑えることが可能• スマホなどとセット割が受けられる• 毎月定額に満たないの未使用分の電気が発生した場合は Tポイント1,000ポイントまたは、データ量3GBが付与される プレミアムプラン• バリュープランよりもさら に多くの電力を使う5・6人家族向け• 基本料金は使用した電力のピークによって決まる• 大量に使うために電力の単価が安くなるよう設定されている• 利用量に合わせてTポイントがたまる• ソフトバンクでんきを利用するメリットは? ソフトバンクのスマホやネット回線を契約している方は、毎月の回線料金が割引きになるのが大きなメリットです。 プランにより割引き方法と金額が変わります。 ソフトバンクユーザーのお得な割引き一覧 東北電力・中部電力・関西電力 中国電力・四国電力 おうちでんき:家族のソフトバンク回線1回線につき100円割引き 東京電力 バリュープラン :ソフトバンク回線1回線のみ200円割引(2年間) プレミアムプラン:ソフトバンク回線1回線のみ300円割引(2年間) 東京電力のプランは、家族に何人ソフトバンクユーザーがいても1回線分の割引きにしかなりませんが、その他の電力会社のおうちでんきは、家族でソフトバンクスマホユーザーが多いほど、お得になるように設定されています。 また、携帯・スマホやネット回線を口座振替やクレジットカード払いにしている場合、ソフトバンクでんきもまとめて支払う事ができるので便利です。 ソフトバンクでんきを利用するデメリット ソフトバンクでんきを利用して思わぬデメリットに遭遇しないために、以下の点にも目を通しておいてください。 場合によっては電気料金が高くなってしまうことも お住まいのエリア・利用状況によっては、ソフトバンクでんきを利用した方が割高になってしまう場合もあります。 電気をあまり使わない家庭は、特にその傾向が強いので、自然でんき以外は現在お使いの電力会社で使用量と料金の確認を事前に行った上で、ソフトバンクでんきに乗り換えるかどうかを検討した方がいいでしょう。 解約金が発生することもある 2年契約の途中で解約することで解約違約金が発生するプランもあります。 解約に関する手数料などはいつどのタイミングで発生するのかを、契約の前にしっかりと把握してから契約するようにした方が安心です。 地域によって受けられるサービスに差がある ソフトバンクでんきでは、地域によって提供されているサービスが大きく異なります。 例えば東京電力を利用している地域の場合、「自然でんき」や「バリュープラン」「プレミアムプラン」など多様な料金体系が選択できますが、それ以外の地域だと「自然でんき」か「おうちプラン」のどちらかしか選択肢がありません。 また地域によっても電力の単価が異なり、地域によっては今までより電気料金が上がってしまうこともあります。 ソフトバンクのネット・携帯・スマホユーザーさんにとってお得が多いソフトバンクでんき ソフトバンクでんきは、電力自由化に伴って始動したソフトバンクの電力事業で、独自の料金プランを持ちソフトバンクの他のサービスと併せることでよりお得になる電気サービスです。 場合によっては、従来の電気料金よりも割高になってしまうこともありますが、ソフトバンクの他のサービスを利用している方であれば、ソフトバンクにまとめて様々なメリットが受けられるのでおすすめです。 主な割引き特典• 「ソフトバンクでんき」とセットでスマホや携帯を契約するとプランにより通信料金を割引き• 「ソフトバンクでんき」とスマホまたはネット回線のセットでおうち割でんきセットが適用に• 利用料金に合わせてTポイントが付与される 一方でソフトバンクを使っていないユーザーや、ソフトバンクにサービスをまとめていない世帯、電気使用量が少ない世帯にはメリットが少ないサービスでもあります。 「ソフトバンクでんき」の契約を検討する際は、ご自身の使用状況をしっかりと把握し、料金シミュレーションを事前にしっかりしてから契約するようにしましょう。 ソフトバンクのスマホ・携帯利用者でネット回線がまだソフトバンクでない方は、以下の代理店から申し込むとキャッシュバックでお得です。

次の

新電力「ソフトバンクでんき」の特徴と電気料金プランとは|【enepi

ソフトバンク 電気

関連記事• 特徴 ・「再生可能エネルギー82. ソフトバンクは東日本大震災後から、全国各地に太陽光発電所の建設を進めてきました。 そうした自社グループの発電所の電気をフル活用することで実現したのが、「自然でんき」です。 自然でんきの他、主にソフトバンク契約者に東京電力などと手を組んで提供している「」などのブランドも展開していますが、この記事では主に「自然でんき」について解説していきます。 同じく自然派を売りにしていると似ていますね。 地域別 乗り換えでいくらお得になる? 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。 一方、いずれの地域でも使用量が少ない一人暮らし世帯は割高になるので注意してください。 なお、スマホとのセット割引きはありません。 セット割があるのはソフトバンクでんきの「おうちでんき」です。 関連記事• ソフトバンクでんきの評価 ソフトバンクでんきについて気になる点や注目すべき点を紹介します。 解約時の違約金は? 気になる解約時の違約金ですが、 発生しません。 契約したけど気に入らなかった、料金が高かったという場合でも安心です。 環境面 「再エネ82. ソフトバンクでんきがいう「再エネ」は、実はFIT電気と呼ばれるものです。 これは太陽光発電などの再エネで作られた電気であることに違いはないのですが、 制度上は再エネとして扱うことが出来ない電気です。 FIT電気は国民全体で負担している「再生可能エネルギー発電賦課金」というお金を使って高値で買い取られた電気です。 国民が費用負担をしているため、FIT電気を使う人が再エネの「エコ」という価値を独占することが制度上認められていません。 経産省の委員会では「FIT電気はグリーンではなくグレーに近い」との発言も出ており、再エネと扱うには問題があります。 詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。 関連記事• そもそも FIT電気をいくら使っても再エネの導入拡大や、CO2削減に貢献しません。 FIT電気の比率の高さをアピールしてエコなイメージを与えるのは問題があると思います。 なお、1kWhあたりのCO2排出量は559g 2017年度実績CO2排出係数 と、東電や中電、関電といった大手電力会社と比べて多いです。 関連記事• 駆けつけサービスが無料付帯 「おうちレスキュー」というサービス名で、自宅のトラブルが発生した場合に無料で24時間・365日駆けつけてくれるサービスを2年間無料で利用できます。 水回り、鍵、ガラスが発生した際に、出張料・作業料なしで対処してくれるサービスです(部品代などは別途発生) ちょっとしたトラブルでも、1回で1万円くらい取られてしまいますから、それが無料になるのはとても大きいですね。 このサービスだけでもソフトバンクでんきと契約する価値は多いにあります。 関連記事•

次の

ソフトバンクでんきってお得なの?料金から割引特典まで徹底解説!

ソフトバンク 電気

関連記事• ガス自由化に参入していないソフトバンク ソフトバンクガスは実現していない 2017年にガス自由化が行われて既に3年が経過していますが、現在のところソフトバンクガスは実現していません。 は自社でガス自由化に参入せず、各地の大手電力会社と提携してガス料金プランを提供していますが、ソフトバンクではそうした動きも無く、ソフトバンクでんきとガスのセット料金プランはありません。 ソフトバンクショップ 以前はガス自由化参入をにおわせていた ソフトバンクの宮内CEOは、2016年1月に行われたソフトバンクでんきの発表会にて、「エネルギー関係で自由化されたものについては取り組んでいきます。 」と発言しています エネルギーで自由化されたものといえば、電気の他にも都市ガスやプロパンガスなどがあり、この時点ではソフトバンクはガス自由化への参入を検討していたとみられます。 ガス自由化に参入する可能性は? ガス自由化に参入するにあたって、ガスの製造工場や保安体制の整備など、多額の設備投資を必要とします。 それが参入企業が増えない最大の原因とされています。 ソフトバンクはITや通信の会社ですから、当然ガスの製造工場などは持っておらず、それが参入できない障壁となっていた可能性があります。 ですが昨今は東京電力とニチガスが共同設立した会社が提供しているプラットフォームを利用することで、それほど規模が大きくない企業がガス自由化に参入する例が相次いでいます。 ソフトバンクについても同じように外部の企業と提携することで、ガス自由化に参入することが可能です。 ソフトバンクユーザーにおすすめのガス会社は ソフトバンクでんきとのセット割引は無い スマホやネット回線とのセット割引で人気を集める(おうちでんき)ですが、今のところガスとのセット割引はありません。 は各地の電力会社と提携してお得なガス料金プランを提供していますが、ソフトバンクではそうした外部企業との提携もありません。 関連記事• 単純にガス代だけで安くなる会社を探そう 電気・ガスあるいは通信サービスとのセット割引は無いため、シンプルにガス料金だけで安くなるガス会社と契約するのがおすすめです。 以下の記事で地域ごとに、各社の料金プランを比較出来るので参考にしてください。 ガスだけで安くなる会社はたくさんあります。 関連記事• 関連記事•

次の