テロ事件 英語。 アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件

テロ事件 英語

どちらも「NY滞在中にテロにあって怖い思いをしました。 」という言い方です。 1 The terrorist attack that took place while I was living in N. Y was a dreadful experience for me. 2 The terrorism that happened during my stay in N. Y was a very frightening experience. Y滞在中」は while I was living in N. during my stay in N. と言えます。 「怖い思いをした」は XX was a dreadful experience. XX was a frightening experience. と言えます。 ご参考になれば幸いです! 1 There was a terrorist incident while I was in New York. It was terrifying. NY滞在中にテロ事件がありました。 すごく怖かったです。 テロ事件 は terrorist incident, terror attack などと言います。 怖かった は、色々な表現があり、It was terrifying, It was very scary, I was so scared, I was terrified, I was really shook カジュアル などと言えます。 2 I was in New York when there was a coordinated terror attack. I was so scared. 同時多発テロがあった時、ニューヨークにいました。 すごく怖かったです。 同時多発テロ は coordinated terror attack です。

次の

パリのテロへのお悔やみの言葉。

テロ事件 英語

アメリカの機関がテロに関する統計データを公開しているので、調べてみました。 公開されている最新情報は2014年なのですが、近年の世界のテロ事件や組織の傾向が読み取れます。 以下、2014年の1年間の統計です。 テロ事件の多い国 イラクが最も多い国だそうです。 その数は3925件。 1日に10件は国内のどこかで発生している計算になります。 2時間に1件くらいのペースですね。 続いて多いのがパキスタンの2146件。 2014年はパキスタンの軍事学校がテロリストに襲撃され、職員や学生150名近くが殺害されるペシャワール学校襲撃事件がありました。 意外にもシリアが326件と下位にいます。 が、これは注釈付きです。 シリアはあまりに危険なため、正確な情報を収集できないとのこと。 これは低めに見積もりしているので、実態はもっと多くなるだろうとのことです。 テロ事件の被害者が多い国 死者数 残念ながらイラクはテロ事件数、死者数ともにワースト1位です。 これはISIS ISIL によるものが大きいと推測できます。 続いて多いのはナイジェリアです。 ナイジェリアはテロ事件数は713件でインドよりも少ないのですが、死者数は飛びぬけて多いです。 これはテロ事件をカウントする定義で上下してしまうのでしょうがないのですが、ナイジェリアは悲惨な事件が多いことが推測できます。 そういう意味ではシリアも同じです。 低めに見積もりしたにも関わらず、死者数はワースト4位です。 実際にはこれより多くなると思います。 主なテロ組織と事件数 ISIS ISIL によるテロ事件が世界で最も多いです。 その数は1263件にも及びます。 1日3~4件のテロ事件を起こしている計算になります。 とんでもない犯罪組織です。 続いて多いのはアフガニスタンのタリバン。 世界同時多発テロ後の米軍派兵により壊滅状態になったタリバンですが、オバマ政権によるアフガニスタンの米軍撤退もあり、その勢力が回復してきていると言います。 アフガニスタンは再びタリバンの支配下になりつつあるのだそうです。 そして、3番目に多くの事件を起こしているのはアル・シャバブ。 アフリカのソマリアを中心に活動しているテロ組織です。 ここでも1日2~3件のペースでテロ事件を起こしていますね。 主なテロ組織と死者数 ISIS ISIL がここでもトップです。 死者数はなんと9596人。 これは2014年だけの数字です。 2015年はもっと増えているかもしれません。 1日に27名も殺害していることになります。 とんでもない数です。 2番目に死者数が多いのはナイジェリアのボコハラム。 国別のテロ事件死者数において、ナイジェリアが2位になったのはボコハラムが原因です。 非常に過激的な組織でナイジェリア軍も手を焼いているのが現状のようです。 ナイジェリアのテロ事件で亡くなる人数が7774名ですが、ボコハラムによる死者数は7112名です。 ナイジェリアのボコハラムの事件がいかに多いのかが想像できます。 世界のテロ事件の発生数の推移 死者数が100名を超えるテロ事件の発生数を1970年からグラフ化したものです。 ここ数年が異常に高い数値を記録しています。 死者が100名を超える事件というのは簡単に起こるものではありません。 日本で記憶に新しい事件は下記のとおりです。 JR福知山線脱線事故 死者107名• 2014年広島土砂崩れ 死者76名• 秋葉原通り魔事件 死者7名• 地下鉄サリン事件 死者13名 どれも悲惨な事故、災害、事件ですが、世界では福知山線脱線事故と同じ規模の事件が世界中で急増しているそうです。 テロ事件が発生するたびに「テロに屈しない」と報復攻撃を強化してきましたが、この推移を見ると全然意味ないですね。 確かにテロ組織の要求に応える必要はないのかもしれませんが、最近は要求らしい要求もなく、もはやテロ攻撃することが目的になりつつあります。 なんとか平和な方向へと傾向が変わってくれることを祈っています。 参考: おしまい。 hazakurakeita.

次の

「テロ事件」に関連した英語例文の一覧と使い方

テロ事件 英語

ビジネス、経済、テクノロジー、文化、生活、法律など、時事問題から最近の生活情報まで、英語で議論するアットイングリッシュのオンライン英会話レッスン。 ここでは議論の中での、ネイティブ講師たちからの英語表現についてのアドバイスを公開します。 今回は、「どのようにテロリストから、原子力発電所や放射性廃棄物を守るか」という話題です。 この話題を中心に、様々な角度からの議論を通して、ネイティブ講師たちが作った多彩な英語表現をご紹介します。 なお、ここでは、社会人、ビジネスパーソン向けの英語表現を集めております。 更に、これらの英語表現をビジネスの状況でどう使うか、ご興味をお持ちの方々は「上手いビジネス英会話の作り方」をご覧になってみてください。 <オンライン英会話での、この議論の概要と学びのポイント> <この議論での英語表現を使った、ビジネス英会話> 目次• 今のところ、核を使ったテロは実行されていませんが、3月のブリュッセル連続テロの犯人グループは、放射性物資の入手を目論んでいたと言われています。 核を使ったテロの可能性を考えたことがありますか? ネイティブの英語表現とその例文1 it is becoming a real threat 今では本物の今日意味になっている 時間とともに、状況や条件が変わり、モノの味方が変わる事はよくあります。 At the time で以前の考えを示し、it is becoming で今は状況が変わっていることを表しています。 At the time it seemed ridiculous, but now it is becoming a real threat. 当時は馬鹿らしく思えていましたが、今では現実の脅威になってきています。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! it is becoming a real threat ネイティブの英語表現とその例文2 It is of critical importance 危機的で重大 Criticalを使うことで、切羽詰まった脅威であることが伝わってきます。 It is of critical importance for us to be able to prevent terrorist attacks before they happen. 未然にテロ攻撃を防ぐことが非常に重要になっています。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! It is of critical importance ネイティブの英語表現とその例文3 behind the scenes 水面下でこっそり 私たちが気づかないところでこっそりと、着実に準備が行われているかもしれないという恐怖心も含めて、テロと言えるかもしれません。 They are taking action on a daily basis behind the scenes. 彼らは日々、裏で事を起こしています。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! on a daily basis behind the scenes ネイティブの英語表現とその例文4 to set off an explosion with it 爆発するようにセットする 核を武器として使うのは、拳銃などより複雑で、高度な知識と技術が必要であることを鑑みた、冷静な見解も見られます。 たとえテログループが放射性物質を手に入れたとしれも、温度やタイミングなど様々な事をコントロールする必要があり、核爆発を起こさせるのは非常に難しいです。 これが、テロの脅威の根底にあるのでしょう。 テロリストは、自分自身の命など顧みず、被害者の命を奪う事を考えています。 ネイティブの英語表現とその例文6 to say something inflammatory to the general populace 一般市民を扇動する事を言う 現状に不満のある層を狙って、inflammatory つまり、怒りをかき立てるような事を言っては、テロを煽っています。 They try to say something inflammatory to the general populace. 一般市民を扇動するような事を言いたいのです。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! to say something inflammatory to the general populace オンライン英会話での、主な論点2 — 国際社会で協力して原子力発電所や放射性物質を警護・管理するのと、各国が独自に管理するのと、どちらが有効だと思いますか? 核によるテロは、国を跨いで、広範囲に被害や影響が及ぶ可能性のある問題です。 もはやテロの阻止は、各施設や一国の警備の問題ではないようです。 しかし、複数の国家が足並みを揃えて、施策を講じていけるのかという疑問もあります。 ネイティブの英語表現とその例文7 reduce the differences in security know-how セキュリティについての知識差を無くす 知識や技術が他の国で行かされず、阻止できるはずのテロが起こってしまったら、悔やんでも悔やみきれません。 ノウハウを共有できれば、警備の厚みも増します。 国家間でセキュリティについてのノウハウの差を無くすことは大切です。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! reduce the differences in security know-how between countries ネイティブの英語表現とその例文8 they are at risk of 危険にさらされる If countries are not able to cooperate with each other, they are at risk of nuclear terrorism. 国同士が協力できなければ、核を使ったテロの危険にさらされてしまいます。 私は、各国が核兵器や核物質を管理する方が安全だと思います。 核物質の管理については、各国で努力するより、国際的に取り組んだ方が良いと思います。 国際社会であたった方が、テロに対してより良い警護を出来ます。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! get better protection against ネイティブの英語表現とその例文12 情報をシェアする exchange and share classified information The advantage of participating in the international community is that countries can exchange and share classified information. 国際社会に参加する場合のメリットは、国家間で機密情報をシェアできることです。 しかし、遡ってみれば、他にもテロ活動をしてきた集団はいくつもあります。 また、2011年に起こった原発事故は自然災害が引き金となっており、人間による脅威以外に対しても対処しなければなりません。 そんな時、to have grave concerns が活用できます。 South Korea has grave concerns about what North Korea will do with its weapons. 韓国は、北朝鮮がその兵器で何をしようとしているのか、非常に大きな懸念を持っています。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! South Korea has grave concerns about ネイティブの英語表現とその例文14 there was some radioactive fallout 放射性降下物がありました 政情、内情がつかみにくい隣国の動きは、大変気になります。 実験も、かなりの影響があります。 North Korea is close to Japan; after the testing there was some radioactive fallout here. 北朝鮮は日本に近く、核実験が行われた後、ここでも放射性降下物がありました。 核物質を利用したいと思っている団体として、カルト宗教集団や反政府組織を挙げてくれましたね。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! religious cults rebel groups ネイティブの英語表現とその例文16 a nuclear catastrophe 核物質による大災害 日本の場合、東北地方太平洋沖地震の際に、自然災害によって引き起こされる放射性物質の拡散を経験しています。 人だけでなく、地震や津波も大きな懸念材料です。 In Japan, some people are against having nuclear power plants because if another big earthquake happens it might cause a nuclear catastrophe. 日本では、次に大きな地震が起こったら、核物質により大災害が起こるかもしれないと、原発に反対している人たちが居ます。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! some people are against having nuclear power plants it might cause a nuclear catastrophe ネイティブの英語表現とその例文17 put much effort to 努力 自然は、テロ集団以上に手ごわい、そして予測が難しい相手です。 They put much effort to protect from earthquakes. 地震から守るため大変な努力が注がれています 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! put much effort to ネイティブの英語表現とその例文18 in the event of a natural disaster 自然災害が起こった場合 災害を起こさない、という事は出来ません。 災害が起こった場合に、核施設を速やかに停止させ、安全を確保できるのか。 原発事故を経験した日本で、これを心配していない人は少ないかもしれません。 I just worry about whether the nuclear plant could shut down safely in the event of a natural disaster. 自然災害が起こった時、原発を安全に停止させる事ができるのか心配です。 「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう! whether the nuclear plant could shut down safely まとめ (1)核を使ったテロの脅威についての現状、(2)防御のための国際間での協力、(3)核物質を危険にさらす可能性のある団体や要因についての議論が展開され、それぞれ、下記のような意見が見られた。 (1) 時代が変わり、以前は起こりえないと思っていたテロが実行され、政府や現状に不満を持つ人の気持ちの怒りを煽るような活動も多くみられるようになってきている。 (2) 国家間で協力して対処していく必要を感じるものの、双方の足並みの乱れや、情報の漏えいに危惧を覚える。 (3) 国や、反政府勢力、カルト集団など、人の集団もさることながら、特に日本では災害に対する心配も大きい。 では、ここでご紹介したようなネイティブならではの英語フレーズや話し方をトレーニングするカリキュラムをご用意しています。 もありますので、ぜひ一度お試しください。 【ご利用上の注意点】 1.社会人、主にビジネスパーソンを中心に、英会話力で、中級、上級者向けの練習を提供するサービスとして、このサイトを運営しております。 2.オンライン英会話の中で、実際にネイティブスピーカーの講師たちが使用した、またはアドバイスした内容をご紹介していますが、特定の個人や立場を表わす内容については編集を加えています。 3.あくまで、ビジネスパーソンを中心とした社会人の英会話力向上を目指したサービスであり、ここで紹介される主義、主張、意見や議論をサポートするものではありません。 4.また、ここでご紹介する内容の正確性や有効性について保証するものではありません。 言葉は、時と場所、その状況や、声のトーンによっても意味を変えます。 恐れ入りますが、ご自身でご確認の上、ご使用ください。 こんにちは。 アットイングリッシュ/@English グローバル人材開発室リーダー 新田洋子です。 こちらの編集を担当しております。 私達は、ネイティブ講師による、中級、上級者向けオンライン英会話スクールとして、おかげさまで1 4年間、皆さまと関わらせて頂いております。 本当にありがとうございます。 その感謝を込めて、このサイトと無料メルマガで、 英会話スクール運営で蓄積してきた、【ビジネス英語上達のヒント】をシェアさせて頂きます。 それに際し、以下の3つをご提供することをお約束します。 無料で学べる機会• 考える工夫、伝える技術• 学び合い、成長する仕組み 英語でのコミュニケーションを通して、ビジネスでのご活躍、人生が一歩進むようなお手伝いをさせていただければと願っております。 仕事での英語(スピーキング)に お困りの方へ このサイトとメルマガは、流暢に英語を話すのには不可欠な、知識のインプットを担っています。 実際に喋れるように練習したいとお考えの方は、弊社サイトを訪れてみてください。 ネイティブ講師の、 中級、上級者向けオンライン英会話 アットイングリッシュ/ English (無料体験レッスンも用意しています).

次の