栄養士 そっち ー。 栄養士ママそっち~の「毎週くり返し」だからラク早! 絶品サイクル晩ごはん

楽天ブックス: 栄養士ママそっち〜の「毎週くり返し」だからラク早! 絶品サイクル晩ごはん

栄養士 そっち ー

フルタイム双子ママの栄養士ブロガーが考案! 「子供が食べてくれた! 」「簡単そう! その秘密は、「サイクル献立」! 保育園や学校で取り入れている仕組みを、家庭向けに実践。 決まった献立のくり返しだから、 ・献立に悩まない ・調理を段取りがスムーズ ・買い物に悩まない など、効率アップ! 料理の腕もぐーんと上がります。 月:ごはんがススむ! ラク旨ひき肉料理 火:家族にウケる 魚料理 水:めちゃウマ手抜きワンプレート 木:豪華に見えるレンチン料理 金:食材片付けスープと焼くだけグリル 著者のブログから知って購入しました。 サイクル献立にして1番良かった事は、「今日(明日)の夕飯何食べたい〜〜?」って家族に聞かなくて良くなった事! 主婦力低くて、毎日の献立を考えるのが本当に本当に苦痛でした。 すごくスッキリした生活になりました。 (買い物リストがあるのがすごく助かります) 初めて作ったメニューは私は手際が悪くて、一汁二菜に1時間かかってしまいましたが、2回目同じメニューは40分ほどになり、多分次回は20〜30分で出来ると思います。 お味に関しては、大体は美味しかったです。 全体的に甘しょっぱな味付けが多いです(子供ウケは抜群)。 メニューによってはかなり甘めの味付けなので好みは分かれるかもしれません(肉類400グラムに対して砂糖大さじ4入るメニューが多数。 我が家は半分か3分の2にした) あと魚のメニューは少なく週一。 ほぼ肉メニューになります。 アジアメニューのナンプラーやパクチーを使ったメニューは食べ慣れないので夫も子供もNGでした。 初版本のせいか明らかに、塩の分量が多いものもありましたが、全品作ってみても総合的に満足です。 またサイクル1から作ってます。 2冊目を出るのを期待しています。 希望は次回は魚、野菜のメニューも増える事とと素材の味(ダシ)を楽しめるようなメニューもあるといいな、とおもいます。 いつもブログを拝見させていただいていて、購入させていただきました。 作ってみると、「おいしい~!」とにかく味がいい!!シンプルな味付けなのに素材と合って美味しい!! 高校生と大学生の子供がいるのですが、子供たちも「これおいしい~」とパクパク食べてくれます。 特に男の子は野菜をなかなか食べないのですが、かなり食べやすいようです。 この前は、「レンコンのひき肉はさみ献立」をつくったのですが、 お砂糖と味噌を混ぜ込んでレンコンとシソではさんで・・食べてみるとこれが食べやすくて美味しい!絶賛でした! ドレッシングもすべてが我が家にはぴったりでした!!晩御飯を作るのが楽しくて、楽になりました。 といったページが多かったのですが、 これは我が家では、ほとんどないですね。 食材はセロリくらいでしたが、 味付けに関しては、本当にどれも美味しいので、感動しました! どれも美味しいですが、甘辛スペアリブが我が家ではめっちゃヒットしました。 しかも楽チンレシピ 1週間の買い物リスト 4人分 もあり、それだけ用意したらいいので楽! 個人的には魚焼きグリルってこんなに使えるんだ!と活用方法を教えてもらえたのも、 料理の幅が広がって、ありがたかったです。 グリルパンも買っちゃいました! 同僚の新婚さんにオススメしたくらい気に入っているレシピ本です。

次の

栄養士ママそっち~の「毎週くり返し」だからラク早! 絶品サイクル晩ごはん

栄養士 そっち ー

欧州栄養士協会連盟(EFAD:The European Federation of the Associations of Dietitians では、COVID-19との闘いにおける栄養士の重要な役割を認識しており、栄養士を支援するために、ヨーロッパ各地から重症患者への栄養サポートに関する情報について報告書「Role of Dietitians in the fight against COVID-19」としてまとめました。 本報告書について翻訳してご紹介します。 栄養士は臨床栄養の専門家です。 彼らは高度な資格を持ち、法的な規制の元で、様々な疾患を持つ急性及び慢性患者の栄養と水分補給のニーズをサポートし、高齢者や食糧の確保が困難な人々を含むリスクを抱えた集団の栄養状態を観察するトレーニングを受けた唯一の専門家です。 本 報告書 では、COVID-19 への対応において、救急医療の最前線から緊急なコミュニティーケア、プライマリーケア、飲食業や教育従事者に対するアドバイスやサポートまで、栄養士が果たす役割を概説しています。 救命救急治療におけるCOVID への対応 COVID-19 で集中治療室(ICU )に入院している患者のほとんどは、鎮静剤を投与され、人工呼吸器に繋がれ、栄養中チューブを通して栄養、水分、薬を投与されます。 栄養チューブは体に必要なたんぱく質とエネルギーを供給するために使用されます。 栄養と水分は、場合によっては、静脈に直接挿入されます。 栄養士は、個々の患者に対する栄養の最も安全で効果的な投与を保証するために不可欠です。 栄養士は患者の年齢、性別、その他の基礎疾患を考慮に入れ、個々の患者の栄養ニーズを評価する専門家です。 国際栄養調査の分析によると、集中治療における担当栄養士の総数と、患者ケアの改善との間には正の相関(直接相関)があることが継続的に示されています (1)。 ICU 、高齢者施設や自宅にいる患者は、重篤な病気の期間やその前後に、栄養失調、食事パターンの変化、味覚、嗅覚の変化や食欲不振などを経験することがあり、それは病気からの回復やリハビリテーションに直接的な影響を与える可能性があります。 COVID-19 パンデミック中においては、重症患者を担当する栄養士には、病院やコミュニティーにおいて、増加する重症患者の管理を支援している非重症患者担当栄養士のスキルアップと訓練を担うという大きな役割もあります。 これには、栄養士に対して、個々の患者に合わせ、栄養状態を評価し、栄養サポートを勧める方法を訓練することが含まれています。 EFAD は重症患者への栄養サポートについてヨーロッパ各国の情報をまとめました (2)。 人々の回復のための支援 COVID-19 に罹患し、退院ができるほど元気になった人でも、それで終わりではありません。 栄養士は、リハビリテーション、合併症のリスクを減らすこと、回復までの時間を短縮することにおいて、重要な役割を担っています。 COVID-19 で入院した患者は、栄養失調に陥ったり、入院による筋力低下のリスクが高くなります。 栄養士は、失われた体重と筋力を回復させるために、栄養価が高く、栄養が強化された、美味しい食品や栄養補助食品を勧めることができます。 これには、多くの場合、直接的な地域コミュニティーのサポート、電話でのフォローアップやリハビリテーションを支援する他の医療従事者との連携が必要となります。 持病を持つ人への技術支援 栄養失調、癌、肥満、糖尿病、食物アレルギーや摂食障害などの持病を持つ人々も、 COVID-19ロックダウン(都市封鎖) で通常よりもサポートへのアクセスが困難になっていたとしても支援を必要としています。 通常、栄養士はコミュニティーにおいて、これよりも脆弱な人々の集団をサポートしています。 これらの患者はCOVID-19中 においても、食育プログラムによる、社会的孤立事例の特定や地方自治体の食料供給など私たちの支援を必要としています。 栄養士は、テクノロジーを駆使し、ビデオ会議や専門家向けアプリ等を通して、必要としている患者に相談や支援を提供しています。 また人々の精神的な健康面も孤立や心配の増加により影響を受けています。 摂食障害などの疾患を持つ人には、多くのネットワークからのサポートが受けられなくなる中、メンタルヘルスのスペシャリストである栄養士からのサポートが、特に必要となるでしょう。 栄養士はいつでもリモート支援を行えるよう専門の第三セクター機関 (NPO や市民団体など) との連携を続けています。 さらに、これらの人々はCOVID-19 パンデミック収束後に、より多くの支援を必要とすることは間違いないでしょう。 多くの人々は健康と幸せを維持するために様々な努力をしていることでしょう。 しかし、感染を恐れて、または医療従事者やスタッフの負担を減らすために医療サービスの利用を控えていたかもしれません。 それにより、今後多くの患者が健康の最適化に向けてサポートを必要とする可能性があるため、栄養士に対する需要が大幅に増大すると考えられています。 公衆衛生への対応 COVID-19 パンデミックを受けて、世界保健機関(WHO )は、免疫システムの正常な機能を維持するためには、適切な栄養摂取を含む、適切な食事と生活習慣への対策が必要であることを強調しました。 主要栄養素の摂取不足による低栄養、過剰なエネルギー摂取や食事の質の低下は免疫システムを傷つけ、全般的に感染リスクを高める可能性があります。 しかしCOVID-19 の非罹患者又は持病がない多くの人も、ロックダウンで食糧不足や買い物の頻度が減ることにより、多くの課題に直面します。 この時期に健康的な食事をし、充分な運動をすることはより困難であり、初期のエビデンスでは全ての年齢層の人々が以前に比べて健康的な食事をしていないことが示されています。 だからこそ、公衆衛生の栄養士が、健康的で持続可能な選択を推進することによって、人々が購入できる食品を最大限に活用できるよう役立つ情報やガイダンスを提供し続けることが、非常に重要です。 EFAD は、免疫システムのサポートや健康を最適化するための情報について、ヨーロッパ各国からの情報をまとめています (3)。 パンデミックは、既に食料不安を抱えている貧困層により大きな影響を与えています。 それゆえに、この危険性を認識することが重要です。 英国フードファンデーション(食品財団)の研究では、イギリスで 300 万人以上の人が、 COVID-19 により食料難に陥っていると推測しています。 他のヨーロッパ諸国でも同様の現象が起こっています。 フードバンクのような通常のセーフティーネットは、より大きな緊張下に置かれ、社会的距離を置きながら人々をサポートするのはより困難だと感じています。 誰もが食料難に陥ってほしくはありませんが、栄養士には、食料難に陥るリスクがある人々を特定すること、その状況下における最高の栄養を確実に提供するサポートをするという二つの重要な役割があります。 これには、地元の栄養支援プログラムについての最新の知識の取得、健康的なメニューの作成、限られた食費で生活する家庭に対するアドバイス、持続可能な食料システムに向けて食品廃棄物の削減方法への提案が含まれています。 栄養士は主に、政府と共に公衆衛生について共に発信し、長時間室内にいる人のビタミンD 不足などの公衆衛生上の課題に対する意識を高めるために、他の組織と協力しています。 悪影響を与える神話への取り組み 残念なことに、多くの人がCOVID-19パンデミックを正しく理解することに苦労し、インターネット上で解決策や安心を求める中、それを悪用し、役に立たたず実証もされていない「治療法」や解決策を共有しようとする人が出てきました。 これには、全く馬鹿げたものから危険なほど真実味があるものまであります。 一週間で、イギリスの成人の半数以上が、COVID-19に関する誤情報にさらされたと推定されています。 栄養士には、ソーシャルメディアや従来の報道やテレビで、このような神話を制する重要な役割があります。 行動への呼びかけ 誰もが、丁寧な手洗いと並行して、自宅で過ごすこと、ソーシャルディスタンスを保つことなど、WHOや政府のアドバイスに引き続き従う必要があります。 食事や生活習慣の対策は、現在の公衆衛生上のアドバイスに代わるものではありませんが、私たちはCOVID-19の終息を待ちつつ、この報告書が すべて人の栄養の最適化に向けて、栄養士、医療専門家、給食業者、政策立案者や市民の方々の一助となることを願っています。 ficm. efad. efad.

次の

楽天ブックス: 栄養士ママそっち〜の「毎週くり返し」だからラク早! 絶品サイクル晩ごはん

栄養士 そっち ー

欧州栄養士協会連盟(EFAD:The European Federation of the Associations of Dietitians では、COVID-19との闘いにおける栄養士の重要な役割を認識しており、栄養士を支援するために、ヨーロッパ各地から重症患者への栄養サポートに関する情報について報告書「Role of Dietitians in the fight against COVID-19」としてまとめました。 本報告書について翻訳してご紹介します。 栄養士は臨床栄養の専門家です。 彼らは高度な資格を持ち、法的な規制の元で、様々な疾患を持つ急性及び慢性患者の栄養と水分補給のニーズをサポートし、高齢者や食糧の確保が困難な人々を含むリスクを抱えた集団の栄養状態を観察するトレーニングを受けた唯一の専門家です。 本 報告書 では、COVID-19 への対応において、救急医療の最前線から緊急なコミュニティーケア、プライマリーケア、飲食業や教育従事者に対するアドバイスやサポートまで、栄養士が果たす役割を概説しています。 救命救急治療におけるCOVID への対応 COVID-19 で集中治療室(ICU )に入院している患者のほとんどは、鎮静剤を投与され、人工呼吸器に繋がれ、栄養中チューブを通して栄養、水分、薬を投与されます。 栄養チューブは体に必要なたんぱく質とエネルギーを供給するために使用されます。 栄養と水分は、場合によっては、静脈に直接挿入されます。 栄養士は、個々の患者に対する栄養の最も安全で効果的な投与を保証するために不可欠です。 栄養士は患者の年齢、性別、その他の基礎疾患を考慮に入れ、個々の患者の栄養ニーズを評価する専門家です。 国際栄養調査の分析によると、集中治療における担当栄養士の総数と、患者ケアの改善との間には正の相関(直接相関)があることが継続的に示されています (1)。 ICU 、高齢者施設や自宅にいる患者は、重篤な病気の期間やその前後に、栄養失調、食事パターンの変化、味覚、嗅覚の変化や食欲不振などを経験することがあり、それは病気からの回復やリハビリテーションに直接的な影響を与える可能性があります。 COVID-19 パンデミック中においては、重症患者を担当する栄養士には、病院やコミュニティーにおいて、増加する重症患者の管理を支援している非重症患者担当栄養士のスキルアップと訓練を担うという大きな役割もあります。 これには、栄養士に対して、個々の患者に合わせ、栄養状態を評価し、栄養サポートを勧める方法を訓練することが含まれています。 EFAD は重症患者への栄養サポートについてヨーロッパ各国の情報をまとめました (2)。 人々の回復のための支援 COVID-19 に罹患し、退院ができるほど元気になった人でも、それで終わりではありません。 栄養士は、リハビリテーション、合併症のリスクを減らすこと、回復までの時間を短縮することにおいて、重要な役割を担っています。 COVID-19 で入院した患者は、栄養失調に陥ったり、入院による筋力低下のリスクが高くなります。 栄養士は、失われた体重と筋力を回復させるために、栄養価が高く、栄養が強化された、美味しい食品や栄養補助食品を勧めることができます。 これには、多くの場合、直接的な地域コミュニティーのサポート、電話でのフォローアップやリハビリテーションを支援する他の医療従事者との連携が必要となります。 持病を持つ人への技術支援 栄養失調、癌、肥満、糖尿病、食物アレルギーや摂食障害などの持病を持つ人々も、 COVID-19ロックダウン(都市封鎖) で通常よりもサポートへのアクセスが困難になっていたとしても支援を必要としています。 通常、栄養士はコミュニティーにおいて、これよりも脆弱な人々の集団をサポートしています。 これらの患者はCOVID-19中 においても、食育プログラムによる、社会的孤立事例の特定や地方自治体の食料供給など私たちの支援を必要としています。 栄養士は、テクノロジーを駆使し、ビデオ会議や専門家向けアプリ等を通して、必要としている患者に相談や支援を提供しています。 また人々の精神的な健康面も孤立や心配の増加により影響を受けています。 摂食障害などの疾患を持つ人には、多くのネットワークからのサポートが受けられなくなる中、メンタルヘルスのスペシャリストである栄養士からのサポートが、特に必要となるでしょう。 栄養士はいつでもリモート支援を行えるよう専門の第三セクター機関 (NPO や市民団体など) との連携を続けています。 さらに、これらの人々はCOVID-19 パンデミック収束後に、より多くの支援を必要とすることは間違いないでしょう。 多くの人々は健康と幸せを維持するために様々な努力をしていることでしょう。 しかし、感染を恐れて、または医療従事者やスタッフの負担を減らすために医療サービスの利用を控えていたかもしれません。 それにより、今後多くの患者が健康の最適化に向けてサポートを必要とする可能性があるため、栄養士に対する需要が大幅に増大すると考えられています。 公衆衛生への対応 COVID-19 パンデミックを受けて、世界保健機関(WHO )は、免疫システムの正常な機能を維持するためには、適切な栄養摂取を含む、適切な食事と生活習慣への対策が必要であることを強調しました。 主要栄養素の摂取不足による低栄養、過剰なエネルギー摂取や食事の質の低下は免疫システムを傷つけ、全般的に感染リスクを高める可能性があります。 しかしCOVID-19 の非罹患者又は持病がない多くの人も、ロックダウンで食糧不足や買い物の頻度が減ることにより、多くの課題に直面します。 この時期に健康的な食事をし、充分な運動をすることはより困難であり、初期のエビデンスでは全ての年齢層の人々が以前に比べて健康的な食事をしていないことが示されています。 だからこそ、公衆衛生の栄養士が、健康的で持続可能な選択を推進することによって、人々が購入できる食品を最大限に活用できるよう役立つ情報やガイダンスを提供し続けることが、非常に重要です。 EFAD は、免疫システムのサポートや健康を最適化するための情報について、ヨーロッパ各国からの情報をまとめています (3)。 パンデミックは、既に食料不安を抱えている貧困層により大きな影響を与えています。 それゆえに、この危険性を認識することが重要です。 英国フードファンデーション(食品財団)の研究では、イギリスで 300 万人以上の人が、 COVID-19 により食料難に陥っていると推測しています。 他のヨーロッパ諸国でも同様の現象が起こっています。 フードバンクのような通常のセーフティーネットは、より大きな緊張下に置かれ、社会的距離を置きながら人々をサポートするのはより困難だと感じています。 誰もが食料難に陥ってほしくはありませんが、栄養士には、食料難に陥るリスクがある人々を特定すること、その状況下における最高の栄養を確実に提供するサポートをするという二つの重要な役割があります。 これには、地元の栄養支援プログラムについての最新の知識の取得、健康的なメニューの作成、限られた食費で生活する家庭に対するアドバイス、持続可能な食料システムに向けて食品廃棄物の削減方法への提案が含まれています。 栄養士は主に、政府と共に公衆衛生について共に発信し、長時間室内にいる人のビタミンD 不足などの公衆衛生上の課題に対する意識を高めるために、他の組織と協力しています。 悪影響を与える神話への取り組み 残念なことに、多くの人がCOVID-19パンデミックを正しく理解することに苦労し、インターネット上で解決策や安心を求める中、それを悪用し、役に立たたず実証もされていない「治療法」や解決策を共有しようとする人が出てきました。 これには、全く馬鹿げたものから危険なほど真実味があるものまであります。 一週間で、イギリスの成人の半数以上が、COVID-19に関する誤情報にさらされたと推定されています。 栄養士には、ソーシャルメディアや従来の報道やテレビで、このような神話を制する重要な役割があります。 行動への呼びかけ 誰もが、丁寧な手洗いと並行して、自宅で過ごすこと、ソーシャルディスタンスを保つことなど、WHOや政府のアドバイスに引き続き従う必要があります。 食事や生活習慣の対策は、現在の公衆衛生上のアドバイスに代わるものではありませんが、私たちはCOVID-19の終息を待ちつつ、この報告書が すべて人の栄養の最適化に向けて、栄養士、医療専門家、給食業者、政策立案者や市民の方々の一助となることを願っています。 ficm. efad. efad.

次の