大阪 感染 者。 大阪の感染ピーク、「宣言」10日前だった…吉村知事は指標見直しも : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

新型コロナ:大阪府、20日の新たな感染者84人 8割が病院関係者 :日本経済新聞

大阪 感染 者

大阪府の吉村洋文知事は12日、店舗や集客施設で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、同じ日時に居合わせた他の客らに直接、メールで通知できるシステムを今月中に導入すると発表した。 来店時などにアドレスを府に登録してもらう方法で、感染の可能性がある人に対し迅速に保健所への相談を促し、クラスター(感染集団)の発生や拡大を食い止めるのが狙いだ。 府は、独自に定めた休業要請の解除基準(大阪モデル)を7日連続で満たせば、15日に段階的な解除を判断する。 今後、映画館やイベント施設などが営業再開したり、飲食店が営業時間を延長したりすることが想定され、府は、陽性者が出れば、接触の可能性がある人らを素早く把握する仕組みが必要と判断した。 吉村知事は「個人のプライバシーを守りながら、ITを使って追跡する仕組みを作れないか検討してきた」と話した。 導入するのは「大阪コロナ追跡システム」で、協力する事業者らに対し、府のホームページを通じて固有のQRコードを発行。 店や会場の一角に掲示してもらう。 客がコードをスマートフォンなどで読み取れば、府にメールアドレスを登録できる。 アドレスのみを府が一定期間保管。 名前や住所、GPSによる行動履歴などは取得せず、個人情報上の問題はないという。 感染者が1人でも店などに立ち寄っていたことが判明すれば、府がメールで通知。 自宅待機するなどしてもらい、健康状況に応じてPCR検査につなげる。 府は2~3月、クラスターが発生した複数のライブハウスの店名を公表。 来店者に相談を呼びかけるなどし、感染拡大の抑止に効果があったとみている。 しかし、接待を伴う飲食店など公表の同意が得られないケースもあり、客らの追跡が難航することも課題だった。 府は、施設名の公表に同意した事業者に協力金100万円を支払う制度を導入しているが、新システムでは、府が公表していなくても、登録した人には直接連絡が可能となる。 事業者にQRコードを掲示する義務はないが、府は、休業要請の解除後の業態ごとのマニュアルを近く公表する方針で、協力を求めることも盛り込む方針。 客側が来店時に利用するかどうかは任意で、アドレスの登録者がどれだけ伸びるかも課題になりそうだ。

次の

大阪の感染者「0」に府職員の反応は?3か月ほとんど休みなく50連勤の過酷勤務も

大阪 感染 者

吉村洋文大阪府知事の公式Twitterアカウントより 吉村洋文大阪府知事が厚生労働省から提示された非公開前提の文書を公開し、物議を醸している。 大阪府は19日、 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、20~22日の3連休の大阪府と兵庫県間の往来自粛要請を発表、これを受け兵庫県も同日、同様の発表を行ったが、井戸敏三兵庫県知事は会見で、事前に大阪府から相談がなかったことを明かし、「大阪はいつも大げさ。 兵庫との往来さえしなければ済むのか」とコメントし、大阪府と兵庫県の対立がクローズアップされていた。 こうした状況のなか、吉村府知事は21日放送のテレビ番組『ウェークアップ!ぷらす』(日本テレビ系)に出演し、往来自粛要請の根拠として、厚労省から説明を受けた際に提示された非公開前提の文書を提示し、「僕は公開すべきと思いました。 大阪と兵庫はいつ感染の急増が起きてもおかしくない状態ですから」と説明した。 吉村知事は20日に自身の公式Twitterアカウント上でもこの文書「大阪府・兵庫県における緊急対策の提案(案)」を公開しており、以下の内容が記載されている。 「以前から吉村知事と井戸知事が犬猿の仲なのは関西では有名な話で、この2人は何かにつけてお互いに、さやあてを繰り広げてきました。 ただ、国がここまで大阪と兵庫のコロナ感染に危機感を抱いていたというのは驚きです。 今後2週間で感染者が40倍以上に増えるという試算は、かなり衝撃的といえます。 もし吉村知事が文書を公開しなければ、この国のシミュレーションは公けになっていなかったわけで、その点では意義があったと思いますよ。 さらにいえば、国はまだ表に出していない情報をかなり持っていることもうかがえ、国の情報公開の姿勢にも疑問の目が向けられる恰好になりました」 新型コロナ感染拡大防止のためにも、国と地方自治体には、しっかりとした協力体制を築いてほしいものだ。 (文=編集部).

次の

新型コロナ:大阪府、20日の新たな感染者84人 8割が病院関係者 :日本経済新聞

大阪 感染 者

大阪府の吉村洋文知事は12日、店舗や集客施設で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、同じ日時に居合わせた他の客らに直接、メールで通知できるシステムを今月中に導入すると発表した。 来店時などにアドレスを府に登録してもらう方法で、感染の可能性がある人に対し迅速に保健所への相談を促し、クラスター(感染集団)の発生や拡大を食い止めるのが狙いだ。 府は、独自に定めた休業要請の解除基準(大阪モデル)を7日連続で満たせば、15日に段階的な解除を判断する。 今後、映画館やイベント施設などが営業再開したり、飲食店が営業時間を延長したりすることが想定され、府は、陽性者が出れば、接触の可能性がある人らを素早く把握する仕組みが必要と判断した。 吉村知事は「個人のプライバシーを守りながら、ITを使って追跡する仕組みを作れないか検討してきた」と話した。 導入するのは「大阪コロナ追跡システム」で、協力する事業者らに対し、府のホームページを通じて固有のQRコードを発行。 店や会場の一角に掲示してもらう。 客がコードをスマートフォンなどで読み取れば、府にメールアドレスを登録できる。 アドレスのみを府が一定期間保管。 名前や住所、GPSによる行動履歴などは取得せず、個人情報上の問題はないという。 感染者が1人でも店などに立ち寄っていたことが判明すれば、府がメールで通知。 自宅待機するなどしてもらい、健康状況に応じてPCR検査につなげる。 府は2~3月、クラスターが発生した複数のライブハウスの店名を公表。 来店者に相談を呼びかけるなどし、感染拡大の抑止に効果があったとみている。 しかし、接待を伴う飲食店など公表の同意が得られないケースもあり、客らの追跡が難航することも課題だった。 府は、施設名の公表に同意した事業者に協力金100万円を支払う制度を導入しているが、新システムでは、府が公表していなくても、登録した人には直接連絡が可能となる。 事業者にQRコードを掲示する義務はないが、府は、休業要請の解除後の業態ごとのマニュアルを近く公表する方針で、協力を求めることも盛り込む方針。 客側が来店時に利用するかどうかは任意で、アドレスの登録者がどれだけ伸びるかも課題になりそうだ。

次の