奥川 恭伸 彼女。 奥川恭伸プロ鮮烈デビュー!この日を忘れない!そのとき父は【2020.6.20】|あなたとつながりたい!懸け橋ノート

奥川恭伸のドラフト評価は?球速球種彼女や出身校も調べてみた!

奥川 恭伸 彼女

いきなりの自己最速タイとなる154キロを初球から計測。 1日早い「父の日」のお祝いへ。 「ひとまずきょう登板できたので、しっかりと報告したい」と2奪三振の内容に笑顔がはじけた。 2軍西武打線を相手に、初めてのゲームマウンドで手玉に取った。 いきなり154キロの速球で空振りストライクを奪うと、その後は遊飛に。 初めてのアウトを奪うと、笑顔があふれた。 さらに続く綱島には内角を鋭くえぐる直球で見逃し三振。 最後は高木も149キロの直球で空振り三振に打ち取り、初舞台を1回無安打無失点、2奪三振の内容でまとめた。 待ちに待ったデビュー戦は、イースタンの開幕戦のまっさらなマウンドだった。 テーマは「これまで取り組んだことをマウンドで出す」こと。 内容重視の14球の中で、圧巻の結果も伴った。 1軍戦は速報などでチェックしているといい、揺るぎない目標へまた一歩前進。 「今日はよかったんですけど、これをしっかり継続していけるように。 調整じゃなく、強化ということをテーマにおいてやっていきたいです」と頼もしい言葉で一日を締めくくった。 外部サイト.

次の

奥川恭伸のドラフト評価は?球速球種彼女や出身校も調べてみた!

奥川 恭伸 彼女

奥川恭伸の性格が良すぎる? 2019年夏の甲子園で準優勝した石川県の星稜高校。 注目されたのは、星稜高校のエース:奥川 恭伸 投手。 前評判通りのピッチングを魅せ 、プロ野球界の評価も上がり、今秋のドラフト会議での1位指名がほぼ確実視され、見事3球団のドラフト1位指名を受け、ヤクルトに入団が決定しています。 奥川恭伸投手はどういった性格をしているのでしょうか? やはりスポーツ選手だと、「プライドが高く、負けん気が強い」というイメージばありそうですが、実際のところどうなのでしょうか? 以前、テレビのインタビューで奥川恭伸投手は 、 「注目されるのは凄く恥ずかしい」 「ドラフト1位でプロに行くのを目標にしています」 と答えていることから、強気な面と謙虚な面を併せ持っているように思えます。 また自身が高校ビック4と呼ばれていることについて、 「佐々木(朗希)君と横並びにされるのは恥ずかしい」 「ビッグ4なんて僕は降ります」 とあまりテレビ向けなコメントを考えているようにも思えます。 あまり強気なことを言うと、「性格が悪い」と炎上しそうですからね。 「強気」と「謙虚さ」の両方が野球選手はもちろん、スポーツ選手に必要なのは間違いないとは思います。 奥川恭伸投手の出身地ですが、石川県かほく市という所で、 かほく市は、石川県の中部に位置しています。 金沢市内に通勤・通学している人も多いとか。 そんな 奥川 恭伸 投手ですが、 宇ノ気小学校の 3年生の時に、宇ノ気ブルーサンダーで野球 を始めました。 星稜高校でバッテリーを組んでいる 、 キャッチャーの 山瀬慎之助 選手とは、このころから一緒にプレーしています。 宇ノ気中学校 に進学後も、 奥川・山瀬バッテリーは健在で、中学校 3年生の時には全国大会優勝を経験。 星稜高校に進学後は、1年生のころからベンチ入りし、秋の大会から活躍。 (始球式は高校の大先輩にあたる松井秀喜さんでした) その後のU-18選抜では、並み居る3年生の中で、唯一の2年生として選ばれています。 奥川恭伸投手経歴がすごい? 奥川恭伸投手ですが、野球を始めた当初から投手だったようです。 先の続きを書きますと、新チームになって臨んだ 秋の北信越大会準々決勝で 10連続奪三振を記録するなど活躍し、チームの優勝に大きく貢献。 続く明治神宮大会でも抜群の投球を披露し準優勝。 2019年夏の甲子園金沢大会では、自己最速の158㎞をマーク。 夏の甲子園では、 初戦で は完投勝利。 3回戦の智辯和歌山線では、延長14回を投げぬき23奪三振を記録し、チームも勝利。 その後決勝戦 まで進みますが、 惜しくも敗退し、準優勝に終わっています。 奥川恭伸プレースタイルや球種や急速がすごい? 奥川恭伸投手の球種ですが、ストレート・ フォーク、カーブ、チェンジアップ を持っています。 甲子園では試合後半でも150㎞以上を連発。 実はプロの選手でも試合後半で150㎞台を連発する投手は、少ないです。 投手としてのスタミナがあるのは間違いなさそうです。 スライダー 、フォーク で空振りも取れます。 奥川恭伸投手の特徴としては、コントロールの良さがあり、フォアボールが非常に少ない。 ID野球でヤクルトの黄金時代を築いた野村克也元監督は、「投手はスピードよりコントロール」と持論を展開しています。 確かにいくら球が速くても、ストライクが入らないと意味がないですからね。 あえて奥川恭伸投手の課題を挙げるとすれば、「クイックモーション」です。 ランナーを背負った時にセットポジションで投球することで、盗塁を防ぐ技術ですが、 プロ野球の世界では 1. 2秒台が及第点とされますが、奥川恭伸 投手 の場合1. 6秒前後となっており、 今の時点では遅い部類になっています。 これは今後プロ野球に入ったら修正されていくでしょう。 (たぶん投手コーチが指摘します) でないと、盗塁され放題なので。 奥川恭伸投手は、どちらかと言えば立ち投げのイメージがあり、下半身が使えてないというプロの関係者がいます。 投げ方で言うと、前田健太投手(ドジャース)に近いかもしれません。 今後、下半身を鍛えてうまく使えるようになれば、将来は末恐ろしい存在になるかと思われます。 スポンサーリンク 奥川恭伸ドラフト会議で1位指名の予感?評価がすごい? 奥川恭伸投手が今秋のドラフト会議で1位指名を受けるのは、ほぼ間違いないと書きましたが、プロ野球関係者の評価はどうなのでしょうか? 12球団のスカウト関係者の奥川恭伸投手の評価をまとめると、 「即戦力になれる」 「1位は間違いない」 「完成度が高い」 「将来、日本を代表する選手になれる」 「球威だけでなく制球力も抜群」 「田中将大(ヤンキース)の高校時代と遜色ない」 と最高級の評価をしています。 また、巨人のエース菅野智之投手は、 「 天性の腕の使い方をしている。 フィールディングもめっちゃうまい。 あれは上物ですよ。 (プロ後のローテ入りにも)余裕 でしょう。 」 去年、U-18でチームメイトになった吉田輝星投手(日本ハム)は、 「僕より球が速いですよ。 高校2年生(当時)が投げる球じゃなかった」 と 現役選手も 太鼓判。 また、横浜高校の元監督で松坂大輔投手(中日)、筒香嘉智選手(横浜DeNA)などを育てた渡辺元智さんは、 「佐々木(朗希)君は江川卓、奥川君は松坂大輔」 と話しており、自身の教え子で 、 1998年に春夏甲子園連続優勝をした松坂大輔投手の高校時代 と遜色ないと評価。 ここまで評価が高い選手も近年ではかなり珍しいですよね。 奥川恭伸はドラフト会議で行きたい球団がある? ここまで高評価の奥川恭伸投手は行きたいプロ球団はあるのでしょうか? 奥川恭伸投手本人は、 「 指名していただけるのであれば、どの球団でもうれしいです。 プロ野球選手はみんな凄い人だと思うし、凄い世界でやっていると思います。 巨人の菅野(智之)さんが石川大会での投球を褒めていた? 菅野さんはその中でも際立って凄い。 すべてのボールが一級品ですし、将来はああいう投手になれたらというのはあります。 行きたくない球団? いや、本当にどの球団でもうれしいです」 と12球団OKと宣言。 まあ選手に球団を選ぶことが出来ないという背景もあるんですよね。 ちなみに高校球児の中で一番人気の球団は、 福岡ソフトバンクホークス でした。 最近の成績と高年俸の選手が影響していいますかね。 育成選手だった千賀滉大投手や甲斐拓也選手が1軍で活躍していることもあり、ちゃんと育ててくれるというイメージもあるのでしょう。 逆に選手層が厚すぎて、活躍できそうにないと敬遠する球児もいました。 逆に不人気球団なのが、 阪神タイガース。 成績が悪かったりすると、ファンのヤジが凄いので、メンタルが病みそう という意見も。 近年だと、大阪桐蔭高校出身の藤浪晋太郎投手が制球難で低迷していることも、育成がうまくないのではないかというイメージを与えているのかもしれません。 その藤浪晋太郎投手と高校時代にバッテリーを組んだ1学年下の森友哉選手は、西武ライオンズに入団し、 今年は 首位打者のタイトルも見えてきました。 (8月はMVPを獲得) 選手にとっては行く球団によって、活躍できる か、 できない か というのがありますし、 良い指導者に巡りあえるかというのもあります。 田中将大投手も楽天に入団し、野村克也監督 (捕手出身) 、星野仙一監督 (投手出身) などの良い指導者に巡り会えた ことが 、 現在のメジャリーグでの活躍につながっているのかもしれません。 とはいっても一番は本人の努力であるのは間違いないでしょう。 追記:奥川恭伸選手はドラフト会議で巨人、阪神、ヤクルトからドラフト1位指名を受けました!さすがでした! 入団先はヤクルトへ決定!今後も楽しみです! 奥川恭伸まとめ 奥川恭伸投手ですが、今の時点でプロ志望届を提出していません。 今年のドラフト1位指名は、 奥川恭伸投手、佐々木朗希投手、森下暢仁(まさと)投手 の3人で票が割れると予想されています。 しかし、佐々木朗 希投手はU-18大会で思ったよりも体が出来ていないことから、指名を回避する球団が増えるとの予想もあります。 森下暢仁 投手は大学ナンバー1投手との呼び声高く、即戦力とも言われていますので、奥川恭伸投手、佐々木朗希投手の競合を嫌った球団が1位指名するかもしれません。 去年は野手メインのドラフトでしたが、今年は投手メインになりそうなので、楽しみにしておきましょう。 以上、ここまでお付き合いありがとうございました。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

奥川恭伸の彼女&結婚情報!別格だった中学・高校時代がヤバすぎる!性格と愛用グローブも徹底調査!

奥川 恭伸 彼女

タグ アリエル・ミランダ・ギル 美間優槻(みまゆうき) 石川柊太(いしかわしゅうた) 砂川リチャードオブライエン(すながわリチャードオブライエン) 福田秀平(ふくだしゅうへい) 福留孝介(ふくどめこうすけ) 秋山幸二(あきやまこうじ) 秋山翔吾(あきやましょうご) 笠原大芽(かさはらたいが) 笠谷俊介(かさやしゅんすけ) 糸井嘉男(いといよしお) 能見篤史(のうみあつし) 真砂勇介(まさごゆうすけ) 若田部健一(わかたべけんいち) 茂木栄五郎(もぎえいごろう) 藤川球児(ふじかわきゅうじ) 藤浪晋太郎(ふじなみしんたろう) 西勇輝(にしゆうき) 西川愛也(にしかわまなや) 西田哲朗(にしだてつろう) 谷川原健太(たにがわらけんた) 辻発彦(つじはつひこ) 矢野燿大(やのあきひろ) 甲斐野央(かいのひろし) 野村大樹(のむらだいじゅ) 清水陸哉(しみずりくや) 森友哉(もりともや) 森唯斗(もりゆいと) 椎野新(しいのあらた) 武田翔太(たけだしょうた) 水谷瞬(みずたにしゅん) 永江恭平(ながえきょうへい) 江川智晃(えがわともあき) 泉圭輔(いずみけいすけ) 浅村栄斗(あさむらひでと) 渡邉陸(わたなべりく) 甲斐拓也(かいたくや) 渡邊勇太朗(わたなべゆうたろう) 源田壮亮(げんだそうすけ) 熊代聖人(くましろまさと) 片耳・フェイスガードヘルメット 牧原大成(まきはらたいせい) 王貞治(おうさだはる) 田中正義(たなかせいぎ) 田城飛翔(たしろつばさ) 田浦文丸(たうらふみまる) 近本光司(ちかもとこうじ) 金子侑司(かねこゆうじ) 栗山巧(くりやまたくみ) 吉川光夫(よしかわみつお) 中田翔(なかたしょう) 西川遥輝(にしかわはるき) 宮西尚生(みやにしなおき) 中島卓也(なかしまたくや) 大田泰示(おおたたいし) 近藤健介(こんどうけんすけ) 有原航平(ありはらこうへい) 吉田輝星(よしだこうせい) 金子弌大(かねこちひろ) 上沢直之(うわさわなおゆき) 杉谷拳士(すぎやけんし) 秋吉亮(あきよしりょう) 堀瑞輝(ほりみずき) 鶴岡慎也(つるおかしんや) 渡邉諒(わたなべりょう) 柿木蓮(かきぎれん) 栗山英樹(くりやまひでき) プロ野球 杉浦稔大(すぎうらとしひろ) 宮台康平(みやだいこうへい) 清宮幸太郎(きよみやこうたろう) 斎藤佑樹(さいとうゆうき) 釜元豪(かまもとごう) 鳥谷敬(とりたにたかし) 長谷川勇也(はせがわゆうや) 関川浩一(せきかわこういち) 阿部慎之助(あべしんのすけ) 高橋光成(たかはしこうな) 高橋朋己(たかはしともみ) 高橋礼(たかはしれい) 高橋純平(たかはしじゅんぺい) 高田知季(たかたともき) 高谷裕亮(たかやひろあき) 黒瀬健太(くろせけんた) 川端慎吾(かわばたしんご) 山田哲人(やまだてつと) 村上宗隆(むらかみむねたか) 小川泰弘(おがわやすひろ) 奥川恭伸(おくがわやすのぶ) 石川雅規(いしかわまさのり) 高津臣吾(たかつしんご) 青木宣親(あおきのりちか) 高井雄平(たかいゆうへい) 寺島成輝(てらしまなるき) 中村悠平(なかむらゆうへい) 梅野隆太郎(うめのりゅうたろう) 栗原陵矢(くりはらりょうや) アルフレド・デスパイネ ・ロドリゲス 吉住晴斗(よしずみはると) 今宮健太(いまみやけんた) 内川聖一(うちかわせいいち) 内海哲也(うつみてつや) 則本昂大(のりもとたかひろ) 加治屋蓮(かじやれん) 十亀剣(とがめけん) 千賀滉大(せんがこうだい) 古澤勝吾(ふるさわしょうご) 古谷優人(ふるやゆうと) 吉村裕基(よしむらゆうき) 井口資仁(いぐちただひと) 周東佑京(しゅうとううきょう) 和田毅(わだつよし) 嘉弥真新也(かやましんや) 坂本勇人(さかもとはやと) 城島健司(じょうじまけんじ) 城所龍磨(きどころりゅうま) 堀内汰門(ほりうちたもん) 塚田正義(つかだまさよし) 増田珠(ますだしゅう) 今井達也(いまいたつや) 五十嵐亮太(いがらしりょうた) 外崎修汰(とのさきしゅうた) リバン・モイネロ・ピタ ウラディミール・バレンティン エルネスト・アントニオ・メヒア・アルバラード オスカー・ルイス・コラス・レオン カーター・スチュワート・ジュニア ザッカリー・シェリダン・ニール ジュリスベル・グラシアル・ガルシア デニス・サファテ ランディ・メッセンジャー リック・バンデンハーク ロベルト・アレキサンダー・スアレス・スベーロ 二保旭(にほあきら) 三森大貴(みもりまさき) 上林誠知(うえばやしせいじ) 中村剛也(なかむらたけや) 中村宜聖(なかむらたかまさ) 中村晃(なかむらあきら) 中村晨(なかむらしん) 中田賢一(なかたけんいち) 丸佳浩(まるよしひろ) 九鬼隆平(くきりゅうへい) 増田達至(ますだたつし) 大山悠輔(おおやまゆうすけ) 柳田悠岐(やなぎたゆうき) 杉山一樹(すぎやまかずき) 張本優大(はりもとまさひろ) 摂津正(せっつただし) 斉藤和巳(さいとうかずみ) 新垣渚(あらがきなぎさ) 日暮矢麻人(ひぐらしやまと) 明石健志(あかしけんじ) 木村文紀(きむらふみかず) 本多雄一(ほんだゆういち) 杉内俊哉(すぎうちとしや) 村松有人(むらまつありひと) 平井克典(ひらいかつのり) 東浜巨(ひがしはまなお) 松中信彦(まつなかのぶひこ) 松井裕樹(まついゆうき) 松坂大輔(まつざかだいすけ) 松本航(まつもとわたる) 松本裕樹(まつもとゆうき) 松田宣浩(まつだのぶひろ) 松田遼馬(まつだりょうま) 板東湧梧(ばんどうゆうご) 平良海馬(たいらかいま) 市川友也(いちかわともや) 大本将吾(おおもとしょうご) 山口俊(やまぐちしゅん) 大竹耕太郎(おおたけこうたろう) 大隣憲司(おおとなりけんじ) 奥村政稔(おくむらまさと) 奪Sh! (ダッシュ) 孫正義(そんまさよし) 寺原隼人(てらはらはやと) 小久保裕紀(こくぼひろき) 小澤怜史(こざわれいじ) 尾形崇斗(おがたしゅうと) 山川穂高(やまかわほたか) 工藤公康(くどうきみやす) 岡本健(おかもとけん) 岡本和真(おかもとかずま) 岩嵜翔(いわさきしょう) 岸孝之(きしたかゆき) 島袋洋奨(しまぶくろようすけ) 嶋基宏(しまもとひろ) 川原弘之(かわはらひろゆき) 川島慶三(かわしまけいぞう) 川崎宗則(かわさきむねのり) 川瀬晃(かわせひかる) 王柏融(ワン・ボーロン) 一般的に有力選手は硬式野球のシニアチームに所属することが多いのですが、奥川恭伸投手は軟式野球のプレイヤーとして中学時代を過ごしました。 その時に出会ったのが、後に星稜高校でもバッテリーを組む山瀬慎之介選手(現巨人)です。 息の合ったバッテリーでなんと全国大会を制覇しました。 この頃から大器の片鱗を覗かせていたんですね。 石川県の強豪・星稜高等学校に進学すると、 1年の春からベンチ入りして、 2年春から 4季連続で甲子園大会に出場しました。  2018年秋に明治神宮野球場で行われた明治神宮野球大会ではチームの準優勝に大きく貢献し、翌年の 2019年夏の甲子園大会でもチームを牽引し、チームを準優勝に導きます。 奥川恭伸の性格が知りたい! 奥川恭伸投手の周りのひといわく、普段の彼はシャイで、謙虚でとても好青年だと評判です。 あまり表舞台に出ることを好まないようで、ドラフト時に世代ナンバーワン投手だと持ち上げられても、そんなことないよと謙遜していたようです。 そんな彼もひとたびマウンドに立てば、打者と対峙する一人の勝負師に変貌します。 プロ入り後のキャンプでは、軽度の右ひじ炎症でノースロー調整(利き腕で球を投げるのを禁止)を強いられているにも関わらず、ついうっかり投げてしまうなど、投手としての本能は相当なものであるようです。 これからプロ野球で並み居る強打者と対戦するなかで、一人前の投手としてのマインドを身に着けていくことでしょう。 プロとしての第一歩を進み始めたばかりの奥川恭伸投手ですが、入団早々右ひじの軽い炎症で、本格的な投球練習は少し後ろ倒しになってしまいました。 高校を出てすぐの選手は、まだプロ野球選手としての体も出来上がっておりませんので、結果を急ぐことなく、長く野球選手を続けられるようなトレーニングをしてほしいですね。 プロ一年目から一軍の舞台で投げる機会は多くないと思われますが、ヤクルトの高津臣吾監督は若手選手の起用に前向きで、奥川恭伸投手の起用にも常々早めに投げさせたいと語っています。 奥川恭伸投手の成長に目が離せない一年になりますね! 今後も、奥川恭伸投手の性格が垣間見える一面がわかる情報が入り次第追記していきたいと思います。 グローブは野球選手の体の大切な一部ですから、グローブにもこだわって一流選手への階段を駆け上がってほしいですね。 今後も、奥川恭伸投手のグローブに注目していき、情報が入り次第追記していきたいと思います。 最後に 華々しいプロ野球選手の第一歩を踏み出した奥川恭伸投手。  今はまだ体を作っていく段階であるので、一軍の舞台で活躍が見れるのはもう少し先になるかもしれません。 しかし、あの田中将大投手も認めたほどの逸材は、必ずやプロ野球の歴史に残る選手になることでしょう。 今後も、奥川恭伸投手の成長と活躍に注目し、全力で応援していきましょう! 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の