バナナ 名前の由来。 松尾芭蕉の 芭蕉とは バナナの事ですよね! どうしてそんな名前をつけ...

8月7日「バナナの日」の由来と歴史、バナナの栄養効果について

バナナ 名前の由来

スポンサーリンク 「バナナの日」の由来と歴史 日本バナナ輸入組合が制定しました。 「8(バ)7(ナナ)」の語呂合わせです。 バナナの消費拡大を図るために記念日として広められました。 バナナの原産地は熱帯アジア、マレーシアです。 バナナのなる木は高さ数メートルという高さになりますが、実際には木ではなく、草本です。 そういう意味では果物というより野菜に分類されます。 最初は下へ向けて成長しますが、後から上に向くので、湾曲した形になります。 そういう育ち方をするなんて知りませんでした。 バナナの栄養効果 バナナは手軽に経済的に食べられて、甘くておいしいです。 人気のある食材ですよね。 その健康効果や美容効果ってどんなものがあるのでしょうか? スポンサーリンク 便秘解消 食物繊維が豊富で整腸作用があるので、腸の健康に効果があります。 代謝も活発になり、肌荒れや吹き出物も改善されます。 シミやシワ防止の美容効果 肌の細胞を活発にしてくれます。 活性酸素を抑えてくれますので、シミやシワになるのを防いでくれます。 アンチエイジング 肌の老化防止にもバナナの効果が期待できるようです。 バナナには豊富なビタミンが含まれています。 特にビタミンB群が多くて、紫外線対策に強い力を発揮してくれます。 皮膚の抵抗力も高めてくれます。 ビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどが主に含まれていて、野菜や果物の中では、トップクラスです。 身体の中からキレイにしてくれて、皮膚の表面からも守ってくれるバナナ。 アンチエイジング効果は絶大です。 季節を問わず、手に入りますし、いつでも食べられます。 皮も手で簡単にむけますので、食事をとる時間がないときなどには、バナナ1本でも十分代わりになりますね。 ただ、すぐに熟して黒くなってしまいますので、買ったら早めに食べましょう。 私のイメージとしては、バナナは朝から食べる果物という感じがします。 健康や美容の効果が期待できるバナナをどんどん取り入れていくといいですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 気になったこと質問などありましたら、下のフォームからコメント頂ければ嬉しいです。

次の

バナナのカロリーや糖質、ダイエット中の食べ方について徹底解説 │ Healmethy Press

バナナ 名前の由来

弟子の李下が芭蕉(それ以前は桃青(とうせい)を名乗っていました)の江戸・深川の庵に芭蕉を植えたからというのが俗説になっていますが、事実と異なります。 深川の庵に芭蕉が植えられたのは天和元年(1681年)であることが句集で確認できますが、既にその前年の延宝八年(1680年)に深川への引っ越しの際に、 柴の戸に茶を木の葉掻く嵐哉 はせを と芭蕉号を用いています。 この点につき「悪党芭蕉考」(嵐山光三郎)では、謡曲「芭蕉」から取ったのではないかとしています。 謡曲「芭蕉」に出てくる芭蕉の精は、古寺に棲む無常なる女の妖怪化身です。 このころ、芭蕉(桃青)は、自分の妾である寿貞と甥である桃印が駆け落ちするという経験をしています。 (深川へ引っ越すきっかけになっています。 )嵐山氏は桃青と桃印も精神的衆道(同性愛)の関係にあったのではないか、芭蕉は衆道では女役だったのではないかと推測しています。 これらのことがあり、桃青は、「無常」「妖怪化身」「女」を意味する「芭蕉」を新たな号としたのではないかとするのです。 私自身は嵐山説が正しいかを判断するだけの見識はありませんが、上記から「芭蕉を植えたから芭蕉を名乗った」のではなく「芭蕉という号にちなんで芭蕉を植えた」ことは確かなようです。 結局のところ、芭蕉の号の由来ははっきりしないとしかいえません。

次の

8月7日「バナナの日」の由来と歴史、バナナの栄養効果について

バナナ 名前の由来

バナナは身近な果物ですが、なぜバナナという名前がついたのか?と疑問に思うことはありませんか? バナナは大変歴史の古い作物で、紀元前5千年~1万年前頃に栽培が始まったとされています。 また、日本では昔、バナナのことを「芭蕉」と呼んでいました。 今回はバナナの名前の由来についてご紹介します! バナナの由来 バナナの名前の由来はアラビア語で手足の指という意味である「banan バナーン 」という説と、西アフリカの言語で 複数の 指を意味する「banema バネマ 」という説があります。 それが、コンゴ川の河口にある港のひとつの「banana」港から英語圏に伝わったためとされています。 現在でもバナナを取り扱う会社ではバナナの房のことを「hand 手 」といい、バナナ1本のことは「finger 指 」といいます。 「ひとつのhandには20本前後のfingerがついている」という風に表すそうです。 確かに、バナナの房の広がり方は手を広げた様な形に似ていますよね。 アラビア語のbananの説の方が有力とされていますが、双方共指を指し示す言葉であることから、名前の由来は手の指を指し示したもので間違いなさそうです。 バナナの和名である「芭蕉」 「芭蕉 ばしょう 」はバナナとそっくりな花と実を付けることから英名でジャパニーズバナナと称されています。 これは松尾芭蕉と関連があるとされており、様々な説があります。 元々、松尾芭蕉は桃青と名乗っていた頃に弟子が当時大変珍しかったバナナそっくりの芭蕉の木を植えたことから、それにちなんで「芭蕉」という名を自ら名乗ったという説や、謡曲である「芭蕉」から因んで自らを芭蕉と命名し、芭蕉という名前から芭蕉の木を植えたという説が有名でしょう。 スポンサードリンク このように、バナナは松尾芭蕉と深い関係があるということがわかりました。 また、当時のバナナは種があり食べられるものではなかったとされており、食用のものは 「実芭蕉」と言われたそうですよ。 まとめ 今回はバナナの名前の由来について調べてみました。 バナナが手の形に似ているというのはとても納得できますよね。 今でもバナナをhandやfingerと表すことはその名残なのでしょうね。 また、和名の「芭蕉」と松尾芭蕉には少なからず関係があることもわかりました! バナナの歴史は本当に古いと実感できますね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の